I Saw Her Standing There
0
    作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
    収録時間:(1)4分38秒 (2)3分26秒 (3)3分8秒
    収録アルバム:(2)Tripping the Live Fantastic, Trippinng The Live Fantastic Highlights (3)Back In The U.S., Back In The World
    収録シングル:(1)Long Tall Sally

    1963年のビートルズのデビューアルバム『Please Please Me』のトップを飾るノリのいいロックンロール。もちろんポールのオリジナルで、1989年以降のポールのライブの定番曲となっている。
    「'I Saw Her Standing There'は、アラートンのフォースリン・ロード20番地にあった僕の家の居間で、ジョンと一緒に書いた。学校をサボって、ギターと家にあったピアノでね。'I Saw Her Standing There'は僕のアイデアで始まった。最初のバースが出来ていたから、メロディやテンポやキーも僕が出した。主要テーマが決まっていて、いろんな情報が集まったら、今度はそれを埋めていく。
    “She was just seventeen, she’d never been a beauty queen”と僕が書いたところからスタートして、ノートにいろいろふたりで書き足して、おかしなところは中断して検討した。じゃないと、いい作品は書けないよ。ジョンは"She was just seventeen, she'd never been a beauty queen"は気に入らなかったようだ。ジョンの反応は『美人コンテストの女王? なんだそりゃ』って感じだった。僕等はそのときバトリンズの街のことをイメージしていたので、どんな言い回しがふさわしいかをよく考えてみた。僕らは最初のフレーズで行き詰まって、だんだん嫌になってきた。『駄目だ、beauty queenは、ナシだ。Seventeenと韻を踏む他の単語を考えよう』と、アルファベット順にbetween, clean, lean, meanなんて考えていくうちに、"She wasn’t mean, you know what I mean?"『これだ! これにしよう』と決まってね。歌いながら、だんだん意味のある内容が出来あがってくんだよ。後で単語のダブル・ミーニングに気づいたりして、上手く問題は解決した。だから、あれは僕のアイデアだったけど、共作なんだ。ふたりでその日のうちに完成させたよ。
    一番思い出深いのはそのこと。単なる出だしの一行だけど。当時18、19だった僕等が17歳の女の子たちに話しかけるような形になったのさ。」(ポール)
    「チャック・ベリーの'I'm Talking About You'のベース・ラインとまったく同じラインを弾いてみたら、僕らの曲にぴったりだった。未だにこの話をしても、ほとんどの人は信じてくれない。だから、ベースのリフはオリジナルでなくていいんだと思ってるよ。」(ポール)
    「どの曲でもカウントは入れてたんだけど、特にノリのいい曲だったんで消さずにそのまま残したんじゃなかったかな。」(ポール)
    ビートルズ時代では1962年から1964年のライブ、テレビ番組出演、ラジオ番組出演、コンサートなど、演奏する機会ではほとんどこの曲を取り上げていた。ポールがソロになってこの曲を演奏したのは、1986年の「プリンシズ・トラスト」が初めてであるが、かなり久しぶりにビートルズの曲をオリジナルで歌ったポールは、ビートルズの曲を歌うことに興奮したようで、以降、1989-90年のゲットバック・ツアー、1993年のニュー・ワールド・ツアー、2002-03年のワールドツアー、2004年のヨーロッパ・ツアーと、この曲をセットリストに加えている。
    「ビートルズ時代は『40代になったらロックンロールなんかしていないさ』なんて言ってたもんだった。でも、僕はまだ大好きなんだ。プリンス・トラストをやった時、陶酔しちゃったよ。周囲を見れば、エリック・クラプトン、マーク・ノュプラー、ブライアン・アダムス、エルトン、ティナ・・・ ステージの上は大騒ぎだった。彼らも僕がノッてくるのを見て、うれしかったんじゃないかな。僕は "I Saw Her Standing There" と "Long Tall Sally"を歌った。それもオリジナルのキーで!気分は最高!毎晩だってやっちゃうよ。だからバンドを組みたい。」(ポール)
    1986年6月20日の「プリンシズ・トラスト」は、アルバム『Prince's Trust Birthday Party』の付録シングル「Long Tall Sally」に収録されている。公式ビデオには本編に収録されている。
    これを含めてのライブバージョンは、以下のブート等で聴くことができる。

