Loup (1st Indian On The Moon)
0

    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:4分21秒
    収録アルバム:Red Rose Speedway
    収録シングル:なし


    アルバム『Red Rose Speedway』の終盤、最終のメドレー4曲「Medley: Hold Me Tight / Lazy Dynamite / Hands Of Love / Power Cut」の前に収録されているインストゥルメンタル・ナンバー。ムーグを多用した音作りとプログレッシブな仕上がりは、ピンク・フロイドに影響を受けたものと思われるが、曲のタイトルからも、ピンク・フロイドのアルバム『The Dark Side Of The Moon』に影響を受けたと推測できる。
    途中で曲調が変化したり、ヘンリーのエフェクトが掛かったギター、コーラスなどはウィングスっぽいが、ジャム・セッションから生まれた曲であると思われる。
    「よく分からない。あの時はかなり飲んでいたから。」(ヘンリー・マッカロウ)

    【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
    演奏:
     Paul McCartney: Bass, Guitar, Moog, Chant
     Linda McCartney: Organ, Chant
     Denny Laine: Electric guitar, Chant
     Denny Seiwell: Drums, Chant
     Henry McCullough: Electric guitar, Chant
    録音スタジオ:Olympic Studios, London
    録音日:1972.3-12
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
    イギリス発売日:1973.3.3
    アメリカ発売日:1973.4.30
    日本発売日:1973.6.20


    【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
    (1)ラフミックス
     Unsurpassed Masters Vol. 1 (Strawberry Records -- STR 002)
     The Alternate Red Rose Speedway (Pear Records -- PDP 018)
     MoMac's Hidden Tracks: Volume 04 (Unknown)
     Red Rose Speedway Collector's Edition - CD 1 (MBE -- MBEP001)


    【歌詞・コード】
    Am
    Ah ah ah
    E7
    Ah ah ah ah ah ah ah ah
    Am
    Ah ah ah
    E7
    Ah ah ah ah ah ah ah ah
    Ah ah ah
    Ah ah ah ah ah ah ah ah
    Ah ah ah
    Ah ah ah ah ah ah ah ah
    Ah ah ah
    Ah ah ah ah ah ah ah ah

    Am Em7 Am Em7 Am Em7 Am Em7 Am Em7 Am Em7 E Am

    (c)1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.

    Little Lamb Dragonfly
    0

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:6分18秒
      収録アルバム:Red Rose Speedway
      収録シングル:なし

      ポールが所有する農場で買っていた羊の死を題材にして作った曲。元々はポールが版権を所有したアニメ『Rupert The Bear』のために書かれた曲であるが、先にアルバム『Red Rose Speedway』で発表したため、1980年のアニメ『Rupert The Beat』のデモ・サントラには収録されていない。
      ベーシック・トラックはアルバム『Ram』のレコーディングセッションで録音され、その時はギターとしてヒュー・マクラッケンが参加している。アルバム『Ram』には採用されず、その後、ウィングスのギタリストであるデニー・サイウェルが作曲を少し手伝い(作曲者としてはクレジットされていない)、アルバム『Red Rose Speedway』でデニー・レインのバック・ボーカルを加えて完成された。
      この曲のアウトテイクは発表されていない。

      演奏:
       Paul McCartney: Bass, vocal
       Linda McCartney: Dingers, Backing vocal
       Denny Laine: Backing vocal
       Denny Seiwell: Drums, Percussion, Backing vocal
       Hugh McCracken: Electric guitar
      録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
      , Olympic Sound Studios, Barnes
      録音日:1970.12-1971.4, 1972.3-12
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
      イギリス発売日:1973.3.3
      アメリカ発売日:1973.4.30
      日本発売日:1973.6.20

      歌詞・コード
      Bm               F#
      I have no a answer for you, little lamb, I can help you out,
      Em7  A7      D
      But I cannot help you in
      F#dim              Em    A7    A+5     D
      Sometimes you think that life is hard, And this is only one of them

      Bm                F#
      My heart is breaking for you, little lamb, I can help you out,
      Em    A7    D   G A7 D
      But we may never meet again

      C    Am7/D D7 Dm7 G7
      La la la la la la la la la la
      C    Am7/D D7 Dm7 G7 C E
      La la la la la la la la la la

