London Town(たそがれのロンドンタウン)
0



    作詞作曲:Paul McCartney, Denny Laine
    収録時間:4分6秒
    収録アルバム:London Town
    収録シングル:London Town


    1978年に発売したウィングス6枚目のアルバム『London Town』のタイトル曲で、アルバムからのサード・シングルとして発売された。残念ながら全米39位、全英60位とヒットせず。
    タイトル通り、ポールが在住する都市ロンドンのことを歌った地元回帰ソングであるが、この曲が最初に書かれたのは、ポールがウィングスのツアーでオーストラリアのパースに滞在していた時(1975年11月)である。当初はタイトルが異なり、ロンドンのことは歌われていなかったようだが、ウィングスのワールド・ツアーが終了し、メキシコなどで休暇を過ごしているときに曲を展開させ、さらに、デニー・レインとスコットランドの農場で、デモテープやデニー・レインのソロアルバム『Holly Days』をレコーディングしている1977年頃に、デニー・レインとの共作の元、別の曲をくっつけて曲を仕上げた。1977年2月から3月にかけて、アルバム『London Town』のレコーディング開始時期に、この曲はレコーディングされている。
    シングルカットされたため、プロモーション・フィルムも制作された。撮影は1978年3月21日午後に、ビートルズの映画『Let It Be』の監督マイケル・リンゼイホッグの監督のもと、ロンドンの Twickenham Film Studio で撮影された。スタジオの中央にロンドンを模した道路のセットが組まれ、ロンドンの一般通行人を演じたエキストラを横にして、当日のウィングスのメンバー3人(ポール、リンダ、デニー)がゆっくりと道を突き進むという構成になっている。エキストラには、ビートルズの映画『A Hard Day's Night』にも出演した俳優ビクター・スピノッティも出演している。
    この曲のアウトテイクは発見されていないが、1977年2月に放送されたBBCの番組『Count Down 77』で、この曲をアビーロード・スタジオでリハーサルしているウィングスの姿が放送されたことがある。以下のブートで聴くことができる。

     Water Wings (Disc 1) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)
     Oobu Joobu (Part 3) (DVD) (MPL (Fake) -- 971120)

    演奏:
     Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards
     Linda McCartney: Backing voca,l Keyboards
     Denny Laine: Guitars, Backing vocal
     Jimmy McClloch: Guitars, Backing vocal
     Joe English: Drums, Backing Vocal
    録音スタジオ:Record Plant Mobile Studio, US Virgin Island, Abbey Road Studio, London, AIR Studio, London
    録音日:1977.5.5-circa 1978.1
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
    イギリス発売日:1978.3.31
    アメリカ発売日:1978.3.27
    日本発売日:1978.4.7



    歌詞・コード

    D/F# G F# B A E
    D/F# G F#/A B Em/G F#m7 E

    E
    Walking down the sidewalk on a purple afternoon
        F#m7
    I was accosted by a barker playing a simple tune
    A/B    E
    Upon his flute
    D/A  A     E
    Toot toot toot toot
    B7              A
    Silver rain was falling down upon the dirty ground
    E     A E
    Of London Town

    A             Bm
    People pass me by on my imaginary street
    Amaj7         F#m7
    Ordinary people it's impossible to meet
    Bm                Esus4     E
    Holding conversations that are always incomplete
             A
    Well, I don't know

    F#m7  Edim   E/G#   A
    Oh where are the places to go
    F#m7  Edim   E/G#   A
    Someone, somewhere has to know
    D/F#  G  E/G#
    I don't know

    Out of work again, the actor entertains his wife
    With the same old stories of his ordinary life
    Maybe he exaggerates the trouble and the strife
    Well, I don't know

    Oh where are the places to go
    Someone, somewhere has to know

    Crawling down the pavement on a Sunday afternoon
    I was arrested by a rozzer, wearing a pink balloon
    About his foot
    Toot toot toot toot
    Silver rain was falling down upon the dirty ground
    Of London Town

    A Bm Amaj7 F#m7 Bm E A F#m7 Edim E/G# A

    F#m7   Edim   E/G#
    Someone, somewhere has to know

    A                  G
    Silver rain was falling down upon the dirty ground
      D      A
    Of London Town

    (c)1978 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
    I've Had Enough(別れの時)
    0
      ive_had_enough.jpg

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:3分00秒
      収録アルバム:London Town
      収録シングル:I've Had Enough