    (4)1987年11月27日テレビ番組『The Last Resort』
     It's Now Or Never (The Complete Russian Sessions) (Goblin Records -- CD 3013)
     All The Rest (Love Records -- 1963-88JC)
     On A Rainy Day (No Label Records -- NLR 9707)
     Live Rarities (Starlight Records -- SL 87042)
    (5)1989年4月26-28日リハーサル
     公式ビデオ『Put It There』
    (6)1990年1月23日ロンドン公演
     Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
    (7)1990年3月31日バークレー公演
     Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
    (8)1990年4月1日バークレー公演
     A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
    (9)1990年4月20日リオ公演
     Live On TV In Rio - Part 2 (Ram Records -- RAM 008)
    (10)1989-1990年演奏場所不明
     公式ビデオ『Get Back』
    (11)1990年6月28日リバプール公演
     Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
     Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
    (12)1990年7月4日ワシントン公演
     Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
     4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
     Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
    (13)1993年6月15日シャーロット公演
     Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
     Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
     Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
     Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
     Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
     The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
    (14)2002年4月24日ワシントン公演
     Driving Macca! (Label Unknown)
    (15)2002年5月15日タンパ公演
     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
    (16)2003年5月24日モスクワ公演
     The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
    (17)2004年5月30日マドリード公演
     !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
    (18)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
     San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)

    (1)
    演奏:
     Paul McCartney: Lead Vocal, Acoustic Guitar
     Elton John: Piano
     Phil Collins: Drums
     Midge Ure: Electric Guitar
     Eric Clapton: Electric Guitar
     Mark Knopfler: Electric Guitar
     Joan Armatrding: Electric Guitar
     Howerd Jones: Keyboards
     Ray Cooper: Percussion
     Bryan Adams: Electric Guitar
     Rick Parfitt: Electric Guitar
     Francis Rossi: Electric Guitar
     John Illsley: Bass
     Mark King: Bass
    録音スタジオ:live from Wembley Arena
    録音日:1986.6.20
    プロデューサー:unknown
    エンジニア:unknown
    イギリス発売日:1987.4.24
    アメリカ発売日:未発売
    日本発売日:未発売

    (2)
    演奏:
     Paul McCartney: Bass, Vocal
     Linda McCartney: Keyboards, Vocal
     Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
     Chris Whitten: Drums
     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
     Hamish Stuart: Electric Guitar, Backing Vocal
    録音スタジオ:live from Montreal
    録音日:1989.12.9
    プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
    エンジニア:Bob Clearmountain
    イギリス発売日:1990.10.8
    アメリカ発売日:1990.10.16
    日本発売日:1990.11.9

    (3)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Bass
     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
     Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live from St. Lauderdale
    録音日:2002.5.15
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:David Kahne
    イギリス発売日:2003.3.17
    アメリカ発売日:2002.11.26
    日本発売日:2002.11.13

    歌詞・コード
    E7
    Well she was just seventeen
       A7     E7
    You know what I mean
    And the way she looked
             B7
    Was way beyond compare

      E7     E7/G#    A7
    So how could I dance with another
    C     E7    B7    E7
    Ooh when I saw her standing there

    Well she looked at me
    And I, I could see
    That before too long
    I'd fall in love with her

    She wouldn't dance with another
    Ooh when I saw her standing there

         E7
    Well my heart went boom
    When I crossed that room
               B7   E7
    And I held her hand in mine

    Oh we danced through the night
    And we held each other tight
    And before too long
    I fell in love with her

    Now I'll never dance with another
    Ooh when I saw her standing there

    Well my heart went boom
    When I crossed that room
    And I held her hand in mine

    Oh we danced through the night
    And we held each other tight
    And before too long
    I fell in love with her

    Now I'll never dance with another
    Ooh when I saw her standing there
    Ooh when I saw her standing there

    (c)1963 Nothern Songs. Ltd.
    Hello Goodbye
    0
      作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
      収録時間:3分46秒
      収録アルバム:Back In The U.S., Back In The World
      収録シングル:なし

