Love Come Tumbling Down
0

    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:4分21秒
    収録アルバム:なし
    収録シングル:Beautiful Night


    1997年に発売されたアルバム『Flaming Pie』からの第3弾シングル「Beautiful Night」のシングルのカップリングとして発表されたバラード曲。レコーディングは発売から遡ること10年、1987年3月10日に行われた。ビリー・ジョエルのプロデューサーとして有名なフィル・ラモーンを迎えて、1986年のアルバム『Press To Play』の次作アルバムとして準備されたセッションで録音されたものである。このアルバムのセッションは、1986年8月21日、ニューヨークのパワーステーションで行われたビリー・ジョエルのバックバンドとのレコーディングで「Beautiful Night」「Loveliest Thing」が録音されたセッション、1987年2月に「P.S. Love Me Do」がレコーディングされたセッション、そして、1987年5月にデュアン・エディのアルバムにポールが参加した時のメンバーで行われ「Back On My Feet」「Love Come Tumbling Down」「Once Upon A Long Ago」「This One」「Atlantic Ocean」「Love Mix」「Return To Pepperland」「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」「Big Day」「Christian Bop」「Peacocks」が録音されたセッションの3つが存在する。
    「Love Come Tumbling Down」は2番目のセッションでレコーディングされたもので、演奏はビリー・ジョエルのバックバンドでないが、フィル・ラモーンのプローデュース色が強く、AOR的雰囲気が出ている曲である。
    この曲は公式発表される前に、ブート『Pizza And Fairy Tale』で全容が明かになり、ファンの間で出回った曲であるが、このブートと公式発表されたバージョンとは全く同じである。

    【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal
     Tim Renwick: Guitar
     Nick Glennie-Smith: Keyboards
     Charlie Morgan: Drums
    録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex, England
    録音日:1987.3.10
    プロデューサー:Paul McCartney, Phil Ramone
    エンジニア:Jon Jacobs, Steve Lyon
    イギリス発売日:1997.12.15
    アメリカ発売日:未発売
    日本発売日:未発売


    【歌詞】
    I CAN'T BELIEVE IT,
    SOMTHING HAPPENED TO ME NOT SO LONG AGO.
    I KNOW IT ISN'T SOMETHING I DREAMED ABOUT,
    IT'S REAL, SO REAL.

    WHEN SHE LOOKS INTO HIS EYES I FEEL
    LOVE COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN,
    AND IT ISN'T GONNA STOP
    'TIL I GET TO THE BOTTOM OF THIS WHOLE AFFAIR.

    I SAW THE LOOK SHE GAVE,

    IT'S ONE OF THOSE THINGS YOU DON'T WANNA TALK ABOUT.

    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN.

    SO LET'S FORGET IT,

    I KNOW IT ISN'T SOMETHING TO BRAG ABOUT,
    IT'S REAL, SO REAL.

    WHEN SHE LOOKS INTO HIS EYES I FEEL
    LOVE COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN,
    AND IT ISN'T GONNA STOP
    'TIL I GET DOWN TO THE BOTTOM OF THIS WHOLE AFFAIR.

    I SAW THE LOOK SHE GAVE,

    IT'S ONE OF THOSE THINGS YOU DON'T WANNA TALK ABOUT.

    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN.

    IT'S REAL, SO REAL.

    WHEN SHE LOOKS INTO HIS EYES I FEEL
    LOVE COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN,
    AND IT ISN'T GONNA STOP
    'TIL I GET DOWN TO THE BOTTOM OF THIS WHOLE AFFAIR.

    OOH-OOH -

    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN.
    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN.
    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN.
    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN.
    LOVE COME TUMBLING DOWN, COME TUMBLING DOWN,
    LOVE COME TUMBLING DOWN.
    LOVE.

    (c)1997 MPL Communications
    Looking For You
    0

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:4分38秒
      収録アルバム:なし
      収録シングル:Young Boy, The World Tonight(US)


      アルバム『Flaming Pie』からの第1弾シングル「Young Boy」のカップリングとして発表された曲。アルバム『Flaming Pie』に収録されている「Really Love You」と同様、リンゴ・スターとのジャムセッションで生まれた曲で、ポールはベースを、リンゴがドラムを担当してレコーディングされた。「Really Love You」と同日のレコーディングされている。その後、ポールのボーカル、ジェフ・リンのギターなどがオーバーダブされて曲が完成した。
      イギリスではシングル「Young Boy」のカップリング、アメリカではポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』のCDシングル版である「Oobu Joobu Compilations」シリーズの第1弾シングル「The World Tonight」のカップリングとして発表された。日本での発売はなし。数少ない日本未発表の公式曲である。

      【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
      演奏:
       Paul McCartney lead vocal, backing vocal, bass guitar, organ
       Ringo Starr drums, congas
       Jeff Lynne electric guitars, backing vocal
      録音スタジオ:The Mill, Hog-Hill, Sussex
      録音日:1996.5.14-
      プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
      エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs
      イギリス発売日:1997.5.27
      アメリカ発売日:1997.5.6
      日本発売日:なし


      【歌詞・コード】
      E
      I thought I saw your shadow in an old doorway
      But when I looked again I thought I made a big mistake
      It was someone else, looked a little like you
      Well now I know, a-ha ha, ain't no one like you
      I'll tell you why I know baby hey

                  A        A7
      'Cause I'm looking for you, looking for you
               E
      Yeah looking for you
                             A
      That's all I do, that's all I'm looking for, you
             A7          E
      Looking for you, yeah looking for you

      That's right, that's all I do, yeah
      I've been to many places around the world
      I've studied many faces of every little boy and girl

      But I'm looking for you, looking for you, just looking for you
      Babe I'm looking for you, looking for you
      Look look looking for you

      "Let me tell you baby, the Earth ain't flat.
      I finally made a decision and that is that, and now I know
      there's only one place to be you know where that place
      is, yeah, for you, still be with me!"

