Looking For Changes
0

    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:(1)2分48秒 (2)2分31秒
    収録アルバム:(1)Off The Ground, Off The Ground - The Complete Works - (2)Paul Is Live
    収録シングル:なし

    ツアーバンドと共に一発録りに近い形でレコーディングされたハードでロックな曲。この曲が収録されている1993年のアルバム『Off The Ground』は、政治的メッセージが強い歌が多いアルバムとして話題になったが、ポールは、生体解剖学に反対する雑誌「The Animal's Voice And Animal Agenda」に掲載された記事を見て、この曲を書いたという。
    「動物に関する雑誌をいくつか読んでいたんだけど、これがかなり重い内容だったんだ。たとえば美容の研究のための動物実験で、ウサギが眼に注射をされて涙を流し続けて死んでいったりね。その光景を見れば、誰だって’こんなことをする権利が誰にあるんだ’って思うよ。たまたま捕まって’悪いけど君には死んでもらうよ’なんて言われるんだからね。こういうことには腹が立つけど、歌にするのはなかなか難しいんだ。でもあるとき、頭に機械を埋め込まれている猫の写真を見た。頭蓋骨のてっぺんを開けて、なんだか知らないけどデータを取ろうとしているんだ。それでこのロックンロール・ナンバーを手がけ始めたんだ。だから’頭に機械を埋められた猫を見た’という出だしでこの曲を書いてみた。’飼い主は、この猫はなにも痛みを感じてないと言う。それなら、そいつが自分の頭に機械を入れればいいじゃないか’とね。実験が必要なら自分やればいいんだよ。なんともないはずだろ?そうしているうちに "Looking For Changes" っていうフレーズを思いついたんだ。すでに言われているべきなのに、ほとんど聞かない言葉だった。それで’仲間の動物とのつきあいかたを変えるべきだ’という内容に仕上がったんだ。」(ポール)
    ノリがいいナンバーのため、1993年のニューワールド・ツアーのレパートリーとして組み込まれた。ワールドツアーの演奏を収めたDVD『Paul Is Live』では、ボブ・ディランのプロモーションビデオのような、歌詞を書いた紙を曲に合わせて順番にめくっていく動物の映像を編集で挟み込んだビデオを見ることができる。

    【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
    (1)Off The Ground, Off The Ground - The Complete Works -
    演奏:
     Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Electric Guitar, Bass Guitar
     Linda McCartney: Backing Vocal
     Hamish Stuart: Backing Vocal, Acoustic Guitar, Electric Guitar
     Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Acoustic Guitar, Electric Guitar
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Clavinet
     Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:The Mill, Sussex, Abbey Road Studios, London
    録音日:1991.11-1992.9
    プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
    エンジニア:Bob Kraushaar
    イギリス発売日:1993.2.2
    アメリカ発売日:1993.2.9
    日本発売日:1993.2.8

    (2)Paul Is Live
    演奏:
     Paul McCartney: Lead Vocal, Bass Guitar
     Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
     Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
     Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
     Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live at Kansas City, MO
    録音日:1993.5.31
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick
    イギリス発売日:1993.11.8
    アメリカ発売日:1993.11.16
    日本発売日:1993.11.10


    【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
    (3)1992年12月10日収録テレビ番組『Up Close』
     Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
     219 W. 53 Street (Pluto Records -- PLRCD9310)
     Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
     Deliverance Now (Rarities Special -- RS 9318)
     First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
     New York 1992 (Red Lines -- GSCD 1245)
    (4)1993年リハーサル
     公式ビデオ『Movin' On』
    (3)1993年6月15日シャーロット公演
     Live In Charlotte (Complete) DVD 1 (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 2004/21)
     Paul McCartney: Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
     Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
     Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
     Out In The Crowd (Disc One) (Nikko Records -- NK005)
     The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)


    【歌詞・コード】
    C F Bb C

    C
    I saw a cat with a machine in his brain
    F
    The man who fed him said he didn't feel any pain
    C
    I'd like to see that man take out that machine
       F
    And stick it in his own brain
             C F/A Bb C
    You know what I mean

    I saw a rabbit with its eyes full of tears
    The lab that owned her had been doing it for years
    Why don't we make them pay for every last eye
    That couldn't cry its own tears
               C
    Do you know what I mean

       F/A        Bb          F F/A Bb C
    When I tell you that we'll all be looking for changes
       F/A      Bb        F      F/A Bb C
    Changes in the way we treat our fellow creatures
      F/A   Bb      Gm7 Cm7 F
    And we will learn how to grow

    Well I tell you that we'll all be looking for changes
    Changes in the way we treat our fellow creatures
      F/A   Bb     Gm7
    And we will learn how to grow
                 F
    When we're looking for changes

    Gm7 F Gm7 F/C Gm7/C F/C Gm7/C

    I saw a monkey that was learning to choke
    A guy beside him gave him cigarettes to smoke
    And every time that monkey started to cough
    The bastard laughed his head off
    Do you know what I mean

    When I tell you that we'll all be looking for changes
    Changes in the way we treat our fellow creatures
    And we will learn how to grow

