Live And Let Die(死ぬのは奴らだ)
0



    作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
    収録時間:(1)3分10秒 (2)3分34秒 (3)3分11秒 (4)3分10秒 (5)3分5秒 (6)3分10秒
    収録アルバム:(1)Live And Let Die Original Soundtrack, Wings Greatest, All The Best, The Greatest (Japan only), Wingspan, Best Of Bond (2)Wings Over America (3)Tripping The Live Fantastic (4)Paul Is Live (5)Back In The US, Back In The World (6)The In-Laws (soundtrack)
    収録シングル:(1)Live And Let Die

    ジェームス・ボンドの映画007シリーズで、3代目ボンド役にロジャー・ムーアを迎えたシリーズ第8作『Live And Let Die(007/死ぬのは奴らだ)』の主題歌で、ポール自身が作曲し、ウィングスが演奏した。ロックのグループとして初めて007シリーズの主題歌を担当した。007シリーズの主題歌は1位にならないと言われたとおり、米ビルボード誌のチャートでは2位止まりだったが、米キャッシュボックス誌のチャートでは1位を獲得した。イギリスでは9位まで上昇。「My Love」の大ヒットに続く曲で、ウィングスの名声を確立した。
    ポールによれば、中間のレゲエ調部分はリンダが書いたという。
    この曲は元々、007シリーズのプロデューサー、アルバート・ブロッコリがポールに依頼し、007シリーズ第7作ショーン・コネリー主演の『Diamonds Are Forever(ダイヤモンドは永遠に)』の主題歌として書いたものだが、この映画には使われなかった。その後1972年10月頃に、ポールが『死ぬのは奴らだ』の原作本を読んで感化され、その翌日にこの曲を書いたという。そしてジョージ・マーティンに連絡し、オーケストラ部分のアレンジを依頼し、次の週にレコーディングを行った。
    「ある日曜日に’Live And Let Die’の本を読んだんだ。何か作りたいなと思って、ピアノに座って1曲作ったんだ。歌詞は僕とリンダで考えた。それからジョージ・マーティンにプロデュースを依頼して、ウィングスとレコーディングしたんだ。」(ポール)
    「僕が映画を見に行くのはサウンドトラックを聴くためで、僕にとっては映画のほうがバックグラウンドなんだよ。ちょうど僕の曲の背景になる映画ができた。ジェームス・ボンド・シリーズの『007/死ぬのは奴らだ』っていうんだけど、確かにこの映画は音楽を引き立ててくれている。」(ポール)
    「レコーディングが終了した後、ジョージ・マーティンがデモを映画のロケが行われたカリブまで持っていってたんだ。そこで、映画のプロデューサーがレコード・プレイヤーを見つけ聴いただけど、彼らは’すばらしいデモだ!’って言って、’いつレコーディングするんだ?’’誰が歌うんだ?’って聞いてきたらしい。ジョージは’これが本番のトラックです!’って言い返したようだけど。」(ポール)
    この曲の発表以後、1979年のイギリスツアーを除いて、1973年イギリスツアー、1975-76年ワールドツアー、1989-90年ゲットバックツアー、1993年ニューワールド・ツアー、2002-03年ワールドツアー、2004年ヨーロッパツアー、2005年アメリカツアーと、ライブでは必ずと言っていいほど演奏している。マグネシウム爆発とレーザー光線を使った派手なステージ演出で、コンサートで盛り上がるハイライトとなっている。
    2003年に発表された映画『The In-Laws』(邦題:セイブ・ザ・ワールド、DVDでのみ発売)のサウンドトラックとして、1974年アビーロードでのウィングスのスタジオセッション、通称『Backyard』セッションの音源が使われたが、発売にあたってはバイオリン・ソロの部分がオーバーダブされている。
    また、プロモーション・フィルムが存在するが、これは1979年に全世界でテレビ放送されたウィングスのドキュメンタリー『Wings Over The World』で放送されたリハーサルと1976年6月23日ロサンゼルス公演をくっつけたものである。
    スタジオ・アウトテイクは存在しないが、未発表ライブ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

    (7)1973年6月10日ニューキャッスル公演
     Live In Newcastle, 1973 (Starlight Records -- SL87017)
     Unsurpassed Masters Vol. 1 (Strawberry Records -- STR 002)
     Wings Live In Newcastle (Mistral Music -- MM 9117)
     Get You Ready For Live: Newcastle 1973 (BMW -- BMW005)
    (8)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
     Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
     Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
     Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
     Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
     Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
     Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
    (9)1975年11月13日メルボルン公演
     9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
     Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
     Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
     Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
     Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
    (10)1976年6月10日シアトル公演
     Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
     Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
    (11)1976年6月23日ロサンゼルス公演
     映画『Rock Show』
     Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
    (12)1990年1月16日ロンドン公演
     Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
    (13)1990年3月7日東京公演
     Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
    (14)1990年3月31日バークレー公演
     Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
    (15)1990年4月20日リオ公演
     Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
    (16)1990年7月4日ワシントン公演
     Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
     4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
     Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
    (17)1990年7月15日フィラデルフィア公演
     公式ビデオ『Get Back』
    (18)1992年12月10日収録テレビ番組『Up Close』
     Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
     219 W. 53 Street (Pluto Records -- PLRCD9310)
     Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
     Deliverance Now (Rarities Special -- RS 9318)
     First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
     New York 1992 (Red Lines -- GSCD 1245)
    (19)1993年6月15日シャーロット公演
     Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
     Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
     Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
     Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
     Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
     The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
    (20)1993年11月15日東京公演
     Live In Argentina Special (DVD 1) (Label Unknown)
     Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
     Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
     Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
     Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
     Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
     Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)
    (21)2002年4月24日ワシントン公演
     Driving Macca! (Label Unknown)
    (22)2002年5月15日タンパ公演
     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
    (23)2003年5月24日モスクワ公演
     The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
     Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
    (24)2004年5月30日マドリード公演
     !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
    (25)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
     San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
    (26)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
     Live In Glastonbury (Label Unknown)
    (27)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
     Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound -- WOS-DVD-001)