      But I'm looking for you, looking for you
      Just looking for you
      Babe I'm looking for you, looking for you
      Look look looking for you

      (c)1997 MPL Communications, Ltd.
      Administered by MPL Communications, Inc.


      Long Tall Sally
      0

        作詞作曲:Alexander Robert Blackwell, Entoris Johnson, Richard Penniman
        収録時間:2分28秒
        収録アルバム:なし
        収録シングル:Prince's Trust Birthday Party Single


        オリジナルは1956年にリトル・リチャードが発表した曲。ポールはビートルズ時代にカバーし、1964年6月に4曲入りEP「Long Tall Sally」で発表した。高音のシャウトが響き渡るファルセット・ボーカルは、ポールがオリジナル歌手であるリトル・リチャードより直接教わったものである。
        ビートルズ時代には、1964年から1965年のコンサートでラスト・ナンバーとして演奏された。ビートルズ解散後に最初に取り上げたのは、1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でのこと。1973年3月18日に Boreham Wood にあるテレビ局のスタジオ ATV Elstree Studio で、観客をスタジオに入れてライブ録音された。この時演奏されたのは「The Mess」「Maybe I'm Amazed」「Long Tall Sally」「Hi Hi Hi」の4曲。一説には「Maybe I'm Amazed」が盛り上がらなかったため、急遽「Long Tall Sally」が演奏されたが、観客全員が立ち上がるほどではなかったため、さらに追加して「Hi Hi Hi」が演奏されたと言われている。「Hi Hi Hi」はイギリスのみ放送。イギリスでは「Long Tall Sally」「The Mess」「Maybe I'm Amazed」「Hi Hi Hi」の順番で放送された。
        その後ウィングスではこの曲は演奏されなかったが、久々のステージ登場となった1986年のプリンシズ・トラストで、オリジナル・キーで演奏された。
        「ビートルズ時代は'40代になったらロックンロールなんかしていないさ'なんて言ってたもんだった。でも、僕はまだ大好きなんだ。プリンス・トラストをやった時、陶酔しちゃったよ。周囲を見れば、エリック・クラプトン、マーク・ノュプラー、ブライアン・アダムス、エルトン、ティナ・・・ ステージの上は大騒ぎだった。彼らも僕がノッてくるのを見て、うれしかったんじゃないかな。僕は "I Saw Her Standing There" と "Long Tall Sally"を歌った。それもオリジナルのキーで!気分は最高!毎晩だってやっちゃうよ。だからバンドを組みたい。」(ポール)
        このバージョンは、プリンシズ・トラスト10周年記念として発売されたこの年の演奏を収録したアルバムの付録シングルに収録された。カップリングは「I Saw Her Standing There」。
        この時のリハーサルが映像で出回っており、「Long Tall Sally」を演奏する姿を少しだけ見ることができる。

        【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
        演奏:
         Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
         Elton John: Piano
         Phil Collins: Drums
         Midge Ure: Electric Guitar
         Eric Clapton: Electric Guitar
         Mark Knopfler: Electric Guitar
         Joan Armatrding: Electric Guitar
         Howerd Jones: Keyboards
         Ray Cooper: Percussion
         Bryan Adams: Electric Guitar
         Rick Parfitt: Electric Guitar
         Francis Rossi: Electric Guitar
         John Illsley: Bass
         Mark King: Bass
        録音スタジオ:live at Wembley Stadium, London
        録音日:1986.6.20
        プロデューサー:Andrew Sheehan
        エンジニア:?
        イギリス発売日:1987.4.24
        アメリカ発売日:未発売
        日本発売日:未発売

        【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
        (1)1973年3月18日テレビ番組『James Paul McCartney』
         Careerspan Vol. 1 (Mac -- MAC7074)
         James Paul McCartney (Original Soundtrack) (Club Sandwich JPM 41673)
        (2)1986年6月『Prince's Trust』リハーサル
         Prince's Trust Rehearsal 1986 - DVD (Unknown -- VS-2005)

        【歌詞・コード】
        G
        I'm gonna tell Aunt Mary 'bout Uncle John
        he said he had the misery but he got a lot of fun
        C        G
        Baby, yeah now baby
          D   C    G
        Woo baby, some fun tonight

        I saw Uncle John with Long Tall Sally
        he saw Aunt Mary comin' and he ducked back in the alley
        Oh, baby, yeah now baby
        Woo baby, some fun tonight

        Well Long Tall Sally's built pretty sweet
        She got everything that Uncle John need
        Baby, yeah now baby
        Woo baby, some fun tonight

        Well Long Tall Sally's built pretty sweet
        She got everything that Uncle John need
        Baby, yeah now baby
        Woo baby, some fun tonight