               F   Gm7
    When we're looking for changes
               F   Gm7
    We're looking for changes
               F   Gm7
    We're looking for changes
               F   Gm7        C F/A Bb C/G F
    We're looking for changes in the way we are

    (c)1992, 1993 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
    I Owe It All To You
    0
      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:4分51秒
      収録アルバム:Off The Ground, Off The Ground Complete Works
      収録シングル:なし

      フランスに旅行に行っている時に、リンダの誕生日に訪れたフランスの大聖堂にインスパイアされて作られたバラード曲。ポールの作る典型的なバラードで、ポールの奏でるアコースティックギターとメロトロンが美しい。ポールは口で音も鳴らしている。
      「大聖堂には幾つものプロジェクターがあって、壁にその影を落としていたんだ。突然建物全体がライトアップされて、エジプトの寺院だったんだけど、その次に、それが全てステンドグラスってことが分かったんだ。それから家に帰って'I Owe It All To You'を書いた。」(ポール)
      休暇中の出来事をきっかけにしているが、歌詞の内容はリンダへ向けてのラブソングである。
      1992年12月10日に収録を行ったMTVのテレビ番組『Up Close』のためのスタジオライブでこの曲を演奏したが、結局は放送されなかった。以下のブートでこの時の演奏の映像と音源は入手できる。また、1993年のニュー・ワールド・ツアーでは、1993年3月5日パース公演など、いくつかのサウンドチェックで演奏した記録があるが、結局本番ステージで演奏されることはなかった。

       Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
       Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
       First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
       Complete UP Close (DVD) (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 2004 6 7)

      演奏:
       Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar, Mellotron, Mouth Percussion
       Linda McCartney: Backing Vocal, Celeste, Clavinet
       Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
       Robbie Mclntosh: Slide Guitar
       Paul "Wix" Wickens: Piano, Percussion
       Blair Cunningham: Drums, Percussion
      録音スタジオ:The Mill, Sussex, Abbey Road Studios, London
      録音日:1991.11-1992.9
      プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
      エンジニア:Bob Kraushaar
      イギリス発売日:1993.2.2
      アメリカ発売日:1993.2.9
      日本発売日:1993.2.8

      歌詞・コード

      Am G11/B C G11/B Am G11/B C G11/B

      Am    G11/B C     G11/B
      Last night you helped me through,
      Am      G11/B  C G11/B
      Took me to the lovers zone.
      Am  G11/B C G11/B
      I saw there, images
        Am      G11/B   F
      Projected on a wall of stone.
                C/G
      I stood inside Egyptian temples,
      F        C/G
      I looked into eternal gardens,
      F           Am
      Lay on the shores of distant islands,
      G         F
      Listening to the sea birds song of joy.
      Dm  G7       C
      Oh I owe it all to you,
      C/B  Am
      You make me happy.
      Dm  G7       C
      Oh I owe it all to you.

      Am G11/B C G11/B Am G11/B C G11/B Am G11/B C G11/B Am G11/B C G11/B

      Am   G11/B C    G11/B
      Late last night we were right
      Am    G11/B  C   G11/B
      Into some exotic scene.
      Am  G11/B C G11/B
      Everywhere images
        Am    G11/B   F
      Appearing on a giant screen.
                C/G
      I stood inside a glass cathedral,
      F         C/G
      I looked into the golden canyon,
      F           Am
      Lay by the lakes of holy water
       G       Fmaj7
      Glistening like a diamond in the light.
      Dm  G7       C
      Oh I owe it all to you,
      C/B  Am
      You make me happy.
      Dm  G7      C Am G11/B C G11/B
      Oh I owe it all to you.
      Am  G11/B  C
      I owe it all to you.

      試聴

      (c)1992, 1993 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
      Hope Of Deliverance(明日への誓い)
      0
        hope_of_deliverance_1.jpghope_of_deliverance_2.jpg

        作詞作曲:Paul McCartney
        収録時間:(1)3分20秒 (2)3分26秒
        収録アルバム:(1)Off The Ground, Off The Ground Complete Works, The Greatest (Japan only)、NOW 1 (Japan only) (2)Paul Is Live
        収録シングル:Hope Of Deliverance

