Let It Be
0

    作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
    収録時間:(1)4分12秒 (2)3分53秒 (3) (4)3分58秒
    収録アルバム:(1)Concerts For The People Of Kampuchea (2)Trippinng The Live Fantastic (3)The Concert For New York City (4)Back In The U.S.,Back In The World
    収録シングル:なし

    「Yesterday」「Hey Jude」などと並ぶ言わずと知れたビートルズの代表曲で、ピアノ・バラードのスタンダード・ナンバーである。
    「The Long And Winding Road」と同じ時期くらいに、1968年のビートルズのアルバム『The Beatles(通称ホワイト・アルバム)』のレコーディング期に作った曲。ビートルズのバージョンは、アルバム『Let It Be』に収録されたバージョン、シングル・バージョンともに、1969年1月31日のゲットバックセッションで演奏したテイク27が元になっている。シングルはもちろん大ヒットし、全米1位、全英3位まで上昇。
    「ある晩、夢におふくろが出てきたんだ。死んで10年も経つのにね。ほんの一瞬でも実際に死んだ人と一緒になれるのが夢のすごいところだよね。おふくろは僕を元気付けてくれた。それは素晴らしい夢だった。夢の中でおふくろは『大丈夫』と言ってくれたんだ。'Let It Be'という言い方だったかどうか覚えていないけど、彼女のアドバイスの要点はそういうことだった。『心配しなくていいのよ。すべて上手くいくから』と。余りに素敵な夢で、目が覚めてからも『おふくろに会えてよかったなあ』と思ってた。神の恵みとも思える夢だった。それで出来たのが'Let It Be'。“Mother Mary”とおふくろの名前で始まるだろう。“When I find myself in times of trouble(トラブルを抱えているときに)”とはまさに僕の状況だった。あの歌はあの夢が基になってるんだ。“Mother Mary”は宗教的な意味にも取れるけど、そう解釈されても僕は気にしない。自分の信仰を確認するための曲にされたって、僕は嬉しく思う。」(ポール)
    ビートルズ解散後にポールが組んだウィングスでは、しばらくビートルズの曲を演奏しなかったため、この曲がライブで初めて演奏されたのは、1979年11-12月の全英ツアーの時である。全英ツアー最終日のカンボジア難民救済コンサートの時は、当日参加したロッケストラのメンバー(ピート・タウンゼント、デイブ・エドモンズ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ロバート・プラント、ブルース・トーマス、ジョン・ボーナム等が参加)をバックに従えて、この曲を演奏した。
    1985年7月13日に行われたアフリカ難民救済を目的とした世界的チャリティー・コンサート『Live Aid』では、イギリス会場であるウェンブリー・アリーナでのトリで出演するが、冒頭にマイク・トラブルに見舞われ、ボーカル・マイクの音が拾われないという出来事があった。(後に公式発売されたDVD『Live Aid』に収録される際には、ボーカルはオーバーダブされている。)
    「ライブで、状況に応じて頭が素早く回転する瞬間が好きなんだ。でも今まで一番妙だったのは、ライブ・エイドで'Let It Be'を歌ってるときのこと。マイクがオフになってたのに気づかずにそのまま歌ってたら、途中で突然フィードバックが聞こえてきて、思わず“There will be some feedback, let it be(そのうちフィードバックが聞こえるさ、なるがままに)”という歌詞が頭を駆け巡ったんだ。そのとき頭の一方は『いけない、こんな真面目なイベントで、そんなことを歌ったらアホだと思われる』と考え、もう一方は『フィードバック(もう一度食料を)とエチオピアなんて素晴らしい、主旨にぴったり』と思った。でも、瞬間的判断で歌うのをやめたよ。やれやれ、思い出すだけで赤面ものだね。」(ポール)
    1989-90年のゲットバック・ツアー、1993年のニュー・ワールド・ツアー、2002-3年のワールド・ツアー、2004年のヨーロッパ・ツアー及び2005年のアメリカ・ツアーと、その後のツアーでは必ずと言っていいほどコンサートで演奏している。
    また、1999年3月15日のロックの殿堂入りセレモニーでは、ビリー・ジョエルと共演して演奏した。
    一方、1987年にイギリスのゼーブルッヘで起きたフェリー転覆事故のチャリティ・シングル「Let It Be」にも、ビートルズ・バージョンを提供する形で参加した。プロモーション・ビデオにも出演している。さらに、2001年12月11日ノルウェーのオスロでのノーベル平和賞100周年記念コンサート、2001年6月14日のロサンゼルス・ビバリーヒルズでのチャリティー・イベント「Adopt-A-Minefield」、2001年10月20日のチャリティー・コンサート『The Concert For New York City』、2004年10月15日の「Adopt-A-Minefield」など、チャリティー・コンサートで演奏していることが多い。『The Concert For New York City』では、エリック・クラプトンがギター・ソロを弾いた。
    公式盤に収録されていないライブ演奏等は、以下のブートで聴くことができる。