        Well, we're gonna have some fun tonight
        have some fun tonight
        Everything's all right
        have some fun tonight
        have some fun
        yeah, yeah, yeah,
        Woo we're gonna have some fun tonight
        have some fun tonight
        Everything's all right
        have some fun tonight
        Yeah, we'll have some fun
        some fun tonight

        (c)1956 VENICE MUSIC
        Live And Let Die(死ぬのは奴らだ)
        0



          作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
          収録時間:(1)3分10秒 (2)3分34秒 (3)3分11秒 (4)3分10秒 (5)3分5秒 (6)3分10秒
          収録アルバム:(1)Live And Let Die Original Soundtrack, Wings Greatest, All The Best, The Greatest (Japan only), Wingspan, Best Of Bond (2)Wings Over America (3)Tripping The Live Fantastic (4)Paul Is Live (5)Back In The US, Back In The World (6)The In-Laws (soundtrack)
          収録シングル:(1)Live And Let Die

          ジェームス・ボンドの映画007シリーズで、3代目ボンド役にロジャー・ムーアを迎えたシリーズ第8作『Live And Let Die(007/死ぬのは奴らだ)』の主題歌で、ポール自身が作曲し、ウィングスが演奏した。ロックのグループとして初めて007シリーズの主題歌を担当した。007シリーズの主題歌は1位にならないと言われたとおり、米ビルボード誌のチャートでは2位止まりだったが、米キャッシュボックス誌のチャートでは1位を獲得した。イギリスでは9位まで上昇。「My Love」の大ヒットに続く曲で、ウィングスの名声を確立した。
          ポールによれば、中間のレゲエ調部分はリンダが書いたという。
          この曲は元々、007シリーズのプロデューサー、アルバート・ブロッコリがポールに依頼し、007シリーズ第7作ショーン・コネリー主演の『Diamonds Are Forever(ダイヤモンドは永遠に)』の主題歌として書いたものだが、この映画には使われなかった。その後1972年10月頃に、ポールが『死ぬのは奴らだ』の原作本を読んで感化され、その翌日にこの曲を書いたという。そしてジョージ・マーティンに連絡し、オーケストラ部分のアレンジを依頼し、次の週にレコーディングを行った。
          「ある日曜日に’Live And Let Die’の本を読んだんだ。何か作りたいなと思って、ピアノに座って1曲作ったんだ。歌詞は僕とリンダで考えた。それからジョージ・マーティンにプロデュースを依頼して、ウィングスとレコーディングしたんだ。」(ポール)
          「僕が映画を見に行くのはサウンドトラックを聴くためで、僕にとっては映画のほうがバックグラウンドなんだよ。ちょうど僕の曲の背景になる映画ができた。ジェームス・ボンド・シリーズの『007/死ぬのは奴らだ』っていうんだけど、確かにこの映画は音楽を引き立ててくれている。」(ポール)
          「レコーディングが終了した後、ジョージ・マーティンがデモを映画のロケが行われたカリブまで持っていってたんだ。そこで、映画のプロデューサーがレコード・プレイヤーを見つけ聴いただけど、彼らは’すばらしいデモだ!’って言って、’いつレコーディングするんだ?’’誰が歌うんだ?’って聞いてきたらしい。ジョージは’これが本番のトラックです!’って言い返したようだけど。」(ポール)
          この曲の発表以後、1979年のイギリスツアーを除いて、1973年イギリスツアー、1975-76年ワールドツアー、1989-90年ゲットバックツアー、1993年ニューワールド・ツアー、2002-03年ワールドツアー、2004年ヨーロッパツアー、2005年アメリカツアーと、ライブでは必ずと言っていいほど演奏している。マグネシウム爆発とレーザー光線を使った派手なステージ演出で、コンサートで盛り上がるハイライトとなっている。
          2003年に発表された映画『The In-Laws』(邦題:セイブ・ザ・ワールド、DVDでのみ発売)のサウンドトラックとして、1974年アビーロードでのウィングスのスタジオセッション、通称『Backyard』セッションの音源が使われたが、発売にあたってはバイオリン・ソロの部分がオーバーダブされている。
          また、プロモーション・フィルムが存在するが、これは1979年に全世界でテレビ放送されたウィングスのドキュメンタリー『Wings Over The World』で放送されたリハーサルと1976年6月23日ロサンゼルス公演をくっつけたものである。
          スタジオ・アウトテイクは存在しないが、未発表ライブ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

          (7)1973年6月10日ニューキャッスル公演
           Live In Newcastle, 1973 (Starlight Records -- SL87017)
           Unsurpassed Masters Vol. 1 (Strawberry Records -- STR 002)
           Wings Live In Newcastle (Mistral Music -- MM 9117)
           Get You Ready For Live: Newcastle 1973 (BMW -- BMW005)
          (8)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
           Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
           Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
           Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
           Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
           Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
           Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
          (9)1975年11月13日メルボルン公演
           9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
           Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
           Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
           Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
           Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
          (10)1976年6月10日シアトル公演
           Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
           Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
          (11)1976年6月23日ロサンゼルス公演
           映画『Rock Show』
           Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
          (12)1990年1月16日ロンドン公演
           Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
          (13)1990年3月7日東京公演
           Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
          (14)1990年3月31日バークレー公演
           Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
          (15)1990年4月20日リオ公演
           Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
          (16)1990年7月4日ワシントン公演
           Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
           4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
           Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
          (17)1990年7月15日フィラデルフィア公演
           公式ビデオ『Get Back』
          (18)1992年12月10日収録テレビ番組『Up Close』
           Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
           219 W. 53 Street (Pluto Records -- PLRCD9310)
           Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
           Deliverance Now (Rarities Special -- RS 9318)
           First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
           New York 1992 (Red Lines -- GSCD 1245)
          (19)1993年6月15日シャーロット公演
           Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
           Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
           Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
           Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
           Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
           The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
          (20)1993年11月15日東京公演
           Live In Argentina Special (DVD 1) (Label Unknown)
           Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
           Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
           Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
           Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
           Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
           Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)
          (21)2002年4月24日ワシントン公演
           Driving Macca! (Label Unknown)
          (22)2002年5月15日タンパ公演
           Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
          (23)2003年5月24日モスクワ公演
           The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
           Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
          (24)2004年5月30日マドリード公演
           !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
          (25)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
           San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
          (26)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
           Live In Glastonbury (Label Unknown)
          (27)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
           Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound -- WOS-DVD-001)

