Listen To What The Man Said(あの娘におせっかい)
0



    作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
    収録時間:(1)4分1秒 (2)3分40秒 (3)3分55秒
    収録アルバム:(1)Venus And Mars (2)Wings Over America (3)All The Best, Wingspan
    収録シングル:(3)Listen To What The Man Said

    1975年のアルバム『Venus And Mars』からのファースト・シングルで、全米1位、全英6位の大ヒットを獲得したポールらしいポップなナンバー。大ヒットナンバーであるにも関わらず、1978年に発売されたウィングスのベスト・アルバム『Wings Greatest』には何故か収録されていない。
    ベーシック・トラックはニューオリンズでレコーディングを行い、その時はデイブ・メイソンがギター・ソロを弾き、一度はレコーディングが完成したが、ウィングスのメンバーの意見により、もう一度ロサンゼルスの Wally Heider Studios でレコーディングし直し(1975年5月8日)、トム・スコットのリード・サックスをオーバーダブし、それを採用することとした。
    「ピアノを弾いてこの曲を聞かせると、みんないい曲だといってくれたんだけど、いざレコーディングしてみると何かがものたりないんだ。そこでギター・ソロを加えようかと思っていたら、デイブ・メイソンがひょっこりスタジオに現れたんで、彼にギター・ソロをダビングしてもらったんだ。リリカルで素晴らしいギター・ソロだろ。 トム・スコットの方は、彼が近くに住んでいることを知らされたんで、電話をかけてスタジオに呼び出したんだ。彼は30分もしないうちにサックスを持ってスタジオに駆けつけてくれて、一度のレコーディングで完了しちゃった。」(ポール)
    「トム・スコットのファースト・テイクのソロが一番よかったんだけど、誰も信じてくれなかった。そこで、もう数テイク録音したんだけど、あまりよくなかった。彼がプレイしてくれたテイクがよかったので。それを採用したんだ。」(ポール)
    イントロの語りはポールによるものだが、シングル・バージョンおよび『All The Best』『Wingspan』等のベスト盤に収録されたバージョンでは削除された。アルバム『Venus And Mars』では、メドレー形式で次の曲の「Treat Her Gently / Lonely Old People」に続くが、シングル・バージョン及びベスト盤ではフェイドアウトで処理されている。
    プロモーション・ビデオも作成されたが、これは映画『Rock Show』にも使われた1976年6月23日ロサンゼルス公演の映像である。
    アルバムからのアウトテイクが発見されており、ソロ・サックスがないバージョンとエレキピアノを主体としたラフなバージョンがあり、以下のブートで聴くことができる。
    1975年から1976年のウィングスのワールド・ツアーで演奏され、この時はポールによるピアノイントロで曲が始まるアレンジとなっている。1975年のツアーでは、ヒットした直後であるため、この曲がコンサートのハイライトとなった。
    その後、ツアーで演奏されたことはないが、1987年11月20日放送のイギリスの番組『Wogan』で、アルバム『All The Best』のプロモーションのため、この曲をスタジオライブで演奏したことがある。この時の演奏はマイミングで、音は事前にスタジオで録音したものであった。
    また、2001年のベスト・アルバム『Wingspan』のプロモーションのために、ダンス・ミュージックにアレンジしたテイクも制作された。

    (4)アウトテイク1
     Venus And Mars Paul's Rough Sketch (Master Of Orange -- MOO 10008)
     Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange -- MOO 00003)
     Venus And Mars - Basic Trax (Adam VIII LTD -- Adam VIII 001)
     Venus And Mars Sessions (Yellow Cat Records -- YC 070)
    (5)アウトテイク2
     Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 1 (No Pig -- NP 1906 1)
     Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 2 (No Pig -- NP 1906 2)
     Venus And Mars Sessions (Yellow Cat Records -- YC 070)
    (6)1975年11月13日メルボルン公演
     9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
     Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
     Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
     Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
     Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
     Greatest Hits Live (Chartbusters -- CHER-073-A)
    (7)1976年6月10日シアトル公演
     Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
     Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
    (8)1976年6月23日ロサンゼルス公演
     映画『Rock Show』
     Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
    (9)1987年11月20日テレビ番組『Wogan』
     Completed Rarities Vol. 1 (Polyphone -- PH 1312)
     All The Rest (Love Records -- 1963-88JC)
     Oobu Joobu (Part 1) (DVD) (MPL (Fake) -- 970201)
     1987 (DVD 1) (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 6 16 2)
    (10)2001年『Wingspan』ダンス・リミックス
     Macca Mixes (Yellow Cat Records -- YC 071)

    (1)(3)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
     Linda McCartney: Backing vocal
     Denny Laine: Guitars, Backing vocal
     Jimmy McCulloch: Guitars, Backing Vocal
     Joe English: Drums, Backing Vocal
     Tom Scott: Saxophone
     Dave Mason: Guitar
    録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans, Wally Heider Studios, LA, Abbey Road Studios, London
    録音日:1974.11-1975.3
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Alan O'Duffy, Geoff Emerick
    イギリス発売日:1975.5.16
    アメリカ発売日:1975.5.26
    日本発売日:1975.6.20

