I Lost My Little Girl
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:1分46秒
    収録アルバム:Unplugged
    収録シングル:なし

    ポールが14才の時に初めて書いた曲。ジーン・ビンセントの「Be-Bop-A-Lula」がヒットしていた時期で、ポールがスキッフルに憧れ、バディー・ホリーのスタイルで書いた曲である。クォリーメンのメンバーからは演奏するのを拒否されたようだが、ポールは作曲して約35年後に、テレビ番組『Unplugged』で初めてこの曲を人前で披露した。後半にバディー・ホリーの「しゃっくり唱法」を取り入れている。
    「僕は左利きなので、ボディを逆さまにして弾き、自分なりのやり方で左利きのコードを覚えた。あの頃はA、D、Eの3つだけ知っていれば充分だった。そして曲も書き始めた。初めて作曲したのは14歳のときだ。タイトルは'I Lost My Little Girl'。『朝、目が覚めたら頭はふらふら。そこで気づいた、あの子はいなくなってしまったんだ』という古めかしい歌詞で、ちょっと笑っちゃうような感じの曲だ。使ったのは、G、G7、Cの3コードだけ。僕はひとつのメロディ・ラインが低い方へ流れ、それに対するもうひとつのメロディが高い方に流れる、という音楽用語で言う「反進行」と呼ばれているパターンが好きだった。まあとにかく、最初の曲はこの通り、可愛いもんさ。」(ポール)
    「'I Lost My Little Girl'はとってもあどけない小曲だよ。コードはG,G7,Cしか使っていない。Fもちょっとあったかな。コードが下っていくのに、メロディーが上がっていくという面白い曲だよ。これこそ作曲の秘訣だ。こういう面白いアイデアが僕の最初の曲にあるっていうのが面白いね。」(ポール)
    「この歌は今まで演奏したことがなかったんだ。というのも、"Her hair didn't always curl."っていうフレーズがどうも上手くいかなくてね。」(ポール)
    「お袋が死んだ直後の14歳のときさ。自分では母の死を書いたつもりはなかったけど、精神分析医は間違いなくそうだと言うだろうね。'I Lost My Little Girl'なんてタイトルを見たら明らかだよね。」(ポール)
    初めて披露したのが1991年であるが、1975年にピアノで弾き語りを行ったデモが残されている。ビートルズのゲットバック・セッションでも取り上げたことがあり、1969年1月24日になんとジョン・レノンのボーカルで演奏している。
    また、1991年5月から7月のシークレット・ギグで取り上げ、1993年のニュー・ワールド・ツアーでは、1993年9月3月のベルリン公演からレパートリーに入れて演奏した。ベルリン公演のサウンドチェックの模様は、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第5回(1995年6月17日放送)で放送された。また、「Back In The World」最終日の2003年6月1日リバプール公演でも演奏された。
    公式録音以外の音源は、以下のブートで聴くことができる。

    (1)1974年ピアノデモ
     The Piano Tape (Mistral Music -- MM 9231)
    (2)1993年9月3月のベルリン公演サウンドチェック
     Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records -- YC 049)
     Oobu Joobu Radio Chronicles Part One (Unknown -- PMCD0P1)
     The Soundcheck Songs Vol.1 (Egg -- Egg 001)

    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
     Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
     Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
     Blair Cunningham: Drums
     Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
     Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
    録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
    録音日:1991.1.25
    プロデューサー:Joel Gallen
    エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
    イギリス発売日:1991.5.13
    アメリカ発売日:1991.6.4
    日本発売日:1991.5.25

    歌詞・コード

    G       G7    C
    Well I woke up late this morning
    G      G7   C
    My head was in a whirl
    G   G7   C      G7 [tacet]
    Only then I realised I lost my little girl
           C
    Ah ah ah aha ha

    Well her clothes were not expensive
    Her hair didn't always curl
    I don't know why I love her, but I lost my little girl
    Ah ah ah aha ha

        Fmaj7
    Well gather now people let me tell you a story
       G        C
    The very first song I wrote
       Fmaj7
    Well gather now people let me tell you a story
       G         C
    The very first song I wrote

    Well I woke up late this morning
    My head was in a whirl
    Only then I realised I lost my little girl
    Ah ah ah aha ha

