Let Me Roll It
0

    作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
    収録時間:(1)4分47秒 (2)3分44秒 (3)4分4秒 (4)3分51秒 (5)4分24秒
    収録アルバム:(1)Band On The Run, Wingspan (2)Wings Over America (3)Paul Is Live (4)Band On The Run 25th Anniversary Edition (5)Back In The U.S., Back In The World
    収録シングル:(1)Jet

    繰り返されるポールによるギター・リフが印象的なナンバー。アルバム『Band On The Run』からのファースト・シングル「Jet」セカンド・プレス以降のB面に収録された。
    ギター・リフがジョン・レノンの1969年の曲「Cold Turkey」に似ていることや、曲の終盤でのポールのシャウトがジョン・レノン風であることから、ジョン・レノンに和解を呼びかけた曲と言われたが、ポールはこれを否定している。
    「'Let Me Roll It'は、ジョンを模倣したではないよ。テープのエコーの使い方が、僕っぽくなくてジョンっぽいけどね。テープのエコーの使い方なんて、ジョンの専売特許じゃないだろ。僕らの考え方や働き方には共通点がたくさんあるものだ。」(ポール)
    1975-76年のウィングスのワールド・ツアーのセットリストに加えられ、この時はポールはベースを弾いていた。1979年イギリスツアーでは取り上げられていないものの、1980年の日本公演でも演奏される予定であったが、日本公演が中止になったのは周知の事実。その後、1993年のニューワールド・ツアーで、再度ポールがギターを弾く形で取り上げられ、2002-3年のツアー、2004年のヨーロッパ・ツアー、2005年のアメリカ・ツアーと取り上げられるほど、ポールのお気に入りの曲である。ウィングスのツアー時の演奏、ソロのツアー時の演奏では、曲の構成が若干異なる。
    2003年4月のイギリス・ツアーから、続けてジミー・ヘンドリックスの「Foxy Lady」の一部分だけ演奏されることがあるが、公演によって演奏されたり、演奏されなかったりしている。
    公式盤以外のテイクは、以下のブートで聴くことができる。

    (6)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
     Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
     Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
     Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
     Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
     Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
     Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
    (7)1975年11月13日メルボルン公演
     9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
     Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
     Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
     Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
     Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
    (8)1976年6月10日シアトル公演
     Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
     Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
    (9)1976年6月22日ロサンゼルス公演
     映画『Rock Show』
    (10)1976年6月23日ロサンゼルス公演
     Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
    (11)1980年1月日本公演リハーサル
     Brighton UK, 12 December 1979 - CD2 (N/A -- No)
     The Alternate Band On The Run (Pear Records -- PCD 001)
    (12)1993年6月15日シャーロット公演
     Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
     Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
     Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
     Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
     Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
     The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
    (13)1993年11月15日東京公演
     Live In Argentina Special (DVD 1) (Label Unknown)
     Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
     Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
     Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
     Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
     Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
     Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)
    (14)2001年ラジオ『Wingspan Memorial Day Special』
     Together On Stage - Adopt-A-Minefield (CD 2) (Watchtower -- WT 2001026/27)
    (15)2002年4月24日ワシントン公演
     Driving Macca! (Label Unknown)
    (16)2002年5月15日タンパ公演
     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
    (17)2002年Back In The US DVD Website
     Secret Show Extra 2002 (Now Disc International -- NOW 04)
    (18)2003年5月24日モスクワ公演
     The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
     Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
    (19)2004年5月30日マドリード公演
     !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
    (20)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
     San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
    (21)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
     Live In Glastonbury (Label Unknown)
    (22)2005年USツアー(場所不明)
     All Access Interview (CD 1) (Label Unknown)

    (1)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
     Linda McCartney: Backing vocal
     Denny Laine: Guitars, Backing vocal
     Tony Dorsey: Saxphone
    録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
    録音日:1973.8-11
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick
    イギリス発売日:1973.11.30
    アメリカ発売日:1973.12.3
    日本発売日:1974.2.10

    (2)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Bass
     Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
     Denny Laine: Guitar, Backing vocal
     Jimmy McCulloch: Guitar, Backing Vocal
     Joe English: Drums, Backing Vocal
    録音スタジオ:live from Cincinnati
    録音日:1976.5.27
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
    イギリス発売日:1976.12.10
    アメリカ発売日:1976.12.10
    日本発売日:1977.1.25

