Let It Be
0

    作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
    収録時間:(1)4分12秒 (2)3分53秒 (3) (4)3分58秒
    収録アルバム:(1)Concerts For The People Of Kampuchea (2)Trippinng The Live Fantastic (3)The Concert For New York City (4)Back In The U.S.,Back In The World
    収録シングル:なし

    「Yesterday」「Hey Jude」などと並ぶ言わずと知れたビートルズの代表曲で、ピアノ・バラードのスタンダード・ナンバーである。
    「The Long And Winding Road」と同じ時期くらいに、1968年のビートルズのアルバム『The Beatles(通称ホワイト・アルバム)』のレコーディング期に作った曲。ビートルズのバージョンは、アルバム『Let It Be』に収録されたバージョン、シングル・バージョンともに、1969年1月31日のゲットバックセッションで演奏したテイク27が元になっている。シングルはもちろん大ヒットし、全米1位、全英3位まで上昇。
    「ある晩、夢におふくろが出てきたんだ。死んで10年も経つのにね。ほんの一瞬でも実際に死んだ人と一緒になれるのが夢のすごいところだよね。おふくろは僕を元気付けてくれた。それは素晴らしい夢だった。夢の中でおふくろは『大丈夫』と言ってくれたんだ。'Let It Be'という言い方だったかどうか覚えていないけど、彼女のアドバイスの要点はそういうことだった。『心配しなくていいのよ。すべて上手くいくから』と。余りに素敵な夢で、目が覚めてからも『おふくろに会えてよかったなあ』と思ってた。神の恵みとも思える夢だった。それで出来たのが'Let It Be'。“Mother Mary”とおふくろの名前で始まるだろう。“When I find myself in times of trouble(トラブルを抱えているときに)”とはまさに僕の状況だった。あの歌はあの夢が基になってるんだ。“Mother Mary”は宗教的な意味にも取れるけど、そう解釈されても僕は気にしない。自分の信仰を確認するための曲にされたって、僕は嬉しく思う。」(ポール)
    ビートルズ解散後にポールが組んだウィングスでは、しばらくビートルズの曲を演奏しなかったため、この曲がライブで初めて演奏されたのは、1979年11-12月の全英ツアーの時である。全英ツアー最終日のカンボジア難民救済コンサートの時は、当日参加したロッケストラのメンバー(ピート・タウンゼント、デイブ・エドモンズ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ロバート・プラント、ブルース・トーマス、ジョン・ボーナム等が参加)をバックに従えて、この曲を演奏した。
    1985年7月13日に行われたアフリカ難民救済を目的とした世界的チャリティー・コンサート『Live Aid』では、イギリス会場であるウェンブリー・アリーナでのトリで出演するが、冒頭にマイク・トラブルに見舞われ、ボーカル・マイクの音が拾われないという出来事があった。(後に公式発売されたDVD『Live Aid』に収録される際には、ボーカルはオーバーダブされている。)
    「ライブで、状況に応じて頭が素早く回転する瞬間が好きなんだ。でも今まで一番妙だったのは、ライブ・エイドで'Let It Be'を歌ってるときのこと。マイクがオフになってたのに気づかずにそのまま歌ってたら、途中で突然フィードバックが聞こえてきて、思わず“There will be some feedback, let it be(そのうちフィードバックが聞こえるさ、なるがままに)”という歌詞が頭を駆け巡ったんだ。そのとき頭の一方は『いけない、こんな真面目なイベントで、そんなことを歌ったらアホだと思われる』と考え、もう一方は『フィードバック(もう一度食料を)とエチオピアなんて素晴らしい、主旨にぴったり』と思った。でも、瞬間的判断で歌うのをやめたよ。やれやれ、思い出すだけで赤面ものだね。」(ポール)
    1989-90年のゲットバック・ツアー、1993年のニュー・ワールド・ツアー、2002-3年のワールド・ツアー、2004年のヨーロッパ・ツアー及び2005年のアメリカ・ツアーと、その後のツアーでは必ずと言っていいほどコンサートで演奏している。
    また、1999年3月15日のロックの殿堂入りセレモニーでは、ビリー・ジョエルと共演して演奏した。
    一方、1987年にイギリスのゼーブルッヘで起きたフェリー転覆事故のチャリティ・シングル「Let It Be」にも、ビートルズ・バージョンを提供する形で参加した。プロモーション・ビデオにも出演している。さらに、2001年12月11日ノルウェーのオスロでのノーベル平和賞100周年記念コンサート、2001年6月14日のロサンゼルス・ビバリーヒルズでのチャリティー・イベント「Adopt-A-Minefield」、2001年10月20日のチャリティー・コンサート『The Concert For New York City』、2004年10月15日の「Adopt-A-Minefield」など、チャリティー・コンサートで演奏していることが多い。『The Concert For New York City』では、エリック・クラプトンがギター・ソロを弾いた。
    公式盤に収録されていないライブ演奏等は、以下のブートで聴くことができる。

    (5)1979年12月17日グラスゴー公演
     Last Flight - Disc 2 (Vigotone -- vigotone 165)
     Glasgow 1979 (Cool Orangesicle -- C 3 201)
    (6)1985年7月13日ライブエイド
     公式DVD『Live Aid』
    (7)1989年4月ツアー・リハーサル
     公式DVD『Put It There』
    (8)1989年ツアー・リハーサル
     Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records -- YC 049)
    (9)1990年1月16日ロンドン公演
     Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
    (10)1990年3月7日東京公演
     Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
    (11)1990年3月31日バークレー公演
     Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
    (12)1990年4月20日リオ公演
     Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
    (13)1989-1990年演奏場所不明
     公式DVDビデオ『Get Back』
    (14)1990年6月28日リバプール公演
     Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
     Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
    (15)1990年7月4日ワシントン公演
     Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
     4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
     Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
    (16)1993年3月23日シドニー公演
     公式ビデオDVD『Paul Is Live』
    (17)1993年6月15日シャーロット公演
     Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
     Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
     Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
     Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
     Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
     The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
    (18)2001年12月11日ノーベル平和賞100周年記念コンサート
     The Virgin Radio Interview+The Nobel Peace Prize 100th Anniversary Concert (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records -- MFR/TKR 2001)
     Video Collection Vol. 5 (DVD) (Apple (Fake) -- none)
    (19)2001年6月14日Adopt-A-Minefieldリハーサル
     Adopt-A-Minefield Rehearsals (Label Unknown -- nlaall20010614)
    (20)2001年6月14日Adopt-A-Minefield
     Together On Stage - Adopt-A-Minefield (CD 1) (Watchtower -- WT 2001026/27)
     Driving Rain ... In The New Century (Disc 1) (BATZ -- BATZ 0205)
    (21)2002年4月24日ワシントン公演
     Driving Macca! (Label Unknown)
    (22)2002年5月15日タンパ公演
     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
    (23)2003年5月11日イタリア公演
     Gap Fillers (Spank Me!)
     Live In Rome 11 May 2003 (CD 2) (Label Unknown)
    (24)2003年5月24日モスクワ公演
     The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
     Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
    (25)2004年5月30日マドリード公演
     !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
    (26)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
     San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
    (27)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
     Live In Glastonbury (Label Unknown)
    (28)2005年7月Sessions@AOL
     AOL Sessions (CD) (Unknown -- w/r)