          (1)
          演奏:
           Paul McCartney: Piano, Vocal
           Linda McCartney: Backing vocal
           Denny Laine: Bass, Backing vocal
           Denny Seiwell: Drums
           Henry McCullough: Electric guitar
          録音スタジオ:AIR Studios, London
          録音日:1972.10
          プロデューサー:Paul McCartney, George Martin
          エンジニア:?
          イギリス発売日:1973.6.1
          アメリカ発売日:1973.6.18
          日本発売日:1973.7.20

          (2)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
           Denny Laine: Bass, Backing Vocal
           Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
           Joe English: Drums, Backing Vocal
           Tony Dorsey: Trombone
           Thaddeus Richard: Saxophone
           Steve Howard: Trumpet
           Howie Casey: Saxophone
          録音スタジオ:live from Boston
          録音日:1976.5.22
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
          イギリス発売日:1976.12.10
          アメリカ発売日:1976.12.10
          日本発売日:1977.1.25

          (3)
          演奏:
           Paul McCartney: Piano, Vocal
           Linda McCartney: Keyboards, Vocal
           Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
           Chris Whitten: Drums
           Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
           Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
          録音スタジオ:live from Dortmund
          録音日:1989.10.17
          プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
          エンジニア:Bob Clearmountain
          イギリス発売日:1990.10.8
          アメリカ発売日:1990.10.16
          日本発売日:1990.11.9

          (4)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Linda McCartney: Backing Vocal
           Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass
           Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
           Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
           Blair Cunningham: Drums
          録音スタジオ:Live from Boulder
          録音日:1993.5.26
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Geoff Emerick
          イギリス発売日:1993.11.8
          アメリカ発売日:1993.11.16
          日本発売日:1993.11.10

          (5)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
           Brain Ray: Backing Vocal, Bass
           Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
           Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
          録音スタジオ:live from Dallas
          録音日:2002.5.9
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:David Kahne
          イギリス発売日:2003.3.17
          アメリカ発売日:2002.11.26
          日本発売日:2002.11.13

          (6)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Keyboard
           Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
           Denny Laine: Bass, Backing vocal
           Jimmy McClloch: Erectric guitar, Backing vocal
           Jeff Burtton: Drums
          録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
          録音日:1974.8
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Geoff Emerick
          イギリス発売日:2003
          アメリカ発売日:未発売
          日本発売日:未発売
          歌詞・コード
          G       Bm       C     D7   D7-9 G
          When you were young and your heart was an open book
                Bm        C
          You used to say live and let live
                C/D         Cm/D       G
          You know you did, you know you did, you know you did
                Bm       C           A
          But if this ever-changing world in which we live in
               D       Bb
          Makes you give in and cry

                        G C/G
          Say live and let die
                  Gdim G7
          Live and let die
                   C/G
          Live and let die
                  Gm
          Live and let die

          Gm

          C9
          What does it matter to you
          G7
          When you got a job to do
              D7
          You gotta do it well
                Em           F
          You gotta give the other fellow hell

          Gm

          G Bm C D7 D7-9 G

          You used to say live and let live
          You know you did, you know you did, you know you did
          But if this ever-changing world in which we live in
          Makes you give in and cry

          Say live and let die
          Live and let die
          Live and let die
          Live and let die

          Gm Ebm/Gb

          (c)1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney and United Artists Music Limited. All Rights for U.S.A. and Canada Controlled by Unart Music Corporation
          Little Woman Love
          0

            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:2分7秒
            収録アルバム:Wings Wild Life (bonus track)
            収録シングル:Mary Had A Little Lamb


            1971年ニューヨークで行われたアルバム『Ram』のセッションでレコーディングされた曲でアルバムには収録されず、1972年5月のシングル「Mary Had A Little Lamb」のB面として発表された曲。ポールの弾くポップなピアノと、キャブ・キャロウェイ&ヒズ・オーケストラのベーシストとして有名なミルト・ヒントンの弾くスラップベースが印象的である。この曲は当初、ウィングスのデビューシングルとして「Mary Had A Little Lamb」との両A面シングルとして用意されていたようだ。
            ウィングスの1973年のイギリス・ツアーと、1975年のツアーで、「C Moon」とのメドレーで演奏された。このメドレーは、1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』や、1974年夏のスタジオセッションを収録したフィルム『One Hand Clapping』でも演奏されているので、コアなファンには有名なバージョンである。
            これらアウトテイク・ライブテイクは、以下のブートで聴くことができる。