    (3)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Electoric Guitar
     Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
     Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
     Blair Cunningham: Drums
     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Vocal harmonies
     Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
    録音スタジオ:live from Boulder
    録音日:1993.5.26
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick
    イギリス発売日:1993.11.8
    アメリカ発売日:1993.11.16
    日本発売日:1993.11.10

    (4)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Electoric Guitar
     Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
     Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
     Blair Cunningham: Drums
     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Vocal harmonies
     Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
    録音スタジオ:live from Boulder
    録音日:1993.5.26
    プロデューサー:Paul McCartney, Eddy Pumer
    エンジニア:unknown
    イギリス発売日:1999.3.15
    アメリカ発売日:1999.3.15
    日本発売日:1999.4.9

    (5)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Guitar
     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
     Brain Ray: Backing Vocal, Bass
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live from Chicago
    録音日:2002.4.11
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:David Kahne
    イギリス発売日:2003.3.17
    アメリカ発売日:2002.11.26
    日本発売日:2002.11.13

    歌詞・コード
    A F#m A F#m E A E A F#m E

    E
    You gave me something
    F#m
    I understand
    E            F#m
    You gave me loving in the palm of my hand

    A   F#m      A
    I can't tell you how I feel
      F#m      E
    My heart is like a wheel
        A
    Let me roll it
    E    A
    Let me roll it to you
    E    A
    Let me roll it
    E    A       E F#m E F#m
    Let me roll it to you

    I want to tell you
    And now's the time
    I want to tell you that you're going to be mine

    I can't tell you how I feel
    My heart is like a wheel
    Let me roll it
    Let me roll it to you
    Let me roll it
    Let me roll it to you

    I can't tell you how I feel
    My heart is like a wheel
    Let me roll it
    Let me roll it to you
    Let me roll it
    Let me roll it to you

    You gave me something
    I understand
    You gave me loving in the palm of my hand

    I can't tell you how I feel
    My heart is like a wheel
    Let me roll it
    Let me roll it to you
    Let me roll it
    Let me roll it to you

    F#m E F#m E...

    (c)1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
    Jet
    0
      jet1.jpgjet2.jpg

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:(1)4分8秒 (2)4分10秒 (3)4分2秒 (4)3分51秒 (5)4分3秒
      収録アルバム:(1)Band On The Run, Wings Greatest, All The Best, The Greatest - Paul McCartney (Japan only), Band On The Run 25th Anniversary Edition, Wingspan (2)Wings Over America (3)Tripping the Live Fantastic (4)Band On The Run 25th Anniversary Edition (5)Back in the US, Back in the World
      収録シングル:(1)Jet (2)Jet (live)

