サイトリニューアルを行いました
0
    1998年に開設したポール・マッカートニーのファンサイト「Jash's Homepage」はリニューアルを行い、ポール・マッカートニーの曲紹介ブログ「Paul McCartney Songs from A to Z」も新サイトに以降していますので、お知らせします。

    新サイト

    今後は、このサイトのほうに、ポール・マッカートニーの曲紹介もアップしていきます。

    こちらのブログは、アーカイブとしてしばらく残しています。

    今後とも、「Jash's Homepage」をよろしくお願いします。


    【参考】
    SNSとの連携
     最新ニュースをつぶやいています。このサイトの「Latest News」
     の概要+リンクをツイット。
     ツイッター登録の方は、@mccatney_newsのフォローで
     コンテンツ更新のチェックが可能です。
     ログ(ツイットのブロクバージョン)はこちら。

     Facebookページに、このサイトのコンテンツ「Latest News」
     をアップしています。
     Facebookご利用の方は「イイね!」ボタン押下で、Facebook上で
     最新ニュースの参照が可能です。

     mixiページにも、このサイトのコンテンツ「Latest News」を
     アップしています。
     基本的にはツイッター「@mccartney_news」からの転送ですが、
     「イイね!」ボタン押下での参加で最新ニュースの参照が可能です。

     コンテンツ「Songs」はmixiコミュにも掲載・アップしてます。


    from 管理者
    Love Is Long
    0

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:2分9秒
      収録アルバム:なし
      収録シングル:なし


      1971年のアルバム『Ram』に収録された「Long Haired Lady」は、元々「Long Haired Lady」「Love Is Long」という別々の2曲を組み合わせたものだったが、この曲は後者の「Love Is Long」のオリジナル・バージョン。
      1973年に放送されたテレビ・スペシャル番組『James Paul McCartney』のリハーサルで、ポールの弾き語りで披露されたことがある。
      この時は、他に「That'll Be The Day」「Take Your Time」「Blackbird」「Country Dreamer」「Momma's Little Girl」のメドレーで演奏された。

      【未発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Guitar
      録音スタジオ:unknown
      録音日:1973.2-3
      プロデューサー:Gary Smith

      【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
       The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat -- MB CD 114)
       The Making Of James Paul McCartney (ReproMan -- RPM 106)
       Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)


      【歌詞・コード】
      G       Bb      C       G
      Ah, love is long, love is long, love is long
      Ah, sing your song, love is long, love is long
      Ah, when you're wrong, love is long, love is long
      Win or lose it, into the soul, love is long, love is long
      Ah, when you're wrong, love is long, love is long


      (c)1971 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
      Love In Song(歌に愛をこめて)
      0

        作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
        収録時間:3分3秒
        収録アルバム:Venus And Mars
        収録シングル:Listen To What The Man Said


        ポールが12弦ギターを用いて即興的に作り上げた東洋的な雰囲気の曲。ポールの曲でよくテーマとなっている愛と家庭について書かれたもので、当初のタイトルは「Lovin' Song」であった。
        アルバム『Venus And Mars』の方では最初の方にレコーディングされた曲で、アルバムの曲の大部分がレコーディングされたニューオリンズではなく、ロンドンのアビーロードで、1974年年末頃にレコーディングされた。ドラムは第3期ウィングスのメンバーであるジェフ・ブリットンが叩いている。ポールは、エルビス・プレスリーのバックバンドにいたビル・ブラックが所有していたベースをひいている。ストリングスとハープのアレンジは、トニー・ドーシーによるもので、1975年3月10日にロサンゼルスのWally Heider Studiosでレコーディングされている。
        アルバム収録バージョンは、前トラックの「Rock Show」とクロスフェードするが、シングル・バージョンはクロスフェードしないバージョンである。
        2種類のアウトテイクが出回っており、コーラスとストリングスがないバージョンと、コーラスとストリングスと曲前後のカウントがが入ったバージョンがある。

        【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
         Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
         Denny Laine: Guitars, Backing vocal
         Jimmy McCulloch: Guitars, Backing vocal
         Jeff Burtton: Drums, Backing Vocal
        録音スタジオ:Abbey Road Studios, London, Wally Heider Studios, LA
        録音日:1974, 1975.3.10
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Alan O'Duffy, Geoff Emerick
        イギリス発売日:1975.3.16
        アメリカ発売日:1975.3.26
        日本発売日:1975.6.20


