Here, There And Everywhere
0
    作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
    収録時間:(1)1分43秒 (2)3分16秒 (3)2分27秒 (4)2分26秒
    収録アルバム:(1)Give My Regards To Broad Street (2)Unplugged (3)Paul Is Live (4)Back In The U.S., Back In The World
    収録シングル:なし

    ビートルズの1966年のアルバム『Revolver』に収められているポールの作った秀逸なバラード。ビートルズの曲には隠れた名曲が多いが、この曲もシングルカットされたことはなく目立たない位置に収録されているため、隠れた名曲として例示されることが多い。
    ジョン・レノンの家で書いた曲で、ポールの親の世代の曲の作風に影響された。コーラス・ワークはビーチボーイズのブライアン・ウィルソンの作風に影響を受けている。
    「僕はこの曲を詩のイントロを使ったオールド・ファッション風のラヴ・ソングにしたかった。しばらくの間僕もジョンも、そんな曲作りをしなくなっていたし、それに僕たちの親たちが若かった頃に流行っていたような音楽をやってみたいという気持ちもあったんだ。 僕は父親の、ジョンは母親のそんな時代に思いをはせてこの曲を作った。僕の父親は昔、ジャズのバンドをやっていたし、ジョンの母親もバンジョーを弾いていたらしい。ジュリアと呼ばれた長い赤毛の彼女をジョンは深く愛していた。そんなことから僕たちは二人共この昔風なイントロのアイデアが気に入っていた。 この曲はジョンの家のプール・サイドでジョンが起きてくるのを待つ間に、ほとんど僕一人で書き上げたものだ。ジョンにはよく待たされることがあったけど、この時も僕はそこに座ってギターのEのコードあたりを一人で弾いていたんだ。」(ポール)
    「'Here, There And Everywhere'の出だしはビーチボーイズみたいにしたいと思ったことから始まった。ビーチボーイズみたいには聞こえないかもしれないけど、僕らの頭には、ビーチボーイズの曲の出だしがあった。こうやって何かをイメージするっていうのは、ものを作る骨組みをなるので、とてもいいことだ。」(ポール)
    ポールはアルバム『Revolver』収録曲を大変気に入っており、この曲以外でも、「Got To Get You Into My Life」「Good Day Sunshine」「Eleanor Rigby」「For No One」をライブで度々取り上げている。特にこの曲は、1984年の映画『Give My Regards To Broad Street(ヤァ!ブロード・ストリート)』、1991年のテレビ番組『Unplugged』、1993年のニュー・ワールド・ツアー、2002-3年のワールド・ツアーと幾度もライブで演奏している。
    映画『Give My Regards To Broad Street(ヤァ!ブロード・ストリート)』では、「Yesterday」に続くメドレーの1曲として、ブラス・セクションをバックに演奏。1991年以降は、アコースティック・セットで演奏している。
    公式アルバムに収録されている以外の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

    (5)2002年4月24日ワシントン公演
     Driving Macca! (Label Unknown)
    (6)2002年5月15日タンパ公演
     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
    (7)2003年5月24日モスクワ公演
     The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)

    (1)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
     Philip Jones: Trumpet
     Paul Archibald: Trumpet
     Jeff Btyant: Horn
     John Pigeneguy: Horn
     Raymond Premu: Bass Tromborn
     Michael Thompson: Horn
     James Watson: Trumpet
    録音スタジオ:A.I.R Studios, Abbey Road Studios, CTS Studios, London
    録音日:1982.12-1984.7
    プロデューサー:George Martin
    エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
    イギリス発売日:1984.10.22
    アメリカ発売日:1984.10.22
    日本発売日:1984.10.22

    (2)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
     Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
     Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
     Blair Cunningham: Drums
     Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
     Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
    録音スタジオ:Limehouse Television Studios, Wembley
    録音日:1991.1.25
    プロデューサー:Joel Gallen
    エンジニア:Geoff Emerick, Peter Craigie, Gary Stewart, Eddie Klein
    イギリス発売日:1991.5.13
    アメリカ発売日:1991.6.4
    日本発売日:1991.5.25