      言わずと知れたポール・マッカートニー&ウィングスの代表曲。1973年に発売したアルバム『Band On The Run』からのファースト・シングルとして、アルバム発売後の1974年1月に発売され、1974年2月に全米・全英ともに7位まで記録している。アメリカのキャッシュボックス誌では最高5位まで上昇した。
      当初ポールはアルバム『Banc On The Run』からシングルカットをしない予定であったが、アルバム発売の1973年12月当初はアルバムのセールスが芳しくなかったことから、この曲をファースト・シングルとしてアルバムのプロモーションに力を入れたようだ。
      「『Band On The Run』を作った時、アルバムが純粋なものに仕上がったので、シングルを出さないつもりだった。みんなアルバムから売れ筋の曲をシングルカットしているけど、僕らはLPだけを出したかったんだ。けど、アルバムを出した当初はあまり売れなくてね。数人から良いアルバムって言われてて、チャートの7位まで上昇したんだけど、下降し始めた。その時に’しまった! いいアルバムなのに!’って思ったね。みんなアルバムを聴いたことがないっていうのが紛れもない事実だったんだ。」(ポール)
      この曲は、ポールが夏にスコットランドで過ごしている時に書かれた。アルバム『Band On The Run』のレコーディング地、ナイジェリアのラゴスからロンドンに帰ってきた後に、ロンドンのAIR Studiosでレコーディングされた。
      曲を作っている時にポールの飼っていた「Jet」というラブラドール犬がポールのまわりを入り回っていたことから、この犬の名前を曲のタイトルにしたようだ。
      「僕らはラブラドール犬を飼っていた。その子犬は野犬で室内にいるような犬ではなかったんだけど、ある日妊娠して帰ってきた。子犬数匹を抱えてガレージの中を歩き回るんだ。'Jet'はその子犬の中の一匹なんだ。子犬全部に名前を付けたけど、その中には’ゴールデン・マラシーズ’なんていう名前の犬もいたりしてね。こっちの方がよかったかな。」(ポール)
      「曲を書くとき、それが何かを意味する時もあるし、レコードを買ってくれる人にとって何かを意味するときもある。でも、何を意味するかと尋ねられた時に答えられないことがあるんだ。'Suffragette'がそうだ。なんか馬鹿げたように聞こえる。そういうのが好きなんだ。」(ポール)
      この曲がシングルとして発売される前、アメリカのラジオ局からの反応よかったため、レコード会社のキャピトルはエディット・バージョンを制作するようにポールに依頼したが、当初ポールはOKを出さず、ラジオ局独自でエディット・バージョンを制作し放送していたが、遂にポールもキャピトルレコードに対して許可を出し、2分49秒のエディット・バージョンが制作され、各ラジオ局に配布されたところ、ラジオ局のヒットチャートで次々と1位を記録することとなった。シングルでは、通常の4分のバージョンのみ発売された。
      この曲はポールのライブの定番曲であり、常にオープニングか2,3曲目くらいに演奏され、会場を盛り上げる役割を果たしている。1975-76年のウィングスのワールド・ツアー、1989-90年のゲットバック・ツアー、1993年のヨーロッパ・日本・南米ツアー、2002-3年のワールド・ツアー、2004年のヨーロッパ・ツアー、2005年のアメリカ・ツアーで演奏された。
      なお、アルバム『Band On The Run 25th Anniversary Edition』には、1993年9月3日ベルリン公演のサウンドチェックでの演奏が収録されている。
      なお、公式に発表されている以外のバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

      (6)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
       Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
       Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
       Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
       Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
       Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
       Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
      (7)1975年11月13日メルボルン公演
       9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
       Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
       Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
       Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
       Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
      (8)1976年6月10日シアトル公演
       Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
       Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
      (9)1976年6月22日ロサンゼルス公演
       映画『Rock Show』
      (10)1976年6月23日ロサンゼルス公演
       Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
      (11)1990年1月23日ロンドン公演
       Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
      (12)1990年3月7日東京公演
       Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
      (13)1990年4月1日バークレー公演
       A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
      (14)1990年4月20日リオ公演
       公式ビデオ『Going Home』
       Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
      (15)2002年4月24日ワシントン公演
       Driving Macca! (Label Unknown)
      (16)2002年5月15日タンパ公演
       Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
      (17)2003年5月24日モスクワ公演
       The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
       Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
      (18)2004年5月30日マドリード公演
       !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
      (19)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
       San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)

      (1)
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
       Linda McCartney: Backing vocal
       Denny Laine: Guitars, Backing vocal
       Tony Dorsey: Trombone
       Howie Casey: Saxphone
      録音スタジオ:AIR Studios, London
      録音日:1973.8-11
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Geoff Emerick
      イギリス発売日:1973.11.30
      アメリカ発売日:1973.12.3
      日本発売日:1974.2.10

      (2)
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Bass
       Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
       Denny Laine: Guitar, Backing Vocal
       Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
       Joe English: Drums, Backing Vocal
       Tony Dorsey: Tromborn
       Thaddeus Richard: Saxophone
       Steve Howerd: Trumpet
       Howie Casey: Saxophone
      録音スタジオ:live from Cincinnati
      録音日:1976.5.27
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
      イギリス発売日:1976.12.10
      アメリカ発売日:1976.12.10
      日本発売日:1977.1.25

      (3)
      演奏:
       Paul McCartney: Bass, Vocal
       Linda McCartney: Keyboards, Vocal
       Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
       Chris Whitten: Drums
       Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
       Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
      録音スタジオ:live from Wembley, England
      録音日:1990.1.11
      プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
      エンジニア:Bob Clearmountain
      イギリス発売日:1990.10.8
      アメリカ発売日:1990.10.16
      日本発売日:1990.11.9