    (c)1991 MPL Communications
    Hi-Heel Sneakers
    0
      作詞作曲:Robert Higgenbottom
      収録時間:4分8秒
      収録アルバム:Unplugged
      収録シングル:なし

      オリジナルは1964年にトミー・タッカーが発表したバージョン。作者のロバート・ヒッゲンボトムがカール・パーキンスの「Blue Suede Shoes」に影響されて作った。ロックン・ロールのスタンダード・ナンバーとなっており、他にこの曲をカバーしたアーティストとして、スティービー・ワンダー、ジェリー・リー・ルイスなどがいる。
      ポールにとっては、ビートルズ時代の全盛期である1960年代半ばの曲をカバーするのは珍しい。1969年のビートルズのゲットバック・セッションでは、ジョンがこの曲を歌っている。
      MTVのテレビ番組『Unplugged』で演奏し、その後、1991年6月5日ナポリ(イタリア)、6月7日セント・オーステル(イギリス)、7月19日ウェストクリフ(イギリス)、7月24日コペンハーゲン(デンマーク)のシークレット・ライブで、『Unplugged』と同じアコースティック・セットで演奏した。
      MTV『Unplugged』のリハーサルでこの曲を演奏する模様は、ポールがDJを担当した番組『Oobu Joobu』の第10回(1995年7月22日放送)で放送され、以下のブートでも聴くことができる。

       Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records -- YC 054)
       MTV's Unplugged Rehearsals (N/A)

      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
       Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
       Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
       Blair Cunningham: Drums
       Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
       Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
      録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
      録音日:1991.1.25
      プロデューサー:Joel Gallen
      エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
      イギリス発売日:1991.5.13
      アメリカ発売日:1991.6.4
      日本発売日:1991.5.25

      歌詞・コード

             G
      Put on your red dress baby
      Gal, we're goin' out tonight
              C
      Put on your red dress baby
                 G
      Gal, we're goin' out tonight
           D
      Better wear some boxing gloves
      C                G
      In case some fool might wanna fight

      Put on your hi-heel sneakers
      Put your wig-hat on your head
      Put on your hi-heel sneakers
      Slap your wig-hat on your head
      Well you know you're pretty sure now
      Pretty sure, pretty sure you're gonna knock 'em dead

      Put on your red dress baby
      Gal, we're goin' out tonight
      Put on your red dress baby
      Gal, we're goin' out tonight
      You better wear some boxing gloves
      In case some fool might wanna fight

      Put on your hi-heel sneakers
      Put your wig-hat on your head
      Put on your hi-heel sneakers
      Slap that wig-hat on your head
      Well you know damn pretty sure now
      Pretty sure, pretty sure you're gonna knock 'em dead

      Put on your hi-heel sneakers
      Put your red dress on
      Hi-heel sneakers
      Put that wig-hat on your head
      Hi-heel sneakers
      We're goin' out tonight babe
      Hi-heel sneakers

      (c)1964 Essex Music Ltd.
      Hey Man / Cards Up On The Table
      0
        作詞作曲:Paul McCartney
        収録時間:2分26秒
        収録アルバム:なし
        収録シングル:なし

        ウィングスのドキュメンタリー映像『Wingspan』にも登場する、1976年7月にスコットランドのキャンベルタウンにあるポールの農場の中にあるスタジオ「Rude Studio」において作られたデモからの未発表曲。
        ポールのドラム、少しディストーションのかかった繰り返しのリフによるギターの上に、ポールのボーカルが被せられているというデモであるが、このデモを録音した時点では未完成の曲である。後半の「Cards Up On The Table」は別に作った曲と思われる。
        以下のブートの最終トラック(18トラック)に収められており、ブートのジャケットでは曲名が分からなかったためか「Jam #4」と表記されている。

         Home Demo's (Orange -- Orange 14)

        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Guitar, Drums
        録音スタジオ:Rude Studio, Campbeltown, Sussex
        録音日:1976.7
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Paul McCartney
        イギリス発売日:未発表
        アメリカ発売日:未発表
        日本発売日:未発表
        Good Rockin' Tonight
        0
          作詞作曲:Roy Brown
          収録時間:(1)3分43秒 (2)2分41秒
          収録アルバム:(1)Unplugged (2)Paul Is Live
          収録シングル:なし

