Love Is Long
0

    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:2分9秒
    収録アルバム:なし
    収録シングル:なし


    1971年のアルバム『Ram』に収録された「Long Haired Lady」は、元々「Long Haired Lady」「Love Is Long」という別々の2曲を組み合わせたものだったが、この曲は後者の「Love Is Long」のオリジナル・バージョン。
    1973年に放送されたテレビ・スペシャル番組『James Paul McCartney』のリハーサルで、ポールの弾き語りで披露されたことがある。
    この時は、他に「That'll Be The Day」「Take Your Time」「Blackbird」「Country Dreamer」「Momma's Little Girl」のメドレーで演奏された。

    【未発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Guitar
    録音スタジオ:unknown
    録音日:1973.2-3
    プロデューサー:Gary Smith

    【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
     The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat -- MB CD 114)
     The Making Of James Paul McCartney (ReproMan -- RPM 106)
     Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)


    【歌詞・コード】
    G       Bb      C       G
    Ah, love is long, love is long, love is long
    Ah, sing your song, love is long, love is long
    Ah, when you're wrong, love is long, love is long
    Win or lose it, into the soul, love is long, love is long
    Ah, when you're wrong, love is long, love is long


    (c)1971 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
    Liverpool Suite
    0

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録アルバム:なし
      収録シングル:なし

      未発表のオーケストラ曲。1993年のニューワールド・ツアーの開演前に会場に流されていた曲のうちの1曲で、ポール作曲による。
      「Livepool Suite」には2種類あり、それぞれ「Livepool Suite 2」「Livepool Suite 5」というタイトルが付けられている。
      1993年のニューワールド・ツアー開演前では、この曲ばかりでなく、ポールの未発表曲(アンビエント、クラシックを含む)や他のアーティストによるポールのカバー曲が流されていた。1993年3月15日にポールの音楽版権管理事務所MPLによって、版権登録されている。
      この曲は、1993年5月26日のボルダー公演開演前を隠し撮りした以下のブートで聴くことができる。

       Let Me Roll It To Boulder CD 1 (Salamander -- SCD 1022/1024)

      演奏:?
      録音スタジオ:?
      録音日:?
      プロデューサー:?
      エンジニア:?
      イギリス発売日:未発売
      アメリカ発売日:未発売
      日本発売日:未発売
      Little Queenie
      0

        作詞作曲:Paul McCartney
        収録時間:2分47秒
        収録アルバム:なし
        収録シングル:なし

        オリジナルは、1959年3月にチャック・ベリーが「Almost Grown」のB面で発表した曲。ビートルズもデビュー前の1960年から1963年にかけてステージでポールのボーカルにより演奏していた曲で、1962年12月のドイツ・ハンブルグのスタークラブでの演奏は、アルバム『The Betles Live! At The Star Club』をはじめとして公にされている。1969年1月22日のゲットバック・セッションでも演奏しているが、この時のボーカルはジョン・レノンである。
        ローリング・ストーンズもこの曲をコンサートでよく取り上げており、1970年代前半と1990年後半のコンサートで演奏していたようである。
        ビートルズ解散後にポールがこの曲を演奏したのは、1979年5月頃のLympne Castleで行ったウィングスのリハーサル・セッションである。このセッションでは、ポールやデニー・レインが慣れ親しんだロックン・ロールを多数演奏しているので、この曲も取り上げられたのであろう。以下のブートで聴くことができる。

         Rock And Roll Jam Sessions (Kintyre Records -- PROMO CD 043)
         Lympne Castle Sessions (Red Square -- RS 04)
         Completed Rarities Vol. 2 (Polyphone -- PH 1311)

        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Bass
         Denny Laine: Vocal, Guitar
         Linda McCartney: Keyboard
         Laurence Juber: Guitar
         Steve Holly: Drums
        録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK
        録音日:circa 1979.5
        プロデューサー:Paul McCartney
        イギリス発売日:未発売
        アメリカ発売日:未発売
        日本発売日:未発売

        歌詞
        I got lumps in my throat
        When I saw her comin down the aisle
        I got the wiggles in my knees
        When she looked at me and sweetly smiled
        Well there she is again
        Standin over by the record machine
        Well she looks like a model
        On the cover of a magazine
        But she's too cute
        To be a minute over seventeen

        Meanwhile I was thinkin'

        Well if she's in the mood
        No need to break it
        I got the chance and I oughta take it
        If she can dance we can make it
        C'mon queenie let's shake it

        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie

        Won't someone tell me
        Who's the queen standin over by the record machine
        Well she looks like a model
        On the cover of a magazine
        But she's too cute
        To be a minute over seventeen
        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie

        Meanwhile, I was still thinkin, hmmmm,
        Well if it's a slow one
        We'll omit it
        If it's a rocker, then we'll get it
        If it's a good one, she'll admit it
        C'mon queenie, let's get with it

        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie

        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie
        I said go, go, go, little queenie...