        1993年のアルバム『Off The Ground』からのファースト・シングル。アルバムの発売に先行して、イギリスでは1992年12月28日、アメリカでは1993年1月12日に発売された。ポールにとって前作『Flowers In The Dirt』から3年ぶりのオリジナル・アルバムとして発売し、このシングルも満を持して発売したがヒットせず、アメリカでは83位、イギリスではようやく18位まで上昇するに止まった。
        シングルは、イギリスでは「Long Leather Coat」とのカップリング、「Long Leather Coat」「Big Boys Bickering」「Kicked Around No More」の3曲とのカップリング、「Deliverance」「Deliverance (Dub Mix)」2曲とのとのカップリングの合計3種類、アメリカでは「Long Leather Coat」とのカップリング、「Long Leather Coat」「Big Boys Bickering」「Kicked Around No More」の3曲とのカップリングの2種類、日本では「Long Leather Coat」とのカップリングの1種類のフォーマットで発売した。
        この曲は、ポールが自宅の屋根裏部屋で12弦のマーティン・ギターを触っているときに作られた。ポールの農場にあるスタジオで、2,3日使って、ポールとロビー・マッキントッシュの2人で、合計6本のアコースティック・ギターを用いてレコーディングされた。その後、エレキ・ギターとスパニッシュ・ギターがオーバーダブされた。オート・ハープはリンダが演奏している。さらに、著名な3人のラテン・パーカショニストによるパーカッションが、最終オーバーダブでレコーディングされた。
        「僕はまわりの人から遠ざかろうと思って、屋根裏に閉じこもったんだ。そこでマーティンの12弦ギターにカポをつけて弾いたら、カポを付けると音が高くなるんだけど、クリスマスの鈴が鳴っているようなサウンドで、聖堂を連想した。それがこの曲のはじまりだったんだ。そして歌詞をつけているときに『希望』という言葉が浮かんで、まわりをつつむ暗闇からぬけ出す希望という詩ができあがった。その暗闇というのはなにを意味してもいいんだ。」(ポール)
        アルバム『Off The Ground』発売後のニュー・ワールド・ツアーでレパートリーに入れたのは、アルバム第1弾シングルだったためだろう。
        この曲のプロモーション・ビデオは2種類存在する。1992年11月24日にアッシュダウン・フォレスト、11月26日にロンドンのノース・アクトンにある Black Island Studios において演奏部分が、アンディー・モラハンの監督によって撮影された。Black Island Studiosの撮影では、エキストラとしてロンドンのホームレス約150人が集められた。1993年1月8日にビデオが編集され、「stone cross edit」「version with stone」の2種類のバージョンのプロモーション・ビデオが完成した。
        日本でのこの曲のプロモーションとして、日本テレビの人気クイズ番組『クイズ世界は Show by ショーバイ!』のテーマ曲として使われた。この番組のエンドロールの一部分で、プロモーション・ビデオが流れたこともある。
        この曲のライブ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

        (3)1992年12月10日収録テレビ番組『Up Close』
        Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
        219 W. 53 Street (Pluto Records -- PLRCD9310)
        Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
        Deliverance Now (Rarities Special -- RS 9318)
        First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
        New York 1992 (Red Lines -- GSCD 1245)
        (4)1992年12月20日収録、1993年1月1日放送テレビ番組『A Carlton New Year』
        The Beatles: Unbootlegged 04 (No Label Records -- NLR 0104)
        (5)1993年1月7日収録・放送テレビ番組『Top Of The Pops』
        Another Flaming Pie (No Label Records -- NLR 9714)
        Off The Ground * Empty Space Delights (Label Unknown)
        (6)1993年6月15日シャーロット公演
         Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
         Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
         Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
         Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
         Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
         The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
         公式ビデオ『Paul Is Live』

        (1)
        演奏:
         Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Spanish Guitar, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Bass Guitar
         Linda McCartney: Backing Vocal, Auto Harp
         Hamish Stuart: Backing Vocal
         Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Spanish Guitar, Electric Guitar, Acoustic Guitar
         Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Piano, Linn Drum, Drum Programing, Percussion
         Blair Cunningham: Backing Vocal, Percussion
         Davide Giovannini: Percussion
         Dave Pattman: Percussion
         Maurizio Ravalico; Percussion
        録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
        録音日:1991.11-1992.10
        プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
        エンジニア:Bob Kraushaar
        イギリス発売日:1992.12.28
        アメリカ発売日:1993.1.12
        日本発売日:1993.1.27

        (2)
        演奏:
         Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
         Linda McCartney: Backing Vocal, Auto Harp
         Hamish Stuart: Backing Vocal, Acoustic Bass Guitar
         Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Acoustic Guitar
         Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
         Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
        録音スタジオ:live from New York
        録音日:1993.6.6
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Geoff Emerick
        イギリス発売日:1993.11.8
        アメリカ発売日:1993.11.16
        日本発売日:1993.11.10

        hope_of_deliverance_promo_1.jpghope_of_deliverance_promo_2.jpg

        歌詞・コード

        C Am C Am

                C  Am    Dm7
        I will always be hoping, hoping
                C  Am    Dm7
        You will always be holding, holding
        My heart in your hand
                C Am C Am
        I will understand
                C  Am    Dm7
        I will understand someday, one day
                C  Am    Dm7
        You will understand always, always
        From now until then

                Am    Dm7
        When it will be right, I don't know
                Am    Dm7
        What it will be like, I don't know
              F      Am
        We live in hope of deliverance
             Dm       Dm/C
        From the darkness that surrounds us

        F     Am    F     Am
        Hope of deliverance, hope of deliverance
        F       Am
        Hope of deliverance
             Dm        Dm7/C C Am C Am
        From the darkness that surrounds us

        And I wouldn't mind knowing, knowing
        That you wouldn't mind going, going
        Along with my plan

        When it will be right, I don't know
        What it will be like, I don't know
        We live in hope of deliverance
                        C Am Dm7
        From the darkness that surrounds us

