It's Not True
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:(1)4分31秒 (2)5分52秒
    収録アルバム:(2)Press To Play (bonus track)
    収録シングル:(1)Press (7 inch) (2)Press (10inch, 12 inch)

    妻のリンダへ向けて歌った力強いバラード。歌詞の内容から、リンダを攻撃するマスコミに対して書いた曲とも解釈できる。
    ジェリー・マロッタの力強いドラムが印象的な曲である。
    この曲は、アルバム『Press To Play』のレコーディングにあたり、ポール、エリック・スチュアート、ジェリー・マロッタの3人でベーシック・トラックが録音された。そのベーシック・トラックに、ヒュー・パジャムのプロデュースのもと、カルロス・アロマーのギターがオーバー・ダブされ、このバージョンが7インチシングル「Press」のB面として発表された。
    一方、後にアルバム『Off The Ground』のプロデュースを手がけることになるジュリアン・メンデルソンのプロデュースにより、7インチシングルバージョンよりも1分強長いバージョンが制作され、10インチ・12インチシングル「Press」のB面と、アルバム『Press To Play』CD盤に収録された。現在一般的に聴くことができるのはこちらのバージョンである。
    7インチシングルのバージョンと、10インチ・12インチ・CDアルバムのバージョンは、ベーシックトラックは一緒であるが、随所に相違点が見られる。10インチ・12インチ・CDアルバムバージョンでは、カルロス・アロマーのギターが取り除かれ、ベーシック・トラックに入っていたリズム・マシーンがかすかに聞こえる。また、サックス・ソロとコーラスがオーバーダブされている。バックコーラスはセッション・ミュージシャンの5人組コーラスグループが担当したと思われる。
    リリースされたバージョンの中間点に位置するラフ・ミックスも発見されており、以下のブートで聴くことができる。
    ラフ・ミックスにはカルロス・アロマーのギターは入っておらず、ポールのボーカルもオーバーダブされる前のバージョンとなっている。

    (3)Rough Mix
     Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone -- VT-189)
     Played To Press (Library Product -- 2327)
     The Alternate Press To Play (Orange -- ORANGE 13)
     Yvonne (Scratch Back Records -- FT4)

    演奏:
     Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
     Eric Stewart: Guitars, Vocals
     Jerry Marotta: Drums
     Carlos Alomar: Electric guitar
    録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
    録音日:circa 1985.4-1986.4
    プロデューサー:(1)Paul McCartney, Hugh Padgham (2)Julian Mendelsohn
    エンジニア:Hugh Padgham, Steve Jackson
    イギリス発売日:(1)1986.7.14 (2)1986.9.1
    アメリカ発売日:(1)1986.7.14 (2)1986.8.25
    日本発売日:(1)1986.7.31 (2)1986.8.22

    歌詞・コード
    It's not true, oh, it's not true, oh, it's not true

    D             G6
    Some people say she's a bad girl
    D             G6
    Some people think she's a fool
    D              G       E      A
    Some people tell me she's no good, but I'm telling you

    It's not true, it's not true, it's not true

    They say that my girl's a mad girl, no saying what she might do
    Some people tell me she's crazy, but I'm telling you

    It's not true, it's not true, it's not true It's not true
    Ooh, ooh, ooh

    They've been talking to the fellas ooh, ooh, ooh
    Have they never heard of jealousy ooh, ooh, ooh
    If she helps me write the melody
    I'll let the words take care of themselves

    It's not true, it's not true, it's not true
    It's not true Ooh, ooh, ooh

    They've been talking to the fellas ooh, ooh, ooh
    Have they never heard of jealousy ooh, ooh, ooh
    If she helps me make the memories
    I'll let the words take care of themselves oh

    Some people say she's a loser
    Some people tell me that she's through
    Some people say I don't love her, but I'm telling you

    It's not true, it's not true, it's not true
    What they're saying about her isn't true
    Don't you know it isn't (true?) (True)
    Oh, no, no, no (true, true)
    Ooh, it isn't (true, true)
    Oh, it's not true
    It's not true, it's not true
    It's not true, oh, it's not true, oh
    It's not true, oh, it's not true, oh
    It's not true, oh, it's not true, oh
    It's not true, oh