    (1)
    演奏:
     Paul McCartney Vocal, Piano
     Linda McCartney Keyboards
     Denny Laine Guitar
     Laurence Juber Guitar
     Steve Holly Drums
     Dave Edmunds Guitar
     James Honeyman-Scott  Guitar
     Pete Townshend Guitar
     John Paul Jones Bass
     Ronnie Lane Bass
     Bruce Thomas Bass
     Robert Plant Bass
     Gary Brooker Piano
     John Bonham Drums
     Kenney Jones Drums
     Billy Bremmer Percussion
     Tony Dorsey Trombone
     Howie Casey Saxphone
     Steve Howard Trumpet
     Thadeus Richard Saxphone
    録音スタジオ:live from Hammarsmith Odeon Cinema, London
    録音日:1979.12.29
    プロデューサー:Chris Thomas
    エンジニア:Bill Price, Dick Allott, Geoff Davis, John Walls
    イギリス発売日:1981.4.3
    アメリカ発売日:1981.3.30
    日本発売日:1981.4.28

    (2)
    演奏:
     Paul McCartney: Piano, Vocal
     Linda McCartney: Keyboards, Vocal
     Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
     Chris Whitten: Drums
     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
     Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
    録音スタジオ:live from Dortmund
    録音日:1989.10.17
    プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
    エンジニア:Bob Clearmountain
    イギリス発売日:1990.10.8
    アメリカ発売日:1990.10.16
    日本発売日:1990.11.9

    (3)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Piano
     Eric Clapton: Guitar
     Rusty Anderson: Bass, Backing Vocals
     Abe Laboriel Jr.: Drums, Backing Vocals
     Gabe Dixon: Keyboards, Backing Vocals
    録音スタジオ:live from Madison Square Garden, New York
    録音日:2001.10.20
    プロデューサー:Don Devito, Chuck Plotkin, Bob Clearmountin, Thom Cadley
    イギリス発売日:2001.11.27
    アメリカ発売日:2001.11.27
    日本発売日:2001.12.19

    (4)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Piano
     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
     Brain Ray: Backing Vocal, Bass
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live from Atlanta
    録音日:2002.5.13
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:David Kahne
    イギリス発売日:2003.3.17
    アメリカ発売日:2002.11.26
    日本発売日:2002.11.13

    歌詞・コード
    C G Am Fmaj7 F6 C G F C

        C       G
    When I find myself in times of trouble
    Am      Fmaj7  F6
    Mother Mary comes to me
    C        G      F C
    Speaking words of wisdom, let it be

    And in my hour of darkness
    She is standing right in front of me
    Speaking words of wisdom, let it be

       Am     C/G
    Let it be, let it be
       F     C
    Let it be, let it be
    C         G      F C
    Whisper words of wisdom, let it be

    And when the broken-hearted people
    Living in the world agree
    There will be an answer, let it be

    For though they may be parted
    There is still a chance that they will see
    There will be an answer, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    There will be an answer, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    There will be an answer, let it be

    F C/E G7/D C Bb F/A G F C F C G F C

    C G Am F C G F C F Am F C G F C

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    Whisper words of wisdom, let it be

    And when the night is cloudy
    There is still a light that shines on me
    Shine until tomorrow, let it be

    I wake up to the sound of music
    Mother Mary comes to me
    Speaking words of wisdom, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    There will be an answer, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    Whisper words of wisdom, let it be

    F C/E G7/D C Bb F/A G F C

    (c)1970 Northern Songs
    Inner City Madness
    0
      作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney, Hamish Stuart, Robbie Mclntosh, Paul "Wix" Wickens, Chris Whitten
      収録時間:1分23秒
      収録アルバム:Tripping The Live Fantastic
      収録シングル:なし

      1989-90年のワールド・ツアー(通称「ゲットバック・ツアー」)でのサウンドチェックで演奏されたインストゥルメンタルの断片を、ライブアルバムのリンク・トラックとして使用した。即興ジャムで演奏した曲であるので、演奏者全員の名前が作者としてクレジットされている。1990年1月2日のバーミンガム公演でのサウンドチェックで演奏がライブアルバムに収録された。
      アバンギャルドな雰囲気と曲のタイトルは、ツアーで全世界を巡ってホテルで缶詰になっている時の狂気が表現されていると言えよう。

      演奏:
       Paul McCartney: Bass
       Linda McCartney: Keyboards
       Paul "Wix" Wickens: Keyboards
       Chris Whitten: Drums
       Robbie Mclntosh: Electric Guitar
       Hamish Stuart: Electric Guitar
      録音スタジオ:rehearsal from Birmingham
      録音日:1990.1.2
      プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
      エンジニア:Bob Clearmountain
      イギリス発売日:1990.10.8
      アメリカ発売日:1990.10.16
      日本発売日:1990.11.9
      If I Were Not Upon The Stage
      0
        作詞作曲:Sutton, Turner, Bowsher
        収録時間:36秒
        収録アルバム:Tripping The Live Fantastic
        収録シングル:なし