            (2)1973年4月16日テレビ番組『James Paul McCartney』
             James Paul McCartney (Chapter One -- CO 25128)
             James Paul McCartney (Berkeley -- 2028)
             James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower -- WT 2001043)
             James Paul McCartney DVD (Macca Fan Records/BBC Video -- BBC Videos)

            (3)1973年6月10日ニューキャッスル公演
             Live In Newcastle, 1973 (Starlight Records -- SL87017)
             Unsurpassed Masters Vol. 1 (Strawberry Records -- STR 002)
             Wings Live In Newcastle (Mistral Music -- MM 9117)
             Get You Ready For Live: Newcastle 1973 (BMW -- BMW005)

            (4)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
             Completed Rarities Vol. 2 (Polyphone -- PH 1311)
             Junior's Farm (Oil Well -- RSC 023 CD)
             One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
             The Elstree Tapes (RS Records -- RS CD 15)
             The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
             Wings On The Radio (Unknown -- HHCER106)
             Working Holiday (Zee Records -- PMC 01)
             The Blackbird Sessions (Goblin Records -- CD 3002)
             One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
             My Love (MIDO Enterprize -- ZS 9112)

            (5)1975年11月13日メルボルン公演
             9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
             Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
             Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
             Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)

            演奏:
             Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
             Linda McCartney: Vocals, Keyboards
             Denny Laine: Guitars, Vocals
             Denny Seiwell: Drums
             Henry McCullough: Guitars, Vocals
             Milt Hinton: Bass
            録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
            録音日:1970.12-1971.4
            プロデューサー:Paul & Linda McCartney
            エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
            イギリス発売日:1972.5.5
            アメリカ発売日:1972.5.29
            日本発売日:1972.6.25

            歌詞
            I got a little woman I can really love,
            My woman fit me like a little glove.
            You know I'll always love
            my little woman love.

            I take her home most ev'ry night,
            My woman love to hold me tight.
            You know I feel alright
            my little woman mine.

            Oh yeah, oh yeah,
            Oh, oh, oh, oh, oh, oh.
            Oh yeah, oh yeah,
            Oh, oh, oh, oh, oh, oh.

            I take her home most ev'ry night,
            My woman love to hold me tight.
            You know I feel alright,
            my little woman mine.

            (c)1972 MPL Communications
            Kicked Around No More
            0

              作詞作曲:Paul McCartney
              収録時間:5分23秒
              収録アルバム:Off The Ground Complete Works
              収録シングル:Hope Of Deliverance

              アルバム『Off The Ground』のセッションでレコーディングされたポールらしいAOR風のバラード。
              曲の初めから鳴り響くパーカッションに合わせたピアノとコーラスが印象的な曲で、ファンの間でも評価の高い曲である。
              イギリス、アメリカでは、4曲入りのマキシCDシングル「Hope Of Deliverance」のカップリングとして収録され、日本では、初回生産の『Off The Ground』の付録8mシングルに収録された。
              アウトテイク等は発見されていない。

              演奏:
               Paul McCartney Lead Vocal, Backing Vocal, Electric Guitar, Bass Guitar
               Linda McCartney Backing Vocal
               Hamish Stuart Backing Vocal, Electric Guitar
               Robbie Mclntosh Backing Vocal, Electric Guitar
               Paul "Wix" Wickens  Backing Vocal, Keyboards
               Blair Cunningham Backing Vocal, Drums
              録音スタジオ:The Mill, Sussex, Abbey Road Studios, London
              録音日:1991.11-1992.9
              プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
              エンジニア:Bob Kraushaar
              イギリス発売日:1992.12.28
              アメリカ発売日:1993.1.23
              日本発売日:1993.2.8


              歌詞
              Take my blessings with you when you go,
              I don't wanna know no more.
              Head to toe, from top to bottom I've been kicked around,
              Don't wanna be kicked around no more

              I'll be thinking of you when you go,
              Take a walk along the shore.
              Why should I pretend that nothing is the matter now?
              Don't wanna be kicked around no more

              My life could be so sweet,
              I can't remember when I started running.
              The water underneath the bridge can't keep a secret,
              She's still running home.

              Take my blessing with you when you go,
              To the next one you adore, ooh.
              Head to toe, from top to bottom I've been kicked around,
              Ain't gonna be kicked around no more

              Don't wanna be kicked around,
              Ain't gonna be kicked around,
              Don't wanna be kicked around no more.

              My life could be so sweet,
              I can't remember when I started running.
              The water underneath the bridge can't keep a secret,
              I'm not running now.

              Take my blessing with you when you go,
              I don't wanna know no more.
              Head to toe, from top to bottom I've been kicked around,
              Don't wanna be kicked around no more

              Don't wanna be kicked around,
              Ain't gonna be kicked around,
              Don't wanna be kicked around no more.