        【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
        (1)アウトテイク(コーラス・ストリングスなし)
         Venus And Mars Paul's Rough Sketch (Master Of Orange -- MOO 10008)
         Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange -- MOO 00003)
         Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 2 (No Pig -- NP 1906 2)
        (2)アウトテイク(コーラス・ストリングスあり)
         Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 1 (No Pig -- NP 1906 1)
         Venus And Mars Sessions (Yellow Cat Records -- YC 070)


        【歌詞・コード】
        Gm9/6 Cm/G Gm7

        Gm7        Gm9/6
        My heart cries out for love
          Cm/G        Gm7
        And all that goes for loving
             G7
        Love in song
        Love in song

        My, you're so fine
        When love is mine, I can't go wrong
        Love in song
        Love in song

        Gm       Eb
        I can see the places that
          Dm7     Gm7
        We used to go to now
        Eb        Cm  Gm7 Gm9/6 Cm/G Gm7
        Happiness in the homeland
        Happiness in the homeland

        My eye cries out
        A tear still born misunderstanding
        Love in song
        Love in song

        I can see the places that
        We used to go to now
        Happiness in the homeland
        Happiness in the homeland

        My, you're so fine
        When love is mine, I can't go wrong
        Love in song
        Love in song

        (c)1975 MPL Communications, Inc.


        Love Come Tumbling Down
        0

          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:4分21秒
          収録アルバム:なし
          収録シングル:Beautiful Night


          1997年に発売されたアルバム『Flaming Pie』からの第3弾シングル「Beautiful Night」のシングルのカップリングとして発表されたバラード曲。レコーディングは発売から遡ること10年、1987年3月10日に行われた。ビリー・ジョエルのプロデューサーとして有名なフィル・ラモーンを迎えて、1986年のアルバム『Press To Play』の次作アルバムとして準備されたセッションで録音されたものである。このアルバムのセッションは、1986年8月21日、ニューヨークのパワーステーションで行われたビリー・ジョエルのバックバンドとのレコーディングで「Beautiful Night」「Loveliest Thing」が録音されたセッション、1987年2月に「P.S. Love Me Do」がレコーディングされたセッション、そして、1987年5月にデュアン・エディのアルバムにポールが参加した時のメンバーで行われ「Back On My Feet」「Love Come Tumbling Down」「Once Upon A Long Ago」「This One」「Atlantic Ocean」「Love Mix」「Return To Pepperland」「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」「Big Day」「Christian Bop」「Peacocks」が録音されたセッションの3つが存在する。
          「Love Come Tumbling Down」は2番目のセッションでレコーディングされたもので、演奏はビリー・ジョエルのバックバンドでないが、フィル・ラモーンのプローデュース色が強く、AOR的雰囲気が出ている曲である。
          この曲は公式発表される前に、ブート『Pizza And Fairy Tale』で全容が明かになり、ファンの間で出回った曲であるが、このブートと公式発表されたバージョンとは全く同じである。

          【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal
           Tim Renwick: Guitar
           Nick Glennie-Smith: Keyboards
           Charlie Morgan: Drums
          録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, England
          録音日:1987.3.10
          プロデューサー:Paul McCartney, Phil Ramone
          エンジニア:Jon Jacobs, Steve Lyon
          イギリス発売日:1997.12.15
          アメリカ発売日:未発売
          日本発売日:未発売


          【歌詞】
          I CAN'T BELIEVE IT,
          SOMTHING HAPPENED TO ME NOT SO LONG AGO.
          I KNOW IT ISN'T SOMETHING I DREAMED ABOUT,
          IT'S REAL, SO REAL.

          WHEN SHE LOOKS INTO HIS EYES I FEEL
          LOVE COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN,
          AND IT ISN'T GONNA STOP
          'TIL I GET TO THE BOTTOM OF THIS WHOLE AFFAIR.

          I SAW THE LOOK SHE GAVE,

          IT'S ONE OF THOSE THINGS YOU DON'T WANNA TALK ABOUT.