      ビートルズ時代の1967年11月に発売したシングル曲。オリジナルのビートルズ・バージョンは、LPではアメリカ盤、CDでは全世界共通盤の『Magical Mystery Tour』に収録されている。全米1位、全英1位の大ヒットを記録した。シングルのB面はビートルズの曲として人気の高い「I Am The Walrus」。
      ビートルズのアシスタントであったアリステル・テイラーとポールがスタジオのハーモニウムでオールターナティヴなフレーズを弾きながら、2人で意味のない言葉をお互いに交わし合っていたのが曲となり、ポールが曲として体裁を整えたという。
      スタジオの中で、ビートルズの各メンバーがお互いに反対の意見ばかり言っていることを揶揄して作ったとも言われている。
      ビートルズの大ヒット曲であるにもかかわらず、ポールがソロになってからこの曲と取り上げたのは、発表から35年後。
      単純な歌詞と、「Hello Hello」が繰り返させるフレーズは、コンサートのオープニングにぴったりである。
      最後のリフレイン部分はポールのお得意分野。同じような手法を「Hey Jude」「Long Haired Lady」「Power Cut」「Beautiful Night」などで使っている。
      ライブアルバムに収録されたのは2002年5月1日のデトロイト公演で、DVD『Back In The U.S.』の映像も同日の演奏である。
      その他のライブは、以下のブートで聴くことができる。

      (1)2002年4月24日ワシントン公演
       Driving Macca! (Label Unknown)
      (2)2002年5月15日タンパ公演
       Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
      (3)2003年5月24日モスクワ公演
       The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)

      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Bass
       Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
       Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
       Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
       Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
      録音スタジオ:live from Detroit
      録音日:2002.5.1
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:David Kahne
      イギリス発売日:2003.3.17
      アメリカ発売日:2002.11.26
      日本発売日:2002.11.13

      歌詞・コード
      F
      You say yes
      C
      I say no
      G
      You say stop
        Am      G   Am
      And I say go, go, go!
      G
      Oh, no
                 G7
      You say goodbye, and I say hello

      C   C/B  C/A
      Hello, hello
      C/G    F      A#     C
      I don't know why you say goodbye, I say hello
      C/B  C/A
      Hello, hello
      C/G    F      A#     C
      I don't know why you say goodbye, I say hello

      I say high
      You say low
      You say why
      And I say I don't know
      Oh, no

      You say goodbye, and I say hello

      Hello, hello
      (Hello, goodbye, hello, goodbye)
      I don't know why you say goodbye, I say hello
      (Hello, goodbye, hello, goodbye)
      Hello, hello
      I don't know why you say goodbye, I say hello

      La-la-la-la-la-la, do you say
      Goodbye?
      Oh, no

      You say goodbye, and I say hello

      Hello, hello
      I don't know why you say goodbye, I say hello
      Hello, hello
      I don't know why you say goodbye, I say hello

      You say yes
      (I say yes)
      I say no
      (You tell me no)
      You say stop
      (I can stay)
      And I say go, go, go
      (Till it's time to go)
      Oh, no

      You say goodbye, and I say hello

      Hello, hello
      I don't know why you say goodbye, I say hello
      Hello, hello
      I don't know why you say goodbye, I say hello
      Hello, hello
      I don't know why you say goodbye, I say hello-o-o-o-o-o
      Hello-o-o

      Hey-la!
      Hey-hey-lo-la!
      Hey-la!
      Hey-hey-lo-la!