        オリジナルは古いジャズ・スタンダード・ナンバー。1989-90年のゲットバック・ツアーでこの曲と取り上げているが、完奏している訳ではなく、「Hey Jude」を演奏すると思わせておいて、その前にアドリブを装ったフェイント・ギャグとして取り上げている。
        このように、有名な曲を演奏する前に全く別の曲を演奏するというのは、1975年ウィングスのツアーからポールがよく使っている手で、この曲の他に「Baby Face」「O Sole Mio」などがよく取り上げられている。アドリブで演奏している訳ではなく、このフリもリハーサルされているところが、途中のMCまでリハーサルするポールらしい。
        公式ビデオ『Movin' On』では、打ち合わせの最中にピアノに座って、この曲を軽く弾き語りするポールの姿を見ることができる。
        公式盤以外の音源は、以下のブートに収録されている。

        (1)1989年リハーサル
         Oobu Joobu Part 11 (Yellow Cat Records -- YC 055)
        (2)1990年1月16,23日ロンドン公演
         Welcome To Wombley - CD 2 (Voxx -- VOXX 0003)
        (3)1990年3月31日バークレー公演
         Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
        (4)1990年4月20日リオ公演
         Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
        (5)1990年6月28日リバプール公演
         Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
         Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
        (6)1990年7月4日ワシントン公演
         Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
         4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
         Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)

        演奏:
         Paul McCartney: Piano, Vocal
         Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
         Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
         Chris Whitten: Drums
         Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
         Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
        録音スタジオ:live from Cincinnatti
        録音日:1990.2.12
        プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
        エンジニア:Bob Clearmountain
        イギリス発売日:1990.10.8
        アメリカ発売日:1990.10.16
        日本発売日:1990.11.9

        歌詞
        If I were not upon the stage
        Nowhere else I'd like to be
        If I were not upon the stage
        Nowhere else I'd like to be

        (c)Peter Maurice Music Co Ltd
        Hey Jude
        0
          作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
          収録時間:(1)8分4秒 (2)8分38秒 (3)7分4秒 (4)6分21秒 (5)7分1秒 (6)7分35秒
          収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic (2)Tripping The Live Fantastic Highlights (3)Knebworth The Album (4)Music For Montserrat (bonus CD) (5)Back In The U.S. (6)Back In The World
          収録シングル:なし

          ビートルズ時代の曲で、1968年8月にビートルズが設立したアップル・レコードからの第1弾シングルとして発売し、全米・全英1位を獲得した。全米チャートでは、9週間トップを確保するビートルズ最大のヒット曲となった。これまでの全ての全米1位曲の中で、最も長い時間の曲という記録を持つ。
          ジョン・レノンが妻のシンシアと離婚したために悲しみに暮れていたジュリアン・レノンを励ます意味でポールが作った曲と言われているが、ジョン・レノン自身を励ます意味も込められているかもしれない。しかし、ポール自身はこの曲を自分を励ます目的で作ったと答えているため、真偽は定かでない。ドリフターズの名曲「ラストダンスは私に」にインスパイアされてポールが作ったことは確かだ。
          「'Hey Jude'は、ジョンが離婚したあとに、シンシアとジュリアンを尋ねに行く車の中で最初のアイデアが浮かんだんだ。本当に長いあいだ、友達付き合いしてたわけだから、いきなり僕の人生と切り離して何の関わりもない人にしてしまうのは酷なことだと思って、『元気? どうしてる?』とふたりの様子を見に行こうと思ったんだ。昔はジョンと一緒に曲作りをするためにケンウッドの家に向かう道すがら、よく曲を作っていたからさ。この歌はまず“ヘイ・ジュールズ”というとこから始まった。つまり、ジュリアンに向かって“Don’t make it bad, take a sad song and make it better”と。『ほら、頑張ってこの苦しみを乗り越えるんだよ』って。彼には辛いことだったはずだから。いつも思うんだけど、離婚家庭の子供って可哀相だよね。大人は良くても、子供たちは……きっと小さな頭の中でいろんな考えが駆け巡って混乱すると思うんだ。『僕のせいなの? 僕がいけなかったの?』と。罪悪感にさいなまれて、それをひきずる人たちもいるだろう。それを思って僕は彼らを訪ねることにした。そして、そこから'Hey Jude'のアイデアが生まれて、彼らの家に着いた頃にはアイデアが大体固まっていたんだよ。ただ、“ジュード”の方が響きがいいと思って、名前を変えたんだ。
          カヴェンディッシュ・アヴェニューの音楽室で曲の仕上げをしていたら、ジョンとヨーコが遊びに来て、僕の右手後ろに立って聴いていたんだ。ちょうど“The movement you need is on your shoulder(やるべきことは君の肩にかかっている)”の歌詞を歌ったところで、僕は肩越しに振り返って、『ここは変えよう。ちょっと安っぽい感じがする。これはボツだ』と言ったら、ジョンが『駄目だよ。全体の中でこの歌詞が一番いい』と言う。これぞコラボレーションさ。自分でボツにしようと思ってる歌詞を、誰かが確信を持って『いや、そのままでいい』と言ってくれると、その部分を前の2倍も気に入ってしまうものなんだ。本当は捨てるつもりだったガラクタや野良犬が、その命を救われたことでいっそう輝いて見えるわけ。だから、“The movement you need is on your shoulder”の歌詞が、今では大好きだ。今になってみると、なかなか深い言葉だろう。宗教団体やカルト教団から、『ポール、これの意味することを分かってるんだろうね。何かやりたいことがあるなら、その方法はあるよ……』みたいな手紙をいくつか貰ったよ。素晴らしい歌詞だけど、僕は何だか訳の分からない、理屈に合わない言葉みたいだから変えようと思ってたんだ。時の流れが重みを与えるのかな。あの歌詞を歌うときはジョンを思い出す。あの部分を歌う自分の声を聴くと、感情的になるんだよね。」(ポール)
          「あのレコーディングには面白い話があってね。ソーホーのトライデント・スタジオで録音したんだけど、リンゴが僕の知らない間にトイレに行ってたんだよ。リンゴは僕の背後で、ドラム・ブースからほんの数ヤード先のトイレに立っていたのに、僕は気づかないで本番テイクを始めてしまった。“ヘイ・ジュード”と延々歌い続けても、ドラムが始まらない。そして突然、背後でリンゴが爪先立って急ぎ足で動く気配がしたかと思うと、いきなりドラムがブーン、ブーン、ブーンと始まった。まさに絶妙のタイミングだったね。そんなことがあって、ちょっと笑った後に、頭の中でパッと電気が閃くように、『このテイクはいけるぞ!』と気合が入った。『これだ! このテイクだ! 今のハプニングは魔法みたいに素敵だった』と。それで僕らはあんないいレコードを作れたんだ。」(ポール)
          ポールが作ったビートルズの代表曲であるため、ポールのライブではコンサートのラストで必ずと言っていいほど演奏される曲であるが、ビートルズ解散後に初めてこの曲をコンサートで取り上げたのは、意外にも1989年のツアーである。その後、1990年までの「ゲットバック・ツアー」、1993年の「ニュー・ワールド・ツアー」、1997年のモンセラット島救済コンサート(公式に発売されたVHSビデオのボーナスCDに収録)、2002-3年のワールド・ツアー、2004年のヨーロッパ・サマーツアー、2005年2月6日のNFLスーパーボウル・ハーフタイムショー、2005年7月2日のライブ8(オールキャストでのエンディング)などで演奏している。
          「'Hey Jude'なんだけど、これまで一度もライブでやってなかったんだよね。“ナー・ナ・ナ・ナナナ・ナー”……最高! オーディエンスが参加できる曲も欲しかったんだ。」(ポール)
          リフレインのコーラス部分では、途中で演奏をやめ、観客にコーラスを促す演出がなされる。1989-90年の「ゲットバック・ツアー」では、「手前側の人!」「右側の人!」「左側の人!」「真ん中の人!」という分け方で観客にコーラスを促したり、2002-3年のワールド・ツアーでは、「男の人!」「女の人!」という促し方をする場合もある。
          「Hey Jude」の演奏は公式にビデオソフト化されていたり、テレビ番組で放送されたりした。以下がそのリスト。

