Keep Under Cover
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:3分4秒
    収録アルバム:Pipes Of Peace
    収録シングル:なし

    スローなイントロから始まり、急展開のストリングスが入ったと思えば、アップテンポに変化するというポールのお得意とするバラエティーに富んだ曲。この曲が、2つ以上の曲を組み合わせて作ったものかどうかは不明であるが、1980年10月のウィングスによるリハーサルでの演奏や、アルバム『Tug Of War』のデモでは、すでに全てのセクションが組み合わされている。
    この曲は当初、アルバム『Tug Of War』のセッションの中で、1980年12月7日と8日(ジョン・レノンが暗殺された日にあたる)に最初のレコーディングが行われた。その後1981年には、モンセラット島のスタジオで、ベーシストのスタンリー・クラークを迎えてレコーディングが継続されたが、アップテンポの曲調であったため、アルバム『Tug Of War』の収録は見送られ、『Pipes Of Peace』に収録されることになった。
    1980年10月のウィングスによるリハーサル、アルバム『Tug Of War』のデモは以下のブートで聴くことができる。

    (1)1980年8月デモ
     Rude Studio Demos (Columbus Records -- CD 080)
     Studio Tracks Vol. 1 (Chapter One -- CO 25132)
     Tug Of War Demos (Red Square -- RS 03)
     War And Peace (Instant Analysis -- R&G 1020)
     Give Us A Chord Paul (Angry Dog -- AD 9901)
     Alternate Takes 1982-1985 (TJT Productions -- TJT-057)
     Oobu Joobu Part 9 (Yellow Cat Records -- YC 053)
    (2)1980年10月30日ウィングス・リハーサル
     When It Rains, It Pours (Disc 2) (Vigotone -- vigo162)
     1980-10-30 - Tug Of War Rehearsal CD2 (Green Grape)

    演奏:
     Paul McCartney: Guitars, Bass, Drums, Synthesisers, Vocal, Backing vocal
     Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
     Linda McCartney: Backing Vocal
     Stanley Clarke: Bass
    録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat, AIR Studios, London, Cherokee Studios, Los Angeles
    録音日:1980.12-1983.7
    プロデューサー:George Martin
    エンジニア:Geoff Emerick
    イギリス発売日:1983.10.31
    アメリカ発売日:1983.10.31
    日本発売日:1983.11.21

    歌詞・コード
    Cm7           Cm/F   F
    Love, I'm gonna pick you up in the morning
    Cm7           Cm/F   F
    Love, I'm gonna take you out on a journey
    Bb           Eb
    I don't know where I'm going to
      G7
    But I know what I've been going through
      Cm       Cm/F F
    Without you by my side
    Cm    Cm/F F Em B Em
    Hmm mmm mmm

    Em            B
    What good is butter if you haven't got bread
    G7            C
    What good is art when it hurts your bed
    Cm        G   Am
    Might as well be in bed

    D             Am
    Keep under cover 'til the battle has ceased
    D              Am  B   Em  B Em
    Keep out of trouble 'til the prisoners are released

    What good's a puzzle when you haven't a clue
    What good is me when I'm not with you
    Might as well stay in bed

    Keep under cover 'til the clouds disappear
    Keep out of trouble 'til the weather is bright and clear

    Em            Asus4 A
    Love, I'm gonna pick you up
    Em          Asus4 A
    I'm gonna take you out
    D            G
    I don't know what I'm gonna do
      B7
    But I know what I have been going through
      Em         Asus4 A
    Without you by my side
      Em       Asus4 A
    Without you by my side

    C Bm E9 Am Bsus4 B

    What good is tennis when there isn't a ball
    What good's a curtain without a call
    Might as well be in bed

    Keep under cover 'til the battle has ceased
    Keep out of trouble 'til the prisoners are released

    Em            A
    Love, I'm gonna pick you up
    Em         A
    I'm gonna take you out
    D             G
    I don't know what I'm gonna do
      B7
    But I know what I have been going through
      Em      Asus4 A
    Without you by my side
      Em       A
    Without you by my side

          Em A
    Keep under cover
          Em A
    Keep under cover
          Em A
    Keep under cover
          Em Asus4 A
    Keep under cover
          Em
    Keep under cover

    試聴

    (c)1983 MPL Communications, Inc.
    Hey Hey
    0
      作詞作曲:Paul McCartney, Stanley Clarke
      収録時間:2分53秒
      収録アルバム:Pipes Of Peace
      収録シングル:なし

      1981年2月1日、アルバム『Tug Of War』のレコーディングのためにモンセラット島にあるAIRスタジオに到着したベーシストのスタンリー・クラークは、その翌日からポールとのジャム・セッションを始めた。ドラマーのスティーブ・ガッドも加えて3人でジャム・セッションを行った末に生まれたのが、このインストゥルメンタル・ナンバーである。
      アルバム『Tug Of War』には収録されずに、その続編である次のアルバム『Pipes Of Peace』に収録された。スタンリー・クラークがこの曲の共作者としてクレジットされている。

      演奏:
       Paul McCartney: Guitars, Synthesisers
       Stanley Clarke: Bass
       Steve Gadd: Drums
      録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat and London
      録音日:1981.2.2
      プロデューサー:George Martin
      エンジニア:Geoff Emerick
      イギリス発売日:1983.10.31
      アメリカ発売日:1983.10.31
      日本発売日:1983.11.21

      コード
      A E A E A E A E A E A E

      A E A E A E A E A E A E

      A D B E Gmaj7 A/B G A Gmaj7

      A/B G Cmaj7 D/E C D Cmaj7 D/E

      C D E

      (c) 1983 MPL Communications, Inc.
      Average Person
      0
        作詞作曲:Paul McCartney
        収録時間:4分32秒
        収録アルバム:Pipes Of Peace
        収録シングル:なし

