Heaven On The Sunday
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:4分26秒
    収録アルバム:Flaming Pie
    収録シングル:なし

    1996年8月にアメリカで休暇を取っている時に作曲したため、アルバム『Flaming Pie』に収録された曲の中では一番最近に作曲したものとなった。
    ポールはセーリングに出掛けている時に、平日は忙しく、休日はセーリングなどをして、天国のように幸せだということを実感したため、そこから曲のアイデアを得たという。
    「この曲は休日に書いた。休日には海に出るのが好きなんだ。大きな船じゃなくて、ちっちゃなサンフィッシュ(二人乗りの小型帆船)とかに乗って、自分と、帆と、風だけでね。ぼくにとっては大いなるリラクセーションなんだよ。有名人であることから自分を切り離して、水の上を気ままに、大抵は酷い目に遭っているんだけどね。というわけで、僕はそんなささやかな時を過ごしていて、そういう時に書けるのはやっぱりこういう曲なんだ、ゆったりした、穏やかな、まさに日曜日の天国って感じで。オープニングのラインが曲を導き出してくれた。僕が書いて、家でプレイしたら、リンダがコーラスに合わせて歌ってくれて、さらに良くなったんだ。」(ポール)
    1996年9月16日にジェフ・リンとの共同プロデュースのもと、レコーディングを開始した。
    この曲にはリンダがコーラスとして参加しているばかりでなく、ポールの息子ジェームズがリードギターで参加している。ジェームスにとって、初めて世に出たギター・プレイとなった。
    ポールのアコースティックギターによるリード・ギター、ジェームズのエレキ・ギターによるリード・ギターのバトルが聴ける。
    「ジェームズはほんとにギターがうまくなってる。この20年間バンドとしてはいっしょにやったことはなかったけど、僕らはすごく気が合うんだ。20年近くいっしょに暮らしてきたからね。そうそう、ジェィムズは今19だ。そんなに大変じゃなかったし、ジェィムズもそれほど神経質になってなかったね。僕がちょっと弾いてみて、ジェィムズがそれに答えてちょっと弾いて、それから僕がもう少し弾いて、ジェィムズがまた少し弾いて、そうやっているうちに、あいつはすごくいいフレーズを作っちゃったんだ。そうやっていくのって、言うことなしだったよ。『あなたのお子さんのなかで音楽をやる方はいますか。』なんてしょっちゅう聴かれてたけど、答えは『イエス』僕の子どもたちみんなだ。ジェィムズが始めてギターを手にしたのは9歳か10歳のころだったなあ。ギターが大好きでね。このアルバムに貢献するには十分の腕前だよ。」(ポール)
    ポールと息子ジェームスのギターバトルは、公式ビデオ『In The World Tonight』でも見ることができる。また、アルバム『Flaming Pie』のEPKでは、ポールがこの曲をエレキ・ピアノで弾き語る姿も見ることができる。以下のブートでもその時の音を聴くことができる。

     Flaming Pie Outtakes (Label Unknown)

    演奏:
     Paul McCartney: Lead Vocal, Backing Vocals, Drums, Bass Guitar, Electric Guitar and Acoustic Solo, Acoustic Guitar, Fender Rhodes, Harpsichord, Vibraphone, Percussion
     Jeff Lynne: Backing Vocals, Acoustic Guitar
     James McCartney: Electric Guitar Solo
     Linda McCartney: Backing Vocals
    録音スタジオ:The Mill, Hog-Hill, Sussex
    録音日:began 1996.9.16
    プロデューサー:Jeff Lynne, Paul McCartney
    エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs
    イギリス発売日:1997.5.5
    アメリカ発売日:1997.5.27
    日本発売日:1997.5.17

    歌詞・コード
    Am Am11 Am Am11


    Am  Am11        G6/D Dm9
    Peaceful, like heaven on a Sun-day
    Am Am11           Dm9 Dm7
    Wishful, not thinking what to do
    G             C
    We've been calling it love
              E7       Am
    But it's a dream we're going through

          Gm9   F
    And if I only had one love
    C          E7    Am
    Yours would be the one I'd choose
       Gm9    F
    If I only had one love
    C          E7    Am
    Yours would be the one I'd choose

    Restful, like Devon on a Monday
    Cooling my fingers in the bay
    We've been learning a song
    But it's a long and lonely blues

    If I only had one love
    Yours would be the one I'd choose
    If I only had one love
    Yours would be the one I'd choose
    If I only had one love
    Yours would be the one I'd choose

    Am Dm

    It's peaceful, like heaven on a Sunday
    Wishful, not thinking what to do
    We've been calling it love
    But it's a dream we're going through

    And if I only had one love
    Yours would be the one I'd choose
    If I only had one love
    Yours would be the one I'd choose
    If I only had one love
    Yours would be the one I'd choose
    If I only had one love
    Yours would be the one I'd choose
    If I only had one love
    You'd be the one I'd choose
    If I only had one love
    Yours would be the one I'd choose
    If I only had one love

    Yours would be the one I'd choose
       Gm9  Fmaj7
    If I only had one love

    試聴

    (c) 1997 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
    Comment:
    2005/06/28 10:46 PM, あらっち@FH wrote:
    この曲で初めてポール親子が競演したんですよね。これ以降目立って息子が出てこなくなってるのが残念ですが。
    結構上手な演奏なんですよね。

    ポール息子と同世代なので、余計に「何してるのかな?」と他の娘達以上に興味津々です(^^ゞ

    2005/06/28 10:47 PM, Jash wrote:
    ポールの子供が初めて演奏で登場した曲です。実は息子ジェームスの初登場は「Daytime Nightime Suffering」。ジェームズの泣き声が収録されています。

    ウィングス時代の「Mary Had A Little Lamb」では、娘のメアリーの歌声が入っていますね。そういう意味では、ポールの子供達は結構ポールの歌に登場しているのかもしれません。

    1993年9月か10月頃に、ポールの息子ジェームズが、海で遊んでいて、溺れかけたため救急隊員に助けられたことがあり、当時のイギリス大衆紙にも掲載された覚えがありますが、この歌の通り、ポールは息子のジェームズと時々セイリングを楽しんでいるのでしょうか?

    ジェームスも今年で28才になると思うのですが、今は何をしているのでしょうか?

    2005/06/29 12:11 AM, WALL管理人 wrote:
    ポールは子供たち(奥さんもですが)と自分の音楽の間に垣根を作らず、協力し合いながら作ってきましたよね。ポールのやさしさが感じられていい雰囲気です。

    ジェームズのギターをフィーチャーした曲は、この曲の後は共作曲のBack In The Sunshine AgainとSpinning On An Axisしかありませんよね・・・。ポールのアルバム自体リリースがゆっくりなのでしょうがないでしょうけど、ジェームズは他の分野でも現在目立っていないのでしょうか?

    この曲は、全体的には休日のように静かなのですが、間奏でジェームズのプレイがハードに聞かせるのが印象的ですね。
    個人的には当初、出だしとサビのメロディが頭の中で1つの曲に結びつかないことが多かったです。

    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/47386
    CALENDAR
    SMTWTFS
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.