          1989年12月9日モントリオール公演
           映画『Get Back』
          1990年6月30日ネブワース公演
           公式ビデオ『Knebworth』
          1993年2月13日テレビ番組『Saturday Night Live』
           公式DVD『Saturday Night Live 25 Years Of Music』
          1993年6月15日シャーロット公演
           公式ビデオ『Paul Is Live』、テレビ番組『Live In The New World』
          1993年11月15日東京ドーム公演
           テレビ番組『Paul McCartney Special - The New World Tour』
          1997年9月15日モンセラット島救済コンサート
           公式ビデオ『Music For Montserrat』
          2002年5月17日ローダーデール公演
           公式DVD『Back In The U.S.』
          2003年5月11日ローマ公演
           テレビ番組『Live In The Colosseo』
          2003年5月24日モスクワ公演
           公式DVD『In Red Square』
          2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
           公式DVD『Glastonbury Anthems』
          2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
          2005年7月2日ライブ8

          公式CDに収録されている以外の音源は、以下のブートで聴くことができる。
          (7)1989年12月9日モントリオール公演
           公式ビデオ『Get Back』
          (8)1990年1月16日ロンドン公演
           Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
          (9)1990年3月31日バークレー公演
           Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
          (10)1990年4月20日リオ公演
           Live On TV In Rio - Part 2 (Ram Records -- RAM 008)
          (11)1990年6月28日リバプール公演
           Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
           Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
          (12)1990年7月4日ワシントン公演
           Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
           4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
           Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
          (13)1993年ツアーリハーサル
           Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records -- YC 059)
           The Soundcheck Songs Vol.4 (Egg -- Egg 004)
          (14)1993年2月テレビ番組『Saturday Night Live』リハーサル
           Big Mac's Live Tracks (Orange -- Orange 1)
          (15)1993年6月15日シャーロット公演
           Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
           Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
           Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
           Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
           Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
           The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
          (16)1993年11月15日東京公演
           Live In Argentina Special (DVD 1) (Label Unknown)
           Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
           Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
           Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
           Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
           Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
           Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)
          (17)2002年4月24日ワシントン公演
           Driving Macca! (Label Unknown)
          (18)2002年5月15日タンパ公演
           Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
          (19)2003年5月24日モスクワ公演
           The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
          (20)2004年5月30日マドリード公演
           !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
          (21)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
           San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
          (22)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
           Live In Glastonbury (Label Unknown)
          (23)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
           Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound -- WOS-DVD-001)


          (1)Tripping The Live Fantastic
          (2)Tripping The Live Fantastic Highlights
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
           Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
           Chris Whitten: Drums
           Robbie Mclntosh: Electric guitar, Backing Vocal
           Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
          録音スタジオ:live from Cincinnatti
          録音日:1990.2.12
          プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
          エンジニア:Bob Clearmountain
          イギリス発売日:1990.11.5
          アメリカ発売日:1990.11.6
          日本発売日:1990.11.5

          (3)Knebworth The Album
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
           Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
           Chris Whitten: Drums
           Robbie Mclntosh: Electric guitar, Backing Vocal
           Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
          録音スタジオ:live from Knebworth
          録音日:1990.6.30
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Chris Kimsey
          イギリス発売日:1990.8.6
          アメリカ発売日:1990.8.7
          日本発売日:1990.8.30

          (4)Music For Montserrat (bonus CD)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Elton John: Vocal, Piano
           Sting: Vocal
           Phil Collins: Drums
           Eric Clapton: Guitar
           Mark Knopfler: Guitar
           Ray Cooper: Percussions
           Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
           Robbie Mclntosh: Electric guitar, Backing Vocal
          and others
          録音スタジオ:live from Rpyal Albert Hall, London
          録音日:1997.9.15
          プロデューサー:George Martin
          イギリス発売日:1997
          アメリカ発売日:1997
          日本発売日:1997

          (5)Back In The U.S.
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
           Brain Ray: Backing Vocal, Bass
           Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
           Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
          録音スタジオ:live from Ft. Lauderdale
          録音日:2002.5.17
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:David Kahne
          イギリス発売日:未発売
          アメリカ発売日:2002.11.26
          日本発売日:2002.11.13

          (6)Back In The World
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano
           Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
           Brain Ray: Backing Vocal, Bass
           Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
           Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
          録音スタジオ:live from Mexico City, Mexico
          録音日:2002.11.3
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:David Kahne
          イギリス発売日:2003.3.17
          アメリカ発売日:未発売
          日本発売日:2002.3.29

          歌詞・コード
             F           C
          Hey Jude, don't make it bad
              C7 (C7sus4)      F
          Take a sad song and make it better
            Bb               F
          Remember to let her into your heart
                  C7         F
          Then you can start to make it better

          Hey Jude, don't be afraid
          You were made to go out and get her
          The minute you let her under your skin
          Then you begin to make it better