          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN.

          SO LET'S FORGET IT,

          I KNOW IT ISN'T SOMETHING TO BRAG ABOUT,
          IT'S REAL, SO REAL.

          WHEN SHE LOOKS INTO HIS EYES I FEEL
          LOVE COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN,
          AND IT ISN'T GONNA STOP
          'TIL I GET DOWN TO THE BOTTOM OF THIS WHOLE AFFAIR.

          I SAW THE LOOK SHE GAVE,

          IT'S ONE OF THOSE THINGS YOU DON'T WANNA TALK ABOUT.

          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN.

          IT'S REAL, SO REAL.

          WHEN SHE LOOKS INTO HIS EYES I FEEL
          LOVE COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN,
          AND IT ISN'T GONNA STOP
          'TIL I GET DOWN TO THE BOTTOM OF THIS WHOLE AFFAIR.

          OOH-OOH -

          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN.
          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN.
          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN.
          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN.
          LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
          LOVE COME TUMBLING DOWN.
          LOVE.

          (c)1997 MPL Communications
          Love Awake
          0

            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:3分57秒
            収録アルバム:Back To The Egg
            収録シングル:なし


            アルバム『Back To The Egg』に収録されており「Winter Rose」とのメドレーで登場するアコースティックギター中心のバラード。
            「Winter Rose」が冬のイメージであるのに対し、この曲は完全に春のイメージである。
            当初「Winter Rose」とのメドレーではなく、単独で発表される予定で、1978年6月からキャンベルタウンの Spirit Of Ranachan Studio でレコーディングされたが、そのテイクは採用に至らず、曲構成やアレンジがリメイクされ、1978年9月のリム城でのセッションで再度レコーディングされ、そのテイクが採用されることになった。
            ブラスセクションには、元アップルレーベル出身のブラック・ダイク・ミルズ・バンドが参加しているが、このバンドは、ポールが作曲を担当したテレビ番組のテーマ曲「シングミーボブ」を演奏しているバンドである。
            1977年2月頃にスコットランドで録音された初期デモが存在し、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第15回(1995年8月26日放送)でオンエアされた。1978年6月からのキャンベルタウンでのテイクは、ブートで聴くことができる。
            プロモーションビデオも撮影され、1979年の秋頃にリム城などで、アルバム『Back To The Egg』に収録されている他の曲と一緒に3日間かけて行われた。この曲では、リム城の中でギターを爪弾きしながら歌うポールの姿が印象的である。

            【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
            演奏:
             Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
             Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
             Denny Laine: Electric guitar, Backing Vocal
             Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
             Steve Holly: Drums, Backing Vocal
            録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK, Abbey Road Studio, London
            録音日:1978.9.11-29, 1978.10-12
            プロデューサー:Paul McCartney, Paul McCartney, Chris Thomas
            エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
            イギリス発売日:1979.6.8
            アメリカ発売日:1979.6.11
            日本発売日:1979.6.10


            【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
            (1)1977年2月頃スコットランド初期デモ
             Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records -- YC 059)
             MoMac's Hidden Tracks: Volume 09 (Unknown)
            (2)1978年6-7年スタジオアウトテイク
             MoMac's Hidden Tracks: Volume 12 (Unknown)
             Maxi-Singles Collection Vol. 3 (Disc 2) (Yellow Fish -- ZZ-XXSS0001014/6)
             Sunny-Side Up (Disc 1) (Yellow Cat Records -- yc077)
            (3)1978年9月スタジオアウトテイク
             MoMac's Hidden Tracks: Volume 12 (Unknown)
             Scrambled Egg (Unknown -- MPL-1-A)
             Sunny-Side Up (Disc 2) (Yellow Cat Records -- yc 078)
             Completed Rarities Vol. 1 (Polyphone -- PH 1312)




            【歌詞・コード】
            A7sus4 D        A
            Love awake, toll the bell
                 E         A
            Tell the world how glad you are
            A7sus4 D     A
            Love awake to the day
                  E  D     A
            When we can make our love awake

                        D
            Lord knows we need it any time we can get it
            A       A+       D
            But we forget it every now and then
                         D
            But if you don't feel it, later on you'll regret it
            A       E7         A
            And if we let it, we should set it free
            You and me