          オリジナルは1947年にロイ・ブラウンが発表した曲。翌年、ワイノニー・ハリスが全米1位を獲得し、ロックンロールのスタンダードとなった。この曲をカバーしたアーティストは、エルビス・プレスリー、リッキー・ネルソン、カール・パーキンス、バディー・ホリー、ジェームス・ブラウンと数多いが、ポールは、1954年のエルビス・プレスリーのバージョンを参考にしている。
          ビートルズの1969年のゲットバック・セッションでは、ジョンがこの曲を歌った。
          ポールは1980年10月のウィングスのリハーサルセッションで演奏したことがあるが、人前で演奏したのは、1991年のMTVのテレビ番組『Unplugged』が初めて。その後、1993年のツアー「The New World Tour」のセットリストでは、アンプラグド・コーナーの冒頭にこの曲を加えた。公式ビデオ『Paul Is Live』でこの曲の演奏シーンを見ることができるが、後に各国のテレビで放送された番組『Live From The New World』(日本では1995年1月5日にWOWOWで放送)や、公式ライブ盤『Paul Is Live』と同じく、1993年6月15日シャーロット公演が収められた。また、1993年11月15日東京公演のサウンドチェックでこの曲を演奏する姿は、テレビ番組『ポール・マッカートニー・クリスマス・スペシャル』として、日本で1993年12月24日に放送された。
          1980年10月のウィングスのリハーサルセッションでの演奏は、以下のブートで聴くことができる。また、公式アルバムに収録されていないライブバージョンも、以下のブートで聴くことができる。

          (3)1980年10月30日ウィングス・リハーサル
           When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone -- vigo161)
          (4)1993年11月15日東京公演サウンドチェック
           Live In Argentina Special (DVD 1) (Label Unknown)
           Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
           Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
           Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
           Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
           Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
           Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)

          (1)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
           Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
           Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
           Blair Cunningham: Drums
           Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
           Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
          録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
          録音日:1991.1.25
          プロデューサー:Joel Gallen
          エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
          イギリス発売日:1991.5.13
          アメリカ発売日:1991.6.4
          日本発売日:1991.5.25

          (2)
          演奏:
           Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
           Linda McCartney: Tambourine, Drums
           Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
           Robbie Mclntosh: Acoustic Guitar, Vocal harmonies
           Paul "Wix" Wickens: Accordion
           Blair Cunningham: Drums
          録音スタジオ:live from Charlotte
          録音日:1993.6.15
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Geoff Emerick
          イギリス発売日:1993.11.8
          アメリカ発売日:1993.11.16
          日本発売日:1993.11.10

          歌詞・コード
          E
          Well I heard the news, there's a-good rocking tonight
               A                   E
          Yeah, I heard the news, everybody's rocking tonight

          E
          Well I want you to meet me behind the new barn
                     B7
          Don't you be worried, I'll do you no harm
            E
          I want you to bring along my rockin' shoes
          'Cause tonight we're gonna rock away all the blues
            A         B7            E
          I heard the news, there's a-good rocking tonight

          Gonna rock ... all my blues away

          Well I heard the news, there's a-good rocking tonight
          Yeah, I heard the news, everybody's rocking tonight

          Well I want you to meet me behind the new barn
          Don't you be worried, I'll do you no harm
          I want you to bring along my rockin' shoes
          'Cause tonight we're gonna rock away all the blues
          I heard the news, there's a-good rocking tonight

          Well I heard the news, there's a-good rocking tonight
          Yeah, I heard the news, everybody's rocking tonight

          Well I want you to meet me behind the new barn
          Don't you be worried, I'll do you no harm
          I want you to bring along my rockin' shoes
          'Cause tonight we're gonna rock away all the blues
          I heard the news, there's a-good rocking tonight

          (c)1947 TRIO MUSIC
          Gonna Set This Town On Fire Tonight
          0
            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:4分8秒
            収録アルバム:なし
            収録シングル:なし

            1993年のツアー「The New World Tour」のサウンドチェックで演奏された即興曲。タイトルを連呼している。未発表曲であるが、ポールがDJを担当した番組『Oobu Joobu』の第14回(1995年8月19日)で放送された。
            タイトルは「今夜、この街を激させるぞ」という意味。ポールのコンサートに対する思いが反映されたものか。
            以下のブートで聴くことができる。

