Flaming Pie
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:2分27秒
    収録アルバム:Flaming Pie
    収録シングル:なし

    1997年のアルバム『Flaming Pie』からのタイトル曲。元々、ニューアルバムのために「Souvenir」をジェフ・リンとレコーディングしている時に浮かんだギター・フレーズを元に、即興に近い形で作られた曲。ポールは歌詞を探している時に、1961年にリバプール地元の情報誌「Mersey Beat」に掲載された「ビートルズの名前は、夢の中で、燃えさかるパイ(flaming pie)に乗ってやってきた人に『君たちは、Aを使ったbeetlesだ』と言われたのが由来」というジョン・レノンのビートルズの名前の由来を語った記事を思い出し、それを歌詞に使った。
    「"sky", "bye", "cry"などの歌詞に韻を踏む言葉を探していたら、"pie"という言葉が浮かんで、ジョンの話を思い出したんだ。"flaming pie"、うん、いいじゃないか!ってね。」(ポール)
    1996年2月20,27日の2日間で歌詞を完成させ、1996年2月27日の1日でレコーディングを完成させた。レコーディングは、ポールの歌とピアノ、そしてジェフ・リンのギターを1発取りし、その後にポールのドラムとベースおよびコーラスを被せた。
    即興でレコーディングした感が強いので、プロデューサーのジェフ・リンの色が濃いアレンジとなっている。
    1997年にアルバムのプロモーションのためにテレビ番組『TFI Friday』『Oprah Show』に出演した時にライブ演奏したが、アルバム発売後7年後の2004年のツアーでレパートリーに取り入れ演奏した。2004年のツアーを伝える各国ニュースでは、この曲と「All My Loving」を演奏する姿が放送で使われた。
    アウトテイク、ライブテイクなどは、以下のブートで聴くことができる。

    (1)デモ
     Veggie Pie (McV -- McV 1)
    (2)1997年6月27日テレビ番組『TFI Friday』
     Veggie Pie (McV -- McV 1)
     Another Flaming Pie (Walrus Records -- Walrus 038)
    (3)1997年11月24日『Oprah Winfrey Show』
     Veggie Pie (McV -- McV 1)
     Another Flaming Pie (Walrus Records -- Walrus 038)
    (4)2004年5月30日マドリード公演
     !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
    (5)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
     San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)

    演奏:
     Paul McCartney: lead vocal, harmony vocal, piano, drums, bass guitar, electric guitar
     Jeff Lynne: harmony vocal, electric guitar
    録音スタジオ:The Mill, Sussex
    録音日:1996.2.27
    プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
    エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Keith Smith
    イギリス発売日:1997.5.5
    アメリカ発売日:1997.5.27
    日本発売日:1997.5.17

    19970627_03.jpg19971120_02.jpg

    歌詞・コード
    A
    Making love underneath the bed
    Shooting stars from a purple sky
    G       D       C A
    I don't care how I do it
    I'm the man on the flaming pie

    Stick my tongue out and lick my nose
    Tuck my shirt in and zip my fly
    Go ahead, have a vision
    I'm the man on the flaming pie

    B
    Everything I do has a simple explanation
    E
    When I'm with you, you could do with a vacation
    A
    I took my brains out and stretched 'em on the rack
          D            E        D   E
    Now I'm not so sure I'm ever gonna get 'em back

    Cut my toes off to spite my feet
    I don't know whether to laugh or cry
    Never mind, check my rhythm
    I'm the man on the flaming pie

    A G D C

    I'm the man on the flaming pie
    Everything I do has a simple explanation
    When I'm with you, you could do with a vacation
    I took my brains out and stretched 'em on the rack
    Now I'm not so sure I'm ever gonna get 'em back

    試聴

    (c) 1997 MPL Communications, Ltd.
    Administered by MPL Communications, Inc.
    Comment:
    2005/04/06 2:09 AM, Jash wrote:
    ノリがよく心地いいロックンロールのリズムなので、かなり聴きやすい曲ですね。「I'm not so sure I'm ever gonna get 'em back」の歌詞のところのコーラスが、ジェフ・リンのアレンジそのものですね。
    2004年のツアー「04 Summer」でこの曲が演奏されたと聴いたときは少し驚きました。なぜ発売7年後のライブにこの曲が取り上げられたんでしょう? しかし、ポールがアルバム『Flaming Pie』を気に入っているのは確かですね。私も大好きなアルバムです。

    2005/04/06 4:06 AM, WALL管理人 wrote:
    実は今日同名アルバムを聴いたところでしたw しかもランダム再生していて、偶然にもこの曲が最初でした。
    たぶんこのブログの更新と重なるな〜と思っていました。

    タイトルはビートルズファンなら思わずにやりとしてしまいますね。アルバムがちょうどビートルズ回帰の趣があるので見事にはまっています。
    ヴォーカルを聴いているとポールが楽しく録音したことが伺えます。ピアノやドラムスも楽しく弾んでいます。

    演奏時間もアレンジもシンプルで、ビートルズ時代を意識しているな〜と思います。

    2005/04/06 8:37 AM, あらっち@FH wrote:
    アルバム“FLAMING PIE”はジェフリンがプロデューサー。結構「濃い」味付けが特徴だと思っていました(例ジョージの“CLOUD 9”)
    でも“FLAMING PIE”のそれは、そんなに濃くない味で、驚いた記憶が有ります。そんな中、この曲ではかなりジェフ・リン味があって、程よいフックがあるなぁと感じてました。

    '04ツアーでは、最新アルバムを差し置いてまで、“FLAMING PIE”からの曲を2曲も取り上げましたね。それ自体も驚きでした。きっと日本で“Calico Skies”の反応が事のほか良かったからではないでしょうかね(^^♪

    それにしても「燃え盛るパイに立った男」って一体、どういう想像をしたら思いつくんでしょうね…(^^ゞ

    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/47329
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.