            Love awake, toll the bell
            Tell the world how glad you are
            Love awake to the day
            When we can make our love awake

            G        C#maj7-5
            Snow falls in the winter
            Em  Em/D    Cmaj7 A
            Spring brings the rain
            D         A       Em  B7   Em C#m7-5
            But it's never too long before the summer comes again
              Em   B7    Em
            It always comes again
            A7sus4 D
            Love awake

            (c)1979 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

            Loup (1st Indian On The Moon)
            0

              作詞作曲:Paul McCartney
              収録時間:4分21秒
              収録アルバム:Red Rose Speedway
              収録シングル:なし


              アルバム『Red Rose Speedway』の終盤、最終のメドレー4曲「Medley: Hold Me Tight / Lazy Dynamite / Hands Of Love / Power Cut」の前に収録されているインストゥルメンタル・ナンバー。ムーグを多用した音作りとプログレッシブな仕上がりは、ピンク・フロイドに影響を受けたものと思われるが、曲のタイトルからも、ピンク・フロイドのアルバム『The Dark Side Of The Moon』に影響を受けたと推測できる。
              途中で曲調が変化したり、ヘンリーのエフェクトが掛かったギター、コーラスなどはウィングスっぽいが、ジャム・セッションから生まれた曲であると思われる。
              「よく分からない。あの時はかなり飲んでいたから。」(ヘンリー・マッカロウ)

              【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
              演奏:
               Paul McCartney: Bass, Guitar, Moog, Chant
               Linda McCartney: Organ, Chant
               Denny Laine: Electric guitar, Chant
               Denny Seiwell: Drums, Chant
               Henry McCullough: Electric guitar, Chant
              録音スタジオ:Olympic Studios, London
              録音日:1972.3-12
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
              イギリス発売日:1973.3.3
              アメリカ発売日:1973.4.30
              日本発売日:1973.6.20


              【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
              (1)ラフミックス
               Unsurpassed Masters Vol. 1 (Strawberry Records -- STR 002)
               The Alternate Red Rose Speedway (Pear Records -- PDP 018)
               MoMac's Hidden Tracks: Volume 04 (Unknown)
               Red Rose Speedway Collector's Edition - CD 1 (MBE -- MBEP001)


              【歌詞・コード】
              Am
              Ah ah ah
              E7
              Ah ah ah ah ah ah ah ah
              Am
              Ah ah ah
              E7
              Ah ah ah ah ah ah ah ah
              Ah ah ah
              Ah ah ah ah ah ah ah ah
              Ah ah ah
              Ah ah ah ah ah ah ah ah
              Ah ah ah
              Ah ah ah ah ah ah ah ah

              Am Em7 Am Em7 Am Em7 Am Em7 Am Em7 Am Em7 E Am

              (c)1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

              Looking For You
              0

                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:4分38秒
                収録アルバム:なし
                収録シングル:Young Boy, The World Tonight(US)


                アルバム『Flaming Pie』からの第1弾シングル「Young Boy」のカップリングとして発表された曲。アルバム『Flaming Pie』に収録されている「Really Love You」と同様、リンゴ・スターとのジャムセッションで生まれた曲で、ポールはベースを、リンゴがドラムを担当してレコーディングされた。「Really Love You」と同日のレコーディングされている。その後、ポールのボーカル、ジェフ・リンのギターなどがオーバーダブされて曲が完成した。
                イギリスではシングル「Young Boy」のカップリング、アメリカではポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』のCDシングル版である「Oobu Joobu Compilations」シリーズの第1弾シングル「The World Tonight」のカップリングとして発表された。日本での発売はなし。数少ない日本未発表の公式曲である。

                【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
                演奏:
                 Paul McCartney lead vocal, backing vocal, bass guitar, organ
                 Ringo Starr drums, congas
                 Jeff Lynne electric guitars, backing vocal
                録音スタジオ:The Mill, Hog-Hill, Sussex
                録音日:1996.5.14-
                プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
                エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs
                イギリス発売日:1997.5.27
                アメリカ発売日:1997.5.6
                日本発売日:なし