        Am Dm Am Dm F Am/E Dm Dm7/C

        Hope of deliverance, hope of deliverance
        Hope of deliverance
        From the darkness that surrounds us

        Hope of deliverance, hope of deliverance
        Hope of deliverance
        From the darkness that surrounds us

        C Am C Am

        C      Am
        Hope of deliverance
        C       Am
        Hope of deliverance
               C Am C Am C
        I will understand

        試聴
        rtsp://audio.mplcommunications.com/mpl/a25t09.ra

        (c) 1992 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
        Golden Earth Girl
        0
          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:3分44秒
          収録アルバム:Off The Ground, Off The Ground Complete Works
          収録シングル:なし

          環境保護を1つのテーマとしたアルバム『Off The Ground』の中で、自然の美しさとその中に生きる女性や動物のことを歌った美しいバラード。ポールはこの曲を、みずみずしいオーケストラによるアレンジを施すことを考えたが、アルバム『Off The Ground』がバンドサウンドの一発録りを基本としたアルバムであるため、ポールがお得意とするピアノの弾き語りから始まるバンド演奏によるアレンジとした。オーケストラ風のアレンジを入れたのは、オーボエとフルートだけ。この2つの楽器のスコアは、クラシック作品『Liverpool Oratorio』で共作したカール・デイビス。
          「この曲は、リンダそのものを思って作った歌なんだ。少し日に焼けた、ブロンドヘアの自然な女の子。本当に快適で居心地のいい、こけむした大きな場所で住むような人を描いた。リンダがそんな中で生きている姿を想像できるんだ。外に出て、自然の眺望や音や匂いを楽しんでいるような。」(ポール)
          後に1999年に発表したクラシック作品『Working Classical』には、この曲のオーケストラ・バージョンが収録されている。

          演奏:
           Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Piano
           Linda McCartney: Backing Vocal, Harmonium
           Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
           Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Acoustic Guitar
           Paul "Wix" Wickens: Keyboard, Percussion
           Blair Cunningham: Drums
           Gordon Hunt: Oboe
           Susan Milan: Flute
          録音スタジオ:The Mill, Sussex, Abbey Road Studios, London
          録音日:1991.11-1992.9
          プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
          アレンジ:Paul McCartney and Carl Davis
          エンジニア:Bob Kraushaar
          イギリス発売日:1993.2.2
          アメリカ発売日:1993.2.9
          日本発売日:1993.2.8

          歌詞・コード
          D D/F# G6 F#/A# Am7 G6 Gm D/F# Em7

          D    D/F#   G6   F#/A#
          Golden earth girl, female animal
          Am7        G6        Gm
          Sings to the wind, resting at sunset oh
             D/F#
          In a mossy nest
              Em7          D
          Sensing moonlight in the air (moonlight in the air)

          Good clear-water friend of wilderness
          Sees in the pool her own reflection
          In another world
          Em7      A
          Someone over there is counting

          G
          Fish in a sunbeam
                 A
          In eggshell seas
          G
          Fish in a sunbeam
               A
          Eggshell finish

          Nature's lover climbs the primrose hill
          Smiles at the sky watching the sunset
          From a mossy nest
          As she falls asleep she's counting

          Fish in a sunbeam
          In eggshell seas
          Fish in a sunbeam
          Eggshell finish

          試聴

          (c) 1992, 1993 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
          Get Out Of My Way
          0
            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:3分32秒
            収録アルバム:Off The Ground, Off The Ground - The Complete Works
            収録シングル:なし

            ポールがオールド・ロックンロール風の曲を書こうと思い仕上げた作品。アルバム『Off The Ground』がバンドによるライブ・レコーディングをメイン・コンセプトしているのに従い、この曲もライブ・レコーディングで一発録りされ、その後、ミッドナイト・ホーンズによるホーン・セクションがオーバーダブ・レコーディングされた。
            「この曲は、昔のロックを頭において作った。難しかったけどね。僕らはチャック・ベリーとかが大好きだった。普通の音楽に聞こえると思うけど、彼の音楽はアメリカ、南部、黒人そのものなんだ。イギリスの子供たちは彼を崇拝していた。僕がやりたいのは純粋なロックンロールだ。そこで作ったのがこの曲。車で彼女に会いに行く歌だ。」(ポール)
            1993年1月12日にロンドンのPinewood Studioで、この曲のプロモーション・ビデオのために、「Twenty Flight Rock」「Get Out Of My Way」「Biker Like An Icon」3曲の演奏が撮影された。そのうち、「Get Out Of My Way」「Biker Like An Icon」の2曲が、公式ビデオ『Movin' On』に収録されている。
            結局、この曲のプロモーション・ビデオは作成されずに、1993年3月12日アメリカABCの番組『In Concert』などでは、この時の演奏の模様がそのまま放送された。
            この曲は、1993年のニュー・ワールド・ツアーのレパートリーとなったが、演奏されたのは、ウォーミングアップ公演であるイタリア、ドイツと、オーストラリアのみで、ニュージーランド公演からはセットリストから外れた。
            それ以外でも、1992年12月に収録されたMTVの番組『Up Close』や、1993年2月の『Saturday Night Live』でも演奏されている。それらの演奏は、以下のブートで聴くことができる。