          F7             Bb
          And anytime you feel the pain
             Bb/A    Gm
          Hey Jude, refrain
              Gm7/F   C7/E  C7     F
          Don't carry the world upon your shoulders
          F7               Bb
          For well you know that it's a fool
            Bb/A   Gm
          Who plays it cool
                  C7/E  C7   F
          By making his world a little colder
               F7 C7
          Da da da da da da da da

          Hey Jude, don't let me down
          You have found her, no go and get her
          Remember to let her into your heart
          Then you can start to make it better

          So let it out and let it in
          Hey Jude, begin
          You're waiting for someone to perform with
          And don't you know that it's just you
          Hey Jude, you'll do
          The movement you need is on your shoulder

          Hey Jude, don't make it bad
          Take a sad song and make it better
          Remember to let her under your skin
          Then you'll begin to make it better, better, better, better

          F     Eb      Bb        F
          Na na na na na na na, na na na na hey Jude

          (c)1968 Nothern Songs, Ltd.
          Got To Get You Into My Life
          0
            作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
            収録時間:(1)2分57秒 (2)3分24秒
            収録アルバム:(1)Concerts For The People Of Kampuchea (2)Tripping The Live Fantastic!
            収録シングル:なし

            1966年のビートルズのアルバム『Revolver』で発表したポール作の曲。ブラス・セクションを前面に押し出したサウンドは、当時のモータウン・サウンドに影響を受けており、70年代にブームを起こすブラス・ロックの先駆けとも言える。
            ビートルズ解散後、この曲を初めてライブで取り上げたのは、ウィングスの1979年全英ツアーであった。コンサートのオープニングを飾った。この年の全英ツアーでも「The Fool On The Hill」「Let It Be」「Yesterday」を取り上げるなど、この時期から、コンサートでもビートルズ時代の曲を演奏することが多くなった。このツアーでの演奏は、1979年12月29日のカンボジア難民救済コンサートの演奏が、公式アルバム『Concerts For The People Of Kampuchea』(未CD化)に収録されている。オープニングはブラスセクションのファンファーレで始まったが、アルバムに収録される際はカットされてしまった。
            1980年1月に予定されていた日本公演では、この曲のレゲエ・アレンジが演奏される予定であった。日本公演が中心になったのは承知のとおりだが、日本公演前のポールの自宅でのリハーサルの映像が残っており、そこでレゲエ・バージョンを聴くことができる。
            その後、1989-90年の「ゲットバック・ツアー」でレパートリーに復活した。このツアーではポールが体調を崩すなど、ノドの調子が悪かった影響で、高音のボーカルがあまり出ていない。この時のブラス・セクションは、ウィックスがキーボードで再現している。
            さらにその後、2004年のツアー「04 Summer」でこの曲がセットリストに復活した。当初はオープニング・ナンバーとして演奏される予定であったが、直前に「Jet」と差し替えられ、2曲目となった。このツアーでの演奏は、2004年6月20日の演奏が公式DVD『Live In Red Square』に収録されている。
            3回のツアーで演奏したが、オリジナルのスタジオ録音版がフェイド・アウトで終わるため、全て曲の終わり方が違うのところが面白い。
            他のライブについては、以下のブートで聴くことができる。

            (3)1979年12月17日グラスゴー公演
             Last Flight - Disc 1 (Vigotone -- vigotone 164)
            (4)1990年1月23日ロンドン公演
             Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
            (5)1990年4月1日バークレー公演
             A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
            (6)1990年4月20日リオ公演
             Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
            (7)1989年12月9日モントリオール公演、1990年7月15日フィラデルフィア公演
             公式ビデオ『Get Back』
            (8)1990年6月28日リバプール公演
             Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
             Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
            (9)2004年5月30日マドリード公演
             !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
            (10)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
             San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
             公式DVD『Live In Red Square』

            (1)
            演奏:
             Paul McCartney: Vocal, Bass
             Linda McCartney: Keyboards
             Denny Laine: Keyboards
             Laurence Juber: Guitar
             Steve Holly: Drums
             Tony Dorsey: Trombone
             Howie Casey: Saxphone
             Steve Howard: Trumpet
             Thadeus Richard: Saxphone
            録音スタジオ:live from Hammarsmith Odeon Cinema, London
            録音日:1979.12.29
            プロデューサー:Chris Thomas
            エンジニア:Bill Price, Dick Allott, Geoff Davis, John Walls
            イギリス発売日:1981.4.3
            アメリカ発売日:1981.3.30
            日本発売日:1981.4.28

            (2)
            演奏:
             Paul McCartney: Bass, Vocal
             Linda McCartney: Keyboards, Vocal
             Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
             Chris Whitten: Drums
             Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
             Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
            録音スタジオ:live from Dortmund
            録音日:1989.10.17
            プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
            エンジニア:Bob Clearmountain
            イギリス発売日:1990.10.8
            アメリカ発売日:1990.10.16
            日本発売日:1990.11.9

            歌詞
            was alone, I took a ride, I didn't know what I would find there
            Another road, where maybe I
            Could see another kind of life there

            Ooh, then I suddenly see you
            Ooh, did I tell you I need you
            Every single day, of my life

            You didn't run, you didn't lie
            You knew I wanted just to hold you
            And had you gone you knew in time
            We'd meet again for I'd have told you

            Ooh, you were meant to be near me
            Ooh, and I what you to hear me
            Say we'll be together every day
            Got to get you into my life!

            What can I do, what can I be
            When I'm with you I want to stay there
            If I'm true I'll never leave
            And if I do I know the way there

            Ooh, then I suddenly see you
            Ooh, did I tell you I need you
            Every single day of my life
            Got to get you into my life!
            Got to get you into my life!