    試聴

    (c)1986 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

    However Absurd
    0
      作詞作曲:Paul McCartney、Eric Stewart
      収録時間:4分55秒
      収録アルバム:Press To Play
      収録シングル:なし

      元10ccのエリック・スチュアートとの共作曲。サイケデリックなアレンジがビートルズっぽく、ビートルズ時代のジョン・レノンの作風を模倣しているかのよう。ポールは敢えてビートルズっぽいアレンジを拒まなかったという。
      「しばらくはビートルズに回帰することに抵抗していたけど、いつも『何故だろう?』って思っていたんだ。ビートルズの影響に反故する理由を誰か教えてくれないか? 仮にビートルズっぽくする権利がある人がいるとすれば、それは今生きている3人じゃないかな。」(ポール)
      「アブザードというのは『あまりにもビートリーで、僕はやりたくない』という気持ち。これまでは抵抗していたけど、今は別に意識していない。いいバンドだったんだから無視する必要はないんだよ。"I Am The walrus" のイントロみたいなところがあって、僕の好きなスタイルだ。歌詞はちょっと変わっているけど、ちゃんと意味はある。『僕らの間には特別なものがある。言葉では僕の気持ちを完璧には伝えられない』 という歌詞があるんだけど、これはカリル・ジブランの『ザ・プロット』を意識したんだ。その詞の中には"Half of what I say is meaningless, but I say it just to reach you(僕の言うことの半分は意味がない。でも、君に届くようにあえて言う)"っていう文があって、僕とジョンはこれをとっても気に入っていて、ジョンが歌詞に使ったことがあるんだ。」(ポール)オーケストラ・アレンジはアン・ダドリーが担当した。
      この曲のアウトテイクも以下のブートにより出回っており、アウトロのオーケストラが公式盤に比べて短い。

       Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone -- VT-189)
       Played To Press (Library Product -- 2327)
       The Alternate Press To Play (Orange -- ORANGE 13)
       Complete Press To Play (CD 2) (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records -- TKR/2002)

      演奏:
       Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
       Eric Stewart: Guitars, Vocals
       Jerry Marotta: Vibraphone, Drum Proguraming
       Carlos Alomar: Guitars
       Ray Cooper: Percussion
      録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
      録音日:circa 1985.4-1986.4
      プロデューサー:Paul McCartney, Hugh Padgham
      エンジニア:Hugh Padgham, Steve Jackson
      イギリス発売日:1986.9.1
      アメリカ発売日:1986.8.25
      日本発売日:1986.9.5

      歌詞・コード
      C       D7
      Ears twitch like a dog
      G7         C
      Breaking eggs in a dish
             D7
      Do not mock me when I say
      G7       C
      This is not a lie

      It's a funny thing, half serious
      With our hands on our ears
      Living dreams with mouths ajar
      Wide awake we go to sleep

            F        Bb      C
      However absurd, however absurd it may seem
            F        Bb      C C/B
      However absurd, however absurd it may seem

      Am          Dm
      Something special between us
      G7          C     Am
      When we made love the game was over
      Dm          G
      I couldn't say the words
      Dm             G
      Words wouldn't get my feelings through
      Dm         C
      And so I keep talking to you

      However absurd, however absurd it may seem
      However absurd, however absurd it may seem

      Custom-made dinosaurs
      Too late now for a change
      Everything is under the sun
      But nothing is for keeps

      However absurd, however absurd it may seem
      However absurd, however absurd that may seem

      However absurd, however absurd it may seem
      However absurd, however absurd it may seem

      However absurd, however absurd it may seem
      However absurd, however absurd it may seem

      However absurd, however absurd it may seem
      However absurd, however absurd it may seem

      試聴

      (c) 1986 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
      Good Times Coming / Feel The Sun
      0
        作詞作曲:Paul McCartney
        収録時間:4分54秒
        収録アルバム:Press To Play
        収録シングル:なし