        (c)1959 ARC MUSIC CORP
        Little Daisy Root
        0

          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:2分8秒
          収録アルバム:なし
          収録シングル:なし

          ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第12回(1995年8月5日放送)で放送された未発表曲。曲のタイトル、レコーディングの詳細とも不明であり、ブートによっては「Little Daisy Reggae」と表記されていることもある。
          ダンス・ミュージック寄りのレゲエ調のリズムに乗せて、ポールがハーフスポークンのボーカルを重ねているが、所々ではメロディーの付いた歌い方となる。音質から判断すると、アルバム『Flowers In The Dirt』のレコーディング・セッションでの録音と思われるが、詳細は不明である。
          以下のブートで聴くことができる。

          Oobu Joobu Part 12 (Yellow Cat Records -- YC 056)


          演奏:
           Paul McCartney: Vocal etc.
          録音スタジオ:unknown
          録音日:unknown (1987-89?)
          プロデューサー:Paul McCartney?
          エンジニア:unknown
          イギリス発売日:未発売
          アメリカ発売日:未発売
          日本発売日:未発売
          Lindiana
          0

            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:5分46秒
            収録アルバム:なし
            収録シングル:なし


            1984年9月から10月にかけて、デビット・フォスターをプロデューサーに迎えてレコーディングを行った未発表曲。
            デビット・フォスターとは、1983年のマイケル・ジャクソンのアルバム『Thriller』に収録された「The Girl Is Mine」にポールが参加した際に一緒したことがきっかけであり、このセッションは、1984年の映画サントラ『Give My Regards To Braod Street』の次に発売するアルバムのためのセッションであった。「No More Lonely Nights」のギター・ソロを担当したピンク・フロイドのデイブ・ギルモア、ドラムのデイブ・マタックスを迎え、「「I Love This House」「Lindiana」「We Got Married」の2曲がレコーディングされた。
            結局、この時レコーディングした3曲はお蔵入りとなり、次のアルバム『Press To Play』のレコーディングに取りかかったため、この曲は未発表のままである。1989年の『Flowers In The Dirt』からの第3弾シングル「Figure Of Eight」のB面として発表される計画もあったようだが、採用されずに「Ou Est Le Soleil?」がB面に収録された。
            この曲は、以下のブートで聴くことができる。

            Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone -- VT-189)
            Return To Lindiana (Unknown)
            Return To Pepperland - The Unreleased 1987 Album (Sergeant M Records -- SM 0001)
            New Moon Over Macca Vol. 6 (Madman -- MM-1004-6)

            演奏:
             Paul McCartney: Vocal, Piano, Guitar, Bass
             David Foster: Guitar
             Dave Gilmour: Guitar
             Dave Mattacks: Drums
            録音スタジオ:unknown
            録音日:1984.9-10
            プロデューサー:Paul McCartney, David Foster
            エンジニア:?
            イギリス発売日:未発表
            アメリカ発売日:未発表
            日本発売日:未発表
            歌詞

            HOW MUCH YOU GOT? HOW MUCH YOU WANNA TAKE?
            IT ALL DEPENDS ON WHAT YOU GOT.
            AND WHAT’S THE COST? HOW MUCH YOU WANNA PAY?
            IT ALL DEPENDS ON WHAT IT COSTS.

            IF I CAN BE OF HELP IN MATTERS SUCH AS THESE
            DON’T HESITATE TO CALL I’D ONLY BE TOO PLEASED TO TAKE A LOOK
            PLEASED TO TAKE A LOOK.

            HOLD ON LINDIANA
            DON’T LET GO OF YOUR DREAM
            WITH YOUR HEAD HELD HIGH YOU WOULD TOUCH THE SKY
            IN YOUR LONG FORGOTTEN SCHEME
            HOLD ON LINDIANA
            DON’T LET GO OF YOU DREAM
            IT’S IMPORTANT TO US

            HOW MUCH YOU GOT? HOW MUCH YOU WANNA TAKE?
            IT ALL DEPENDS ON WHAT YOU GOT?
            AND WHAT’S THE COST?
            HOW MUCH YOU WANNA PAY?
            THAT ALL DEPENDS ON WHAT IT COSTS.