        アルバムでの前の曲「Sweetest Little Show」とのメドレー形式で登場するSEを多用したショー仕立ての曲。歌詞の内容は、ボクサー、ウェイトレス、機関士などの想像上の「平均的な人」が登場するというもの。
        「ライブ・ショーみたいにやりたかったんだ。ただ歌を聴いているだけじゃなくて、映画を見ているような感じにね。 それで音響効果を使って雰囲気を出したんだ。」(ポール)
        この曲は、1980年9月30日に(1)ウィングスとして行われたリハーサル で演奏され、その後、1982年2月4日に行われたアルバム『Tug Of War』のレコーディングで、デイブ・マタックスのドラム演奏で録音された。ところが、曲の雰囲気が『Tug Of War』の雰囲気に合わなかったということで、同じく『Tug Of War』に収録予定だった曲「Keep Under Cover」と共に『Tug Of War』の収録リストから漏れ、1983年に行われたアルバム『Pipes Of Peace』のセッションで、今度はリンゴ・スターをドラムに迎えてレコーディングされ、アルバム収録されるに至った。
        元ウィングスのデニー・レインがギターとコーラスで参加している。
        この曲の(2)デモ音源も、1980年夏に「Rude Studio」で制作されたアルバム『Tug Of War』のデモとして発見されている。

        この曲の(1)リハーサル、(2)デモ音源は、以下のブートで聴くことができる。

        (1)
         When It Rains, It Pours (Disk 2) (Vigotone -- vigo162)

        (2)
         Rude Studio Demos (Columbus Records -- CD 080)
         Studio Tracks Vol. 4 (Chapter One -- CO25147)
         War And Peace (Instant Analysis -- R&G 1020)
         Give Us A Chord Paul (Angry Dog -- AD 9901)

        演奏:
         Paul McCartney: Guitars, Bass, Synthesisers, Vocal, Backing vocal
         Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
         Eric Stewert: Backing Vocal
         Linda McCartney: Backing Vocal
         Ringo Starr: Drums
        録音スタジオ:AIR Studios, Montserrat and London, and Cherokee Studios, LA
        録音日:1980.12-1983.7
        プロデューサー:George Martin
        エンジニア:Geoff Emerick
        イギリス発売日:1983.10.31
        アメリカ発売日:1983.10.31
        日本発売日:1983.11.21

        歌詞・コード
        A        D    A
        Look at the average person
        Em            E
        Speak to the man in the street
        A    D       A    Bm   C
        Can you imagine the first one you'd meet
           Bm A
        Oh oh oh oh
          Bm C   Bm A
        Oh oh oh oh oh oh oh

        A                         Dm A
        Well, I'm talking to a former engine driver (driver)
        A                   Dm A
        Trying to find out what he used to do
        Dm                   Em Dm
        Tells me that he always kept his engine (engine)
        A
        Spit and polished up, as good as new
        E7
        But he said his only great ambition
        A            Dmaj7 Amaj7
        Was to work with lions in a zoo
        Amaj7            D
        (Oh to work with lions in a zoo)
        Dm  A/C#  Bm7-5   A
        Yes, dear, you heard right
        Dm      A/C#    Bm7   E7       A
        Told me his ambition was to work with lions every night

        Dm A/C# Bm7-5 A Dm A/C# Bm7 E7 A

        Look at the average person
        Speak to the man in the street
        Can you imagine the first one you'd meet
        Oh oh oh oh

        Well, I met a woman working as a waitress (waitress)
        I asked exactly what it was she did
        Said she worked the summer crowd at seasides (seasides)
        Winter time she ran away and hid
        Once she had a Hollywood audition
        But the part was given to a kid
        (Yes the part was given to a kid)
        Yes sir, you heard right
        Hollywood ambition made a starlet grow up overnight

        Dm A/C# Bm7-5 A Dm A/C# Bm7 E7 Fmaj7 Cmaj7

        Gm7 Fmaj7 Esus4 E Esus4 E F E

        Well, I bumped into a man who'd been a boxer (boxer)
        Asked him what had been his greatest night
        He looked into the corners of his memory (mem'ry)
        Searching for a picture of the fight
        But he said he always had a feeling
        That he lacked a little extra height
        (Could have used a little extra height)
        Yes mate, you heard right
        He always had a feeling that he might have lacked
        A little height

        Look at the average person
        Speak to the man in the queue
        Can you imagine the first one is you

        Bm A Bm C Bm A Bm C Bm A Gmaj7 Fmaj9

        A       D    A
        Look at the average person

        (c) 1983 MPL Communications, Inc.

        試聴
        CALENDAR
        SMTWTFS
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        ENTRY(latest 5)
        ARCHIVES
        CATEGORY
        COMMENT
        TRACKBACK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        LINK
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        バック・イン・ザ・USSR
        バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        公式海賊盤
        公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        ポール・イズ・ライヴ
        ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
        RECOMMEND
        ライブ
        ライブ (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        ラン・デヴィル・ラン
        ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        フレイミング・パイ
        フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        オフ・ザ・グラウンド
        オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        プレス・トゥ・プレイ
        プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        タッグ・オブ・ウォー
        タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
        RECOMMEND
        マッカートニーII
        マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        バンド・オン・ザ・ラン
        バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー&ウイングス
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        ラム
        ラム (JUGEMレビュー »)
        ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
        夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
        ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        あの雲のむこうに
        あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
        ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        無料ブログ作成サービス JUGEM

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.