            (1)1992年12月10日テレビ番組MTV『Up Close』
             Complete UP Close (DVD) (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 2004 6 7)
             Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
             219 W. 53 Street (Pluto Records -- PLRCD9310)
             Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
             Deliverance Now (Rarities Special -- RS 9318)
             First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
             New York 1992 (Red Lines -- GSCD 1245)
            (2)1993年1月12日リハーサル
             Always Back To You (No Label Records -- NLR 9911)
            (3)1993年2月13日テレビ番組MTV『Saturday Night Live』リハーサル
             The Beatles: Unbootlegged 04 (No Label Records -- NLR 0104)
             Saturday Night Live Rehearsals (Yellow Cat Records -- YC006)
             The True Saturday Night Live Rehearsals (Voxx -- VOXX 0016-1)
            (4)1993年2月13日テレビ番組MTV『Saturday Night Live』
             Big Mac's Live Tracks (Orange -- Orange 1)
             Video Songbook 4 (1994-2000) (DVD) (Hoppy Records -- Hoppy)
            (5)1993年11月15日東京公演リハーサル
             Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
             Paul Is Vision 1 (Sandwich -- piv 002)
             Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)

            演奏:
             Paul McCartney: Lead Vocal, Bass Guitar
             Linda McCartney: Harmonium, Percussion, Train Whistle
             Hamish Stuart: Electric Guitar
             Robbie Mclntosh: Electric Guitar
             Paul "Wix" Wickens: Piano
             Blair Cunningham: Drums
             Frank Mead: Alto Sax
             Nick Payn: Baritone Sax
             Andy Hamilton: Tenor Sax
             Nick Pentelow: Tenor Sax
             Martin Drover: Trumpet
            録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
            録音日:1991.11-1992.10
            プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
            エンジニア:Bob Kraushaar
            イギリス発売日:1993.2.2
            アメリカ発売日:1993.2.9
            日本発売日:1993.2.8

            get_out_of_my_way1.jpgget_out_of_my_way2.jpg

            歌詞・コード
            A
            Crash bang wallop I'm a lover again
                  D
            I've got my eyes on the road and I'm feeling no pain
                  E                   A
            I've found a real fine woman, I'm heading to see her.
            A
            Bye bye melancholy listen to me
                D
            We had a long long ride but it isn't to be
                 E                 A
            I've got a real fine woman, I'm heading to see her now

                  F#m D          A E
            Get out of my way, get out of my life
                   F#m      D         A
            I don't need anybody to tell me how to be right
                   F#m D          A E
            Don't try to stop me, I've got the answer
                  F#m    D          A
            I won't need anybody except my woman tonight

            A
            I can't help it if I'm starting to smile
                  D
            I've got a full gas tank and it's only a mile
                  E
            'Til I'll be with my little woman
                       A
            I'm ready to see her.
            A
            So I say bye bye melancholy listen to me
                 D
            We had a long long ride but it isn't to be
                   E                    A
            I've got a real fine woman I'm heading to see her now.

            試聴

            (c) 1992, 1993 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
            Cosmically Conscious
            0
              作詞作曲:Paul McCartney
              収録時間:(1)1分58秒 (2)4分39秒
              収録アルバム:(1)Off The Ground (2)Off The Ground - The Complete Works
              収録シングル:(2)Off The Ground

              ビートルズ時代の1968年、ビートルズのメンバーとインドまで瞑想旅行に行った時に書いた曲。このインド旅行の時に書かれた「Blackbird」「Mother's Nature Sun」などは、ビートルズのアルバム『The Beatles(通称、ホワイトアルバム)』でレコーディングされたが、この曲は当時未発表のままであり、1993年のアルバム『Off The Ground』で初めて日の目を見ることになった。
              アルバム『Off The Ground』には、最後の12トラック目「C'mon People」が終わった後のシークレット・トラックとして登場。アルバムのジャケットには「and remember to be consmically conscious」と書かれていることから、この曲が収録されていることが分かる。歌詞は発表された25年前に書かれたものであるが、その内容は、環境問題や動物虐待問題を取り扱ったアルバム『Off The Ground』に通ずるものがある。
              オカリナやシタールが登場することから、曲を作ったインドの風景が感じられる。
              アルバム『Off The Ground』のセッションで録音され、アルバムに収録されずにシングルとして発売された曲を集めた限定盤『Off THe Ground - The Complete Works』には、この曲の完全版が収録されている。この完全版では、最後に「Down To The River」の一部が登場する。

              演奏:
               Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Sitar, Ocarina Acoustic Guitar, Bass
               Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
               Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
               Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
               Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
               Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
              録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Sussex
              録音日:1991.11-1992.10
              プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
              エンジニア:Bob Kraushaar
              イギリス発売日:1993.2.2
              アメリカ発売日:1993.2.9
              日本発売日:1993.2.8

              歌詞
              C'mon, Be Cosmically Conscious,
              Cosmically Conscious With Me
              How To Be Cosmically Conscious,
              Cosmically Conscious With Me