                【歌詞・コード】
                E
                I thought I saw your shadow in an old doorway
                But when I looked again I thought I made a big mistake
                It was someone else, looked a little like you
                Well now I know, a-ha ha, ain't no one like you
                I'll tell you why I know baby hey

                            A        A7
                'Cause I'm looking for you, looking for you
                         E
                Yeah looking for you
                                       A
                That's all I do, that's all I'm looking for, you
                       A7          E
                Looking for you, yeah looking for you

                That's right, that's all I do, yeah
                I've been to many places around the world
                I've studied many faces of every little boy and girl

                But I'm looking for you, looking for you, just looking for you
                Babe I'm looking for you, looking for you
                Look look looking for you

                "Let me tell you baby, the Earth ain't flat.
                I finally made a decision and that is that, and now I know
                there's only one place to be you know where that place
                is, yeah, for you, still be with me!"

                But I'm looking for you, looking for you
                Just looking for you
                Babe I'm looking for you, looking for you
                Look look looking for you

                (c)1997 MPL Communications, Ltd.
                Administered by MPL Communications, Inc.


                Looking For Changes
                0

                  作詞作曲:Paul McCartney
                  収録時間:(1)2分48秒 (2)2分31秒
                  収録アルバム:(1)Off The Ground, Off The Ground - The Complete Works - (2)Paul Is Live
                  収録シングル:なし

                  ツアーバンドと共に一発録りに近い形でレコーディングされたハードでロックな曲。この曲が収録されている1993年のアルバム『Off The Ground』は、政治的メッセージが強い歌が多いアルバムとして話題になったが、ポールは、生体解剖学に反対する雑誌「The Animal's Voice And Animal Agenda」に掲載された記事を見て、この曲を書いたという。
                  「動物に関する雑誌をいくつか読んでいたんだけど、これがかなり重い内容だったんだ。たとえば美容の研究のための動物実験で、ウサギが眼に注射をされて涙を流し続けて死んでいったりね。その光景を見れば、誰だって’こんなことをする権利が誰にあるんだ’って思うよ。たまたま捕まって’悪いけど君には死んでもらうよ’なんて言われるんだからね。こういうことには腹が立つけど、歌にするのはなかなか難しいんだ。でもあるとき、頭に機械を埋め込まれている猫の写真を見た。頭蓋骨のてっぺんを開けて、なんだか知らないけどデータを取ろうとしているんだ。それでこのロックンロール・ナンバーを手がけ始めたんだ。だから’頭に機械を埋められた猫を見た’という出だしでこの曲を書いてみた。’飼い主は、この猫はなにも痛みを感じてないと言う。それなら、そいつが自分の頭に機械を入れればいいじゃないか’とね。実験が必要なら自分やればいいんだよ。なんともないはずだろ?そうしているうちに "Looking For Changes" っていうフレーズを思いついたんだ。すでに言われているべきなのに、ほとんど聞かない言葉だった。それで’仲間の動物とのつきあいかたを変えるべきだ’という内容に仕上がったんだ。」(ポール)
                  ノリがいいナンバーのため、1993年のニューワールド・ツアーのレパートリーとして組み込まれた。ワールドツアーの演奏を収めたDVD『Paul Is Live』では、ボブ・ディランのプロモーションビデオのような、歌詞を書いた紙を曲に合わせて順番にめくっていく動物の映像を編集で挟み込んだビデオを見ることができる。

                  【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
                  (1)Off The Ground, Off The Ground - The Complete Works -
                  演奏:
                   Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Electric Guitar, Bass Guitar
                   Linda McCartney: Backing Vocal
                   Hamish Stuart: Backing Vocal, Acoustic Guitar, Electric Guitar
                   Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Acoustic Guitar, Electric Guitar
                   Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Clavinet
                   Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
                  録音スタジオ:The Mill, Sussex, Abbey Road Studios, London
                  録音日:1991.11-1992.9
                  プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
                  エンジニア:Bob Kraushaar
                  イギリス発売日:1993.2.2
                  アメリカ発売日:1993.2.9
                  日本発売日:1993.2.8