        アルバム『Press To Play』に収録されている、ポール単独で書いた曲のメドレー。夏の様子が思い浮かぶようなレゲエ風のアレンジとなっている。
        「僕にとって、この曲には3つの夏がある。1つは、僕が子供の頃、半ズボンを履いてバトリンに遊びに行った夏さ。長いズボンを履きたかったので、とても恥ずかしかった覚えがあるよ。2つ目の夏は、もう少し大きくなってから。ビートルズ時代のことを思い出した歌詞さ。'しょうもないシーズンだったよ。ベストだったか? 理由なんか必要ないさ。ただ休暇が欲しいのさ!'という歌詞。アルバムの中でも気に入っている歌詞だ。3番目は、もう少し縁起の悪い夏、戦争前の夏のこと。」(ポール)
        この曲のイントロ部分のアカペラと波の音は、サセックスのレコーディング・スタジオの外で、ポール、ケイト・ロビンス(ポールのいとこ)、ルビー・ジェイムスのコーラスを録音したものである。
        その後、カルロス・アロマーのギター、エディー・レイナー(スプリット・エンツのキーボディスト)の演奏が加えられた。
        また演奏面では、珍しくポールのチョッパー・ベースが楽しめる曲でもある。
        元々「Feel The Sun」は3分30秒もの長さで、後半からエディー・レイナーのキーボードがフィーチャーされていたが、アルバム収録にあたり、1分25秒に編集された。
        元々オリジナル・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

         Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone -- VT-189)
         Played To Press (Library Product -- 2327)
         The Alternate Press To Play (Orange -- ORANGE 13)
         Yvonne (Scratch Back Records -- FT4)
         Complete Press To Play (CD 2) (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records -- TKR/2002)

        演奏:
         Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
         Eric Stewart: Guitars, Vocals
         Jerry Marotta: Drums
         Carlos Alomar: Guitars
         Eddie Rayner: Keyboards
         Kate Robbins: Harmonies
         Rudy James: Harmonies
        録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
        録音日:circa 1985.4-1986.4
        プロデューサー:Paul McCartney, Hugh Padgham
        エンジニア:Hugh Padgham, Steve Jackson
        イギリス発売日:1986.9.1
        アメリカ発売日:1986.8.25
        日本発売日:1986.9.5

        歌詞・コード
             Bb9         C
        Good times coming, good times coming in
             Bb9        A
        Good times coming, good times coming in
        Good times coming, good times coming in
        Good times coming, good times coming in

        I was thinking about that summer so long ago
        Pack up your bags and yell "Geronimo"
        That was a golden summer, wasn't it hot
        We laughed a lot that summer, laughed a lot

        Laughing at the good times coming
        Laughing at the good times coming in
        Good times coming, laughing at the good times coming in

        There was something about the weather, what can I say
        Nothing like any other holiday
        That was a silly season, was it the best
        We didn't need the reason, just a rest

        Happy at the good times coming
        Happy at the good times coming in
        Good times coming, happy at the good times coming in

        I'm loving you, I'm loving you, I'm loving you now
        I'm loving you, I'm loving you, I'm loving you now

        There was a golden summer before the war
        They laughed a lot that summer, la dee dah

        Laughing at the good times coming
        Laughing at the good times coming in

        Good times coming, laughing at the good times coming in
        Good times coming, good, good, good times coming in, good, good
        Good times coming, good, good, good times coming in, good, good
        Good times coming, good times coming in

        Feel the sun shine in, shine in, shine in
        Feel the sun shining in on you
        Feel the sun shine in, shine in, shine in
        Feel the sun shining in on you
        All the beauty, all the pain, will it ever be the same again
        If you love me, show me now, it's the only way that we know how
        Feel the sun shine in, shine in, shine in
        Feel the sun shining in on you
        Feel the sun shine in, shine in, shine in
        Feel the sun shining in on you
        Feel the sun shine in, shine in, feel the sun shining in on you
        Feel the sun shine in, shine in, shine in
        Feel the sun shining in on you
        Feel the sun shine in, shine in, shine in
        Feel the sun shining in on you
        Feel the sun shine in, shine in, shine in
        Feel the sun shining in on you