            (c)1966 Nothern Songs, Ltd.
            Golden Slumbers
            0
              作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
              収録時間:1分40秒
              収録アルバム:Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Highlights
              収録シングル:なし

              ビートルズが1969年に発表した彼らの実質的なラスト・アルバム『Abbey Road』のB面に収録されている最後のメドレー「Golden Slumbers」〜「Carry That Weight」〜「The End」の1曲。
              「チェシャイアーにある親父の家でピアノをいじくっていたとき、たまたまルース(ポールの腹違いの妹)のソング・ブックで "ゴールデン・スランバーズ"という伝統的な曲を見つけたんだ。自分なりの曲にしたら面白いと思ったんだ。」(ポール)
              ツアーのリハーサル時にこの曲から始まる3曲のメドレーを演奏したところ、スタッフの1人の涙が止まらなくなるほど感動したという理由で、1989-90年の「ゲットバック・ツアー」のセットリストに取り入れられた。アンコールの最後に、ポールがリンダの使っているキーボードに移動し、「Golden Slumbers」「Carry That Weight」「The End」のメドレーで演奏した。「The End」では、ツアーメンバーのロビー・マッキントッシュ、ヘイミッシュ・スチュアートと共に、3人のギターバトルが繰り広げられる。
              ツアーのライブ盤『Tripping The Live Fantastic』には、1989年12月7日のトロント公演の演奏が収録されている。このツアーを収録した映画『Get Back』では、1990年7月15日フィラデルフィア公演が収録された。
              1997年9月15日に行われた「モンセラット島救済コンサート」でも、この曲から始まる3曲のメドレーを演奏した。この時は、ジョージ・マーティンの指揮するロンドン・コミュニティー・ゴスペル・コーラスとファウンデーション・フィルハーモニック・オーケストラをバックに、ポールはグランドピアノを演奏しながら歌った。この時の演奏はCDとしては発売されていないが、公式DVD『Music For Montserrat』で見ることができる。
              1989-90年の「ゲットバック・ツアー」での演奏は、以下のブートでも聴くことができる。

              (1)1990年1月16日ロンドン公演
               Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
              (2)1990年3月31日バークレー公演
               Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
              (3)1990年6月28日リバプール公演
               Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
               Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
              (4)1990年7月4日ワシントン公演
               Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
               4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
               Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)

              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Keyboard
               Linda McCartney: Backing Vocal
               Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
               Chris Whitten: Drums
               Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
               Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
              録音スタジオ:live from Tronto, Canada
              録音日:1989.12.7
              プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
              エンジニア:Bob Clearmountain
              イギリス発売日:1990.11.5
              アメリカ発売日:1990.11.6
              日本発売日:1990.11.5

              歌詞・コード

              Am7                  Dm7
              Once, there was a way to get back homeward
              G7                     C
              Once, there was a way to get back home
              Em             Am      Dm9
              Sleep pretty darling, do not cry,
              G7           C
              And I will sing a lullaby

              C      F           C
              Golden slumbers fill your eyes
              C       F           C
              Smiles awake you when you rise
              Em        Am      Dm9
              Sleep pretty darling, do not cry,
              G7         C
              And I will sing a lullaby

              (c)1969 Nothern Songs Ltd.
              Get Back
              0
                作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
                収録時間:(1)3分23秒 (2)4分11秒
                収録アルバム:(1)The Prince's Trust 10th Anniversary Birthday Party (2)Tripping The Live Fantastic!!, Trippinng The Live Fantastic Highlights!!!
                収録シングル:なし

                オリジナルはビートルズの1969年発売のシングル曲で、アルバム『Let It Be』に収録されている。当時全米・全英ともに1位を獲得した大ヒット曲で、スタンダードナンバーとして、ブルース・スプリングスティーン、エルビス・プレスリー、リチャード・トンプソン、エルトン・ジョン、ドリス・トロイ、ロッド・スチュアート、ポール・モーリアなどもカバーしている。
                ポールはビートルズ解散後、1986年7月20日に出演した「Prince's Trust 10th Anniversary Birthday Party」で演奏し、その後も、1989-90年のゲットバック・ツアー、1991年のシークレット・ギグ・ツアーで演奏した。
                その後、しばらくライブでは演奏しなかったが、2004年のツアー「04 Summer」でレパートリーに復活し、2005年2月6日のNFLスーパーボウル・ハーフタイムショーでも演奏した。
                1986年の「Prince's Trust 10th Anniversary Birthday Party」での演奏は、当日出演したオールスターによる演奏をバックにしながら歌い、ポールが再びツアーに出ることを意識させたものであり、また、1989-90年のツアーでは、ビートルズ解散以後初めて、ビートルズ時代に愛用したヘフナー・ベースを抱えて演奏したことから、このツアーは、原点に返るという意味の「ゲットバック・ツアー」と名付けられ、また、このツアーの記録映画のタイトルも『Get Back』となった。よってこの曲は、ポールの音楽活動では、キーとなる曲と言える。
                1991年に公開された映画『Get Back』のために、この曲のプロモーションビデオが制作された。ビデオは、1990年7月15日フィラデルフィア公演の演奏シーンを使い、6人のアニメーターにより5週間かけてアニメコラージュの部分が制作され、最終的にピーター・ヘンダーソンのミックスにより完成された。
                公式ライブ盤に収録されていない音源は、以下のブートで聴くことができる。

                (3)1989年ツアー・リハーサル
                 Oobu Joobu Part 11 (Yellow Cat Records -- YC 055)
                (4)1990年1月16日ロンドン公演
                 Welcome To Wombley - CD 2 (Voxx -- VOXX 0003-02)
                (5)1990年4月1日バークレー公演
                 Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
                 A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
                (6)1990年4月20日リオ公演
                 Live On TV In Rio - Part 2 (Ram Records -- RAM 008)
                (7)1990年6月28日リバプール公演
                 Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
                 Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
                (8)1990年7月4日ワシントン公演
                 Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
                 4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
                 Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
                (9)1990年7月15日フィラデルフィア公演
                 公式ビデオ『Get Back』
                (10)2004年5月30日マドリード公演
                 !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
                (11)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
                 San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
                (12)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
                 Live At SuperBowl 2005 (DVD) (HomeMade Records)
                 Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound -- WOS-DVD-001)

                (1)
                演奏:
                 Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
                 Tina Turner: Vocal
                 Paul Young: Vocal
                 Elton John: Piano
                 Phil Collins: Drums
                 Midge Ure: Electric Guitar
                 Eric Clapton: Electric Guitar
                 Mark Knopfler: Electric Guitar
                 Joan Armatrding: Electric Guitar
                 Howerd Jones: Keyboards
                 Ray Cooper: Percussion
                 Bryan Adams: Vocal, Electric Guitar
                 Rick Parfitt: Electric Guitar
                 Francis Rossi: Electric Guitar
                 John Illsley: Bass
                 Mark King: Bass
                録音スタジオ:live from Wembley Arena, London
                録音日:1986.6.20
                プロデューサー:Andrew Sheehan
                イギリス発売日:1987.4.24
                アメリカ発売日:1987.5.11
                日本発売日:1987.5.21