    (5)1979年12月17日グラスゴー公演
     Last Flight - Disc 2 (Vigotone -- vigotone 165)
     Glasgow 1979 (Cool Orangesicle -- C 3 201)
    (6)1985年7月13日ライブエイド
     公式DVD『Live Aid』
    (7)1989年4月ツアー・リハーサル
     公式DVD『Put It There』
    (8)1989年ツアー・リハーサル
     Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records -- YC 049)
    (9)1990年1月16日ロンドン公演
     Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
    (10)1990年3月7日東京公演
     Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
    (11)1990年3月31日バークレー公演
     Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
    (12)1990年4月20日リオ公演
     Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
    (13)1989-1990年演奏場所不明
     公式DVDビデオ『Get Back』
    (14)1990年6月28日リバプール公演
     Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
     Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
    (15)1990年7月4日ワシントン公演
     Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
     4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
     Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
    (16)1993年3月23日シドニー公演
     公式ビデオDVD『Paul Is Live』
    (17)1993年6月15日シャーロット公演
     Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
     Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
     Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
     Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
     Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
     The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
    (18)2001年12月11日ノーベル平和賞100周年記念コンサート
     The Virgin Radio Interview+The Nobel Peace Prize 100th Anniversary Concert (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records -- MFR/TKR 2001)
     Video Collection Vol. 5 (DVD) (Apple (Fake) -- none)
    (19)2001年6月14日Adopt-A-Minefieldリハーサル
     Adopt-A-Minefield Rehearsals (Label Unknown -- nlaall20010614)
    (20)2001年6月14日Adopt-A-Minefield
     Together On Stage - Adopt-A-Minefield (CD 1) (Watchtower -- WT 2001026/27)
     Driving Rain ... In The New Century (Disc 1) (BATZ -- BATZ 0205)
    (21)2002年4月24日ワシントン公演
     Driving Macca! (Label Unknown)
    (22)2002年5月15日タンパ公演
     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
    (23)2003年5月11日イタリア公演
     Gap Fillers (Spank Me!)
     Live In Rome 11 May 2003 (CD 2) (Label Unknown)
    (24)2003年5月24日モスクワ公演
     The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
     Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
    (25)2004年5月30日マドリード公演
     !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
    (26)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
     San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
    (27)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
     Live In Glastonbury (Label Unknown)
    (28)2005年7月Sessions@AOL
     AOL Sessions (CD) (Unknown -- w/r)

    (1)
    演奏:
     Paul McCartney Vocal, Piano
     Linda McCartney Keyboards
     Denny Laine Guitar
     Laurence Juber Guitar
     Steve Holly Drums
     Dave Edmunds Guitar
     James Honeyman-Scott  Guitar
     Pete Townshend Guitar
     John Paul Jones Bass
     Ronnie Lane Bass
     Bruce Thomas Bass
     Robert Plant Bass
     Gary Brooker Piano
     John Bonham Drums
     Kenney Jones Drums
     Billy Bremmer Percussion
     Tony Dorsey Trombone
     Howie Casey Saxphone
     Steve Howard Trumpet
     Thadeus Richard Saxphone
    録音スタジオ:live from Hammarsmith Odeon Cinema, London
    録音日:1979.12.29
    プロデューサー:Chris Thomas
    エンジニア:Bill Price, Dick Allott, Geoff Davis, John Walls
    イギリス発売日:1981.4.3
    アメリカ発売日:1981.3.30
    日本発売日:1981.4.28