      (c)1967 Nothern Songs Ltd.
      Getting Better
      0
        作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
        収録時間:3分10秒
        収録アルバム:Back In The U.S., Back In The World
        収録シングル:なし

        ビートルズのアルバム『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』に収録されている曲。この曲は、ビートルズの1964年のツアーでドラマーの代役を務めたジミー・ニコルにインスパイアされて、ポールが書いたもの。ジミー・ニコルは「最近どう?」と聞かれると、いつも"It's getting better."(よくなっていっているよ。)と答えていたらしい。歌詞の一部とサビの部分は、ジョン・レノンが手伝っている。
        「ジョンの偉大さを示す良い例がある。ある時僕が "It's getting better all the time"(よくなるばかりだ)と歌うと、ジョンは"It counldn't get much worse."(悪くなりようがない)と続けた。僕には絶対に思いつかないことだった。歌もバランスが取れていた方がいいんだ。」(ポール)
        ポールはこの曲を、2002-03年のツアーで初めてライブで披露した。その時は、今回のツアーでレコーディング後初めて演奏する曲として紹介した。レスポールのギターを弾きながら歌っている。
        公式アルバムに収録されている以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

        (1)2002年4月24日ワシントン公演
         Driving Macca! (Label Unknown)
        (2)2002年5月15日タンパ公演
         Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
        (3)2003年5月24日モスクワ公演
         The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)

        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Guitar
         Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
         Brain Ray: Backing Vocal, Bass
         Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
         Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
        録音スタジオ:live from Denver
        録音日:2002.5.7
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:David Kahne
        イギリス発売日:2003.3.17
        アメリカ発売日:2002.11.26
        日本発売日:2002.11.13

        歌詞・コード

        Fmaj7
        C            F/G
        It's getting better all the time
        G    C/G     G          C/G
        I used to get mad at my school (No, I can't complain)
        G    C/G        G        C/G
        The teachers that taught me weren't cool (No, I can't complain)
        G          C/G    G      C/G
        You're holding me down, turning me around
        G      C/G    G    C/G G
        Filling me up with your rules

        C                 F
        I've got to admit it's getting better
        Em             F
        A little better all the time
        C             F
        I have to admit it's getting better
        Em          F Fmaj7        G
        It's getting better since you've been mine

        C     G      C/G     G    C/G
        Me used to be angry young man
        G    C/G     G      C/G
        Me hiding me head in the sand
        G        C/G   G         C/G
        You gave me the word I finally heard
        G      C/G      G
        I'm doing the best that I can

        F C/E F C/E F C/E F C/E C
        Getting so much better all the time
        C   F       Em      Fmaj7
        It's getting better all the time, better, better, better
        C   F       Em      Fmaj7        G
        It's getting better all the time, better, better, better

        I used to be cruel to my woman
        I beat her and kept her apart from the things that she loved
        Man I was mean but I'm changing my scene
        And I'm doing the best that I can

        I admit it's getting better
        A little better all the time (can't get no worse)
        Yes, I admit it's getting better
        It's getting better since you've been mine

        F C/E F C/E F C/E F F/G C
        Getting so much better all the time

        (c) 1967 Nothern Songs Ltd.
        Carry That Weight
        0
          作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
          収録時間:(1)1分44秒 (2)3分06秒
          収録アルバム:(1)Tripping The Live Fantastic, Tripping The Live Fantastic Hightlights (2)Back In The U.S., Back In The World
          収録シングル:なし

          ビートルズ時代にアルバム『Abbey Road』B面で発表したメドレー曲のうちの1曲。オリジナルでは、「Golden Slumbers」と「The End」とのメドレーになっている。メロディーと歌詞の一部は、同じくアルバム『Abbey Road』に収録されている曲「You Never Give Me Your Money」から引用されている。
          1989〜90年のワールドツアー「ゲットバック・ツアー」の時は、コンサートのアンコールの最後として、オリジナルに忠実にメドレー「Golden Slumbers」「Carry That Weight」「The End」3曲を演奏した。ポールは前2曲ではキーボードを、最後の1曲では途中でギターに持ち替えて演奏した。
          2002〜03年のワールドツアーの時は、「You Never Give Me Your Money」と「Carry That Weight」をミックスさせて、ポールが「マジック・ピアノ」と呼んでいるエレクトリック・ピアノの弾き語りで少しアレンジを変えて、この曲を披露した。発売されたアルバム『Back In The U.S.』,『Back In The World』の曲名クレジットでは、2曲のミックスであるにも関わらず「Carry That Weight」と1曲しかクレジットされていない。
          このツアーで演奏した際は、「You Never Give Me Your Money」の歌詞の一部を変えて、「This is a fever I don't know the words but I don't think I'm even gonna bother to try and learn them before the end of the tour.」(熱気で歌詞を忘れてしまったけど、ツアーの終わりまでには何とか歌詞を思い出してみせるよ。)と歌っている。ツアーの終盤であった2002年11月18日大阪公演や、2003年5月24日モスクワ公演、2003年6月1日リバプール公演では、オリジナル通りの歌詞で歌った。
          ライブで演奏されたバージョンは、以下のブートでも聴くことができる。