              (c)1992 MPL Communications, Ltd.
              Keep Coming Back To Love
              0

                作詞作曲:Paul McCartney, Hamish Stuart
                収録時間:4分59秒
                収録アルバム:Off The Ground - The Complete Works
                収録シングル:C'mon People


                ポール・マッカートニーとヘイミッシュ・スチュアートの共作曲。リード・ボーカルも2人で分け合っている。
                アルバム『Off The Ground』のセッションでレコーディングされたがアルバムには収録されず、結局はシングル「C'mon People」のカップリングとして発表された。2曲入りのシングル、4曲入りのマキシ・シングル両方に収録されている。
                「おかしな話でね。一緒に何か作ろうって、ポールとアイデアを出し合っていた。僕がロスから電話してね、『歌詞はどうしよう』って話した時に、『困ったな、思いつかないんだ。結局、ラブソングになっちゃうんだよね(keep coming back to a love song)』って言ったんだ。そしたらポールが『それだよ。それ使おう。'Keep Coming Back To Love'って曲にしようよ。』って言ったのさ。それでこの曲ができたってわけ。ポールと共作するのは、そりゃ楽しいよ。もう1曲、もっとおかしな曲があるんだ。残念ながらレコードには入ってないけど。」(ヘイミッシュ・スチュアート)

                演奏:
                 Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Bass
                 Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
                 Hamish Stuart: Lead Vocal, Acoustic Guitar
                 Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
                 Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
                 Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
                録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Scotland
                録音日:1991.11-1992.10
                プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
                エンジニア:Bob Kraushaar
                イギリス発売日:1993.2.22
                アメリカ発売日:1993.6.20
                日本発売日:1993.4.28

                歌詞
                EV'RY TIME I SEE YOU,
                ADMIT INTO SOMETHING NEW.
                DOING UNIMPORTANT THINGS,
                ALL THE FOOLISH THINGS THAT OTHER PEOPLE DO.

                EV'RYTHING I'M TRYING
                DOESN'T FEEL QUITE RIGHT.
                AND I CAN'T HELP WONDERING
                WHY I EVER LET YOU OUT OF MY SIGHT.

                SO I KEEP COMING BACK TO LOVE, WO-OH,
                YES, I KEEP COMING BACK TO LOVE.
                MUST I KEEP MOVING ALONG THIS TRACK?
                I MIGHT GET RESTLESS,
                WON'T YOU, PLEASE, HOLD ME BACK?
                WON'T YOU, PLEASE, HOLD ME BACK?
                BECAUSE I KEEP COMING BACK TO LOVE.

                EV'RYWHERE I GET TO, (OO-OO-OO)
                I'M ALWAYS ON MY OWN.
                TRYIN' TO SOLVE A MYSTERY,
                AND IF IT WAS UP TO ME I WOULDN'T BE ALONE.

                ANYTIME I MISS YOU, (AH-AH)
                THE FEELING IS SO STRONG.
                BUT THE ROAD I'M TRAVELLING
                IS FILLED WITH ECHOES OF YOUR SWEET SONG.

                SO I KEEP COMING BACK TO LOVE, WO-OH,
                YES, I KEEP COMING BACK TO LOVE, WO-OH.
                MUST I KEEP MOVING ALONG THIS TRACK?
                IF I GET RESTLESS,
                WON'T YOU, PLEASE, HOLD ME BACK?
                WON'T YOU, PLEASE, HOLD ME BACK?
                BECAUSE I KEEP COMING BACK TO LOVE.

                OO -

                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,

                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO LOVE -

                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,

                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO,
                KEEP COMING, KEEP COMING BACK TO.

                (c)1993 MPL Communications
                Junior's Farm
                0


                  作詞作曲:Paul McCartney
                  収録時間:(1)4分21秒 (2)3分3秒
                  収録アルバム:(1)Wings Greatest, All The Best (US) (2)Wingspan
                  収録シングル:(1)Junior's Farm, Sally G.

                  1974年10月、ポール、リンダ、デニー・レイン、ジミー・マッカロック、ジェフ・ブリットンの5人となった新生ウィングスとして初めて発売したシングル。米ビルボード3位まで上昇するヒット曲となった。イギリスでは16位までしか上昇しなかった。B面は「Sally G.」。「Sally G.」がA面、「Junior's Farm」がB面となったシングルも発売された。
                  新メンバーとなったウィングスは、1974年7月にカントリーの本場、アメリカ・ナッシュビルに上陸し、この曲を含む数曲のレコーディングを行った。ナッシュビルのレバノンにある農場のオーナー、ジュニア・カーリー・パットマンのことを歌っており、曲自体は、ボブ・ディランの「Maggie's Farm」にインスパイアされたものである。
                  「僕にとって、ある意味、ディランの’マギーの農場ではもう働かない’と歌った曲を思い出すような曲だよ。だから、マギーの農場ではなくて、別の農場があるっていうのが、この曲のアイデアだよ。ジュニアのことについて歌ったファンタジー・ソングなんだよ。ナッシュビルで、ギターのジミー・マッカロックとドラムのジェフ・ブリットンと共にレコーディングした。ジミーは本当にいいソロを弾いてくれたよ。この曲のセッションはよかったよ。」(ポール)
                  アメリカでは、0秒から1分17秒の部分と2分35秒から4分21秒の部分を取った3分3秒に編集されたバージョン(DJ edit version)がラジオ局に配られ、アメリカのラジオ局は主にこちらのバージョンの方を放送した。後の2001年に発売されたベスト盤『Wingspan』には、こちらのバージョンが公式収録された。
                  また、ウィングスがナッシュビルを去った後、エンジニアのアーニー・ウィンフレイがラフ・ミックスを制作し、コレクター間で出回った。
                  このシングル発売前後に、ロンドンのアビーロード・スタジオで行ったウィングスのリハーサル・セッション『One Hand Clapping』でも演奏され、この時の演奏がプロモーション・ビデオとして使用された。また、1974年11月21日にBBCのラジオ番組『Top Of The Pops』に出演(収録は1974年11月20日)した際、ニューシングルのプロモーションのためにこの曲を演奏した。この時の映像の一部は、公式DVD『Wingspan』に収録されている。
                  その後、1975年のヨーロッパ・ツアー、オーストラリア・ツアーで、この曲がセットリストに加えられたが、1976年の全米ツアーでは、何故かセットリストから外された。
                  公式発表以外のバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