                  (2)Paul Is Live
                  演奏:
                   Paul McCartney: Lead Vocal, Bass Guitar
                   Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
                   Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
                   Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
                   Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
                   Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
                  録音スタジオ:live at Kansas City, MO
                  録音日:1993.5.31
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Geoff Emerick
                  イギリス発売日:1993.11.8
                  アメリカ発売日:1993.11.16
                  日本発売日:1993.11.10


                  【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
                  (3)1992年12月10日収録テレビ番組『Up Close』
                   Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
                   219 W. 53 Street (Pluto Records -- PLRCD9310)
                   Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
                   Deliverance Now (Rarities Special -- RS 9318)
                   First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
                   New York 1992 (Red Lines -- GSCD 1245)
                  (4)1993年リハーサル
                   公式ビデオ『Movin' On』
                  (3)1993年6月15日シャーロット公演
                   Live In Charlotte (Complete) DVD 1 (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 2004/21)
                   Paul McCartney: Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
                   Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
                   Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
                   Out In The Crowd (Disc One) (Nikko Records -- NK005)
                   The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)


                  【歌詞・コード】
                  C F Bb C

                  C
                  I saw a cat with a machine in his brain
                  F
                  The man who fed him said he didn't feel any pain
                  C
                  I'd like to see that man take out that machine
                     F
                  And stick it in his own brain
                           C F/A Bb C
                  You know what I mean

                  I saw a rabbit with its eyes full of tears
                  The lab that owned her had been doing it for years
                  Why don't we make them pay for every last eye
                  That couldn't cry its own tears
                             C
                  Do you know what I mean

                     F/A        Bb          F F/A Bb C
                  When I tell you that we'll all be looking for changes
                     F/A      Bb        F      F/A Bb C
                  Changes in the way we treat our fellow creatures
                    F/A   Bb      Gm7 Cm7 F
                  And we will learn how to grow

                  Well I tell you that we'll all be looking for changes
                  Changes in the way we treat our fellow creatures
                    F/A   Bb     Gm7
                  And we will learn how to grow
                               F
                  When we're looking for changes

                  Gm7 F Gm7 F/C Gm7/C F/C Gm7/C

                  I saw a monkey that was learning to choke
                  A guy beside him gave him cigarettes to smoke
                  And every time that monkey started to cough
                  The bastard laughed his head off
                  Do you know what I mean

                  When I tell you that we'll all be looking for changes
                  Changes in the way we treat our fellow creatures
                  And we will learn how to grow

                             F   Gm7
                  When we're looking for changes
                             F   Gm7
                  We're looking for changes
                             F   Gm7
                  We're looking for changes
                             F   Gm7        C F/A Bb C/G F
                  We're looking for changes in the way we are

                  (c)1992, 1993 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
                  Long Tall Sally
                  0

                    作詞作曲:Alexander Robert Blackwell, Entoris Johnson, Richard Penniman
                    収録時間:2分28秒
                    収録アルバム:なし
                    収録シングル:Prince's Trust Birthday Party Single


                    オリジナルは1956年にリトル・リチャードが発表した曲。ポールはビートルズ時代にカバーし、1964年6月に4曲入りEP「Long Tall Sally」で発表した。高音のシャウトが響き渡るファルセット・ボーカルは、ポールがオリジナル歌手であるリトル・リチャードより直接教わったものである。
                    ビートルズ時代には、1964年から1965年のコンサートでラスト・ナンバーとして演奏された。ビートルズ解散後に最初に取り上げたのは、1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でのこと。1973年3月18日に Boreham Wood にあるテレビ局のスタジオ ATV Elstree Studio で、観客をスタジオに入れてライブ録音された。この時演奏されたのは「The Mess」「Maybe I'm Amazed」「Long Tall Sally」「Hi Hi Hi」の4曲。一説には「Maybe I'm Amazed」が盛り上がらなかったため、急遽「Long Tall Sally」が演奏されたが、観客全員が立ち上がるほどではなかったため、さらに追加して「Hi Hi Hi」が演奏されたと言われている。「Hi Hi Hi」はイギリスのみ放送。イギリスでは「Long Tall Sally」「The Mess」「Maybe I'm Amazed」「Hi Hi Hi」の順番で放送された。
                    その後ウィングスではこの曲は演奏されなかったが、久々のステージ登場となった1986年のプリンシズ・トラストで、オリジナル・キーで演奏された。
                    「ビートルズ時代は'40代になったらロックンロールなんかしていないさ'なんて言ってたもんだった。でも、僕はまだ大好きなんだ。プリンス・トラストをやった時、陶酔しちゃったよ。周囲を見れば、エリック・クラプトン、マーク・ノュプラー、ブライアン・アダムス、エルトン、ティナ・・・ ステージの上は大騒ぎだった。彼らも僕がノッてくるのを見て、うれしかったんじゃないかな。僕は "I Saw Her Standing There" と "Long Tall Sally"を歌った。それもオリジナルのキーで!気分は最高!毎晩だってやっちゃうよ。だからバンドを組みたい。」(ポール)
                    このバージョンは、プリンシズ・トラスト10周年記念として発売されたこの年の演奏を収録したアルバムの付録シングルに収録された。カップリングは「I Saw Her Standing There」。
                    この時のリハーサルが映像で出回っており、「Long Tall Sally」を演奏する姿を少しだけ見ることができる。