      E           F#m  F#m7   B7              E E7
      Dragonfly, fly by my window, You and I still have a way to go
      A     Amaj7 Em6    F#m7   C#m   Em7      A7   D
      Don't know why you hang around my door, I don't live here anymore
             F#m7      B7    F#m7        B7 E
      Since you've gone I never know, I go on, but I miss you so

      Dragonfly, don't keep me waiting, When we try we'll have a way to go
      Dragonfly, you've been away too long, How did two rights make a wrong
      Since you've gone I never know, I go on, but I miss you so

         F#m7       B7
      In my heart I feel the pain
      Dsus4    D A Bm F# Em7 A7 D G A7 D E7
      Keeps coming back again

      Dragonfly, fly by my window, You and I can find a way to see
      Dragonfly, the years ahead will show How little we really know
      Since you've gone it's never right, They go on, the lonely nights
      Come on home and make it right

      My heart is aching for you, little lamb, I can help you out, But I cannot help you in

      La la la la la la la la
      La la la la la la la la

      Dsus4 D A

      (c)1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
      Lazy Dynamite
      0

        作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
        収録時間:2分45秒
        収録アルバム:Red Rose Speedway
        収録シングル:なし


        1973年のアルバム『Red Rose Speedway』の最後を飾る壮大なメドレー「Hold Me Tight / Lazy Dynamite / Hands Of Love / Power Cut」の中で、2曲目に登場する曲。
        メドレー4曲のそれぞれは、全く別々に作曲されたものであるが、各曲が短いので、ポールはビートルズのアルバム『Abbey Road』で使ったアイデアを採用し、4曲をメドレー形式でまとめることとした。
        この曲では、デニー・レインが吹くハーモニカがフィーチャーされている。また、タイトルを繰り返すメロディーも印象的。
        クレジットでは、ポールとデニー・レイン、ギターのヘンリー・マッカロウの3人となっているが、クレジットされていないドラムが確かに聞こえる。
        最後の「Power Cut」のギター・ソロ部分で、4曲全部のフレーズが重なり合う箇所でも、この曲のメロディーが登場する。


        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Piano, Bass, Mellotron
         Denny Laine: Hamonica
         Henry McCullough: Electric guitar
        録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
        録音日:1972.3-12
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
        イギリス発売日:1973.3.3
        アメリカ発売日:1973.4.30
        日本発売日:1973.6.20

        歌詞・コード
        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite

        Won't You Come Out Tonight
        When The Time Is Right
        Oh Will You Fight That Feeling In Your Heart
        Don't You Know That Inside
        There's A Love You Can't Hide
        So Why Do You Fight That Feeling In Your Heart

        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite

        Oh Why Do You Fight That Feeling In Your Heart
        Don't You Know That Inside
        There's A Love You Can't Hide
        So Why Do You Fight That Feeling In Your Heart

        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite
        Oh Lazy Dynamite

        Doo Doo Doo ..

        (c)1973 MPL Communications, Ltd.
        I Lie Around
        0
          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:4分57秒
          収録アルバム:Red Rose Speedway (bonus track)
          収録シングル:Live And Let Die

          ウィングスの大ヒットシングル「Live And Let Die(007 死ぬのは奴らだ)」のB面に収録された曲。アルバム『Red Rose Speedway』のレコーディング・セッションで録音されたが、アルバムからは収録漏れとなり、アルバムの後に発売されたシングルのB面に収録されるに至った。リード・ボーカルはデニー・レインであるが、途中からポールがボーカルで参加している。ウィングスのレコードで、デニー・レインが初めてリード・ボーカルを取った曲である。カントリー・フレーバー溢れるスチール・ギターはヘンリー・マッカロウ。

          演奏:
           Paul McCartney: Bass, Backing Vocal
           Linda McCartney: Backing vocal
           Denny Laine: Vocal, Electric guitar
           Denny Seiwell: Drums
           Henry McCullough: Electric guitar, Backing vocal
          録音スタジオ:unknown
          録音日:1972.3-12
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:George Martin
          イギリス発売日:1973.6.1
          アメリカ発売日:1973.6.18
          日本発売日:1973.7.20

          歌詞・コード

          I Lie Around
          All Over The Place

          It Seems That I Have No Choice In The Matter
          Roll Along Wheel Of Fortune
          As You Roll Along I Stick Around
          Furthermore In The Country
          I Will Lay My Burden Down
          I Lie Around
          I Lie Around
          I Lie Around
          All Over The Place
          All Over The Place
          All Over The Place
          All Over The Place