                (2)
                演奏:
                 Paul McCartney: Bass, Vocal
                 Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
                 Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
                 Chris Whitten: Drums
                 Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
                 Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
                録音スタジオ:live from Tokyo
                録音日:1990.3.13
                プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
                エンジニア:Bob Clearmountain
                イギリス発売日:1990.11.5
                アメリカ発売日:1990.11.6
                日本発売日:1990.11.5

                get_back1.jpgget_back2.jpg

                歌詞・コード
                A G D

                A
                Jojo was a man who thought he was a loner
                D           A
                But he knew it couldn't last
                A
                Jojo left his home in Tuscon, Arizona
                D          A
                For some California grass
                A
                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back, Jojo

                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back Jo

                A D A G D A

                Sweet Loretta Martin though she was a woman
                But she was another man
                All the girls around her say she's got it coming
                But she gets it while she can

                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back Loretta
                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back, get back, get back to where you once belonged
                Get back Loretta

                Your mother's waiting for you
                Wearing her high-heel shoes
                And her low-neck sweater
                Get on home, Loretta
                Get back, get back, get back to where you once belonged

                (c)1969 Northern Songs
                The End
                0
                  作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
                  収録時間:(1)3分17秒 (2)3分31秒
                  収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic!!, Trippinng The Live Fantastic Highlights!!! (2)Back In The U.S., Back In The World
                  収録シングル:なし

                  ビートルズの実質的な最後のアルバムとなった『Abbey Road』の最後から2曲目に収録されている曲。
                  このアルバムの壮大なメドレーの最後を飾る曲としてポールが作ったもので、ビートルズの演奏では、リンゴ・スターのドラム・ソロに続き、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノンの順でリード・ギターが披露される。
                  最後に登場する歌詞「The love you take is equal to the love you made.」は、ビートルズ解散を意識してポールがファンに向けて書いたものである。
                  ポールは、1989〜90年のゲットバックツアーのリハーサルの時にこの曲を演奏したところ、スタッフの一人が泣きじゃくったので、この曲をステージのレパートリーとして取り入れたというエピソードがある。2002〜3年と2004年のツアーでは、コンサートのアンコールの最後の曲として演奏した。
                  ステージでは、ドラム・ソロの間に、ポールがキーボードを離れギターを抱え、ツアーバンドメンバーとギター・ソロ・バトルを繰り広げる。ギター・ソロはもちろんアドリブで演奏されているため、日によって異なる。この時、キーボードのウィックスがベースの音を演奏して、バンド全体の演奏をカバーしている。
                  なお、1997年9月15日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたモンセラット島救済コンサートでもこの曲を出演者全員で演奏した。
                  公式アルバムに収録されている以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

                  (3)1990年1月23日ロンドン公演
                   Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
                  (4)1990年7月15日フィラデルフィア公演
                   公式ビデオ『Get Back』
                  (5)1990年6月28日リバプール公演
                   Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
                   Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
                  (6)1990年7月4日ワシントン公演
                   Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
                   4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
                   Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
                  (7)1997年9月15日ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール
                   公式ビデオ・DVD『モンセラット島救済コンサート』
                  (8)2002年4月24日ワシントン公演
                   Driving Macca! (Label Unknown)
                  (9)2002年5月15日タンパ公演
                   Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
                  (10)2003年5月24日モスクワ公演
                   The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
                  (11)2004年5月30日マドリード公演
                   !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
                  (12)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
                   San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)

                  (1)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Piano, Guitar, Vocal
                   Linda McCartney: Keyboards, Vocal
                   Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
                   Chris Whitten: Drums
                   Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
                   Hamish Stuart :Bass, Electric Guitar, Backing Vocal
                  録音スタジオ:live from Tronto, Canada
                  録音日:1989.12.7
                  プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
                  エンジニア:Bob Clearmountain
                  イギリス発売日:1990.11.5
                  アメリカ発売日:1990.11.6
                  日本発売日:1990.11.5

                  (2)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Guitar
                   Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
                   Brain Ray: Backing Vocal, Bass, Guitar
                   Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
                   Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
                  録音スタジオ:live from Ft.Lauderdale
                  録音日:2002.5.17
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:David Kahne
                  イギリス発売日:2003.3.17
                  アメリカ発売日:2002.11.26
                  日本発売日:2002.11.13

                  歌詞・コード

                  A D B E
                  Oh Yeah All Right
                  A          Ebdim    A
                  Are you gon na be in my dreams tonight

                  A7 A D7 D7
                  Love You Love You
                  A
                  And in the end
                  G/A         F      Dm7 G7 C D Eb F C
                  The love you take is equal to the love you made

                  (c)1969 Northern Songs
                  Don't Let The Sun Catch You Crying
                  0
                    作詞作曲:Joe Greene
                    収録時間:(1)4分31秒
                    収録アルバム:Tripping the Live Fantastic
                    収録シングル:なし

                    レイ・チャールズのカバー。ライブアルバム『Tripping The Live Fantastic!』に収録されたのは、1989年12月9日にカナダ・モントリオール公演のリハーサルで演奏されたテイク。ビートルズのデビュー前からのレパートリーであり、ビートルズの1969年ゲットバック・セッションでも演奏し、ポールがボーカルを取っていた。
                    レイ・チャールズとまではいかないが、ハスキーでブルージーなボーカルを披露している。マージー・サウンドのバンドとしてビートルズと同時期に活動したザ・ペイスメーカーズも同名曲を発表しているが、別の曲である。
                    ポールがリハーサルやサウンドチェックでよく演奏する曲で、公式ライブ盤以外にも、以下のブートでリハーサル音源を見ることができる。1993年12月24日に日本で放送された番組『The New World Tour』では、1993年11月15日東京公演のサウンドチェックでこの曲を演奏する映像が放送された。

                    (1)1990年4月4日アリゾナ公演サウンドチェック
                     Back In The USA - Arizona 1990/San Francisco 1990 (CD 1) (Sirius Records -- SR 017)
                     Arizona Soundchecks 1990/Cactus Club Arizona 1986 (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 011)
                     DeLIVErance (CD 1) (Live Line -- LL 2-25452)
                     Hit The Road Paul Disc 1 (Unbelievable Music -- UM015)
                    (2)1993年5月5日シンシナティ公演サウンドチェック
                     Oobu Joobu Part 14 (Yellow Cat Records -- YC 058)
                    (3)1993年11月15日東京公演サウンドチェック
                     Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
                     Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)

                    演奏:
                     Paul McCartney: Vocal, Piano
                     Linda McCartney: Keyboard, Backing Vocal
                     Paul "Wix" Wickens: Piano, Backing Vocal
                     Chris Whitten: Drums
                     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
                     Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
                    録音スタジオ:soundcheck from Montreal, Canada
                    録音日:1989.12.9
                    プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
                    エンジニア:Bob Clearmountain
                    イギリス発売日:1990.11.5
                    アメリカ発売日:1990.11.6
                    日本発売日:1990.11.5

                    歌詞
                    Don't let the sun catch you cryin',
                    Cryin' on my front door,
                    You done daddy dirty now
                    And honey he ain't gonna love you no more.