            IF I CAN BE OF HELP IN MATTERS SUCH AS THESE
            DON’T HESITATE TO CALL I’D ONLY BE TOO PLEASED TO TAKE A LOOK
            PLEASED TO TAKE A LOOK.

            HOLD ON LINDIANA
            DON’T LET GO OF YOUR DREAM
            WITH YOUR HEAD HELD HIGH YOU WOULD TOUCH THE SKY
            IN YOUR LONG FORGOTTEN SCHEME
            HOLD ON LINDIANA
            DON’T LET GO OF YOU DREAM
            IT’S IMPORTANT TO US

            IF I CAN BE OF HELP IN MATTERS SUCH AS THESE
            DON’T HESITATE TO CALL I’D ONLY BE TOO PLEASED TO TAKE A LOOK
            PLEASED TO TAKE A LOOK

            HOLD ON LINDIANA
            DON’T LET GO OF YOUR DREAM
            WITH YOUR HEAD HELD HIGH YOU WOULD TOUCH THE SKY
            IN YOUR LONG FORGOTTEN SCHEME
            HOLD ON LINDIANA
            DON’T LOSE SIGHT OF YOUR DREAM
            IT’S IMPORTANT (TO US) TO US

            [ OH OH IT’S IMPORTANT
            OH OH OH
            DON’T LOSE SIGHT OF YOUR DREAM
            DON’T LET GO
            IT’S IMPORTANT LINDA
            OH DON’T LOSE SIGHT OF YOUR DREAM
            DON’T LET GO, DON’T LET GO
            LINDIAN LINDIANA
            DON’T LET GO, DON’T LET GO, DON’T LET GO
            DON’T, HOLD ON
            DON’T LET GO, LET GO
            LINDIANA]

            (c)1984 MPL Communications

            Linda Lu
            0

              作詞作曲:Ray Sharpe
              収録時間:(1)4分27秒 (2)2分39秒
              収録アルバム:
              収録シングル:


              1938年テキサス州フォートワース生まれのモダン・テキサス・ブルース歌手、レイ・シャープが1959年にヒットさせた曲。
              原曲はモダン・ブルース調の3コードであるが、ポールはロックンロール風にアレンジしてカバーした。
              ポールが演奏したのは、1993年のニューワールド・ツアーのリハーサルでのこと。1993年11月15日東京公演のサウンドチェックでの演奏が、1993年12月24日に日本のフジテレビで放送された番組『The New World Tour』で放送され、以下のような数々のブートに収録されている。その他、1993年2月11日の『サタデー・ナイト・ライブ』のリハーサルや、1993年6月15日シャーロット公演のサウンドチェックでも演奏されたという記録が残っている。『サタデー・ナイト・ライブ』での演奏は、以下のブートで聴くことができる。

              (1)1993年2月11日『サタデー・ナイト・ライブ』リハーサル
               Saturday Night Live Rehearsals (Yellow Cat Records -- YC006)

              (2)1993年11月15日東京公演のサウンドチェック
               Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records -- YC 046)
               Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
               Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
               Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
               Paul Is Vision 1 (Sandwich -- piv 002)
               Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)

              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Bass
               Linda McCartney: Backing Vocal
               Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
               Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
               Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
               Blair Cunningham: Drums
              録音スタジオ:(1)rehearsal from NBC Studio, New York (2)rehearsal from Tokyo, Japan
              録音日:(1)1993.2.11 (2)1993.11.15
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:?
              イギリス発売日:未発売
              アメリカ発売日:未発売
              日本発売日:未発売
              Let's Love
              0

                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:25秒
                収録アルバム:なし
                収録シングル:なし

                1974年にポールが作り、ペギー・リーに送った曲。
                ペギー・リーは1950年代から活躍している女性シンガーで、ビートルズ時代に発表した「Till There Was You」は、ペギー・リーのバージョンを参考にしているほど。
                ポールがロサンゼルスにあるペギー・リーの自宅を訪れた際に、この曲をプレゼントとしたという。その後、1974年6月上旬に、ロセンゼルスのスタジオ Record Plant で、ポールのプロデュースにより、ペギー・リーのバージョンがレコーディングされた。ペギー・リーのバージョンは、アルバム『Let's Love』に収録されており、アルバムのラストには、同曲のリプライズが登場する。
                ポール自身は、1974年夏に行われたウィングスのリハーサル・セッション『One Hand Clapping』で、ピアノ弾き語りによる演奏を行った映像が残されている。この時の演奏は、未発表曲「Sitting At The Piano」がメドレーで続く。
                以下のブートで聴くことができる。

                 Completed Rarities Vol. 1 (Polyphone -- PH 1312)
                 One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
                 The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
                 All The Rest (Love Records -- 1963-88JC)
                 The Long Lost Demos (Mongoose Records -- MONG CD020)
                 One Hand Clapping (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 2004/12-2)


