Eleanor's Dream
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:5分59秒
    収録アルバム:Give My Regards To Broad Street
    収録シングル:なし

    アルバム『Give My Regards To Broad Street』に収録されているクラシック作品で、アルバムの前曲「Eleanor's Dream」とのメドレーで登場する。ポールにとっては、1966年に作曲した映画『The Family Way(ふたりだけの窓)』以来のクラシック作品で、後に発表するクラシック作品『Liverpool Oratorio』『Standing Stone』の作風にも影響を与えたと言える。
    映画の中でBGMとして効果的に使われている。
    ポールは演奏に参加していない。なお、LPでは曲の一部がかなりカットされており、約3分の長さとなっている。
    「映画が出来上がってみるとそのシーンが9分にもなってしまった。僕が脚本を書いた時、頭の中で描いたディケンズ風の通り、岬と馬車、剣と祭壇といったイメージに基づいて、ちょうど3分のシーンになるように考えていた。しかし、監督のピータ・ウェッブがとり終えた時にはそううまくいかなかった。解決策として編集者は残りの6分にクラシック音楽を流していた。その曲はブラームスのバイオリン・コンチェルトだった。僕とジョージ・マーティンは困った立場に立たされた。僕たちは6分間のクラシック音楽を作曲しなければならなくなった。ブラームスという人にできたのだから僕たちにだってできるはずだと監督に強制的にやらされた感じだった。とにかく『エリナー・リグビー』風の新しい曲に挑戦しなければならない。僕にとってはかなり変った出来事だったが曲を作りながら昔この曲を作った時のことを思い出した。23歳の僕は、将来いつかこの曲を歌うことになるかもしれないと思いながら作っていたような気がする。30歳になったら何をしよう?なんてことも考えていた。そして『エリナー・リグビー』というこのシリアスな歌ができあがったんだ。これなら大丈夫だと思った。もう魅力的でいようなんてことを考える必要はないと。年老いたビートルズがするべきことをその時みつけたような気がした。あれからもう何年もが過ぎた。僕は昔の夢を思い出しながらクラシックの作曲に取り掛からなければならない。まあ、6分かそこらでしかないけれど。」(ポール)

    演奏:
     Gabriell String Quartet
     Kenneth Sillito: Leader, Brendan O'Reilly: Violin, Ian Jewel: Viola, Keith Harvey: Cello
    録音スタジオ:AIR Studio, Abbey Road Studiom CTS Studio, London
    録音日:1982.12-1984.7
    プロデューサー:George Martin
    エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
    イギリス発売日:1984.10.22
    アメリカ発売日:1984.10.22
    日本発売日:1984.10.22
    Comment:
    2005/03/28 12:07 AM, Jash wrote:
    この曲ができたきっかけが、映画の1シーンのBGMを作るためだと、調べて初めて知りました。
    ジョージ・マーティンがアレンジ・スコアを書いたんでしょうが、1966年の作品『The Family Way』よりもクラシックらしく仕上がっているところは、ジョージ・マーティンの功績大なのでしょう。
    映画の方は、この曲が流れているシーンが夢の夢の夢で、お粗末な感じがしてしまったんですが・・・。

    2005/03/28 3:28 AM, WALL管理人 wrote:
    映画をまだ見ていないのでこの曲のシーンがどんなものかは完全に想像の域を出ないのですが、犬の吠え声や剣を研ぐような音が聴こえていて、映画に合わせているな〜、と感じます。途中で女性コーラスがEleanor Rigbyを歌っていますが、聞き慣れた歌詞に思わずにやけてしまいます。

    それにしても映画のために急遽作ることが決まってどたばたしながらもこれほどのクラシックを作ってしまうのはさすがメロディメイカー・ポールですね〜。

    ちなみに、現在売られている「ヤァ!〜」の日本版CDの帯では、タイトルが「エリナーの夢」でなく「エリナーの愛」になっていますw

    2005/03/28 8:29 AM, あらっち@FH wrote:
    途中のメロディが“Girl”っぽくなってる箇所があって、面白く感じています。
    もともと“Tomorrow Never Knows”をも映画には使いたかった、と証言していたみたいなので、実現していたらどんな風に使われていたか、こっちの方も興味がそそられますね(●^o^●)

    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/47316
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.