                    【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
                    演奏:
                     Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
                     Elton John: Piano
                     Phil Collins: Drums
                     Midge Ure: Electric Guitar
                     Eric Clapton: Electric Guitar
                     Mark Knopfler: Electric Guitar
                     Joan Armatrding: Electric Guitar
                     Howerd Jones: Keyboards
                     Ray Cooper: Percussion
                     Bryan Adams: Electric Guitar
                     Rick Parfitt: Electric Guitar
                     Francis Rossi: Electric Guitar
                     John Illsley: Bass
                     Mark King: Bass
                    録音スタジオ:live at Wembley Stadium, London
                    録音日:1986.6.20
                    プロデューサー:Andrew Sheehan
                    エンジニア:?
                    イギリス発売日:1987.4.24
                    アメリカ発売日:未発売
                    日本発売日:未発売

                    【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
                    (1)1973年3月18日テレビ番組『James Paul McCartney』
                     Careerspan Vol. 1 (Mac -- MAC7074)
                     James Paul McCartney (Original Soundtrack) (Club Sandwich JPM 41673)
                    (2)1986年6月『Prince's Trust』リハーサル
                     Prince's Trust Rehearsal 1986 - DVD (Unknown -- VS-2005)

                    【歌詞・コード】
                    G
                    I'm gonna tell Aunt Mary 'bout Uncle John
                    he said he had the misery but he got a lot of fun
                    C        G
                    Baby, yeah now baby
                      D   C    G
                    Woo baby, some fun tonight

                    I saw Uncle John with Long Tall Sally
                    he saw Aunt Mary comin' and he ducked back in the alley
                    Oh, baby, yeah now baby
                    Woo baby, some fun tonight

                    Well Long Tall Sally's built pretty sweet
                    She got everything that Uncle John need
                    Baby, yeah now baby
                    Woo baby, some fun tonight

                    Well Long Tall Sally's built pretty sweet
                    She got everything that Uncle John need
                    Baby, yeah now baby
                    Woo baby, some fun tonight

                    Well, we're gonna have some fun tonight
                    have some fun tonight
                    Everything's all right
                    have some fun tonight
                    have some fun
                    yeah, yeah, yeah,
                    Woo we're gonna have some fun tonight
                    have some fun tonight
                    Everything's all right
                    have some fun tonight
                    Yeah, we'll have some fun
                    some fun tonight

                    (c)1956 VENICE MUSIC
                    Long Leather Coat
                    0

                      作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
                      収録時間:3分34秒
                      収録アルバム:Off The Ground - Complete Works
                      収録シングル:Hope Of Deliverance, Long Leather Coat (Japan only bonus single)