      (4)
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Bass
       Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
       Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
       Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
       Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
       Blair Cummingham: Drums
      録音スタジオ:rehearsal from Berlin, Germany
      録音日:1993.9.3
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:unknown
      イギリス発売日:1999.3.15
      アメリカ発売日:1999.3.15
      日本発売日:1999.4.9

      (5)
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Bass
       Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
       Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
       Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
       Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
      録音スタジオ:live from Dallas
      録音日:2002.5.9
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:David Kahne
      イギリス発売日:2003.3.17
      アメリカ発売日:2002.11.26
      日本発売日:2002.11.13

      jet_promo1.jpgjet_promo2.jpg

      歌詞・コード
      A                 D/A   A
      Jet! I can almost remember their funny faces
      That time you told me that
                      D/A A
      You were going to be marrying soon.
        C#m7        Bm
      And Jet, I thought the only
           D6        A
      Lonely place was on the moon.
      A
      Jet! Jet!

      A                  D/A    A
      Jet! Was your father as bold as a sergeant major?
      How come he told you that
                    D/A A
      You were hardly old enough yet?
        C#m7          Bm
      And Jet, I thought the major
          D6       A
      Was a lady suffragette.
      A
      Jet! Jet!

      Bm            E
      Ah, matter, want Jet to always love me?
      Bm            E
      Ah, matter, want Jet to always love me?
      Bm     A
      Ah, matter, much later.

      A                  D/A     A
      Jet! with the wind in your hair of a thousand laces.
      Climb on the back and we'll
                 D/A A
      Go for a ride in the sky.
        Cmaj7        Bm
      And Jet, I thought the major
          D6      A
      Was a lady suffragette.
      A  A
      Jet! Jet!

      試聴

      (c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

      Bluebird
      0
        作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
        収録時間:(1)3分21秒 (2)3分43秒 (3)54秒
        収録アルバム:(1)Band On The Run (2)Wings Over America (3)Band On The Run 25th Anniversary Edition
        収録シングル:Bluebird (Germany only)

        ポールが1971年頃にジャマイカで休暇を取っている時に書いたボサノバ風のアコースティック・バラード。ビートルズ時代にインド滞在中に書いた「Blackbird」の姉妹曲とも言える。「Bluebird」とは、北米産の青い羽の鳴鳥ルリツグミのこと。ポールのリバプール時代からの仲間、ハウイー・ケイシーのサックス・ソロが素晴らしい。
        歌詞からは、人間の肉体的・精神的束縛からの解放や超越的な愛の力などが読み取れ、ポールの詩作における気質の変化が感じられる。
        中期ウィングスのレパートリーとなっていた曲で、公式発表されているバージョンとしては、アルバム収録のオリジナル・バージョン以外に、(2)1975-1976年のワールド・ツアーでの演奏、(3)日本公演中止に関する日本のファン向けのメッセージと共にオーストラリアのホテルで録音されたアカペラ・バージョン が存在する。(3)のバージョンの演奏シーンは1975年11月に日本の番組「ポール・マッカートニーのすべて」で放送され、また、公式DVD『Wingspan』で見ることができる。
        他にも、(4)1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でのギター弾き語り、(5)1974年8月『One Hand Clapping』セッションでの演奏 が未発表テイクとして存在する。それらは以下のブートで聴くことができる。

        (4)1973年『James Paul McCartney』
         The Making Of James Paul McCartney (ReproMan -- RPM 106)
         The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat -- MB CD 114)

        (5)1974年8月『One Hand Clapping』
         One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
         The Blackbird Sessions (Goblin Records -- CD 3002)
         The Nashville Sessions (Voxx)

        アルバム『Wings Over America』に収録されているのは、1976年5月27日のシンシナティ公演であり、1975-76年のワールド・ツアーのうち、それ以外の公演でライン録音で聴くことができるのは以下のとおり。

        (6)1975年11月13日メルボルン公演
         Live In Melbourne, Australia (DVD -- Label Unknown)
        (7)1976年6月22日ロサンゼルス公演
         映画『Rock Show』