      シャッフルのリズムが印象的なロックンロール・ナンバー。アルバム『London Town』のレコーディング初期に、バージン諸島に浮かぶ船上セッションでレコーディングされたため、ギタリストのジミー、ドラマーのジョーとウィングス5人フルメンバーが参加している。「Fair Carol」という船に乗船している時のジャム・セッションから出来上がった曲であり、その時は歌詞が未完成であったため、その後歌詞を完成させ、翌年1978年1月のロンドンでボーカルをオーバーダビングを行った。中間部分では、ポールお得意のハーフスポークン・スタイルのボーカルを聴くことができる。
      「この曲はバージン諸島に浮かぶ船で録音したんだけど、ロンドンに戻るまで歌詞が完成していなかった。それからちょっと歌詞を書いたんだ。それでちょっと飽き飽きした曲になったんだ。」(ポール)
      「With A Little Luck」に続き、アルバムからの第2弾シングルとして発売されたが、全米25位とチャートは振るわなかった。
      シングル発売されたため、プロモーション・ビデオが制作され、1978年6月に Spirit Of Ranachan Studio で行われた18時間に及ぶ次のアルバム『Back To The Egg』のウォームアップ・セッションで、プロモーション・ビデオが撮影された。そのため、プロモーション・ビデオには、ウィングスの新しいメンバーであるギタリストのローレンス・ジューバーと、ドラマーのスティーブ・ホリーが参加している。プロモーション・ビデオには、オープニングのフレーム画面が回転するバージョンと通常バージョンの2つ存在する。
      1979年11月から行われたイギリス・ツアーのレパートリーとしても加えられた。
      アウトテイクやライブ音源は、以下のブートで聴くことができる。

      (1)アルバム『London Town』アウトテイク
       London Town Roughs & Demos (Mistral Music -- MM 9105)
       London Town Sessions (Misterclaudel -- mccd 04)
       Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)
      (2)1979年12月17日グラスゴー公演
       Last Flight - Disc 1 (Vigotone -- Vigotone 164)
       Glasgow 1979 (Cool Orangesicle -- C 3 201)
      (3)1980年1月日本公演リハーサル
       Eggs Up (Disc 2) (Masterfraction -- MFCD 016)
       Oobu Joobu Part 15 (Yellow Cat Records -- YC 059)

      演奏:
       Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards
       Linda McCartney: Backing Vocal
       Denny Laine: Guitars, Vocals
       Jimmy McClloch: Guitars, Backing Vocal
       Joe English: Drums, Backing Vocal
      録音スタジオ:Record Plant Mobile Studio, US Virgin Island, Abbey Road Studio, London, AIR Studio, London
      録音日:1977.5.5-circa 1978.1
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
      イギリス発売日:1978.3.31
      アメリカ発売日:1978.3.27
      日本発売日:1978.4.7

      ive_had_enough_promo1.jpgive_had_enough_promo2.jpgive_had_enough_promo2_1.jpgive_had_enough_promo2_2.jpg

      歌詞・コード

      D7

      A               E
      You're talking to me from the back of my car
          D
      And I can't get nothing right
      A               E             A A7
      And then you wonder why I stand at the bar, day and night

                D7
      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no
      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no

      You stand behind me with a watch in your hand
      And I can't get nothing done
      But people tell me I'm a punctual man, but come on, come on

      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no
      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no

      I earn my money and you take it away
      When I don't know where you're from
      I should be worried but they say it'll pay for a bomb

      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no
      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no

      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no
      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no

      Baby, you know you sometimes get a little weary
      But if it ever happens, honey
      You just come along to me, because you know

      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no
      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no

      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no
      Well, I've had enough
      I can't put up with anymore
      No no no no no no

      視聴

      (c) 1978 MPL Communications, Inc.


      I'm Carrying
      0
        作詞作曲:Paul McCartney
        収録時間:2分41秒
        収録アルバム:London Town, The In-Laws (soundtrack)
        収録シングル:なし