                      リンダと共作したロック・ナンバー。本国イギリスでは、アルバム『Off The Ground』からの第1弾シングルのB面として発表されたが、日本では初回盤アルバム『Off The Ground』のボーナスCDシングルとして発表された。このボーナスCDシングルに収録された他の曲は「Kicked Around No More」。
                      毛皮のコートを着た男性を攻撃するという内容はリンダに影響を受けたか、リンダが書いたものと思われる。
                      「もう僕も50歳に近くなってきたし、かわいく装おうとしても意味ないだろ。僕は何をすべきか、何に時間を費やすべきか考えたんだ。Friends Of The Earth やPETAが示す、僕ら人間が動物を食べるのをやめたらどんなに世界がよくなることかということを考えたんだ。実際に議論の余地があることだろうけど。」(ポール)
                      ポールが動物愛護や環境問題に興味を持ち始めた頃の曲らしく、動物愛護の精神が現れていると言えるが、グロテスクな歌詞も含まれている。

                      【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
                      演奏:
                       Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Electric Guitar, Bass Guitar
                       Linda McCartney: Backing Vocal
                       Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
                       Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
                       Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
                      録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
                      録音日:1991.11-1992.10
                      プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
                      エンジニア:Bob Kraushaar
                      イギリス発売日:1992.12.29
                      アメリカ発売日:1993.1.12
                      日本発売日:1993.5.10


                      【歌詞・コード】
                      I'M ALL ALONE, SAID SHE,
                      NO ONE TO PHONE, NO ONE TO TOUCH ME.
                      I'M ON MY WAY SAID THE MAN IN THE LONG LEATHER COAT
                      AS HE STARTED HIS CAR.

                      I'M GLAD YOU CAME, SAID SHE
                      YOU GOT MY NOTE, YOU UNDERSTOOD IT.
                      HE SMILED AS HE HUNG UP HIS LONG LEATHER COAT
                      ON THE BACK OF THE DOOR.

                      STROLL ON BABY, STEP RIGHT IN.
                      HELP YOURSELF TO A HANDFUL OF EV'RYTHING IN SIGHT,
                      LET THE PARTY BEGIN.
                      STROLL ON BABY, STEP RIGHT IN.
                      HELP YOURSELF TO A HANDFUL OF EV'RYTHING IN SIGHT,
                      LET THE PARTY BEGIN.

                      OH, I LOVE YOUR COAT, SAID SHE.
                      (oh, I love your coat, said she)
                      HE SAID, WELL, THANK YOU.
                      (he said, well, thank you)
                      IN YOUR NOTE YOU SAID YOU HAD,
                      (in your note you said you had)
                      NO ONE TO TOUCH YOU.
                      (no one to touch you)
                      SO SHALL I GO THROUGH?
                      (so shall I go, so shall I go)
                      (so shall I go, so shall I go)

                      WHY, YES, SHE SAID, YOU CAN GO ON AHEAD
                      SHE TOOK OUT THE KEY
                      AND SHE LOCKED HIM INTO THE BEDROOM.
                      OH, OH, OH.

                      NOW I AM ALONE, SAID SHE,
                      SHE TOOK A CAN OF REALLY RED PAINT,
                      AND SHE SPRAYED UP AND DOWN ON THE LONG LEATHER COAT,
                      ON THE BLOODY RED FLOOR.

                      SO LONG, BABY, I TOOK YOU IN
                      JUST TO SHOW YOU THAT YOUR LONG LEATHER COAT
                      IS REALLY NOTHING BUT A HANDFUL OF SKIN.
                      STROLL ON, BABY, STEP RIGHT IN.
                      HELP YOURSELF TO A HANDFUL OF EV'RYTHING IN SIGHT,
                      LET THE PARTY BEGIN!

                      LET THE PARTY BEGIN! HO!

                      OO-OO-OO-OO,
                      OO-OO-OO.

                      WELL, LET THE PARTY, THE PARTY BEGIN.

                      (c)1992 MPL Communications, Ltd
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バック・イン・ザ・USSR
                      バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      公式海賊盤
                      公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ポール・イズ・ライヴ
                      ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                      RECOMMEND
                      ライブ
                      ライブ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラン・デヴィル・ラン
                      ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      フレイミング・パイ
                      フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      オフ・ザ・グラウンド
                      オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      プレス・トゥ・プレイ
                      プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      タッグ・オブ・ウォー
                      タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                      RECOMMEND
                      マッカートニーII
                      マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バンド・オン・ザ・ラン
                      バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー&ウイングス
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラム
                      ラム (JUGEMレビュー »)
                      ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      あの雲のむこうに
                      あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                      ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.