          Too Long Have I Been The Heart Of The Matter
          All Along I Was Only Over Tired And Overtaken
          Furthermore In The Country
          I Will Lay My Burden Down
          I Lie Around
          I Lie Around
          I Lie Around
          All Over The Place

          So Long, Bye Bye, It Was Fun While It Mattered
          Roll Along Wheel Of Fortune
          As You Roll Along I Stick Around
          Furthermore In The Country
          I Will Lay My Burden Down

          Yes, I Lie Around
          All Over The Place
          All Over The Place
          All Over The Place
          I Lie Around, Around

          (c) 1973 MPL Communications
          Hold Me Tight
          0
            作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
            収録時間:2分22秒
            収録アルバム:Red Rose Speedway
            収録シングル:なし

            1973年のアルバム『Red Rose Speedway』の最後を飾る壮大なメドレー「Hold Me Tight / Lazy Dynamite / Hands Of Love / Power Cut)」のトップを飾る曲。タイトルを繰り返したフレーズと、リンダによるコーラスが印象的な曲。
            メドレー4曲のそれぞれは、全く別々に作曲されたものであるが、各曲が短いので、ポールはビートルズのアルバム『Abbey Road』で使ったアイデアを採用し、4曲をメドレー形式でまとめることとした。
            先に紹介した「Hands Of Love」と同様、最後の曲「Power Cut」のラスト・部分にギターソロの掛け合いがあり、そこで4曲全部のフレーズが登場し、そのフレーズが相重なり合うところが非常に感動的である。
            ポールは、ビートルズ時代の1964年にも、アルバム『With The Beatles』の中で「Hold Me Tight」という曲を発表しているが、この曲とは同名異曲である。
            この曲のアウトテイクは発見されていない。

            演奏:
             Paul McCartney: Vocal, Piano, Bass
             Linda McCartney: Backing vocal
             Denny Laine: Electric guitar, Backing vocal
             Denny Seiwell: Drums, Backing vocal
             Henry McCullough: Electric guitar, Hamonies
            録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
            録音日:1972.3-12
            プロデューサー:Paul McCartney
            エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
            イギリス発売日:1973.3.3
            アメリカ発売日:1973.4.30
            日本発売日:1973.6.20

            歌詞
            I've Waited All My Life For You
            Hold Me Tight
            Take Care Of Me And I'll Be Right
            Hold Me Tight Hold Me Tight
            Hold Me Tight Hugga Me Right
            Hold Me Tight Squeeza Me Tight
            Hold Me Tight Hugga Me Right
            Hold Me Tight Hold Me Tight
            Hold Me Tight

            You Won't Be Going Out Tonight / Candlelight
            Make Love To Me And Make It Right
            Hold Me Tight Hold Me Tight
            Hold Me Tight
            Hold Me Tight Hug Me Right
            Hold Me Tight
            Hold Me Tight Hug Me Right
            Hold Me Tight
            Hold Me Tight Hold Me Tight
            Hold Me Tight Hug Me Right
            Hold Me Tight Squeeza Me Tight
            Hold Me Tight Hugga Me Right
            Hold Me Tight
            Hold Me Tight

            試聴

            (c) 1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
            Hands Of Love
            0
              作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
              収録時間:2分19秒
              収録アルバム:Red Rose Speedway
              収録シングル:なし

              1973年のアルバム『Red Rose Speedway』の最後を飾る壮大なメドレー「Hold Me Tight / Lazy Dynamite / Hands Of Love / Power Cut)」の中で、3曲目に登場する曲。
              メドレー4曲のそれぞれは、全く別々に作曲されたものであるが、各曲が短いので、ポールはビートルズのアルバム『Abbey Road』で使ったアイデアを採用し、4曲をメドレー形式でまとめることとした。
              このメドレーの感動的な部分は、最後の「Power Cut」のギター・ソロ部分で、4曲全部のフレーズが登場し、そのフレーズが相重なり合うところだ。
              前曲「Lazy Dynamite」とは、ビートルズのアルバム『Abbey Road』のB面で現れたメドレーの中の「Mean Mister Mustard」と「Polythene Pam」の繋がりを彷彿とさせるようなリフを用いたリンクで、次曲「Power Cut」とは、相互のフェイド・アウト、フェイド・インでリンクされている。
              1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』のリハーサルで、この曲を弾き語りした音源が残っており、以下のブートで聴くことができる。