          (3)1990年1月23日ロンドン公演
           Welcome To Wombley - CD 2 (Voxx -- VOXX 0003-01)
          (4)1990年4月1日バークレー公演
           Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
           A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
          (5)1990年6月28日リバプール公演
           Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
           Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
          (6)1990年6月30日ネブワース公演
           The Knebworth Concert (Vigotone -- VT-CD 15)
           The Knebworth Concert (Goblin Records -- CD 3012)
          (7)1990年7月4日ワシントン公演
           Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
           4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
           Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
          (8)1990年7月15日フィラデルフィア公演
           公式ビデオ『Get Back』
          (9)2002年4月24日ワシントン公演
           Driving Macca! (Label Unknown)
          (10)2002年5月13日アトランタ公演
           公式DVD『Back In The U.S.』
          (11)2002年5月15日タンパ公演
           Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
          (12)2003年5月24日モスクワ公演
           The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)


          (1)『Tripping The Live Fantastic』『Tripping The Live Fantastic Hightlights』
          演奏:
           Paul McCartney: Piano, Vocal
           Linda McCartney: Keyboards, Vocal
           Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
           Chris Whitten: Drums
           Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
           Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
          録音スタジオ:live from Tronto
          録音日:1989.12.7
          プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
          エンジニア:Bob Clearmountain
          イギリス発売日:1990.11.5
          アメリカ発売日:1990.11.6
          日本発売日:1990.11.5

          (2)『Back In The U.S.』『Back In The World』
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Keyboard
          録音スタジオ:live from Tampa
          録音日:2002.5.15
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:David Kahne
          イギリス発売日:2003.3.17
          アメリカ発売日:2002.11.26
          日本発売日:2002.11.13

          歌詞
          You never give me your money
          You only give me your funny paper
          and in the middle of negotiations
          you break down

          I never give you my number
          I only give you my situation
          and in the middle of investigation
          I break down

          Out of college, money spent
          See no future, pay no rent
          All the money's gone, nowhere to go
          Any jobber got the sack
          Monday morning, turning back
          Yellow lorry slow, nowhere to go
          But oh, that magic feeling, nowhere to go
          Oh, that magic feeling
          Nowhere to go

          Boy, you gotta carry that weight
          Carry that weight a long time
          Boy, you gotta carry that weight
          Carry that weight a long time

          I never give you my pillow
          I only send you my invitation
          And in the middle of the celebrations
          I break down

          Boy, you gotta carry that weight
          Carry that weight a long time
          Boy, you gotta carry that weight
          Carry that weight a long time

          (c)1969 Northern Songs Ltd.
          CALENDAR
          SMTWTFS
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          2627282930  
          << November 2017 >>
          ENTRY(latest 5)
          ARCHIVES
          CATEGORY
          COMMENT
          TRACKBACK
          PROFILE
          MOBILE
          qrcode
          LINK
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          バック・イン・ザ・USSR
          バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          公式海賊盤
          公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          ポール・イズ・ライヴ
          ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
          RECOMMEND
          ライブ
          ライブ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          ラン・デヴィル・ラン
          ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          フレイミング・パイ
          フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          オフ・ザ・グラウンド
          オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          プレス・トゥ・プレイ
          プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          タッグ・オブ・ウォー
          タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
          RECOMMEND
          マッカートニーII
          マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          バンド・オン・ザ・ラン
          バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー&ウイングス
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          ラム
          ラム (JUGEMレビュー »)
          ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
          夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
          ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          あの雲のむこうに
          あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
          ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
          RECOMMEND
          RECOMMEND
          無料ブログ作成サービス JUGEM

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.