        (1)
        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
         Linda McCartney: Backing vocal
         Denny Laine; Guitars, Backing vocal
         Howie Casey: Saxphone
        録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
        録音日:1973.8-11
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Geoff Emerick
        イギリス発売日:1973.11.30
        アメリカ発売日:1973.12.3
        日本発売日:1974.2.10

        (2)
        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
         Linda McCartney: Percussion, Backing Vocal
         Denny Laine: Accoustic guitar, Backing Vocal
         Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
         Joe English: Percussion, Backing Vocal
         Howie Casey: Saxphone
        録音スタジオ:live from Cincinnati
        録音日:1976.5.27
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
        イギリス発売日:1976.12.10
        アメリカ発売日:1976.12.10
        日本発売日:1977.1.25

        (3)
        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Accoustic guitar
         Linda McCartney: Backing Vocal
         Denny Laine: Backing Vocal
         Jimmy McCulloch: Accoustic guitar, Backing Vocal
         Joe English: Backing Vocal
        録音スタジオ:rehearsal from Australia
        録音日:1975.11
        プロデューサー:Paul McCartney
        イギリス発売日:1999.3.22
        アメリカ発売日:1999.3.22
        日本発売日:1999.4.9

        歌詞・コード
        Gm                    Fm         Bb6
        Late at night when the wind is still, I'll come flying through your door
              Fm          Bb
        And you'll know what love is for

        Bb                         Ebmaj7       Ab7
        I'm a bluebird, I'm a bluebird, I'm a bluebird, I'm a bluebird, yeah yeah yeah
            Ebmaj7             Ab7
        I'm a bluebird, I'm a bluebird, I'm a bluebird, yeah yeah yeah

        Gm                     Fm     Bb6
        Touch your lips with a magic kiss, and you'll be a bluebird too
            Fm       Bb
        And you'll know what love can do

        Bb                        Ebmaj7       Ab7
        I'm a bluebird, I'm a bluebird, I'm a bluebird, I'm a bluebird, yeah yeah yeah
            Ebmaj7            Ab7
        I'm a bluebird, I'm a bluebird, I'm a bluebird, yeah yeah yeah

        Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
        Bluebird, ah ha... Bluebird, ah ha... Bluebird...

        Fly away through the midnight air, as we head across the sea
        And at last we will be free

        Bb                            Ebmaj7      Ab7
        You're a bluebird, you're a bluebird, you're a bluebird, you're a bluebird, yeah yeah yeah
             Ebmaj7                  Ab7
        You're a bluebird, you're a bluebird, you're a bluebird, yeah yeah yeah

        Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
        Bluebird, ah ha... Bluebird, ah ha... Bluebird...

        SAX SOLO (same as verse)
        (at last we will be free... bluebird you and me... at last we will be free)

        Cm Cm/Bb G7 Cm Cm/Bb G7 Ab Ebmaj7
        Bluebird, ah ha... Bluebird, ah ha... Bluebird...

        Gm                Fm        Bb6
        All alone on a desert island, we're living in the trees
               Fm      Bb
        And we're flying in the breeze

        Bb                             Ebmaj7      Ab7
        We're the bluebirds, we're the bluebirds, we're the bluebirds, we're the bluebirds

             Cm   Cm/Bb   G7    Cm  Cm/Bb  G7       Ab  Ebmaj7
        Singing bluebird, ah ha (bluebird) Bluebird, ah ha (bluebird), Bluebird (bluebird)

        試聴

        (c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
        Band On The Run
        0
          band_on_the_run.jpg

          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:(1)5分9秒 (2)4分33秒 (3)5分10秒 (4)1分3秒 (5)36秒 (6)4分59秒 (7)5分0秒
          収録アルバム:(1)Band On The Run, Wings Greatest, All The Best, Wingspan, Radio X 70's, ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム, グラミー・ボックス, ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル (2)Wings Over America (3)Tripping The Live Fantastic!! (4)(5)(6)Band On The Run 25th Anniversary Edition (7)Back In The U.S., Back In The World
          収録シングル:Band On The Run