        ポールが最も得意とするバラード。アルバム『London Town』のためのバージン諸島での船上セッションで、1977年5月5日にボーカルとポールの演奏するダブル・トラックのアコースティックギターがレコーディングされ、その後、ロンドンのスタジオで、ポールの演奏するギズモとストリングスがオーバーダブされた。なおギズモとは、元10ccのゴドレイ&クレームがMITと共同開発したギター・アタッチメントで、ポールとゴドレイ&クレームに親交があったことから、直接開発者本人からプレゼントされたかもしれない。
        ジョージ・ハリスンがアルバム『London Town』の中で一番気に入っている曲とインタビューで答えたことがある。
        「刺激的だった。僕はいつもポールの叫ぶようなロックンロールよりメロディアスな曲のほうが好きだった。」(ジョージ・ハリスン)
        2003年に公開された映画『The In-Laws』(邦題:セイブ・ザ・ワールド)に使用され、映画のオリジナル・サウンドトラックにこの曲が収録されている。
        船上セッションでレコーディングされたアウトテイクは、以下のブートで聴くことができる。

         London Town Roughs & Demos (Mistral Music -- MM 9105)
         London Town Sessions (Misterclaudel -- mccd 04)
         Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)

        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar, Gizmo
        録音スタジオ:Record Plant Mobile Studio, US Virgin Island, Abbey Road Studio, London, AIR Studio, London
        録音日:1977.5.5-circa 1978.1
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
        イギリス発売日:1978.3.31
        アメリカ発売日:1978.3.27
        日本発売日:1978.4.7

        歌詞・コード
        D         Ddim         Em7      Asus4
        By dawn's first light I'll come back to your room again
        D      Ddim    Em7     Asus4
        With my carnation hidden by the packages

          D      A7sus4  D    A7sus4
        I'm carrying, something
          D    A7sus4    D
        I'm carrying something for you

        Ah, long time no see baby, sure has been a while
        And if my reappearance lacks a sense of style

        I'm carrying, something
        I'm carrying something for you

        (Instrumental - hum melody same as verse)

        I'm carrying, can't help it
        I'm carrying something for you.

        (Instrumental - hum melody same as verse)

        I'm carrying, something
        I'm carrying something for you.

        試聴

        (c) 1978 MPL Communications, Inc.
        Girlfriend
        0
          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:4分38秒
          収録アルバム:London Town, Wingspan
          収録シングル:なし

          ポールがスイスに休暇に出掛けているときに書いた曲で、1974年11月の時点でピアノ弾き語りによるデモを作成していた。
          1975年にクイーン・メアリーに乗船している時にマイケル・ジャクソンに会ったポールが、マイケルの目の前で歌ったとされ、その後、ポールがアルバム『London Town』で発表した後、マイケル・ジャクソンが自身アルバム『Off The Wall』(1979年発売)でカバーした。これからポールとマイケル・ジャクソンの交流が始まったとされ、1983年の「Say Say Say」などの共演へと繋がる。
          ポールはこの曲をマイケル・ジャクソンを意識して書いたことを否定しているが、アルバム『London Town』に収録されているバージョンにおいて、ほとんどの部分でファルセット・ボーカルで歌っていることから、一般的には、ポールがマイケル・ジャクソンのために書いた曲だと認識されている。
          ウィングスのメンバー、ジミー・マッカロックとジョー・イングリッシュが脱退した後にレコーディングされたため、ポールがほとんどの楽器を担当している。
          ポールお気に入りの曲で、ベストアルバム『Wingspan』にも収録されている。
          1974年のピアノ弾き語りデモは、以下のブートで聴くことができる。

           The Piano Tape (Mistral Music -- MM 9231)

          演奏:
           Paul McCartney: Vocals, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
           Linda McCartney: Backing Vocal
           Denny Laine: Guitars, Vocals
          録音スタジオ:Abbey Road Studio, London, AIR Studio, London
          録音日:1977.10.25-1978.1.23
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
          イギリス発売日:1978.3.31
          アメリカ発売日:1978.3.27
          日本発売日:1978.4.7

          歌詞・コード
          G Am7 C9

          G                  Am7    D13
          Girlfriend, I'm gonna tell your boyfriend yeah
          G                Am7  D13
          Tell him exactly what you're doing yeah
          G           Em7
          Tell him what you do to me
              Am            F7
          Late at night when the wind is free
          G      Eb G D7 G Eb G D7 G
          Girlfriend

          Girlfriend, I'm gonna show your boyfriend yeah
          Show him the letters I've been saving yeah
          Show him how you feel inside
          Then our love couldn't be denied
                Em7
          And we're gonna have to tell him
              Am7        C  G
          You'll only be a girlfriend of mine

          G      Am7 D7 G
          Do do do do do do do do do
          Do do do do do do do do do
          Do do do do