    (3)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Acoustic guitar
     Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
     Paul "Wix" Wickens: Accordion, Vocal harmonies
     Blair Cunningham: Drums
     Robbie Mclntosh: Acoustic guitar, Vocal harmonies
     Hamish Stuart: Acoustic bass guitar, Vocal harmonies
    録音スタジオ:live from Sydney
    録音日:1993.3.22
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick
    イギリス発売日:1993.11.8
    アメリカ発売日:1993.11.16
    日本発売日:1993.11.10

    (4)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Acoustic Guitar
     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
     Brain Ray: Backing Vocal, Bass
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Accordion
     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live from Chicago
    録音日:2002.4.11
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:David Kahne
    イギリス発売日:2003.3.17
    アメリカ発売日:2002.11.26
    日本発売日:2002.11.13

    歌詞・コード
    G        Bm
    To lead a better life
    Bb             Am Am7 D7
    I need my love to be here

    G   Am  Bm     C      G  Am
    Here, making each day of the year
    Bm      C        F#m       B7
    Changing my life with a wave of her hand
    F#m   B7  Em         Am      Am7 D7
    Nobody can deny that there's something there

    There, running my hands through her hair
    Both of us thinking how good it can be
    Someone is speaking, but she doesn't know he's there

      F7     Bb     Gm
    I need her everywhere
       Cm        D7         Gm
    And if she's beside me, I know I need never care
    Cm        D7         G   Am
    But to love her is to need her everywhere
    Bm       C       G  Am
    Knowing that love is to share
    Bm       C       F#m     B7
    Each one believing that love never dies
    F#m      B7
    Watching her eyes
      Em      Am    Am7 D7
    And hoping I'm always there

    I want her everywhere
    And if she's beside me, I know I need never care
    But to love her is to need her everywhere
    Knowing that love is to share
    Each one believing that love never dies
    Watching her eyes
    And hoping I'm always there

          G    Am    Bm    C
    I will be here, there and everywhere
    G   Am      Bm  C G
    Here, there and everywhere

    (c)1966 Nothern Songs Ltd.
    Goodnight Princess
    0
      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:3分57秒
      収録アルバム:Give My Regards To Broad Street
      収録シングル:なし

      1984年のポール主演・脚本・音楽の映画『Give My Regards To Broad Street(邦題:ヤァ!ブロードストリート)』に登場したポール作曲のオールド・ジャズ・スタイルのインストゥルメンタル・ナンバー。ポールは演奏には参加していない。映画の中では、サー・ラルフ・リチャードソンが演じるジムおじさんをポールが訪れるシーンで流れる。
      1983年11月、「The Long And Winding Road」の再レコーディングの翌日にレコーディングされた。
      LP盤には収録されておらず、CD盤のみに収録されている。当初、コロンビアから発売されたCDには、曲のタイトルは「Goodnight Lonely Pricess」と記されたが、その後に発売されたキャピタル盤(ヨーロッパではパーロフォン盤)では、「Goodnight Princess」というタイトルになっている。
      映画のエンド・クレジットには、この曲は表記されておらず、ポールの音楽出版社MPLが発売している楽譜にも、この曲は掲載されていない。
      演奏者は、20世紀フォックスが雇ったミュージシャンだと思われる。

      演奏:
       Paul McCartney: Voice
       Ronni Hughes: Trumpet
       Bobby Haughey: Trumpet
       Chris Smith: Trombone
       Derek Grossmith: Alto Sax, Clarinet
       Eddie Mordue: Tenor Sax, Clarinet
       Vic Ash Tenor: Sax
       Patt Halling: Violin
       Lauther Lewis: Violin
       Raymond Keenlyside: Violin
       Tony Gilbert: Violin
       Jhon Dean: Drums, Percussion
       Russ Stanleford: Double Bass
       Eric Ford: Guitar
       Gerry Butler: Piano
      録音スタジオ:AIR Studios, London
      録音日:1983.11
      プロデューサー:George Martin
      エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
      イギリス発売日:1984.10.22
      アメリカ発売日:1984.10.22
      日本発売日:1984.10.22
      Good Day Sunshine
      0
        作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
        収録時間:(1)2分16秒 (2)2分14秒
        収録アルバム:(1)Give My Regards To Broad Street
        収録シングル:(2)Birthday