          ポール・マッカートニー&ウィングスの代表曲の1つ。3部構成から成る壮大なアレンジが施されている。アルバム『Band On The Run』のタイトル曲で、アルバムからの第2弾シングル(1974年4月発売)であるにも関わらず、全米1位、全英3位を獲得した大ヒット曲。
          アルバム『Band On The Run』自体は、1975年グラミー賞最優秀コンテンポラリー/ポップ・ボーカル賞、最優秀エンジニアリング賞を獲得、アメリカでは発売12日後にゴールド・ディスクを獲得、ローリング・ストーン誌での1973年最優秀アルバム、ビルボード誌では4回トップの座に輝き、73週間も200位以内にとどまっていた。イギリスでは1974年の年間ベスト・セラー・アルバムとなり、ミュージック・ウィーク誌で7週1位を獲得したという大ヒットを記録した。
          よってこの曲は、レコード会社による独自のオムニバス・アルバムにも収録されていることが多い。判明しているだけでも、『Radio X 70's』, 『ミュージック・オブ・ザ・ミレニアム』, 『グラミー・ボックス』, 『ベスト・ヒット・USA 70’s タイムマシーン・スペシャル』に収録されている。
          ナイジェリアのラゴスでレコーディングされ、当時ウィングスのメンバーがポール、リンダ、デニーレインの3人となっていたので、ドラム、キーボード、ギター等ほとんどの楽器をポールが弾いている。
          歌詞の中の「If I ever get out of here」は、1969年のビートルズ時代に、アップル社での会議でジョージ・ハリスンが発した言葉。
          「この曲では、1つ、とてもうれしいことがあった。キース・ムーンがこの曲をラジオで聞いて、ドラムを誰がたたいているのか尋ねていたらしい。わからないはずだった。あの時、僕たちにはドラマーがいなかったから僕がドラムをたたいていたんだ。僕は本当にドラムが好きだ。」(ポール)
          ポールの代表曲だけあって、1976年以降の全てのツアーでポールはこの曲を演奏している。
          意外なことに、アルバム発売25周年として発売された記念盤『Band On The Run 25th Anniversary Edition』に収録されているアウトテイクと1974年のリハーサル(通称『One Hand Clapping』)以外、アウトテイクは発見されていない。
          この曲のライブ・バージョンは、公式盤(2)(3)(7)以外でも、以下のブートで聴くことができる。

          (8)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
           Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
           Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
           Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
           Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
           Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
           Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
          (9)1975年11月13日メルボルン公演
           Live In Melbourne, Australia (DVD -- Label Unknown)
          (10)1976年6月10日映画『Rock Show』
          (11)1979年12月17日グラスゴー公演
           Last Flight - Disc 1 (Vigotone Vigotone 164)
          (12)1990年1月16日ロンドン公演
           Welcome To Wombley - CD 2 (VOXX 0003-02)
          (13)1990年4月1日バークレー公演
           Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
           A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
          (14)1990年4月20日リオ公演
           Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
          (15)1990年7月4日ワシントン公演
           Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
          (16)1993年6月15日シャーロット公演
           Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
          (17)2002年4月24日ワシントン公演
           Driving Macca! (Label Unknown)
          (18)2002年5月15日タンパ公演
           Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
          (19)2003年5月24日モスクワ公演
           The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
          (20)2004年5月30日マドリード公演
           !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
          (21)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
           San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
          (22)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
           Glastonbury 2004 (DVD) (Label Unknown)


          (1)Original
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
           Linda McCartney: Backing vocal
           Denny Laine: Guitars, Backing vocal
          録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
          録音日:1973.8-11
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Geoff Emerick
          イギリス発売日:1973.11.30
          アメリカ発売日:1973.12.3
          日本発売日:1974.2.10

          (2)『Wings Over America』
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass
           Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
           Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
           Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
           Joe English: Drums, Backing Vocal
           Tony Dorsey: Trombone
           Howie Casey: Saxphone
           Steve Howard: Trumpet
           Thadeus Richard: Saxphone
          録音スタジオ:live from Denver
          録音日:1976.6.7
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
          イギリス発売日:1976.12.10
          アメリカ発売日:1976.12.10
          日本発売日:1977.1.25