          Eb      G    D7    G
          Till the river stops a-flowin'
          Eb      G    D7    G
          Till the wind doesn't wanna blow
          Eb      G    D7    G
          Till the flowers stop a-growin'
          Eb      G    D7    G
          Till my love doesn't want to know

          A Bm7 E7 Am E/G# Fmaj7 Am E/G# Am Em7 Fmaj7 F7

          We're gonna have to tell him
          You'll only be a girlfriend of mine

          Girlfriend, we'd better tell your boyfriend
          Tell him exactly what we're doing
          Tell him what he needs to know
          Or he may never let you go
          Yes, we're gonna have to tell him
          You'll only be a girlfriend of mine
          Yes, we're gonna have to tell him
          (Till the river stops a-flowin')
          You'll only be a girlfriend of mine
          (Till the wind doesn't wanna blow)
          Yes, we're gonna have to tell him
          (Till the flowers stop a-growin')
          You'll only be a girlfriend of mine
          (Till the ocean's sea of snow)

          C9 G
          Girlfriend

          試聴

          (c)1978 MPL Communications, Ltd.
          Famous Groupies(伝説のグルーピー)
          0
            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:3分34秒
            収録アルバム:London Town
            収録シングル:なし

            追っかけファンを題材にしてスコットランドで書いた曲であるが、ツアーを行い活躍する架空のミュージシャンを歌詞の題材としている物語風の曲である。バージン諸島でのセッションでレコーディングされた。
            当初はアップテンポのロック風の曲であったが、アルバム『London Town』の雰囲気に合わすために、アコースティックギターを主体としたミドルテンポの曲にアレンジし直した。
            以下のブートでは、この曲のラフ・ミックスを聴くことができる。

            London Town Sessions (Misterclaudel -- mccd 04)
            Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)
            London Town Roughs & Demos (Mistral Music -- MM 9105)

            演奏:
             Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards, Percussion
             Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
             Denny Laine: Guitars, Vocals
             Jimmy McCulloch: Guitars, Backing Vocal
             Joe English: Drums, Backing Vocal
            録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands, AIR Studios, London, Abbey Road Studio, London
            録音日:1977.5.1-31, 1977.11
            プロデューサー:Paul McCartney
            エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
            イギリス発売日:1978.3.31
            アメリカ発売日:1978.3.27
            日本発売日:1978.4.7

            歌詞・コード
            C      Em  Am        G
            All stand back, let the people see
            C      Em     Am          G
            Take a snap of the famous groupies for me

            A Dm
            Be-hold the famous groupies

            they are alike as two peas
                           E         A7
            And where the other goes, the other goes.
               Am
            But though the famous groupies
              Bm      Em
            are only paid in rupees
            Am                       D
            Nobody knows what the famous groupies know
                 Am                        G
            and nobody goes where the famous groupies go.

            There was a bongo player
            who kept an extra layer
            of Dunlopillo mattress in his van.
            But when the famous groupies
            arrived with their twin snoopies
            Nobody saw which way the poor boy ran
            as nobody does it like a famous groupie can

            All stand back, let the people see
            Take a snap of the famous groupies for me

            There was a lead guitarist
            who lived in Epping Forest
            and all he ever wanted was to blow.
            But when the girls were with him
            he never lost his rhythm
            Nobody knows what the famous groupies know
            and nobody goes where the famous groupies go.

            C Em Am G C Em Am G

            There was the classic story
            of a roadie nicknamed Rory
            who used to practiced voodoo on the side
            When the famous twosome
            suggested something gruesome
            All that they found was crater two miles wide
            which left the music business absolutely horrified.

            All stand back, let the people see
            Take a snap of the famous groupies

            Am
            Famous groupies, famous groupies
            Amfamous groupies, famous groupies

            Ladies and gentlemen, those magnificent examples of
            female pulchritude and luminosity, direct from their
            global perambulations to the very boards of this
            supremely magnificent proscenium arch:
            ladies and gentlemen--I give you...
            Am G
            Famous groupies!