        試聴

        (c) 1986 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
        Footprints
        0
          作詞作曲:Paul McCartney, Eric Stewart
          収録時間:4分31秒
          収録アルバム:Press To Play
          収録シングル:なし

          ポールと10ccのエリック・スチュアートとの共作。ポールはこの曲を、1984年頃の冬に雪の中で食べ物を探すカササギを見て、そのカササギにインスパイアされて書いた。
          「曲を書くことにとっては、とてもロマンチックなアイデアみたいだったよ。僕らは食べ物を探すカササギに関してから曲を書き始めた。食べ物を探すことは、カササギにとっては生きていくためには自然なことなんだよ。それから、カササギのイメージが、丸太を探す孤独な老人になったんだ。丁度、'Eleanor Rigby'に登場するキャラクターのようなね。」(ポール)
          そのイメージに合致して、ポールの枯れたボーカルは、冬をイメージしているようだ。
          スパニッシュ・ギターはポールが弾いている。
          以下のブートで、この曲のラフ・ミックスを聴くことができるが、こちらのポールのガイド・ボーカルの方が、冬の物悲しい雰囲気に合っているようである。

          Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone -- VT-189)
          Played To Press (Library Product -- 2327)
          The Alternate Press To Play (Orange -- ORANGE 13)
          Yvonne (Scratch Back Records -- FT4)
          Complete Press To Play (CD 2) (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records -- TKR/2002)

          演奏:
           Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
           Eric Stewart: Guitars, Vocals
           Jerry Marotta: Drums, Percussion
          録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
          録音日:circa 1985.4-1986.4
          プロデューサー:Paul McCartney, Hugh Padgham
          エンジニア:Hugh Padgham, Steve Jackson
          イギリス発売日:1986.9.1
          アメリカ発売日:1986.8.25
          日本発売日:1986.9.5

          歌詞・コード
          Am7 Esus Am Asus Em E7
          C G D

          NC         Am7    Esus              Am Asus
          It's beautiful out-side, - an old hand gathers wood
             Em          E7    C   G    D
          Can he see me sitting here? - His mind is somewhere else.
          C      Em7   Am7  Esus            Am   Asus
          His friends have flown away, - he's left out in the cold.
           Em          E7       C    G    D
          He won't sit by my fire, - he says he likes it in the snow.
          C     D   Am7   C    Am7   D
          Where footprints never go, he likes it in the snow.

          NC            Am7   Esus             Am   Asus
          It's getting dark out-side, - the old hand's going home, - -
             Em           E7    C   G   D
          Has he someone waiting there? - Or is he living on his own?
          C      D   Am7   C    Am7   D   C/G
          Where footprints never go, he likes it in the snow...

                 Em          Am7        Em
          White blanket, hiding the traces of tears she didn't see,
          C/G        Em
          Oh white blanket covers the memory
            Am7        Em  Am7       Em
          Of all that used to be. All that used to be.
             B7    Em      Asus   Am
          But his heart keeps aching in the same old way,
          B7    Em       Am
          He can't help feeling that she might come back some -

          Am7  Esus    Am  Asus   Em    E7
          -day.

          C   G    D

          It's beautiful outside, a magpie looks for food.
          The old hand throws a crumb,
          Do you think he's found a friend?
          Where footprints never go, he likes it in the snow...

          White blanket, hiding the traces of paths he didn't take.
          Oh white blanket covers the memory
          Of moves he didn't make.

          Go now...

          Oh white blanket, hiding the traces of tears she didn't see,
          Snow white blanket simply covers the memory
          Of all that used to be. All that used to be.
          But his heart keeps aching in the same old way,
          He can't help feeling that she might come back some-

          Am7  Esus    Am  Asus   Em    E7
          -day.