    (2)
    演奏:
     Paul McCartney: Piano, Vocal
     Linda McCartney: Keyboards, Vocal
     Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
     Chris Whitten: Drums
     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
     Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
    録音スタジオ:live from Dortmund
    録音日:1989.10.17
    プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
    エンジニア:Bob Clearmountain
    イギリス発売日:1990.10.8
    アメリカ発売日:1990.10.16
    日本発売日:1990.11.9

    (3)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Piano
     Eric Clapton: Guitar
     Rusty Anderson: Bass, Backing Vocals
     Abe Laboriel Jr.: Drums, Backing Vocals
     Gabe Dixon: Keyboards, Backing Vocals
    録音スタジオ:live from Madison Square Garden, New York
    録音日:2001.10.20
    プロデューサー:Don Devito, Chuck Plotkin, Bob Clearmountin, Thom Cadley
    イギリス発売日:2001.11.27
    アメリカ発売日:2001.11.27
    日本発売日:2001.12.19

    (4)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Piano
     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
     Brain Ray: Backing Vocal, Bass
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live from Atlanta
    録音日:2002.5.13
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:David Kahne
    イギリス発売日:2003.3.17
    アメリカ発売日:2002.11.26
    日本発売日:2002.11.13

    歌詞・コード
    C G Am Fmaj7 F6 C G F C

        C       G
    When I find myself in times of trouble
    Am      Fmaj7  F6
    Mother Mary comes to me
    C        G      F C
    Speaking words of wisdom, let it be

    And in my hour of darkness
    She is standing right in front of me
    Speaking words of wisdom, let it be

       Am     C/G
    Let it be, let it be
       F     C
    Let it be, let it be
    C         G      F C
    Whisper words of wisdom, let it be

    And when the broken-hearted people
    Living in the world agree
    There will be an answer, let it be

    For though they may be parted
    There is still a chance that they will see
    There will be an answer, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    There will be an answer, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    There will be an answer, let it be

    F C/E G7/D C Bb F/A G F C F C G F C

    C G Am F C G F C F Am F C G F C

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    Whisper words of wisdom, let it be

    And when the night is cloudy
    There is still a light that shines on me
    Shine until tomorrow, let it be

    I wake up to the sound of music
    Mother Mary comes to me
    Speaking words of wisdom, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    There will be an answer, let it be

    Let it be, let it be
    Let it be, let it be
    Whisper words of wisdom, let it be

    F C/E G7/D C Bb F/A G F C

    (c)1970 Northern Songs
    Comment:
    2006/01/28 9:23 PM, Jash wrote:
    もう何もコメントしなくてもいい程の曲でしょう。この曲の雰囲気をコピーしたピアノ・バラードは、この世の中にいっぱいあります。「Let It Be」と歌う部分のF→Cに移るコード展開も、ぱくっている曲もいっぱいあると思います。

    同時期に発売されたサイモン&ガーファンクルの「明日に掛ける橋」も、同じように、最初シンプルな楽器演奏が、曲が進むに連れて音が重なっていき、最後は壮大になっていくアレンジなので、よく比較されたりします。ジョンも「Let It Be」が「明日に掛ける橋」を真似たものではないかと発言したことがありますが、実際は、「明日に掛ける橋」よりも「Let It Be」の方が先に作られています。

    「Mother Mary」は聖母マリアではなく、ポールの母のメアリーのことなんですね。
    2006/02/07 8:46 PM, FUJIYAN wrote:
    当初、ピアノ練習曲とバカにされたそうです。
    しかし、簡単でありながら、これだけ印象深いフレーズを作る、Paul McCartneyの真骨頂ですね。
    まるで、弾き方までデザインしたかのような、ダイナミックなピアノの使い方、少しピアノをかじれば、誰もがやってみたくなる曲ではないでしょうか。
    また、この曲と「Yesterday」だけは、リリース・バージョンが最高だと思います。やはり、当時の輝きが込められているような気がします。
    2006/02/18 11:32 AM, あらっち@FH wrote:
    私は'79年のVerが、熱くて大好きです。
    WINGSの演奏だから、というもの一端でしょうか。

    どのVerもギターソロが違って、それぞれの個性があるのが嬉しいところかもしれません。

    日本人の琴線にふれる、魂をもった楽曲と言うところでしょうか。
    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/100342
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.