            試聴

            (c) 1978 MPL Communications, Inc.
            Don't Let It Bring You Down
            0
              作詞作曲:Paul McCartney, Denny Laine
              収録時間:4分31秒
              収録アルバム:London Town
              収録シングル:なし

              ポールが1975年のヨーロッパ・ツアーでスコットランドのアバディーンに滞在しているときに書いた曲で、歌詞の一部をデニー・レインが手伝っている。
              「アバディーンに滞在していた時だと思うけど、ホテルのベッドルームに座って、床に就く直前に、ふと12弦のギターをさわって、ポロンと奏でたメロディーがこの曲になったんだ。」(ポール)
              イントロにはポールとデニー・レインが奏でるスコットランドのたて笛クラジョレットとリコーダーを用い、アコースティックを多用した3拍子の曲は、まさにスコットランド民謡風だと言える。
              1977年5月のバージン諸島での船上レコーディングでベーシック・トラックを録音し、5月25日にベーシックトラックのレコーディングを終えた。この週は丁度写真家のヘンリー・デッツがLPに用いる写真を撮影するために、レコーディングにやってきた時である。
              それから、同年11月にアビーロード・スタジオでオーバーダブを行い、11月24日に完成をみた。
              なおこの曲で、ポールは全曲の中で一番低いキーであるFまでのボーカルを披露している。
              この曲のラフ・ミックスを、以下のブートにより聴くことができる。

               London Town Roughs & Demos (Mistral Music -- MM 9105)
               London Town Sessions (Misterclaudel -- mccd 04)
               Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)

              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Bass, Flagelet, Recoder
               Linda McCartney: Backing Vocal
               Denny Laine: Guitars, Flagelet, Recoder, Backing vocal
               Jimmy McClloch: Guitars, Backing Vocal
               Joe English: Drums, Backing Vocal
              録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands, Abbey Road Studio, London
              録音日:1977.5.1-31, 1977.11
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
              イギリス発売日:1978.3.31
              アメリカ発売日:1978.3.27
              日本発売日:1978.4.7

              歌詞・コード
              Dm               C     G A7
              Though some things in life are hard to bear
              F   G   A7     Dm
              Don't let it bring you down
              Dm              C     G   A7
              Should the sands of time run out on you
              F   G   A7    Dm
              Don't let it bring you down
              Am      F            Dm
              Don't go down, don't go underground
              Am                   Bb
              Things seem strange, but they change
                    A7
              How they change

              Up and down your carousel will go
              So don't let it bring you down

              Dm C G A7 F G A7

              Don't go down, don't get out of town
              Get to know how it goes, how it goes
              When the price you have to pay is high
              Don't let it bring you down

              Dm C G A7

              F    G    A7     Dm
              Don't let it bring you down

              (c) 1978 MPL Communications Ltd.
              Cuff Link
              0
                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:1分53秒
                収録アルバム:London Town
                収録シングル:With A Little Luck

                アルバム『London Town』の中で「Backwards Traveller」とのメドレー形式で登場するインストゥルメンタル。シングル「With A Little Luck」でも「Backwards Traveller」とのメドレー形式で収録されている。しかし、CD化された時は、1つの独立したトラックとして扱われている。
                「Backwards Traveller」と同時期にレコーディングされ、ウィングスのメンバーであったギタリストのジミー・マッカロックとドラマーのジョー・イングリッシュが脱退した後にレコーディングされたため、ポールがドラムを含めて全ての楽器を演奏している。
                この曲の当初のタイトルは「Off The Cuff Link」。そのためか、邦題は「カフ・リンクをはずして」となっている。

                演奏:
                 Paul McCartney: Bass, Drums, Guitars, Keyboards
                録音スタジオ:Abbey Road Studios and AIR Studio, London
                録音日:1977.9, 1978.1
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Geoff Emerick
                アシスタント・エンジニア:Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
                イギリス発売日:1978.3.23
                アメリカ発売日:1978.3.20
                日本発売日:1978.4.7
                Cafe On The Left Bank
                0
                  作詞作曲:Paul McCartney
                  収録時間:3分24秒
                  収録アルバム:London Town
                  収録シングル:なし

                  アルバム『London Town』のレコーディング場所となったバージン諸島に浮かぶ船「ワンダーラスト」でのセッションで最初に録音されたミディアム・テンポのロック。
                  ウィングスのメンバー、ジミー・マッカロックやジョー・イングリッシュが脱退する前にレコーディングされている。
                  「テレビ・ショップに群がるフランス人」や「ドイツ製ビールを飲む英語圏の人」などが登場するという、河畔の町の人々情景が歌詞に登場する。
                  この曲のラフ・ミックスは以下のブートで聴くことができる。

                   London Town Roughs & Demos (Mistral Music -- MM 9105)
                   London Town Sessions (Misterclaudel -- mccd 04)
                   Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)