              Such A Joy, Joy
              Such A Joy, Joy
              So That Means
              Such A Joy

              (c) 1993 MPL Communications
              C'mon People
              0
                cmon_people.jpgcmon_people2.jpg

                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:(1)5分45秒 (2)5分31秒
                収録アルバム:(1)Off The Ground (2)Paul Is Live
                収録シングル:C'mon People

                アルバム『Off The Ground』からの第2弾シングルとして発売されたビートルズっぽいピアノ・バラード。
                ポールがジャマイカで休暇を取っている時に書いた。ポールは友人である詩人アドリアン・ミッチェルに作った詩についてアドバイスを求めたところ、'coming in'を'rushing in'や'charging in'に変えるように勧められ、歌詞を一部変更した。
                アルバム『Off The Ground』のためにレコーディングされた他の曲と同様、政治的メッセージ色の強い歌詞となっている。
                「たくさんの人が1つになって、世界を変えるためにはどうすればいいか政治家に問う、こういう動きが事の始まりだと思う。そうやって、物事を変えることができるんだ。」(ポール)
                この曲をレコーディングしている時に録音機材の調子がおかしくなったため、最初のテイクがベーシックトラックとして採用され、当初は後ほどオーバーダブを加える予定であったが、ポールはこの曲がビートルズっぽいのに気付き、ジョージ・マーティンによるオーケストラ・アレンジを加えることにした。
                「ヘイミッシュと僕とで'oh yeah'というコーラスを歌っている時、まるでジョンと歌っているように感じた。ジョンの魂みたいなのがスタジオにあったんだ。」(ポール)
                「"C'mon People"は、ピアノであれこれやっているうちに生まれたんだ。この曲は60年代っぽいと思うし、ビートルズみたいなところもあると思うね。最近まで僕は、ビートルズの影響を避けて、まったく違うことをしようとしてきた。でも、それだと非常にいいものでも否定してしまう可能性がある。ビートルズのスタイルを作ったのは僕たちなんだから、僕やジョージやリンゴがそのスタイルで音楽を作ってもなにもおかしくないんだよ。だからそういうものができあがっても、あえて作り直すことはしなかった。終わってみるとすごく楽観的な内容に仕上がっていた。この曲だけは、オーケストラが入ってもいいと思った。ほかはもっとバンド向きの曲だからね。そこでもっとスケールの大きな曲にしようとジョージ・マーティンに電話をかけたんだ。彼はあたたかく迎えてくれて『本当に私でいいのかい』と聞いてきた。ほとんど引退してしまっているからね。『もちろんだよ』と言って頼んだんだけど、彼はまるで十代の若者のように、心を込めて指揮をつとめてくれた。そして半分くらいできあがったところで、『いい曲だよポール!』と言ってくれたんだ。これは本当にうれしかった。」(ポール)
                シングル発売される際に、4分2秒に編集されたラジオ・エディット・バージョンがアメリカの各放送局に配られた。また、1992年11月16日から18日にかけて、元10ccのケヴィン・ゴドレー監督によりロンドンのブレイ・フィルム・スタジオにてプロモーション・ビデオが撮影された。プロモーション・ビデオの撮影風景は、公式ビデオ『Movin' On』でも見ることができる。
                アルバム『Off The Ground』発売後に行われたワールドツアー「The New World Tour」でも演奏され、ライブアルバム『Paul Is Live』や公式DVD『Paul Is Live』でも聴くことができる。
                その他のライブ(サウンドボード録音)は、以下のブートで聴くことができる。

                (3)1992年12月10日テレビ番組『Up Close』
                 Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)

                (4)1993年ツアー・リハーサル
                 Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 2) (Yellow Cat Records -- YC 061)

                (5)1993年7月15日シャーロット公演
                 Live In Charlotte (Complete) DVD 2 (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 2004/21b)
                 Hot Night In Charlotte (DVD 1) (MPL (Fake) -- MPL FN)

                cmon_people_promo1.jpgcmon_people_promo2.jpg

                (1)
                演奏:
                 Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Piano, Electric Guitar, Celeste, Whistling
                 Linda McCartney: Moog
                 Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
                 Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Acoustic Guitar
                 Paul "Wix" Wickens: Synth Strings, Synth Orchestra, Congas
                 Blair Cunningham: Drums, Congas
                 Irvine Arditti: Violin
                 Alan Brind: Violin
                 Benedict Cruft: Violin
                 Miranda Fulleylove: Violin
                 Roger Garland: Violin
                 Roy Gillard: Violin
                 Pauline Lowbury: Violin
                 Rita Manning: Violin
                 David Ogden: Violin
                 Bernard Partridge: Violin
                 Jonathan Rees: Violin
                 Michael Rennie: Violin
                 Celia Sheen: Violin
                 Garlina Solodchim: Violin
                 Barry Wilde: Violin
                 Donald Weekes: Violin
                 Jeremy Williams: Violin
                 David Woodcock: Violin
                 Roger Chase: Viola
                 Ken Essex: Viola
                 Andrew Parker: Viola
                 George Robertson: Viola
                 Graeme Scott: Viola
                 John Underwood: Viola
                 Robert Bailey: Cello
                 Paul Kegg: Cello
                 Ben Kennard: Cello
                 Anthony Pleeth: Cello
                 Roger Smith :Cello
                 Jonathan Williams: Cello
                 Paul Cullington: Bass
                 Chris Cullington: Bass
                 Skaila Kanga: Harp
                 Nicholas Busch: Horn
                 Frank Lloyd: Horn
                 Josephine Lively: Oboe
                 Richard Morgan :Oboe
                 Martin Parry: Flute
                 Jane Pickles: Flute
                 Guy Barker: Trumpet
                 Derek Watkins: Trumpet
                 Terence Emery: Percussion
                 Tristan Fry: Percussion
                録音スタジオ:The Mill, Sussex, Abbey Road Studios, London
                録音日:1991.11-1992.9
                プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
                エンジニア:Bob Kraushaar
                イギリス発売日:1993.2.2
                アメリカ発売日:1993.2.9
                日本発売日:1993.2.8