             Oobu Joobu Part 14 (Yellow Cat Records -- YC 058)

            演奏:
             Paul McCartney: Lead Vocal, Electric Guitar
             Linda McCartney: Keyboards
             Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
             Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
             Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
             Blair Cunningham: Drums
            録音スタジオ:unknown
            録音日:1993
            プロデューサー:Paul McCartney
            エンジニア:Geoff Emerick
            イギリス発売日:未発売
            アメリカ発売日:未発売
            日本発売日:未発売

            Blue Moon Of Kentucky
            0
              作詞作曲:Bill Monroe
              収録時間:4分22秒
              収録アルバム:Unplugged
              収録シングル:なし

              オリジナルは1946年にビル・モンローが発表したカントリー曲。当時全米1位を獲得した。
              エルビス・プレスリーがアップ・テンポのロカビリー・バージョンにアレンジして1954年に発表した。
              ポールお気に入りの曲のようで、ビートルズのデビュー前から最近に至るまで、あらゆる時代で演奏している。
              ポールが公式発表したのは、1991年のMTV『Unplugged』でのパフォーマンス。前半はビル・モンロー風に、後半はエルビス・プレスリー風に演奏している。
              「この曲をレコーディングするつもりはなかったけど、初期ウィングスのツアーの時に演奏して、そしてレコーディングしたんだ。でもリリースしなかった。今(注:アルバム『Unplugged』のこと)はリリースしたけどね。当初意図していたこととはちょっと違ったね。おもしろいね。それでいいんだ。」(ポール)
              ポールの言うとおり、(1)1972年のウィングス・イギリス大学ツアー、ヨーロッパツアーでライブ演奏された。また、(2)1974年8月の未発表フィルム『One Hand Clapping』の時のセッション、(3)1980年10月のウィングスのセッション でも演奏されている。
              また、ビートルズのアンソロジー・プロジェクトの時に、1994年にポール、ジョージ、リンゴが集まった時のセッションで、ポールのボーカルで演奏され、その時の様子は公式DVD『The Beatles Anthology』の「Special Features」で見ることができる。
              ウィングスのバージョンは以下のブートで聴くことができる。

              (1)1972年ウィングス・ツアー
               Live In Lyon - July 14, 1972 (Label Unknown)
               Nottingham University 9 February 1972 (Label Unknown)
               First Live Show, Spring 1972 (Ram Records -- RAM 003)
               Live In Arles 13 July 1972 (N/A)
               Arles '72 (Strawberry Records -- STR 023)
               Frankfurt,West Germany 19 July 1972 (N/A)
               Wings Over Switzerland - CD 1 (Mistral Music -- MM 9110)
               Gothenburg,Sweden 10 August 1972 (Unknown)
               Wings Over Sweden (Disc 1) (Barrier -- BAR 001)
               Wings Over Denmark CD 1 (Salamander -- SCD 1163)
               Wings Wild Live - Disc 1 (Main Stream -- Mast 023)
               Complaint To The Queen (Wings Over Holland 1972) (Maisie -- BTA 00)
               Wings Live In Rotterdam 1972 - CD 1 (Unknown)
               Live In Groningen August 19, 1972 (DarthDisc -- DD 009)
               Wings At The Hague - Disk 1 (Unknown -- hague1)
               Cine Roma - CD 1 (Unknown)
               Belgium 1972 (Disc 1) (Voxx -- VOXX-0014-01)

              (2)1974年8月『One Hand Clapping』
               The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
               One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
               The Nashville Sessions (Voxx)

              (3)1980年10月
               When It Rains, It Pours (Disk 1) (Vigotone -- vigo161)

              また、ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』では、第10回放送でお遊びで演奏した(4)モック・バージョン、第4回の放送では、(5)ポールとビル・モンロー、エルビス・プレスリーのバージョンを混合して放送した。
              以下のブートで聴くことができる。

              (4)Oobu Joobu Part 4 (Yellow Cat Records -- YC 048)
                Oobu Joobu Part 10 (Yellow Cat Records -- YC 054)

              (5)Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 1) (Yellow Cat Records -- YC 060)


              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
               Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
               Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
               Blair Cunningham: Drums
               Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
               Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
              録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
              録音日:1991.1.25
              プロデューサー:Joel Gallen
              エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
              イギリス発売日:1991.5.13
              アメリカ発売日:1991.6.4
              日本発売日:1991.5.25

              歌詞・コード
              *
              A                            D
              WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
              A                             E7
              SHINE ON THE ONE THAT'S GONE AND LEFT ME BLUE
              A                           D
              WELL, BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
                   A            E7            A
              SHINE ON THE ONE THAT'S GONE AND LEFT ME BLUE.