                  (3)Rough Mix by Ernie Winfrey
                   Always Back To You (No Label Records -- NLR 9911)
                   The Beatles: Unwaxed Trax (Braines Records -- br001)
                  (4)1974年8月『One Hand Clapping』(2バージョン)
                   Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
                   One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
                   One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
                   Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
                   Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
                   Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
                  (5)プロモーションビデオ
                   The Video Collection Vol.1 1970-1978 (Unknown)
                   The Beatles: Unbootlegged 17 (No Tapo Records -- NTR 0401)
                   The Beatles: Unwaxed Trax (Braines Records -- br001)
                  (6)1974年11月20日『Top Of The Pops』
                   The Beatles: Unbootlegged 17 (No Tapo Records -- NTR 0401)
                  (7)1975年11月13日メルボルン公演
                   9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
                   Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
                   Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
                   Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
                   Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
                  (1)(2)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Bass
                   Linda McCartney: keyboards, Backing vocal
                   Denny Laine: Erectric guitar, Backing vocal
                   Jimmy McClloch: Erectric guitar, Backing vocal
                   Jeff Burtton: Drums
                  録音スタジオ:Soundshop, Recording Studios, Nashville, TN
                  録音日:1974.7
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Geoff Emerick
                  イギリス発売日:1974.10.25
                  アメリカ発売日:1974.11.4
                  日本発売日:1974.12.1



                  歌詞・コード
                  G                    C/G
                  You should have seen me with the poker man
                  G
                  I had a honey and I bet a grand
                  F               Em
                  Just in the nick of time I looked at his hand
                  G            C/G
                  I was talking to an eskimo
                  G
                  Said he was hoping for a fall of snow
                  F           Em
                  When up popped a sea lion ready to go

                      G
                  Let's go, let's go, let's go, let's go
                  F               G
                  Down to Junior's Farm where I wanna lay low
                  Low life, high life, oh let's go
                    F            G
                  Take me down to Junior's Farm

                  SOLO: G F G F G

                  G            C/G
                  At the Houses of Parliament
                  G
                  Everybody's talking 'bout the President
                    F        Em
                  We all chip in for a bag of cement
                  G
                  Olly Hardy should have had more sense
                  He bought a gee-gee and he jumped the fence
                   F           Em
                  All for the sake of a couple of pence

                  Let's go, let's go, let's go, let's go
                  Down to Junior's Farm where I wanna lay low
                  Low life, high life, oh let's go
                  Take me down to Junior's Farm
                  Let's go, let's go
                  Down to Junior's Farm where I wanna lay low
                  Low life, high life, oh let's go
                  Take me down to Junior's Farm
                  Everybody tag along

                  I took my bag into a grocer's store
                  The price is higher than the time before
                  Old man asked me, Why is it more
                  I said, You should have seen me with the poker man
                  I had a honey and I bet a grand
                  Just in the nick of time I looked at his hand

                  Let's go, let's go, let's go, let's go
                  Down to Junior's Farm where I wanna lay low
                  Low life, high life, oh let's go
                  Take me down to Junior's Farm

                  Let's go, let's go
                  Down to Junior's Farm where I wanna lay low
                  Low life, high life, oh let's go
                  Take me down to Junior's Farm
                  Everybody tag along
                  Take me down to Junior's Farm

                  Take me back, take me back
                  I wanna go there...

                  試聴

                  (c)1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
                  I'll Give You A Ring
                  0
                    作詞作曲:Paul McCartney
                    収録時間:3分5秒
                    収録アルバム:なし
                    収録シングル:Take It Away (45 single), Take It Away (12" single)

                    ポールが10代の頃に作曲した50年代風の曲。ベーシック・トラックはポール1人で1974年頃にレコーディングし、その約7年後、アルバム『Tug Of War』のレコーディング時に、エレキ・ギターやバックコーラス等をオーバーダブさせて完成させた。
                    ほとんどの楽器をポールが演奏しているが、クラリネットはトニー・コーが演奏している。ちなみにトニー・コーは、ポールが全面的に制作に協力した実弟マイク・マクギアのアルバム『McGear』でもクラリネットを演奏している。
                    他に、リンダとエリック・スチュアートがコーラスで参加している。
                    この曲はシングル「Take It Away」のB面として発売されたのみでアルバムに収録されていないので、CD化されていない曲となる。
                    この曲のアウトテイクとして、1974年秋の『One Hand Clapping』でのピアノ弾き語りと、別のピアノ・デモが残されており、以下のブートで聴くことができる。『One Hand Clapping』での演奏は、映像でも確認できる。

                    (1)1974年未発表ビデオ『One Hand Clapping』
                     One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
                     The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
                     All The Rest (Love Records -- 1963-88JC)
                    (2)1974年ピアノデモ
                     The Piano Tape (Mistral Music -- MM 9231)