               The Making Of James Paul McCartney (ReproMan -- RPM 106)
               The Making Of James Paul McCartney (Midnight Beat -- MB CD 114)

              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Piano, Bass
               Linda McCartney: Backing vocal
               Denny Laine: Electric guitar, Backing vocal
               Denny Seiwell: Drums, Backing vocal
               Henry McCullough: Electric guitar, Hamonies
              録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
              録音日:1972.3-12
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
              イギリス発売日:1973.3.3
              アメリカ発売日:1973.4.30
              日本発売日:1973.6.20

              歌詞・コード

              I Can't Get Over Myself
              Falling Into The Hands Of Love
              Just Can't Imagine Myself
              Falling Head Over Heals In Love
              But When I Saw You Last Night
              I Knew For The First Time
              That You Were The One I'd Been Dreaming Of
              I Cant Get Over Myself
              Falling Into The Hands Of Love
              Falling Into The Hands Of Love

              But When I Saw You Last Night
              I Knew For The First Time
              That You Were The One I'd Been Dreaming Of
              I Can't Get Over Myself
              Falling Into The Hands Of Love
              Falling Into The Hands Of Love
              Love Sweet Love

              But When I Saw You Last Night
              I Knew For The First Time
              That You Were The One I'd Been Dreaming Of
              I Can't Get Over Myself
              Falling Into The Hands Of Love
              Falling Into The Hands Of Love
              Love Sweet Love

              (c) 1973 MPL Communications
              Get On The Right Thing
              0
                作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
                収録時間:3分47秒
                収録アルバム:Red Rose Speedway
                収録シングル:なし

                元々はアルバム『Ram』のセッションでレコーディングされた曲。そのため、ウィングスのメンバーであるデニー・レインやヘンリー・マッカロウはレコーディングに参加していない。アルバム『Red Rose Speedway』に収録する際に、少し手が加えられている。
                アルバム『Red Rose Speedway』に収録されている「Little Lamb Dragonfly」同様に『Ram』のセッションでレコーディングされた。
                リンダのコーラスが印象的である曲。

                演奏:
                 Paul McCartney: Bass, Piano, Electric guitar, and vocal
                 Linda McCartney: Backing vocal
                 Dave Spinozza: Electric guitar
                 Denny Seiwel: Drums
                録音スタジオ:A&R Studios, New York, Columbia Studios, New York
                録音日:1970.11-1971.4, 1972.3-12
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
                イギリス発売日:1973.3.3
                アメリカ発売日:1973.4.30
                日本発売日:1973.6.20

                歌詞・コード
                E
                All at once you get love on your mind
                           E7  A
                And your world is as kind as a penny
                D7 G            D7     G
                Oh.... and you knew it all along, you did the right thing
                   B7
                Believe me its true, and it can happen to you

                E
                All at once you get sound in your ears
                             E7   A
                And your cloud disappears into yellow

                        D7
                Well you know they were were wrong
                        G
                Get on the right thing
                       D7
                Well you knew it all along
                          G
                Get on the right thing
                  B7    B7
                Believe me its so, because i happen to know

                E        A
                Try a little love, you can't go wrong
                Get On the right thing
                Get On The Right Thing
                E
                Get On The Right Thing

                E       A
                My little love you cant go wrong
                Get on the right thing
                Get on the right thing
                E
                Get on the right thing

                B7  A   E
                Do, Get on the right thing you

                E D7 E

                All at once we see things in our skies
                And we both realize it together
                Well you know they were wrong
                Get on the right thing
                Yes you knew it all along
                Get on the right thing
                Believe me its so
                Because i happen to know

                E

                        A
                You can't go wrong
                Get on the right thing,
                Get on the right thing,
                   E
                Get on the right thing
                A
                You can't go wrong get on the right thing

                E

                B7 A             E
                Ah get on the right thing you.