              **
                        D
              WELL, IT WAS ON ONE MOONLIGHT NIGHT
                     A
              WITH THE STARS SHINING BRIGHT,
                 D            A       E7
              WIND BLOWIN' HIGH, MY LOVE SAID GOODBYE.
                 A                     D
              BLUE MOON OF KENTUCKY KEEP ON SHINING,
                 A              E7          A
              SHINE ON THE ONE THAT'S GONE AND LEFT ME BLUE.

              repeat **
              A                 D
              WELL, BLUE MOON, YEAH, BLUE MOON,
                  A                 E7
              YEAH, BLUE MOON KEEP SHINING BRIGHT,
                  A
              WELL, BLUE MOON KEEP ON SHINING BRIGHT,
              D
              BRING MY BABY BACK TONIGHT.
              A     E7              A
              BLUE MOON, YEAH, KEEP SHINING BRIGHT.

              repeat *

              repeat **
                 A                   E7           A
              YEAH, SHINE ON THE ONE THAT'S GONE AND LEFT ME BLUE.

              (c)1946 Southern Music Publishing
              Be-Bop-A-Lula
              0
                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:4分4秒
                収録アルバム:Unplugged
                収録シングル:なし

                オリジナルは1956年にジーン・ビンセントが発表した曲。オールディーズの代表曲とも言える有名曲である。数多くのアーティストがカバーしているロックンロールのスタンダードで、ジョン・レノンもロックンロール・カバーアルバム『Rock'n'roll』でカバーし、アルバムの1曲目に据えている。
                ポールは1991年のMTV『Unplugged』で初めて演奏したが、ショーの中では実際には12曲目に演奏したにも関わらず、公式発売したアルバムでは1曲目に持ってきているところは、ジョン・レノンを意識していると思われる。
                この曲は、1957年7月6日リバプールのセント・ピータース教会で、ポールがジョンのバンド、クォリーメンの演奏を初めて見た後に、楽屋でポールがジョンに弾いてみせた曲のうちの1曲だと言われている。その他に弾いてみせた曲はエディ・コクランの「Twenty Flight Rock」。
                『Unplugged』以外でも、1991年5月8日〜7月24日のヨーロッパ・シークレット・ツアーや、1993年ワールド・ツアーのリハーサルでも演奏している。
                公式盤に収録されていないそれらの演奏は、以下のブートで聴くことができる。

                ・1993年5月31日 カンサスシチー Arrowhead Stadiumでのリハーサル
                 Oobu Joobu Part 3 (Yellow Cat Records -- YC 047)
                ・1993年11月15日 東京ドームでのリハーサル
                 Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
                 Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
                 Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
                 Paul Is Vision 1 (Sandwich -- piv 002)
                 Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)

                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
                 Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
                 Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
                 Blair Cunningham: Drums
                 Robbie Mclntosh; Acoustic guitar, Vocal harmonies
                 Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies録音スタジオ:
                録音日:1991.1.25
                プロデューサー:Joel Gallen
                エンジニア:Geoff Emerick
                アシスタント・エンジニア:Peter Craigie, Gary Stewart & Eddie Klein
                イギリス発売日:1991.5.13
                アメリカ発売日:1991.6.4
                日本発売日:1991.5.25

                歌詞・コード
                Well
                E
                Be-bop-a-lula, she's my baby
                Be-bop-a-lula, I don't mean maybe
                A9
                Be-bop-a-lula, she's my baby
                E
                Be-bop-a-lula, I don't mean maybe
                B7        A9        E
                Be-bop-a-lula, she's my baby love, my baby love, my baby love

                   E
                Well, she's the girl in the red blue jeans
                She's the queen of all the teens
                She's the woman that I know
                          E7-10
                She's the one that loves me do - say