        ビートルズのアルバム『Revolver』で発表した曲。タイトルから連想するとおり、爽快な感覚が味わえる曲である。ラビング・スプーンフルの「Daydream」という曲に影響を受けたとされている、ポールお気に入りの曲の1つ。
        「ウェイブリッジのセント・ジョーンズにあるジョンの家。あの頃僕は曲を書きによくあの家を訪ねたものだった。とても天気がよく心地よい風が吹くある日の夏、僕はあの家の2階にいた。僕らはつかの間の休日を過ごしていたんだ。この歌はそんな時に生まれた、ただ行き当たりばったりの夏の歌だった。」(ポール)
        1984年の映画『ヤァ! ブロードストリート(Give My Regards To Broad Street)』で、天気のいい中、ポールがドライブするシーンでこの曲が使われ、映画のサントラ盤『Give My Regards To Broad Street』に収録されている。このテイクは、ポールがピアノ以外の楽器を全て演奏している。ピアノはビートルズのオリジナル・バージョンと同様、ジョージ・マーティンが弾いている。
        それから5年後に行ったワールド・ツアー「ゲットバック・ツアー」でも、この曲をセットリストに入れた。1989年9月26日のオスロ公演から1990年6月29日シカゴ公演まで、全ての公演で演奏した曲であるが、ライブ・アルバム『Tripping The Live Fantasitic』には収録されずに、シングル「Birthday」のカップリングとして発表された。1989年12月9日モントリオール公演が収録されている。
        なお、ツアーを収めた映画『Get Back』では、1990年7月15日フィラデルフィア公演が収められている。各国の朝の人々の暮らしの様子がラップされた曲とマッチした映像に編集されている。
        公式盤に収録された以外のライブテイクは、以下のブートで聴くことができる。

        (3)1990年1月23日ロンドン公演
         Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
        (4)1990年3月31日バークレー公演
         Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
        (5)1990年4月1日バークレー公演
         A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
        (6)1990年7月4日ワシントン公演
         Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
         4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
         Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)

        (1)
        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, All instruments exept piano
         George Martin: Piano
        録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
        録音日:1982.12-1984.7
        プロデューサー:George Martin
        エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
        イギリス発売日:1984.10.22
        アメリカ発売日:1984.10.22
        日本発売日:1984.10.22

        (2)
        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Electric Guitar
         Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
         Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
         Chris Whitten: Drums
         Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
         Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
        録音スタジオ:live from Montreal, Canada
        録音日:1989.12.9
        プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
        エンジニア:Bob Clearmountain
        イギリス発売日:1990.10.8
        アメリカ発売日:1990.10.16
        日本発売日:1990.11.9

        歌詞・コード
        E

        B     F#
        Good day sunshine
        B     F#
        Good day sunshine
        E
        Good day sunshine
              A F#7        B7
        I need to laugh, and when the sun is out
        E7              A
        I've got something I can laugh about
             A F#7    B7
        I feel good in a special way
        E7           A
        I'm in love and it's a sunny day

        Good day sunshine
        Good day sunshine
        Good day sunshine

        We take a walk, the sun is shining down
        Burns my feet as I touch the ground

        D B7 E7 A7 D

        B     F#
        Good day sunshine
        Good day sunshine
        Good day sunshine

        Good day sunshine
        Good day sunshine
        Good day sunshine

        Good day sunshine
        Good day sunshine
        Good day sunshine

        (c)1966 Northern Songs Ltd.
        For No One
        0
          作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
          収録時間:2分12秒
          収録アルバム:Give My Regards To Broad Street
          収録シングル:なし

          ビートルズ時代に1966年のアルバム『Revolver』で発表した曲。1984年の映画『Give My Regards To Broad Street(ヤァ!ブロード・ストリート)』で再演した。オリジナルのビートルズ・バージョンでは、ピアノを弾きながら歌ったが、映画では、弦楽四重奏をバックにアコースティックギターを弾きながら歌った。弦楽四重奏は「Eleanor Rigby」と同じくガブリエル・ストリング・カルテットが担当している。ビートルズの演奏のキーはBであるが、この時は半音下げたキー(B♭)で演奏。
          ポールはこの曲を気に入っているようで、1993年のツアー・リハーサルでも演奏したが、結局1993年のニュー・ワールド・ツアーで演奏することはなかった。その後、1995年3月23日ロンドンのセント・ジェームス宮殿で開催されたロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック主催のチャリティー・イベント『An Evening With Paul McCartney & Friends』で、ブロスキー・カルテットの弦楽四重奏をバックにギターを弾きながら歌った。この時のキーはC。
          さらにその後、2004年のヨーロッパ・ツアー「04 Summer」でもこの曲を演奏した。この時は、エレキピアノ(通称、マジックピアノ)を使っての弾き語り。フレンチホルンの部分はキーボードのウィックスが再現した。この演奏でのキーは同じくC。
          1984年のアウトテイク、1995年と2004年の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