                E D E

                E
                And try a little love
                          A
                And it can't go wrong
                Get on the right thing you
                E          A
                Try a little love, you can't go wrong
                E
                Get on the right thing

                試聴

                (c)1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
                Big Barn Bed
                0
                  作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
                  収録時間:3分47秒
                  収録アルバム:Red Rose Speedway
                  収録シングル:なし

                  アルバム『Red Rose Speedway』のオープニング・ナンバー。1973年に放送されたテレビ番組『James Paul McCartney』でもオープニングを飾ったナンバーで、各メンバーの紹介を交えながらスタジオでライブ演奏するウィングスの姿がかっこいい。
                  最初のフレーズは、『Ram』に収録されている「Ram On」のりプライズから発展させたもの。
                  「曲を作り始めるとき、歌詞が先に頭の中に思い浮かんで、その歌詞が頭の中からなかなか消えないときがある。他の曲の歌詞を引用してしまうこともあるんだけど、その歌詞を頭から消さないといけないと思いつつ、もっと適当な歌詞が思い浮かばないんだ。もうその歌詞が意識下にあるんだろうね。」(ポール)
                  テレビ番組『James Paul McCartney』の他に、1973年のイギリス・ツアーでも演奏されている。このときは2曲目に演奏している。
                  ライブ演奏は、それぞれ(1)(2)のブートで聴くことができる。ラフ・ミックスは(3)のブートで聴ける。

                  (1)『James Paul McCartney』
                   MoMac's Hidden Tracks: Volume 05 (Label Unknown)
                   James Paul McCartney DVD (BBC Video -- BBC Videos)
                   James Paul McCartney (Chapter One -- CO 25128)
                   James Paul McCartney (Berkeley -- 2028)
                   James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower -- WT 2001043)

                  (2)Live in Newcastle 1973.7.10
                   Learning To Fly (Voxx -- VOXX-0001-001)
                   Live In Newcastle, 1973 (Starlight Records -- SL87017)
                   Wings Live In Newcastle (Mistral Music -- MM 9117)
                   Get You Ready For Live: Newcastle 1973 (BMW -- BMW005)

                  (3)Rough Mix
                   Unsurpassed Masters Vol.1 (Strawberry STR 002)

                  演奏:
                   Paul McCartney Bass, Piano and vocal
                   Linda McCartney: Backing vocal
                   Denny Laine: Acoustic guitar, Backing vocal
                   Denny Seiwell: Drums
                   Henry McCullough: Electric guitar, Backing vocal
                  録音スタジオ:Olympic Sound Studios, Barnes
                  録音日:1972.3-12
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
                  イギリス発売日:1973.3.3
                  アメリカ発売日:1973.4.30
                  日本発売日:1973.6.20

                  歌詞・コード
                  F Cm7 Bb F
                  Cm7 F Cm7 F
                  Cm7             F
                  Who's that coming round that corner
                  Cm7             F
                  Who's that coming round that bend
                  Cm7                F
                  Who's that coming round that corner, will it
                    Cm7 B    F
                  Will it be my friend
                      Cm7 B            F
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed

                  F (B F) F
                  F (B F) F
                  F (B F) F
                  F (B F) F

                  F
                  Who you gonna weep on, who you gonna sleep on?
                       (B F)
                  Who you gonna creep on next?
                  F
                  Weeping on a willow, sleeping on a pillow
                            (B F)
                  Leaping Armadillo, Yes
                     Cm7 B         F
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed

                  Cm7 F Cm7 F
                  Cm7 F Cm7 B F

                   Cm7 B         F
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed
                  Keep on sleeping in a big barn bed

                  F (B F) F
                  F
                  Who you gonna weep on, who you gonna sleep on?
                              (B F)
                  Who's you gonna creep on next?
                  F
                  Weeping on a willow, sleeping on a pillow
                             (B F)
                  Leaping Armadillo, Yes
                   Cm7 B    F
                  Keep on sleeping in a big barn bed

                  試聴

                  (c) 1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
                  CALENDAR
                  SMTWTFS
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  30      
                  << April 2017 >>
                  ENTRY(latest 5)
                  ARCHIVES
                  CATEGORY
                  COMMENT
                  TRACKBACK
                  PROFILE
                  MOBILE
                  qrcode
                  LINK
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  バック・イン・ザ・USSR
                  バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  公式海賊盤
                  公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ポール・イズ・ライヴ
                  ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                  RECOMMEND
                  ライブ
                  ライブ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ラン・デヴィル・ラン
                  ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  フレイミング・パイ
                  フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  オフ・ザ・グラウンド
                  オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  プレス・トゥ・プレイ
                  プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  タッグ・オブ・ウォー
                  タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                  RECOMMEND
                  マッカートニーII
                  マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  バンド・オン・ザ・ラン
                  バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー&ウイングス
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ラム
                  ラム (JUGEMレビュー »)
                  ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                  夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  あの雲のむこうに
                  あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                  ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.