                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, Piano
                録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
                録音日:1974.8
                プロデューサー:Paul McCartney
                録音日:1974.8
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Geoff Emerick
                イギリス発売日:未発表
                アメリカ発売日:未発表
                日本発売日:未発表

                歌詞・コード
                Cm
                Lover
                Gm
                Let's be in love with each other
                Gm Ebmaj7 D7
                To--night is the flight of the butterfly
                Gm
                Let's love

                Show me, you find it a pleasure to know me
                Tonight is the flight of the butterfly
                Let's love

                (c)1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
                Just Fun
                0
                  作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
                  収録時間:1分59秒
                  収録アルバム:なし
                  収録シングル:なし

                  ポール・マッカートニーが14歳の頃に書いた曲で、ビートルズ・デビュー前の1957年から1959年にかけてステージで演奏したという記録があるが、未だ公式に発表されていない曲。
                  ビートルズのデビュー曲「Love Me Do」と同じ頃に書かれたと思われるが、完成度が高くなかったため、ビートルズ以降発表しなかったが、ポールは、2004年6月2日チューリッヒ公演のサウンドチェックで、この曲を演奏したことがある。
                  「最初の曲は'Just Fun'ってやつだったかな。実は昔のもので発表していないのが何曲かあるんだよ。どこにも出していないから、僕の記憶の中にしか存在しない。実際、何とかしたいなと思ってるんだ。つまり、かなり粗削りではあるけど、そう悪くないロカビリーなんだよ。'Just Fun'はこんな感じ。“僕らの愛はただの遊びだって言われた。僕らが付き合い始めたばかりのとき。青い月なんてないのさ。僕にはそんなもの見えない……”なかなかよく出来てたんだけど、ひどい歌詞もあった。これが最初のころに作った曲のひとつだよ。」(ポール)
                  「学校のノートを持って座り込んでさ。白い紙に青い線の入ったぼろぼろのノートで、今も持ってるよ。浮かんだものは何でも書きつけた。最初のページからずっと、「レノン・マッカートニー・オリジナル」とタイトルが書いてある。あの頃から、『次の偉大なる作曲チームになるぞ』と思ってたんだ。本当にそうなったんだから、面白いよね。たとえば'Just Fun'という曲を書いていたら、もうこれ以上どうにもならない状態で行き詰まってね。『うわっ、こりゃひどい! 最悪』って思ってさ。歌詞の韻の踏み方も悪いし、これ以上は修正できないと一旦は手を引く。でも、とにかくノートには書き留めて、また後でやってみる。『おい、前に作った曲、聴いてみるかい?』って。で、もう一度“みんな僕らの恋はたただの遊びというけれど”と歌ってみると、今度はギターのリズムが良くなっていたり、ハーモニーは上手くいったりという具合でね。作曲のことを知らない人が見たら、僕らは何かのコントでもやってるように見えたと思うよ。こうやってだんだんと自信をつけながら、芸術へと発展させていったんだ。」(ポール)
                  2004年6月2日チューリッヒ公演のサウンドチェックは、以下のブートで聴くことができる。

                   Litzigrund Soundcheck 2004 (Label Unknown -- TKR/wn)
                   The Beatles: Betty Lee Met Gary 3 (JFC Records and Tapes -- Jfc-012)

                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
                   Rusty Anderson: Backing Vocal, Acoustic Guitar
                   Brain Ray: Backing Vocal, Bass
                   Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Accordion
                   Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
                  録音スタジオ:Letzigrund Stadion, Zurich, Switzerland
                  録音日:2004.6.2
                  プロデューサー:unknown
                  エンジニア:unknown
                  イギリス発売日:未発売
                  アメリカ発売日:未発売
                  日本発売日:未発売
                  Jugler
                  0

                    作詞作曲:Paul McCartney
                    収録時間:23秒
                    収録アルバム:なし
                    収録シングル:なし

                    未発表曲という扱いにはなるが、この曲は、ポールのビデオ・DVD等の映像出版物の最初に収録されている
                    ジャグラーがジャグリングしてMPLのロゴマークになるときに流れている20秒ほどのインスト曲である。
                    1981年8月、ポールとリンダがオノ・ヨーコに会うためにアメリカを訪問した時に2週間ほどアメリカで休暇を過ごす機会があり、その前後に自宅のルード・スタジオで録音した。この時のデモ・レコーディングでは、他にポールがDJを担当したラジオ番組のテーマ曲「Oobu Joobu」や「Peruvian Birdsong」という曲をレコーディングしている。
                    この曲は、ほとんどのMPL出版の映像ソフトで聴くことができるが、他に、以下のブートで聴くことができる。