                    And don't let the sun catch you cryin',
                    Cryin' on my front door,
                    You done daddy dirty now
                    And honey he ain't gonna love you no more.

                    Well you can cry, cry, cry, cry
                    Oh now baby, you can wail.
                    Yo can bang your little head on the pavement
                    Till the man comes and throws you in jail.

                    Cryin' on my front door,
                    You done daddy dirty now
                    Yeah and honey he ain't gonna love you no more.

                    Well you can cry, cry, cry, cry
                    Oh now baby, baby you can wail.
                    You can bang your hear on that hard hard pavement
                    Till the man comes and throws you in jail.

                    Cryin' on my front door,
                    You done daddy dirty now
                    And honey he ain't gonna love you no more.

                    Yeah, you know you done him dirty now,
                    you know you done him dirty,
                    and I just can't love you no more.

                    (c) Northern Music Corp
                    Can't Buy Me Love
                    0
                      作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
                      収録時間:(1)2分17秒 (2)2分9秒
                      収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
                      収録シングル:なし

                      1964年に全米1位を獲得したビートルズ・ナンバー。1989〜90年のワールドツアー「ゲットバック・ツアー」、1993年の「ニュー・ワールド・ツアー」、そして2002〜03年のワールド・ツアーで再演した。
                      「ゲットバック・ツアー」と「ニュー・ワールド・ツアー」ではポールはエレクトリック・ギターを抱え、リードギターをも弾いている。2002〜03年のツアーでは、ビートルズ時代と同じく、へフナーのベースを弾きながら歌った。
                      1989年のツアーから2003年の「Back In The World」ツアーまで演奏しているので、公式ライブ盤に収録されたバージョン以外でも多数音源が残されており、サウンドボード録音で聴ける音源と収録ブートを以下に列記する。中でも面白いのが、(10)1992年12月10日にテレビ番組『Up Close』で演奏されたカントリー・タッチにアレンジされたバージョンである。

                      (3)1990年1月23日ロンドン公演
                       Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
                      (4)1990年4月1日バークレー公演
                       Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
                       A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
                      (5)1990年4月20日リオ公演
                       Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
                      (6)1990年6月15日フィラデルフィア公演
                       公式ビデオ『Get Back』
                      (7)1990年6月28日リバプール公演
                       Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
                       Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
                      (8)1990年6月30日ネブワース公演
                       The Knebworth Concert (Vigotone -- VT-CD 15)
                       The Knebworth Concert (Goblin Records -- CD 3012)
                      (9)1990年7月4日ワシントン公演
                       Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
                       4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
                       Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
                      (10)1992年12月10日テレビ番組『Up Close』
                       Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
                      (11)1993年6月15日シャーロット公演
                       Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
                       Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
                       Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
                       Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
                       Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
                       The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
                      (12)1993年11月15日東京公演
                       Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
                      (13)2002年4月24日ワシントン公演
                       Driving Macca! (Label Unknown)
                      (14)2002年5月13日アトランタ公演
                       公式DVD『Back In The U.S.』
                      (15)2002年5月15日タンパ公演
                       Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
                      (16)2003年5月24日モスクワ公演
                       The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)

                      (1)『Tripping The Live Fantastic!!』『Tripping The Live Fantastic!! Highlights!!』
                      演奏:
                       Paul McCartney: Electric Guitar, Vocal
                       Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
                       Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
                       Chris Whitten: Drums
                       Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
                       Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
                      録音スタジオ:live from Munich
                      録音日:1989.10.10
                      プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
                      エンジニア:Bob Clearmountain
                      イギリス発売日:1990.11.5
                      アメリカ発売日:1990.11.6
                      日本発売日:1990.11.5

                      (2)『Back In The U.S.』『Back In The World』
                      演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Bass
                       Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
                       Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
                       Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
                       Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
                      録音スタジオ:live from Atlanta
                      録音日:2002.5.13
                      プロデューサー:Paul McCartney
                      エンジニア:David Kahne
                      イギリス発売日:2003.3.17
                      アメリカ発売日:2002.11.26
                      日本発売日:2002.11.13

                      歌詞
                      Can't buy me love, love Can't buy me love

                      I'll buy you a diamond ring my friend, if it makes you feel alright
                      I'll get you anything my friend, if it makes you feel alright
                      For I don't care too, much for money, money can't buy me love

                      I'll give you all I got to give, if you say you'll love me too
                      I may not have a lot to give, but what I got I'll give to you
                      For I don't care too, much for money, money can't buy me love

                      Can't buy me love Everybody tells me so
                      Can't buy me love No no no, no

                      Say you don't need no diamond ring, and I'll be satisfied
                      Tell me that you want the kind of thing, that money just can't buy
                      I don't care too, much for money, money can't buy me love

                      Can't buy me love , Love
                      Can't buy me love, Oh oh

                      (c)1964 Northern Songs Ltd.
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バック・イン・ザ・USSR
                      バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      公式海賊盤
                      公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ポール・イズ・ライヴ
                      ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                      RECOMMEND
                      ライブ
                      ライブ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラン・デヴィル・ラン
                      ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      フレイミング・パイ
                      フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      オフ・ザ・グラウンド
                      オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      プレス・トゥ・プレイ
                      プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      タッグ・オブ・ウォー
                      タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                      RECOMMEND
                      マッカートニーII
                      マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バンド・オン・ザ・ラン
                      バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー&ウイングス
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラム
                      ラム (JUGEMレビュー »)
                      ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      あの雲のむこうに
                      あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                      ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.