          (3)『Tripping The Live Fantastic!!』
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass
           Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
           Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
           Chris Whitten: Drums
           Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
           Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
          録音スタジオ:live from Wembley, London
          録音日:1990.1.16
          プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
          エンジニア:Bob Clearmountain
          イギリス発売日:1990.11.5
          アメリカ発売日:1990.11.6
          日本発売日:1990.11.5

          (4)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nicely Toasted Mix
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Guitar
          録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
          録音日:circa 1999
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Paul McCartney
          イギリス発売日:1999.3.15
          アメリカ発売日:1999.3.15
          日本発売日:1999.4.9

          (5)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Nothern Comic Version
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Guitar
          録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
          録音日:circa 1999
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Paul McCartney
          イギリス発売日:1999.3.15
          アメリカ発売日:1999.3.15
          日本発売日:1999.4.9

          (6)『Band On The Run 25th Anniversary Edition』 Barn Rehearsal
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass
           Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
           Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
           Chris Whitten: Drums
           Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
           Hamish Stuart: Electoric Guitar, Vocal harmonies
          録音スタジオ:unknown
          録音日:1989.7.21
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:unknown
          イギリス発売日:1999.3.15
          アメリカ発売日:1999.3.15
          日本発売日:1999.4.9

          (7)『Back In The U.S.』『Back In The World』
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass
           Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
           Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
           Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
           Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
          録音スタジオ:live from Dallas
          録音日:2002.5.9
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:David Kahne
          イギリス発売日:2003.3.17
          アメリカ発売日:2002.11.26
          日本発売日:2002.11.13

          歌詞・コード
          Dmaj7         D
          Stuck inside these four walls,
          G6        G6/A
          Sent inside forever,
          Dmaj7       Dmaj9
          Never seeing no one
          G     A  G D
          Nice again like you,
          Gm6 G D Gm6 Dmaj7 Gm6
          Mama you, mama you.

          Am D6 Am D6 Am

          Am
          If I ever get out of here,
          D
          Thought of giving it all away
          Am
          To a registered charity.
          D
          All I need is a pint a day
             Am
          If I ever get out of here.

          C D C D C
          C Fmaj7 C Fmaj7

                C            Fmaj7
          Well, the rain exploded with a mighty crash
          As we fell into the sun,
             C              Fmaj7
          And the first one said to the second one there
                       Em
          I hope you're having fun.
          G       C  Em C   Am
          Band on the run, band on the run.
                F        C
          And the jailer man and sailor Sam
            F           Fmaj7
          We're searching every one
          N.C. C
          For the band on the run, band on the run
          Band on the run, band on the run.

          Well, the undertaker drew a heavy sigh
          Seeing no one else had come,
          And a bell was ringing in the village square
          For the rabbits on the run.

          Band on the run, band on the run.
          And the jailer man and sailor Sam
          Were searching every one

          For the band on the run, band on the run
          Band on the run, band on the run.

          Well, the night was falling as the desert world
          Began to settle down.
          In the town they're searching for us every where
          But we never will be found.

          Band on the run, band on the run.
          And the county judge who held a grudge
          Will search for evermore

          For the band on the run, band on the run
          Band on the run band on the run,
          Band on the run

          Em G C

          試聴

          (c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
          CALENDAR
          SMTWTFS
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << July 2017 >>
          ENTRY(latest 5)
          ARCHIVES
          CATEGORY
          COMMENT
          TRACKBACK
          PROFILE
          MOBILE
          qrcode
          LINK
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          バック・イン・ザ・USSR
          バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          公式海賊盤
          公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          ポール・イズ・ライヴ
          ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
          RECOMMEND
          ライブ
          ライブ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          ラン・デヴィル・ラン
          ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          フレイミング・パイ
          フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          オフ・ザ・グラウンド
          オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          プレス・トゥ・プレイ
          プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          タッグ・オブ・ウォー
          タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
          RECOMMEND
          マッカートニーII
          マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          バンド・オン・ザ・ラン
          バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー&ウイングス
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          ラム
          ラム (JUGEMレビュー »)
          ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
          夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          あの雲のむこうに
          あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
          ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          無料ブログ作成サービス JUGEM

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.