    (2)
    演奏:
    Paul McCartney: Vocal, Piano
    Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
    Denny Laine Electric Guitar, Backing Vocal
    Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
    Joe English: Drums, Backing Vocal
    Howie Casey: Saxphone
    録音スタジオ:live from Kansas City, MO
    録音日:1976.5.29
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
    イギリス発売日:1976.12.10
    アメリカ発売日:1976.12.10
    日本発売日:1977.1.25


    歌詞・コード
    G

    Bm     Cmaj7
    Any time, any day
    Bm7           Esus4 E
    You can hear the people say
    Bbm   Am
    That love is blind
      Bm           Cmaj7   G
    Well I don't know, but I say love is kind

    Soldier boy, kisses girl
    Leaves behind a tragic world
    But he won't mind
    He's in love and he says love is kind

    C6
    Oh yes, indeed we know
    That people find a way to go
      G        C6 Gmaj7 G7
    No matter what the man said
       C
    And love is fine for all we know
    For all we know our love will grow
    G         C6 Gmaj7
    That's what the man said
    C       G         C6 Gmaj7
    So won't you listen to what the man said
    C      G
    He said

    Oh yes, indeed we know
    That people find a way to go
    No matter what the man said
    And love is fine for all we know
    For all we know our love will grow
    That's what the man said
    So won't you listen to what the man said
    He said

    Oh yes, indeed we know
    That people find a way to go
    No matter what the man said
    And love is fine for all we know
    For all we know our love will grow
    That's what the man said
    So won't you listen to what the man said
    He said

       G      G6 Gmaj7 G6
    The wonder of it all, baby
       G     G6 D
    The wonder of it all, baby
       G     G6 Gmaj7
    The wonder of it all, baby
    C6     G G6 Gmaj7 G6 G
    Yeah, yeah, yeah

    (c)1975 MPL Communications, Inc.
    Comment:
    2006/02/20 1:11 AM, Jash wrote:
    引き続きヒット曲の登場ですね。この曲はポールのポップ路線が全開した曲で、本当にいい曲だと思います。ウィングス時代も、このような曲を書き続けたポールの才能に感嘆してしまいます。

    最近のライブで全く取り上げないのが残念です。演奏して欲しいというファンも多いのではないでしょうか。

    ちなみに、1987年テレビ番組に出演した時には、バックバンドには、後のツアーのバンドメンバーともなるクリス・ウィットン、ビートルズの「Revolution」でピアノを担当したニッキー・ホプキンスがいます。
    また、1988年2月27日のイタリアの「サンレモ・ポップ・フェスティバル」に出演した際も、マイミングでこの曲を披露したのですが、その時にはバックバンドに、後のツアーのバンドメンバー、ヘイミッシュ・スチュアートがいます。
    2006/02/23 1:26 AM, With A Little Luck wrote:
    「これぞポール!」という曲ですよね。まさに「ポップ」という言葉がふさわしい1曲で、メロディにもアレンジにも一瞬の隙もありません。最初にこれを聴いた時は「ポールらしい!」と素直に感じました。

    さらにトム・スコットのサックスも、彼らしい快活なソロでこれも完璧ですね!他のソロがありえないくらいです。最後の劇的なリンクに至るまで、この曲はポール節を炸裂させています!

    メロディのみならず、アレンジも完璧なのがこの曲が今でも誰からも愛される要因なのでしょうね。アレンジがだめだったらイマイチだったでしょう。
    [比較例:デニー・レインによるカヴァー・ヴァージョン(爆)]
    2006/07/08 2:54 PM, 湘南のJOHN LENNON wrote:
    はじめまして!
    トラバさせていただきました。
    すごく詳細で勉強になります。
    ポールの情報が全部わかりそうですよね。
    これからもよろしくお願いします。
    2006/07/08 6:19 PM, Jash wrote:
    湘南のJOHN LENNON さん、ありがとうございます。最近多忙のため更新頻度が落ちていますが、できるだけ詳細情報を書き込んでいきますので、できればコメントも含めて、よろしくお願いします!
    2006/07/08 6:27 PM, 湘南のJOHN LENNON wrote:
    早々のお返事ありがとうございました。
    貴方のブログをお気に入りに登録させていただきました。
    どうぞこれからもよろしくお願いします。
    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/139053
    2006/07/08 2:52 PM
    「ロック・ショウ」  ポール・マッカートニー & ウイングス 「ROCK SHOW」  Paul McCartney & Wings からの続き 1970年代中期の音楽シーンで一番ヒットをコンスタントに出していたバンドがポール・マッカートニー & ウイングスだ。ビートルズ解散後もポー
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.