                (2)
                演奏:
                 Paul McCartney: Lead Vocal, Piano
                 Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
                 Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
                 Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
                 Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
                 Blair Cunningham: Backing Vocal, Drums
                録音スタジオ:live from Kansas City
                録音日:1993.5.31
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Geoff Emerick
                イギリス発売日:1993.11.8
                アメリカ発売日:1993.11.16
                日本発売日:1993.11.10

                歌詞・コード

                D#
                Well We're Going To, Yeah We're Going To
                D#aug
                Get It Right This Time.
                D#
                We're Going To Really Going To
                D#aug
                Raise It To The Sky.

                G#             Bb         C
                People Are Ready To Forgive A Few Mistakes
                G#             Bb
                But Let's Get Started, Form A Party
                                   C F G C
                Don't You Know How Long It Takes!

                C7   Am7        C/B  C
                C'mon People Let The Fun Begin.
                C7       Am7       C/B   C
                We've Got A Future And It's Rushing In.
                C7       Am7         C/B     C
                Call All The Minstrels From The Ancient Shrine.
                C7         Am7        C/B     C
                Pass Down The Message That It's Right This Time.


                D#
                Well I'm Trying To, Yeah I'm Crying To
                D#aug
                Lay It On The Line.
                D#
                We're Trying To, Really Dying To
                D#aug
                Get It Right This Time.
                G#                Bb        C
                So Many Yearning For The Way It's Gonna Be.
                G#                 Bb
                Believe It When You See It Happening To You.,
                         C F G C
                You Know It's Real.


                C'mon People Let The World Begin.
                We've Got A Future And It's Charging In.
                We'll Make The Best Of All We Have, And More.
                We'll Do What Never Has Been Done Before.

                G# Bb C
                Oh Yeah.
                G# Bb C
                Oh Yeah, Oh Yeah
                G# Bb C
                Oh Yeah.
                G# Bb C
                Oh Yeah, Oh Yeah

                Well I'm Going To, Yeah I'm Going To
                Get It Right This Time.
                I'm Going To, Really Going To
                Raise It To The Sky.
                I Must Admit I May Have Made A Few Mistakes,
                But Let's Get Started, From A Party
                Don't You Know How Long It Takes!

                So C'mon People Let The Fun Begin.
                We've Got A Future And It's Rushing In.
                Call All The Minstrels From The Ancient Shrine.
                Pass Down The Message That It's Right This Time.

                Oh Yeah.
                Oh Yeah, Oh Yeah
                Oh Yeah.
                Oh Yeah, Oh Yeah

                C'mon People Let The World Begin.
                We've Got A Future And It's Charging In.

                試聴

                (c)1992, 1993 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
                Biker Like An Icon
                0
                  作詞作曲:Paul McCartney
                  収録時間:(1)3分26秒 (2)3分28秒
                  収録アルバム:(1)Off The Ground (2)Paul Is Live
                  収録シングル:Biker Like An Icon

                  ポールが自宅の屋根裏部屋でマーティンの12弦ギターを弾きながら作った曲。1992年1月に行われたアルバム『Off The Ground』のリハーサルで試しに演奏されたバージョンがよかったため、そのテイクをそのままアルバムに収録した。
                  「"Biker Like An Icon"はポールがアルバムに収録予定の曲を目の前で弾いてくれた後に、初めてレコーディングした曲だ。ただ音と取っただけだったけど、曲の概要をつかむのに15分しかかからなかった。それでレコーディングしたんだ。」(ロビー・マッキントッシュ)
                  「この曲はシンプルな小曲だね。50回もリハーサルするとダメになるような曲。ささっとレコーディングしたんだ。それがよかった。」
                  曲のタイトルは、リンダ・マッカートニーが使っていたカメラ、ライカとニコンを掛け合わせて、「I like a Nikon」から進化させていったもの。バイク野郎を追っかける少女のことを歌っている。ロビー・マッキントッシュのリード・ギターが、バイクの音を模倣している。
                  当初、アルバムのプロモーションとして、7インチのビニル盤シングルとして17000枚限定で発売予定であったがキャンセルとなり、1991年1月に収録されたMTV『Unplugged』のアルバムに収録されていない曲「Things We Said Today」「Mean Woman Blues」「Midnight Special」とカップリングさせて発売されることになったが、これもラジオ局DJ用のCDシングルとして300部制作されただけでキャンセルとなった。結局、1993年ツアーのライブアルバム『Paul Is Live』に収録されたライブ・バージョンとをカップリングさせて、残りの「Things We Said Today」「Midnight Special」とのカップリングで1993年冬にヨーロッパで、アルバム『Off The Ground』からの第3弾シングルとして発売された。
                  シングル発売されたが、結局チャートインせず。
                  プロモーション・ビデオも作成され、3種類存在する。1993年1月12日にロンドンのPinewood Studiosで撮影された演奏シーン(公式ビデオ『Movin' On』に収録)のみのフィルム、バイク野郎を追いかける少女をメインで映したフィルム、画面の3/4がバイク野郎・少女、1/4が演奏シーンをコラージュさせたフィルムの3種類である。