          (1)1984年『Give My Regards To Broad Street』アウトテイク
           Artifacts III (Big Music -- BIG 4036)
          (2)1995年3月23日『An Evening With Paul McCartney & Friends』
           A Royal Command Performance (Cool Orangesicle -- C3-203)
           A Royal Performance (Strawberry Records -- STR 005)
           New Moon Over Macca Vol. 6 (Madman -- MM-1004-6)
          (3)2004年5月30日マドリード公演
           !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
          (4)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
           San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)

          演奏:
           Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
           Jeff Bryant: Horn
           Gabriell String Quartet
          録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
          録音日:1982.12-1984.7
          プロデューサー:George Martin
          エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
          イギリス発売日:1984.10.22
          アメリカ発売日:1984.10.22
          日本発売日:1984.10.22

          歌詞・コード
          C      Em
          Your day breaks, your mind aches
          Am      C/G       Fmaj7       Bb
          You find that all her words of kindness linger on
                 C
          When she no longer needs you

          She wakes up, she makes up
          She takes her time and doesn't feel she has to hurry
          She no longer needs you

                Dm       A7
          And in her eyes you see nothing
          Dm          A7  Dm
          No sign of love behind the tears
                A7
          Cried for no one
          Dm          A7     Dm  G11 G7
          A love that should have lasted years

          You want her, you need her
          And yet you don't believe her when she said her love is dead
          You think she needs you

          And in her eyes you see nothing
          No sign of love behind the tears
          Cried for no one
          A love that should have lasted years

          You stay home, she goes out
          She says that long ago she knew someone but now he's gone
          She doesn't need him

          Your day breaks, your mind aches
          There will be time when all the things she said
          will fill your head
          you won't forget her

          And in her eyes you see nothing
          No sign of love behind the tears
          Cried for no one
          A love that should have lasted years

          (c)1966 Nothern Songs Ltd.
          Eleanor's Dream
          0
            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:5分59秒
            収録アルバム:Give My Regards To Broad Street
            収録シングル:なし

            アルバム『Give My Regards To Broad Street』に収録されているクラシック作品で、アルバムの前曲「Eleanor's Dream」とのメドレーで登場する。ポールにとっては、1966年に作曲した映画『The Family Way(ふたりだけの窓)』以来のクラシック作品で、後に発表するクラシック作品『Liverpool Oratorio』『Standing Stone』の作風にも影響を与えたと言える。
            映画の中でBGMとして効果的に使われている。
            ポールは演奏に参加していない。なお、LPでは曲の一部がかなりカットされており、約3分の長さとなっている。
            「映画が出来上がってみるとそのシーンが9分にもなってしまった。僕が脚本を書いた時、頭の中で描いたディケンズ風の通り、岬と馬車、剣と祭壇といったイメージに基づいて、ちょうど3分のシーンになるように考えていた。しかし、監督のピータ・ウェッブがとり終えた時にはそううまくいかなかった。解決策として編集者は残りの6分にクラシック音楽を流していた。その曲はブラームスのバイオリン・コンチェルトだった。僕とジョージ・マーティンは困った立場に立たされた。僕たちは6分間のクラシック音楽を作曲しなければならなくなった。ブラームスという人にできたのだから僕たちにだってできるはずだと監督に強制的にやらされた感じだった。とにかく『エリナー・リグビー』風の新しい曲に挑戦しなければならない。僕にとってはかなり変った出来事だったが曲を作りながら昔この曲を作った時のことを思い出した。23歳の僕は、将来いつかこの曲を歌うことになるかもしれないと思いながら作っていたような気がする。30歳になったら何をしよう?なんてことも考えていた。そして『エリナー・リグビー』というこのシリアスな歌ができあがったんだ。これなら大丈夫だと思った。もう魅力的でいようなんてことを考える必要はないと。年老いたビートルズがするべきことをその時みつけたような気がした。あれからもう何年もが過ぎた。僕は昔の夢を思い出しながらクラシックの作曲に取り掛からなければならない。まあ、6分かそこらでしかないけれど。」(ポール)