                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards
                   Linda McCartney: Backing voca,l Keyboards
                   Denny Laine: Guitars, Backing vocal
                   Jimmy McClloch: Guitars, Backing vocal
                   Joe English: Drums, Backing Vocal
                  録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands
                  録音日:1977.5.1-31
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
                  イギリス発売日:1978.3.31
                  アメリカ発売日:1978.3.27
                  日本発売日:1978.4.7

                  歌詞・コード
                  Dm         Gm   C   Gm
                  Cafe on the left bank, ordinary wine
                  Dm         A7        D
                  Touching all the girls with your eyes

                  Tiny crowd of Frenchman round a TV shop
                  Watching Charles de Gaulle make a speech

                  Gm
                  Dancing after midnight
                  Dm
                  Sprawling to the car
                  Gm                Dm A7
                  Continental breakfast in the bar

                  English speaking people drinking German beer
                  Talking far too loud for their ears

                  Gm Dm Gm Dm A7

                  Cafe on the left bank, ordinary wine
                  Touching all the girls with your eyes

                  Dancing after midnight
                  Crawling to the car
                  Cocktail waiters waiting in the bar

                  English speaking people drinking German beer
                  Talking way too loud for their ears

                  試聴

                  (c) 1978 MPL Communications, Inc.
                  Backwards Traveller
                  0
                    作詞作曲:Paul McCartney
                    収録時間:1分09秒
                    収録アルバム:London Town
                    収録シングル:With A Little Luck

                    1978年に発売されたアルバム『London Town』に収録されている小曲。おそらく未完成のまま録音されたと思われる曲。次の曲「Cuff Link」とのメドレーとなっている。全米1位を獲得したシングル「With A Little Luck」のB面に収録されている。ウィングスのギタリスト、ジミー・マッカロックとドラマー、ジョー・イングリッシュがいない時期にレコーディングされたものなので、ポールがベース、ドラム、ギター、キーボードを弾いている。
                    1977年にスコットランドのホーム・スタジオ「Rude Studio」で作られたデモも以下のブートで聴くことができる。

                    London Town Roughs & Demos (Mistral Music -- MM 9105)
                    MoMac's Hidden Tracks: Volume 10 (Unknown)
                    Water Wings (Disc 3) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)
                    London Town Sessions (Misterclaudel -- mccd 04)
                    Home Demo's (Orange -- Orange 14)
                    The Alternate Wingspan - Disc 4 (No Label)

                    演奏:
                     Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
                     Linda McCartney: Backing vocal
                     Denny Laine: Guitars, Backing vocal
                    録音スタジオ:Abbey Road Studios and AIR Studio, London
                    録音日:1977.9, 1978.1
                    プロデューサー:Paul McCartney
                    エンジニア:Geoff Emerick
                    アシスタント・エンジニア:Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
                    イギリス発売日:1978.3.23
                    アメリカ発売日:1978.3.20
                    日本発売日:1978.4.7

                    歌詞・コード
                    C           F    Em
                    Hey, did you know that I'm
                    Am             Em
                    Always going back in time
                    F             E E/G# Am
                    Rhyming slang, auld lang syne my dears
                      F       Fm
                    Through the years
                    C
                    I am the backwards traveller
                    Gm
                    Ancient wool unraveller
                      F      Cm7        Gm
                    Sailing songs, wailing on the moon.
                               C
                    Wailing on the moon,
                             G     Dm7
                    And we were sailing songs,
                               Am
                    wailing on the moon
                                    Dm Dm C Dm
                    We were wailing on the moon.

                    試聴

                    (c) 1978 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
                    CALENDAR
                    SMTWTFS
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    3031     
                    << July 2017 >>
                    ENTRY(latest 5)
                    ARCHIVES
                    CATEGORY
                    COMMENT
                    TRACKBACK
                    PROFILE
                    MOBILE
                    qrcode
                    LINK
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    バック・イン・ザ・USSR
                    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    公式海賊盤
                    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    ポール・イズ・ライヴ
                    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                    RECOMMEND
                    ライブ
                    ライブ (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    ラン・デヴィル・ラン
                    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    フレイミング・パイ
                    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    オフ・ザ・グラウンド
                    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    プレス・トゥ・プレイ
                    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    タッグ・オブ・ウォー
                    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                    RECOMMEND
                    マッカートニーII
                    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    バンド・オン・ザ・ラン
                    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー&ウイングス
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    ラム
                    ラム (JUGEMレビュー »)
                    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    あの雲のむこうに
                    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                    RECOMMEND
                    RECOMMEND
                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.