                    Unbootlegged 03 (No Label Records -- NLR 0103)
                    MoMac's Hidden Tracks: Volume 17 (Unknown)

                    演奏:
                     Paul McCartney: Keyboards, Drums
                    録音スタジオ:Rude Studio, Scotland
                    録音日:1981.8
                    プロデューサー:Paul McCartney
                    エンジニア:unknown
                    イギリス発売日:未発売
                    アメリカ発売日:未発売
                    日本発売日:未発売
                    Johnny B. Goode
                    0
                      作詞作曲:Chuck Berry
                      収録時間:3分44秒
                      収録アルバム:なし
                      収録シングル:なし


                      言わずと知れたロックン・ロールの名曲。オリジナルはチャック・ベリーが1958年に発表した。チャック・ベリーのナンバーが当時全米8位までしか上がらなかったのは意外である。この曲が一般的に知られるようになったきっかけは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のエンディングで使用されたからかもしれない。
                      ビートルズもデビュー前にステージのレパートリーとしていた曲で、ジョン・レノンがボーカルを取っていた。デビュー後も英国放送BBCラジオの番組『Saturday Club』で一度だけ演奏(1964年1月7日)し、公式アルバム『LIVE AT THE BBC』に収録されている。1969年のゲットバック・セッションでも、1969年1月2日と14日の2度演奏している。
                      ポールがこの曲を取り上げたのは、1980年10月30日でのウィングスのメンバーとのリハーサルセッションのでのことである。ラフにスローに演奏していることから、セッションでたまたま取り上げたナンバーかもしれない。デニー・レインがコーラスを付けている。
                      以下のブートで聴くことができる。

                       When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone -- vigo161)
                       1980-10-30 - Tug Of War Rehearsal CD1 (Green Grape)

                      ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第9回(1995年7月15日)で放送された「Johnny B. Goode」は、チャック・ベリーのオリジナル・バージョン。

                      演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Bass
                       Linda McCartney: Keyboards
                       Denny Laine: Electric guitar
                       Laurence Juber; Electric guitar
                       Steve Holly: Drums,
                      録音スタジオ:Pugin's Hall, Tenderden, Kent
                      録音日:1980.10.30
                      プロデューサー:unknown
                      エンジニア:unknown
                      イギリス発売日:未発表
                      アメリカ発売日:未発表
                      日本発売日:未発表

                      歌詞・コード

                      A D A E A

                      A
                      Deep down in Louisiana, close to New Orleans,
                      Way back up in the woods among the evergreens,
                      D
                      There stood a log cabin made of earth and wood
                      A
                      Where lived a country boy named Johnny B. Goode
                      E
                      Who never ever learned to read or write so well,
                      A
                      But he could play the guitar just like a ringin' a bell.

                      A
                      Go! Go! Go, Johnny, go! Go!
                               D
                      Go, Johnny, go! Go!
                               A
                      Go, Johnny, go! Go!
                               E   A
                      Go, Johnny, go! Go! Johnny B. Goode

                      He used to carry his guitar in a gunny sack,
                      Go sit beneath the tree by the railroad track.
                      Old engineers would see him sittin' in the shade,
                      Strummin' with the rhythm that the drivers made.
                      When people passed him by they would stop and say,
                      'oh, my but that little country boy could play'

                      His mother told him, 'someday you will be a man,
                      You will be the leader of a big ol' band.
                      Many people comin' from miles around
                      Will hear you play your music when the sun go down.
                      Maybe someday your name'll be in lights,
                      Sayin' 'Johnny B. Goode tonight''

                      Go! Go! Go, Johnny, go! Go!
                      Go, Johnny, go! Go!
                      Go, Johnny, go! Go!
                      Go, Johnny, go! Go! Johnny B. Goode

                      (c)1958 ARC MUSIC CORP
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バック・イン・ザ・USSR
                      バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      公式海賊盤
                      公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ポール・イズ・ライヴ
                      ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                      RECOMMEND
                      ライブ
                      ライブ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラン・デヴィル・ラン
                      ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      フレイミング・パイ
                      フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      オフ・ザ・グラウンド
                      オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      プレス・トゥ・プレイ
                      プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      タッグ・オブ・ウォー
                      タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                      RECOMMEND
                      マッカートニーII
                      マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バンド・オン・ザ・ラン
                      バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー&ウイングス
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラム
                      ラム (JUGEMレビュー »)
                      ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      あの雲のむこうに
                      あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                      ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.