            演奏:
             Gabriell String Quartet
             Kenneth Sillito: Leader, Brendan O'Reilly: Violin, Ian Jewel: Viola, Keith Harvey: Cello
            録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
            録音日:1982.12-1984.7
            プロデューサー:George Martin
            エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
            イギリス発売日:1984.10.22
            アメリカ発売日:1984.10.22
            日本発売日:1984.10.22
            Eleanor Rigby
            0
              作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
              収録時間:(1)2分12秒 (2)2分36秒 (3)2分17秒
              収録アルバム:(1)Give My Regards To Broad Street (2)Tripping The Live Fantastic!! (3)Back In The U.S., Back In The World
              収録シングル:なし

              オリジナルはビートルズ時代のアルバム『Revolver』に収録されている。曲の大部分はポールが書いたが、歌詞の一部をジョンが手伝っている。Eleanor Rigbyという架空の人物を登場させた物語風の作品。当初、登場人物の名前は、Daisy Hawkins, Lionel Bart, Eleanor Bygravesなどの候補があったという。「リグビーという名前はブリストルにあるショップの窓の上に書かれていた『株式会社リグビー』からとったんだ。エリナーの方は多分、半意識的に当時一緒に仕事をしていたエリナー・ブロンからとった。」(ポール)
              ジョンとポールが初めて出会ったウールトン教会の墓地に、Eleanor Rigbyという名前の墓があることは有名。
              ポールはこの曲が気に入っているようで、1984年の映画『ヤァ!ブロードストリート』のために再演した。ビートルズのオリジナルは弦楽八重奏をバックに歌っていたが、映画の再演では、アコースティックギターを弾きながら、弦楽四重奏をバックに歌った。映画ではこの曲に続いて、メドレー形式でクラシック作品に仕上げた「Eleanor's Dream」に繋がる。
              中止になった1980年の日本公演で演奏する予定であったが、初めてライブで披露したのは、1989〜90年のゲットバック・ツアーの時である。この時はキーボードのウィックスがシンセサイザーで奏でるストリングスをバックに、アコースティックギターを弾きながら歌った。オリジナルよりもテンポは少し遅い。
              2002〜2003年のワールド・ツアー、2004年の「04 Summer」ツアーの時も同じ編成でライブ演奏している。
              公式発表されなかった音源は、以下のブートで聴くことができる。

              (4)1989年12月9日モントリオール公演
               公式ビデオ『Get Back』
              (5)1990年1月23日ロンドン公演
               Welcome To Wombley - CD 2 (Voxx -- VOXX 0003-02)
              (6)1990年4月1日バークレー公演
               Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
               A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
              (7)1990年4月20日リオ公演
               Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
              (8)1990年6月28日リバプール公演
               Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
               Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
              (9)1990年7月4日ワシントン公演
               Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
               4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
               Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
              (10)1995年3月23日ロンドン・セントジェイムス宮殿 "An Evening With Paul McCartney & Friends".
               The Alternate Revolver - Solo (Pear Records -- PCD 006)
               A Royal Command Performance (Cool Orangesicle -- C3-203)
               A Royal Performance (Strawberry Records -- STR 005)
               New Moon Over Macca Vol. 6 (Madman -- MM-1004-6)
              (11)2002年4月24日ワシントン公演
               Driving Macca! (Label Unknown)
              (12)2002年5月15日タンパ公演
               Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
              (13)2003年5月24日モスクワ公演
               The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
              (14)2004年5月30日マドリード公演
               !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
              (15)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
               San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)

              (1)
              演奏:
               Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
               Gabriell String Quartet
                Kenneth Sillito: Leader, Brendan O'Reilly: Violin, Ian Jewel: Viola, Keith Harvey: Cello
              録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
              録音日:1982.12-1984.7
              プロデューサー:George Martin
              エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
              イギリス発売日:1984.10.22
              アメリカ発売日:1984.10.22
              日本発売日:1984.10.22

