Famous Groupies(伝説のグルーピー)
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:3分34秒
    収録アルバム:London Town
    収録シングル:なし

    追っかけファンを題材にしてスコットランドで書いた曲であるが、ツアーを行い活躍する架空のミュージシャンを歌詞の題材としている物語風の曲である。バージン諸島でのセッションでレコーディングされた。
    当初はアップテンポのロック風の曲であったが、アルバム『London Town』の雰囲気に合わすために、アコースティックギターを主体としたミドルテンポの曲にアレンジし直した。
    以下のブートでは、この曲のラフ・ミックスを聴くことができる。

    London Town Sessions (Misterclaudel -- mccd 04)
    Water Wings (Disc 2) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)
    London Town Roughs & Demos (Mistral Music -- MM 9105)

    演奏:
     Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards, Percussion
     Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
     Denny Laine: Guitars, Vocals
     Jimmy McCulloch: Guitars, Backing Vocal
     Joe English: Drums, Backing Vocal
    録音スタジオ:Record Plant Mobile Stusio, US Virgin Islands, AIR Studios, London, Abbey Road Studio, London
    録音日:1977.5.1-31, 1977.11
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
    イギリス発売日:1978.3.31
    アメリカ発売日:1978.3.27
    日本発売日:1978.4.7

    歌詞・コード
    C      Em  Am        G
    All stand back, let the people see
    C      Em     Am          G
    Take a snap of the famous groupies for me

    A Dm
    Be-hold the famous groupies

    they are alike as two peas
                   E         A7
    And where the other goes, the other goes.
       Am
    But though the famous groupies
      Bm      Em
    are only paid in rupees
    Am                       D
    Nobody knows what the famous groupies know
         Am                        G
    and nobody goes where the famous groupies go.

    There was a bongo player
    who kept an extra layer
    of Dunlopillo mattress in his van.
    But when the famous groupies
    arrived with their twin snoopies
    Nobody saw which way the poor boy ran
    as nobody does it like a famous groupie can

    All stand back, let the people see
    Take a snap of the famous groupies for me

    There was a lead guitarist
    who lived in Epping Forest
    and all he ever wanted was to blow.
    But when the girls were with him
    he never lost his rhythm
    Nobody knows what the famous groupies know
    and nobody goes where the famous groupies go.

    C Em Am G C Em Am G

    There was the classic story
    of a roadie nicknamed Rory
    who used to practiced voodoo on the side
    When the famous twosome
    suggested something gruesome
    All that they found was crater two miles wide
    which left the music business absolutely horrified.

    All stand back, let the people see
    Take a snap of the famous groupies

    Am
    Famous groupies, famous groupies
    Amfamous groupies, famous groupies

    Ladies and gentlemen, those magnificent examples of
    female pulchritude and luminosity, direct from their
    global perambulations to the very boards of this
    supremely magnificent proscenium arch:
    ladies and gentlemen--I give you...
    Am G
    Famous groupies!

    試聴

    (c) 1978 MPL Communications, Inc.
    Comment:
    2005/03/30 3:11 AM, WALL管理人 wrote:
    個人的にはあまりインパクトのない曲なのですが、私の大好きなアルバムLondon Townの1曲で、私の一番好きなWith A Little Luckの次の曲ですw

    アップテンポのロック調だったというのは初めて知りました。方向転換したおかげで、どこかスコットランドの匂いがする曲になっていますね。歌い方もフォークソング(民族音楽)を意識した感じでアルバムにマッチしていますね。

    歌詞にたくさんの登場人物が出てくるのはポールお得意の技ですね。Average PersonとかMove Over Buskerとか、一人一人に個性があふれていて、ポールは物語作家でも十分食べていけたんじゃないかなんて思います。

    私はこの曲の歌詞は全然覚えられていないのですが、最後のアナウンスをかっこよく決められたら最高ですね。

    2005/03/31 12:54 AM, Jash wrote:
    この曲のコンセプトは、アルバム『Pipes Of Peace』に収録されている「Average Person」に似ていますね。歌詞に登場する人物や楽器の音が再現されるところも似ています。

    でも個人的には、ハーフスポークンのボーカルが多いところが、あまり好きにならないです。船上レコーディングされた音をそのままアルバムに収録したので、音質もクリアじゃないですしね。

    2005/03/31 8:23 AM, あらっち@FH wrote:
    ロックテイストなアウトテイクがあるとは、知りませんでした。一度聞いてみたいVerですね。

    ポールの楽曲は、どういうようにも、アレンジ一つで変えられる、それがまた違和感無く聞こえるというのが良いなぁと思うことが有ります。
    先日の“BACK IN THE US”のDVDに入っていた“Hey Jude”のロックVerなんてのも、あらっち的には大有りだなぁと思いますので(^^ゞ

    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/47322
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.