          C   G    D

          試聴

          (c) 1986 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
          Angry
          0
            作詞作曲:Paul McCartney, Eric Stewart
            収録時間:(1)3分35秒 (2)3分35秒
            収録アルバム:(1)Press To Play
            収録シングル:(2)Stranglehold (US), Pretty Little Head 12"(UK)

            ポールのサセックスにあるスタジオで行われていた「Saturday Afternoon Session」にフィル・コリンズとピート・タウンゼントがやって来た時に出来た曲。後日、エリック・スチュアートによる演奏を加えて、曲を完成させている。よって、アルバム『Press To Play』の最初のラインアップにはなかった曲である。
            歌詞の内容は、日常生活や政治的なことに不満をぶつけているものである。
            「この曲を演奏するたび、ピート・タウンゼントのように感じるんだ。この曲で腕を風車のようにグルグルと回しながら弾いたよ。」 「サッチャーやレーガン政権の南アフリカに対する態度、子供をタバコの火でいたぶろうとする人、そういうことを考えたら腹が立ってくる。」(ポール)
            ラリー・アレキサンダーが後にニューヨークの「Power Station」でリミックス作業を行い、デイブ・マシューズによるオーケストレーションを加え、リミックス・バージョンとして、アメリカでは「Stranglehold」のB面として、イギリスでは「Pretty Little Head」12インチシングルのB面として発売した。
            この曲が出来た時のセッションは、1995年8月21日に放送されたポールのDJによる番組「Oobu Joobu」の第15回でも、一部オンエアされた。以下のブートで聴くことができる。

            Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records -- YC 059)

            演奏:
             Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards, Vocal
             Eric Stewart: Guitars, Vocals
             Phil Collins: Drums
             Pete Townshend: Electric guitar
             Ruby James, Kate Robins, Dick Morrisey, Lennie Picket: Saxophones
            録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
            録音日:circa 1985.4-1986.4
            プロデューサー:Paul McCartney, Hugh Padgham
            エンジニア:(1)Hugh Padgham, Steve Jackson (2)Larry Alexander
            イギリス発売日:1986.9.1
            アメリカ発売日:1986.8.25
            日本発売日:1986.9.5

            歌詞・コード
            What the hell gives you the right
                               E
            To tell me what to do with my life
            Especially when you made a mess
            Of every chance you had of success
            Look at you, just look at you
            I said I'm angry, just looking at you

            Well I'm sick and tired of sitting back
            And listening to all your clap-trap
            If you could get me take the rap, I guarantee
            You'd leave me with a backslap
            Push me to the left, push me to the right
            Try to take me out of the way
            Even if you knock me off the edge of the world
            You're still gonna hear me say

            What the hell gives you the right
            To tell me what to do with my life
            Especially when you made a mess
            Of every chance you had of success
            Look at you, just look at you
            I said I'm angry, just looking at you

             Esus4        E     Esus4     E
            Shouting down again, mama, shouting down again
            Shouting down again, mama, shouting down again

            SOLO: A E

            I can't begin to tell you all the reasons
            Why you're making me crazy
            I've got so many answers, like you're stupid
            Like you're crooked, like you're lazy
            Hit me with your left, hit me with your right
            Hit me from the top to the toe
            Even when you chew me up and spit me out
            I'm still gonna want to know

            What the hell gives you the right
            To tell me what to do with my life
            Especially when you made a mess
            Of every chance you had of success
            Look at you, just look at you
            I said I'm angry, just looking at you

            SOLO: A E

            Shouting down again, mama, shouting down again
            Shouting down again, mama, shouting down again

            Shout it down
            Shout it down
            Shout it down
            Shout it down

            (c) 1986 MPL Communications Ltd.

            試聴
            CALENDAR
            SMTWTFS
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            ENTRY(latest 5)
            ARCHIVES
            CATEGORY
            COMMENT
            TRACKBACK
            PROFILE
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            バック・イン・ザ・USSR
            バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            公式海賊盤
            公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            ポール・イズ・ライヴ
            ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
            RECOMMEND
            ライブ
            ライブ (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            ラン・デヴィル・ラン
            ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            フレイミング・パイ
            フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            オフ・ザ・グラウンド
            オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            プレス・トゥ・プレイ
            プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            タッグ・オブ・ウォー
            タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
            RECOMMEND
            マッカートニーII
            マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            バンド・オン・ザ・ラン
            バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー&ウイングス
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            ラム
            ラム (JUGEMレビュー »)
            ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
            夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
            ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            あの雲のむこうに
            あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
            ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            無料ブログ作成サービス JUGEM

            (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.