Driving Rain
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:(1)3分27秒 (2)(3)3分11秒
    収録アルバム:(1)Driving Rain (2)Back In The U.S. (3)Back In The World
    収録シングル:なし

    ポールの最新アルバム(2001年発売)『Driving Rain』からのタイトル曲。ロサンゼルスの大西洋海岸の高速道路をヘザーと一緒にドライブした後に書かれた曲。曲作りの過程については、ポール自身が2002年のツアーのMCで語っている。
    「僕らがアルバム『Driving Rain』をレコーディングしていたとき、ロサンジェルスにいたんだけど、必死にレコーディングして1日休暇を取ったんだ。折角イギリスから来たんだしね。いい天気になるぞ!って思って休暇を取ったら、雨が降ったんだ。どしゃぶりだった! でもよかったんだ。大西洋海岸の高速道路に乗って、黒い小さなコルベットでラジオを聞きながらドライブしたんだ。とにかく、雨は降っていたけど楽しい日を過ごした。それで戻ってから、この曲が出来たんだよ。」(ポール)
    また、ポールは曲を作った時のことをこう回想している。
    「ある日の夕方、ピアノのあるところに座っていて、曲を書き始めたんだけど、その日はベースの部分が少し出来たところだったんだ。ロサンゼルスの家にはセキュリティーシステムがあって、声で知らせてくれるんだ。"Something's open!"(何かが開きました)ってな感じで。それを拝借したんだ。」(ポール) その歌詞とポールがヘザーと婚約した気持ちを重ねているかのようだ。
    当初はバラードであった曲であるが、アレンジの途中でアップテンポとした。
    2001年6月14日に開催された地雷撲滅のための慈善団体「Adopt-A-Minefield」が主催するコンサートで、アルバム発売前にも関わらず演奏した。アルバム発売後は、2002年のツアー「Driving USA」「Back In The U.S.」「Driving Mexico」「Driving Japan」で演奏した。2003年のツアー「Back In The World」では、途中の4月5日シェフィールド公演まで演奏されたが、ツアーの途中で体調を崩したため、それ以降はレパートリーから外れた。
    ライブ・バージョンは以下のブートで聴くことができる。

    (4)2001年6月14日Adopt-A-Minefield リハーサル
     Adopt-A-Minefield Rehearsals (Unknown -- nlaall20010614)
     Together On Stage - Adopt-A-Minefield (CD 1) (Watchtower -- WT 2001026/27)
    (5)2001年6月14日Adopt-A-Minefield
     Paul Of Kintyre (Disc 2) (RAR -- RAR 008/9)
     Together On Stage - Adopt-A-Minefield (CD 1) (Watchtower -- WT 2001026/27)
    (6)2002年4月24日ワシントン公演
     Driving Macca! (Label Unknown)
    (7)2002年5月15日タンパ公演
     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)

    (1)アルバム『Driving Rain』
    演奏:
     Paul McCartney: Bass, Vocal, Acoustic Guitar
     Abe Laboriel Jr.: Drums
     Rusty Anderson: 12 String Guitar, Electric Guitar.
     Gabe Dixon: Wurlitzer, organ
     David Kahne: Synthesizer
    録音スタジオ:Henson Recording Studio, LA
    録音日:2001.2.27
    プロデューサー:David Kahne
    イギリス発売日:2001.11.12
    アメリカ発売日:2001.11.13

    (2)アルバム『Back In The U.S.』『Back In The World』
    演奏:
     Paul McCartney: Vocal, Bass
     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
     Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
    録音スタジオ:live from Chicago
    録音日:2002.4.11
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:David Kahne
    イギリス発売日:2003.3.17
    アメリカ発売日:2002.11.26
    日本発売日:2002.11.13

    歌詞・コード
    F#                Bm
    One, two, three, four, five, let's go for a drive
    F#                Bm              A    G
    Six, seven, eight, nine, ten, let's go there and back again, oohh

    D                 Gmaj7
    Somethings open an it's my heart
    D                  Gmaj7
    Somethings missing it's when, apart
    Bb                   C           D
    Somethings good it's when were, back together again

    A nothing's wrong it's just insane
    Nothing's right until your, back again
    Nothing's broken when it's, softly spoken
    And, walkin slowly down the lane

    Gmaj7              D
    Why don't we drive in the rain
    Gmaj7               D
    Straight throught eye of the hurricane
    Gmaj7        A/G   A
    Go a ride in the driving rain

    One, two, three, four, five, let's go for a drive
    Six, seven, eight, nine, ten, oohhew
    One, two, three, four, five, let's go for a drive
    Six, seven, eight, nine, ten, ya let's go there and back again, baby,
    Baby

    You come walkin through my door
    Like the one that i've been waiting for
    Letting sunshine in the darkest place when
    I've been going back there again

    (c) 2001 MPL Communications
    Comment:
    2005/03/17 11:16 PM, Jash wrote:
    かっこいい曲ですね。アップテンポにして正解だと思います。アルバム『Driving Rain』の中では一番好きな曲なので、2002年の日本公演の時に生演奏を聴くことができてよかったです。
    大阪公演の前日に開催したライブイベント「WINGSFAN供廚任癲△海龍覆鮗ら演奏できたのが思い出に残っています。
    ちなみに、アルバムバージョンと公式ライブアルバムのバージョン、そして、2001年のAdopt-A-Minefieldの時とは、それぞれ曲の構成が異なっています。

    2005/03/17 11:49 PM, あらっち@FH wrote:
    WINGSFAN脅膾邸△感賚様でした。いまだにあのでっかいステージで演奏できたことは誇りに思ってます。

    演奏しながら客席見ると、「1・2・3・4・5」のところでお客さんが指折りポーズしてくれてるんですよね。
    こんな素人演奏集団の音に合わせて!?びっくりですよ。でも嬉しかったぁ。

    LIVEでは最新曲の披露場所、というビートルズ初期のコンセプトはもはや今のポールには無さそうで、
    '03年以降この曲が演奏されなくなっちゃったのは本当に残念。あなたの1番新しい曲、大好きでしたのに…。
    次のNEWアルバム&ツアー、楽しみにしてますので!!

    2005/03/17 11:52 PM, WALL管理人 wrote:
    あまり一曲一曲がぱっとしない同名アルバムの中では印象に残る曲ですね。私も同アルバムの中では1,2を争うくらいで好きです。シングルカットすべきでしたね!
    でも、もうちょっとメリハリのあるというか、クリアな音にした方がもっと目立ったかなと思います。
    (第2節のバックに目立つようなシンセストリングスを入れるとか・・・でもそうしないことでかっこよさは強調されていますね。)

    この曲がバラードだったことは初めて聞きました。やっぱりこの曲はアップテンポですね!

    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/47312
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.