    (1)
    演奏:
     Paul McCartney: Piano, Vocal
     Linda McCartney: Backing vocal
     Denny Laine: Bass, Backing vocal
     Denny Seiwell: Drums
     Henry McCullough: Electric guitar
    録音スタジオ:AIR Studios, London
    録音日:1972.10
    プロデューサー:Paul McCartney, George Martin
    エンジニア:?
    イギリス発売日:1973.6.1
    アメリカ発売日:1973.6.18
    日本発売日:1973.7.20

    (2)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Piano
     Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
     Denny Laine: Bass, Backing Vocal
     Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
     Joe English: Drums, Backing Vocal
     Tony Dorsey: Trombone
     Thaddeus Richard: Saxophone
     Steve Howard: Trumpet
     Howie Casey: Saxophone
    録音スタジオ:live from Boston
    録音日:1976.5.22
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
    イギリス発売日:1976.12.10
    アメリカ発売日:1976.12.10
    日本発売日:1977.1.25

    (3)
    演奏:
     Paul McCartney: Piano, Vocal
     Linda McCartney: Keyboards, Vocal
     Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
     Chris Whitten: Drums
     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
     Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
    録音スタジオ:live from Dortmund
    録音日:1989.10.17
    プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
    エンジニア:Bob Clearmountain
    イギリス発売日:1990.10.8
    アメリカ発売日:1990.10.16
    日本発売日:1990.11.9

    (4)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Piano
     Linda McCartney: Backing Vocal
     Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass
     Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
     Blair Cunningham: Drums
    録音スタジオ:Live from Boulder
    録音日:1993.5.26
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick
    イギリス発売日:1993.11.8
    アメリカ発売日:1993.11.16
    日本発売日:1993.11.10

    (5)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Piano
     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
     Brain Ray: Backing Vocal, Bass
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live from Dallas
    録音日:2002.5.9
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:David Kahne
    イギリス発売日:2003.3.17
    アメリカ発売日:2002.11.26
    日本発売日:2002.11.13

    (6)
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Keyboard
     Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
     Denny Laine: Bass, Backing vocal
     Jimmy McClloch: Erectric guitar, Backing vocal
     Jeff Burtton: Drums
    録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
    録音日:1974.8
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick
    イギリス発売日:2003
    アメリカ発売日:未発売
    日本発売日:未発売
    歌詞・コード
    G       Bm       C     D7   D7-9 G
    When you were young and your heart was an open book
          Bm        C
    You used to say live and let live
          C/D         Cm/D       G
    You know you did, you know you did, you know you did
          Bm       C           A
    But if this ever-changing world in which we live in
         D       Bb
    Makes you give in and cry

                  G C/G
    Say live and let die
            Gdim G7
    Live and let die
             C/G
    Live and let die
            Gm
    Live and let die

    Gm

    C9
    What does it matter to you
    G7
    When you got a job to do
        D7
    You gotta do it well
          Em           F
    You gotta give the other fellow hell

    Gm

    G Bm C D7 D7-9 G

    You used to say live and let live
    You know you did, you know you did, you know you did
    But if this ever-changing world in which we live in
    Makes you give in and cry

    Say live and let die
    Live and let die
    Live and let die
    Live and let die

    Gm Ebm/Gb

    (c)1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney and United Artists Music Limited. All Rights for U.S.A. and Canada Controlled by Unart Music Corporation
    Comment:
    2006/03/08 12:51 AM, Jash wrote:
    「L」で始まる曲にはヒット曲が多いですね。この曲も言わずと知れた有名曲、解説が長くなってしまい、掲載に時間が掛かってしまいました。
    ガンゼズローゼズも、1992年にカバーしてヒットさせています。(と言ってもビルボード33位までしか上昇していないようですが)

    最初のバラードから一転してアップテンポになり、中間はレゲエ調と、ポールお得意の曲作り。ポールの才能を感じます。
    2006/03/14 1:18 AM, With A Little Luck wrote:
    この007映画は一度TVで見たことがありますが、ほとんど内容を覚えていなかったりします(汗)。当時ビートルズにはまっていた私にとっては「ポールの曲にはこんな曲もあるんだ〜」という感じでした。結局曲は覚えていませんでしたが。

    ポールの曲にこの頃から多く見られ始めた組曲形式ですが、ダイナミックなアレンジで違和感なく聴かせているのも、マーティン先生の手腕が大きく貢献しているんでしょうね。さすがYellow Submarineで映画音楽を手がけただけあります。

    ライヴで定番化していますが、今なお演奏され続けている数少ないウイングスナンバーなので、これはずっと演奏していてほしいですね。マグネシウム花火の演出は一度生で見ておきたいです。
    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/169346
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.