                    演奏:
                     Paul McCartney: Vocal, All Instruments except Clarinet, Backing vocal
                     Tony Coe: Clarinet
                     Eric Stewert; Backing vocal
                     Linda McCartney: Backing vocal
                    録音スタジオ:AIR Studios, London, AIR Studios, Montserrat, West Indies
                    録音日:1980.12-1982.3
                    プロデューサー:George Martin
                    エンジニア:Geoff Emerick
                    イギリス発売日:1982.6.21
                    アメリカ発売日:1982.6.21
                    日本発売日:1982.8.21

                    歌詞
                    You look a little lonely,
                    Maybe I could meet you,
                    Tell me where to reach you,
                    And I'll give you a ring.
                    I'll take you to the pictures,
                    I'll miss the second feature.
                    Lord, I can't believe my eyes, I must be dreaming,
                    Give me your number, I'll give you a ring.

                    You look a little hungry,
                    Maybe I could take you,
                    Tell when to wake you up
                    And I'll give you a ring.
                    I take you to the restaurant,
                    We're looking at the menu.
                    Lord, I can't believe my eyes, I must be dreaming,
                    Give me your number, I'll give you a ring.

                    Oh man, I know I won't be lonely any more, (won't be lonely any more)
                    Me and my phone, I'm gonna call your home.
                    I won't be lonely any more. (won't be lonely any more)

                    You look a little lonely,
                    Maybe I could meet you,
                    Tell me where to reach you
                    And I'll give you a ring.
                    I'll take you to the pictures,
                    Miss the second feature.
                    Lord, I can't believe my eyes, I must be dreaming,
                    Give me your number, I'll give you a ring,
                    Give me your number, I'll give you a ring.

                    Oh, man, I know I won't be lonely any more, (won't be lonely any more)
                    Me and my phone, I'm gonna call your home.
                    I won't be lonely any more, (won't be lonely any more)

                    You look a little sleepy,
                    Wanna go to bed, dear?
                    Tell me can wed, dear,
                    I'll give you a ring
                    Take you to the chapel,
                    Listen to the sermon.
                    Lord, I can't believe my ears, I must be dreaming,
                    Give me your number, I'll give you a ring,
                    Give me your number, I'll give you a ring,
                    Give me your number, I'll give you a ring.

                    UH-UH, UH-UH, UH-.

                    試聴

                    (c) 1982 Paul and Linda McCartney. Administrated by MPL Communications, Inc.
                    I Wanna Cry
                    0
                      作詞作曲:Paul McCartney
                      収録時間:4分40秒
                      収録アルバム:なし
                      収録シングル:This One (12inch, CD)

                      アルバム『CHOBA C CCCP』のセッション時にレコーディングされたポールのオリジナル。
                      オリジナルであったため、ロックンロール・カバーアルバムの『CHOBA C CCCP』には収録されずに、2年後のアルバム『Flowers In The Dirt』からの第2弾シングル「This One」のカップリングとして発表された。
                      ポールにしては珍しい12バーのブルース。リード・ギターもポールが弾いている。

                      演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Electric guitar
                       Nick Garvey: Bass, Backing Vocal
                       Henry Spinetti: Drums
                       Mick Gallagher: Keyboards
                      録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
                      録音日:1987.7.21
                      プロデューサー:Paul McCartney
                      エンジニア:Peter Henderson
                      イギリス発売日:1987.7.17
                      アメリカ発売日:未発売
                      日本発売日:1987.7.25

                      歌詞

                      WELL, YOU SAID YOU LOVED ME,
                      BUT YOU KNOW IT WAS A LIE;
                      YOU SAID YOU LOVED ME,
                      BUT YOU KNOW IT WAS A LIE.
                      AND THAT'S THE REASON,
                      BUT IT'S NOT THE ONLY REASON,
                      I WANNA CRY, CRY, CRY.

                      YOU SAID YOU'LL FIND ME,
                      BUT YOU KNOW YOU NEVER CAME, YEAH;
                      YOU TOLD ME YOU WILL FIND ME, PRETTY BABY,
                      BUT YOU KNOW YOU NEVER CAME, YEAH.
                      WELL, THE OTHER NIGHT YOU TALKED IN YOUR SLEEP, BABY,
                      YOU CALLED OUT ANOTHER MAN'S NAME. YEAH.

                      YOU SAID YOU LOVED ME,
                      OH, BUT YOU KNOW IT WAS A LIE;
                      YOU SAID YOU LOVED ME,
                      WOW, BUT YOU KNOW IT WAS A LIE, LIE, LIE.
                      UH, THAT'S THE REASON,
                      BUT NOT THE ONLY REASON,

                      (c) 1989 MPL Communications
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バック・イン・ザ・USSR
                      バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      公式海賊盤
                      公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ポール・イズ・ライヴ
                      ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                      RECOMMEND
                      ライブ
                      ライブ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラン・デヴィル・ラン
                      ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      フレイミング・パイ
                      フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      オフ・ザ・グラウンド
                      オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      プレス・トゥ・プレイ
                      プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      タッグ・オブ・ウォー
                      タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                      RECOMMEND
                      マッカートニーII
                      マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バンド・オン・ザ・ラン
                      バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー&ウイングス
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラム
                      ラム (JUGEMレビュー »)
                      ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      あの雲のむこうに
                      あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                      ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.