                  1993年のニュー・ワールド・ツアーで演奏された曲で、ライン録音による演奏は以下のブートで聴くことができる。

                  (3)1992年12月10日エド・サリバン・シアター『Up Close』
                   C'mon People (High Live -- HL 2911)
                   Complete UP Close (DVD) (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 2004 6 7)
                   Phasing Phun Volume 8 (1989-1997) (Two Boys Limited Labs -- TBL-014 (8))
                   Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
                   First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
                   Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
                   Oobu Joobu (Part 1) (DVD) (MPL (Fake) -- 970201)

                  (4)1993年6月15日シャーロット公演
                   Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
                   Back In The U.S.A. (Vol. 3) (Banana -- BAN-029-C)

                  (5)1993年11月15日東京公演
                   Paul Is Vision - Soundcheck + Live (Label Unknown)

                  biker_like_an_icon_promo1.jpgbiker_like_an_icon_promo2.jpg

                  (1)アルバム『Off The Ground』
                  演奏:
                   Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocal, Acoustic Guitar, Percussion
                   Linda McCartney: Keyboard
                   Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass Guitar
                   Robbie Mclntosh: Slide Guitar
                   Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Piano, Linn Drum, Drum Programing, Percussion
                   Blair Cunningham: Backing Vocal, Percussion録音スタジオ:
                  録音日:1992.1
                  プロデューサー:Paul McCartney, Julian Mendelsohn
                  エンジニア:Bob Kraushaar
                  イギリス発売日:1993.2.2
                  アメリカ発売日:1993.2.9
                  日本発売日:1993.2.8

                  (2)アルバム『Paul Is Live』
                  演奏:
                   Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
                   Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
                   Hamish Stuart: Backing Vocal, Acoustic Bass Guitar
                   Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Acoustic Guitar
                   Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
                   Blair Cunningham: Drums
                  録音スタジオ:live from Boulder, Colorado USA
                  録音日:1993.5.5
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Geoff Emerick
                  イギリス発売日:1993.11.8
                  アメリカ発売日:1993.11.16
                  日本発売日:1993.11.10

                  歌詞・コード
                  Em7 A Em7 A
                   Em7      A
                  There was girl who loved a biker
                   Em7            A
                  she used to follow him across America
                   Em7     A        Em7 A
                  But the biker didn't like her.

                  She didn't care, she still persisted
                  though her brother said she was twisted
                  and the family said they wouldn't miss her
                  anyway.

                          CaddD      C
                  She loved the biker like an icon
                  Asus2     B7   Em7   A
                  gazing at his picture everyday.
                  She loved the biker like an icon
                  slowly watching precious water drip away.

                  She did her best to fix a meeting
                  she pulled it off one night in Hollywood.
                  When he met her he couldn't let her get away.

                  She didn't ask for her permission
                  he took advantage of her position.
                  But he was always her ambition anyway.

                  She loved the biker ...

                  The family tried so hard to find her
                  they showed her picture across America.
                  But no trace of her sweet face was ever found.

                  She loved the biker ...

                  試聴

                  (c) 1992, 1993 MPL Communications, Ltd.
                  CALENDAR
                  SMTWTFS
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  << September 2017 >>
                  ENTRY(latest 5)
                  ARCHIVES
                  CATEGORY
                  COMMENT
                  TRACKBACK
                  PROFILE
                  MOBILE
                  qrcode
                  LINK
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  バック・イン・ザ・USSR
                  バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  公式海賊盤
                  公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ポール・イズ・ライヴ
                  ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                  RECOMMEND
                  ライブ
                  ライブ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ラン・デヴィル・ラン
                  ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  フレイミング・パイ
                  フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  オフ・ザ・グラウンド
                  オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  プレス・トゥ・プレイ
                  プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  タッグ・オブ・ウォー
                  タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                  RECOMMEND
                  マッカートニーII
                  マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  バンド・オン・ザ・ラン
                  バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー&ウイングス
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  ラム
                  ラム (JUGEMレビュー »)
                  ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                  夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                  ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  あの雲のむこうに
                  あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                  ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.