              (2)
              演奏:
               Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
               Paul "Wix" Wickens: Keyboards
              録音スタジオ:live from Worcester
              録音日:1990.2.8
              プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain & Peter Henderson
              エンジニア:Bob Clearmountain
              イギリス発売日:1990.11.5
              アメリカ発売日:1990.11.6
              日本発売日:1990.11.5

              (3)
              演奏:
               Paul McCartney: Acoustic guitar, Vocal
               Paul "Wix" Wickens: Keyboards
              録音スタジオ:live from Denver
              録音日:2002.5.7
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:David Kahne
              イギリス発売日:2003.3.17
              アメリカ発売日:2002.11.26
              日本発売日:2002.11.13

              歌詞・コード
              C            Em
              Ah, look at all the lonely people
              Ah, look at all the lonely people

              Em
              Eleanor Rigby picks up the rice in the church
                         C
              Where a wedding has been
                    Em
              Lives in a dream
              Waits at the window, wearing the face that she keeps
                Em7    C
              In a jar by the door
                  Em
              Who is it for

              Em7      Em6     Em(b6)     Em
              All the lonely people, where do they all come from
              Em7      Em6     Em(b6)     Em
              All the lonely people, where do they all belong

              Father McKenzie, writing the words of a sermon
              That no one will hear
              No one comes near
              Look at him working, darning his socks in the night
              When there's nobody there
              What does he care

              All the lonely people, where do they all come from
              All the lonely people, where do they all belong

              Ah, look at all the lonely people
              Ah, look at all the lonely people

              Eleanor Rigby, died in the church and was buried
              Along with her name
              Nobody came
              Father McKenzie, wiping the dirt from his hands
              As he walks from the grave
              No one was saved

              All the lonely people, where do they all come from
              All the lonely people, where do they all belong

              (c) 1966 Northern Songs
              Corridor Music
              0
                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:17秒
                収録アルバム:Give My Regards To Broad Street
                収録シングル:なし

                ポールが脚本、主演、音楽を担当した1984年公開の映画『ヤァ!ブロードストリート』で用いられた音楽の一部を、サントラ盤にも収録した。アルバムでは、ビートルズ・ナンバーの再現となった「Good Day Sunshine」とのメドレーで登場する。ポールが演奏するインストゥルメンタルのバックに、映画中のポールとリンゴ・スターの会話が用いられている。
                1984年10月14日にLondon Weekend Televisionの番組『The South Bank Show』で放送された映画『ヤァ!ブロードストリート』のドキュメンタリー番組では、ロンドンのA.I.R.スタジオでプロデューサーのジョージ・マーティンと、この曲をレコーディングする風景が放送された。おそらく1983年11月か12月頃のセッションであると推測されるが、ハープシコード、クラシックギター、レスポールのギターでレコーディングする姿は貴重である。ここでは「Gloriana」スタイルでも演奏されているが、アルバム『ヤァ!ブロードストリート』には収録されていない。

                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, All instruments except piano
                 George Martin: Piano
                録音スタジオ:A.I.R. Studio, London
                録音日:circa 1983.11-12
                プロデューサー:George Martin
                エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
                イギリス発売日:1984.10.22
                アメリカ発売日:1984.10.22
                日本発売日:1984.10.22
                CALENDAR
                SMTWTFS
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                3031     
                << July 2017 >>
                ENTRY(latest 5)
                ARCHIVES
                CATEGORY
                COMMENT
                TRACKBACK
                PROFILE
                MOBILE
                qrcode
                LINK
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                バック・イン・ザ・USSR
                バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                公式海賊盤
                公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                ポール・イズ・ライヴ
                ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                RECOMMEND
                ライブ
                ライブ (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                ラン・デヴィル・ラン
                ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                フレイミング・パイ
                フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                オフ・ザ・グラウンド
                オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                プレス・トゥ・プレイ
                プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                タッグ・オブ・ウォー
                タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                RECOMMEND
                マッカートニーII
                マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                バンド・オン・ザ・ラン
                バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー&ウイングス
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                ラム
                ラム (JUGEMレビュー »)
                ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                あの雲のむこうに
                あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                RECOMMEND
                RECOMMEND
                無料ブログ作成サービス JUGEM

                (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.