                A9
                Be-bop-a-lula, she's my baby
                E
                Be-bop-a-lula, I don't mean maybe
                B7
                Be-bop-a-lula, she's my baby love, my baby love, my baby love

                SOLO: E B7 A9 E

                Well, she's the woman that's got that beat
                She's the woman with the flying feet
                She's the woman that walks around the store
                She's the one who wants me more, more, more, more

                Be-bop-a-lula, she's my baby
                Be-bop-a-lula, I don't mean maybe
                Be-bop-a-lula, she's my baby
                Be-bop-a-lula, I don't mean maybe
                Be-bop-a-lula, she's my baby love, my baby love, my baby love

                SOLO: E A9 E B7 A9 E

                Be-bop-a-lula, she's my baby
                Be-bop-a-lula, I don't mean maybe
                Be-bop-a-lula, she's my baby
                Be-bop-a-lula, I don't mean maybe
                B7      A9       E
                Be-bop-a-lula, she's my baby love, my baby love
                E6add9
                My baby love

                (c) 1956 HILL AND RANGE SONGS INC
                And I Love Her
                0
                  作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
                  収録時間:4分17秒
                  収録アルバム:Unplugged (The Official Bootleg)
                  収録シングル:なし

                  オリジナルは、1964年に発売されたビートルズのアルバム『A Hard Day's Night』に収録されている。初期のビートルズ時代にポールが作った秀逸のバラード作品。ジョン・レノンはこの種の曲があまり好きではなかったという。
                  ビートルズ時代はライブで演奏したことはなく、ポール自身も、オリジナルの発表から27年経過して初めてライブで演奏した。1991年のMTVの番組「Unplugged」で初めて演奏し、その後、1991年のシークレット・ヨーロッパ・ギグで演奏し、さらに、1993年のワールドツアーで演奏している。
                  公式に発表されたことがあるのは、「Unplugged」でのライブ。ライブでは、バックバンドでベースを弾いているヘイミッシュ・スチュアートがメインのメロディーを歌い、ポールは上のパートを歌っている。

                  演奏:
                  Hamish Stuart: Vocal, Acoustic bass guitar
                  Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
                  Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
                  Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
                  Blair Cunningham: Drums
                  Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
                  録音スタジオ:Live from MTV program "Unplugged"
                  録音日:1991.1.25
                  プロデューサー:Joel Gallen
                  エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
                  イギリス発売日:1991.5.13
                  アメリカ発売日:1991.6.4
                  日本発売日:1991.5.25

                  歌詞・コード
                  Em     Bm
                  I give her all my love
                  Em     Bm
                  That's all I do
                  Em     Bm
                  And if you saw my love
                  G         A
                  You'd love her too
                      D
                  I love her

                  Em        Bm
                  She gives me everything
                  Em    Bm
                  And tenderly
                  Em        Bm
                  The kiss my lover brings
                  G        A
                  She brings to me
                         D
                  And I love her

                  Bm     D    Bm    A
                  A love like ours, could never die
                  Bm     A         A+D
                  As long as I have you near me

                  Bright are the stars that shine
                  Dark is the sky
                  I know this love of mine
                  Will never die
                  And I love her.

                  (c)1964,1991 Nothern Songs

                  CALENDAR
                  SMTWTFS
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  << September 2017 >>
                  ENTRY(latest 5)
                  ARCHIVES
                  CATEGORY
                  COMMENT
                  TRACKBACK
                  PROFILE
                  MOBILE
                  qrcode
                  LINK
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  バック・イン・ザ・USSR
                  バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  公式海賊盤
                  公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ポール・イズ・ライヴ
                  ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                  RECOMMEND
                  ライブ
                  ライブ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ラン・デヴィル・ラン
                  ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  フレイミング・パイ
                  フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  オフ・ザ・グラウンド
                  オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  プレス・トゥ・プレイ
                  プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  タッグ・オブ・ウォー
                  タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                  RECOMMEND
                  マッカートニーII
                  マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  バンド・オン・ザ・ラン
                  バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー&ウイングス
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ラム
                  ラム (JUGEMレビュー »)
                  ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                  夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  あの雲のむこうに
                  あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                  ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.