If You Wanna
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:4分26秒
    収録アルバム:Flaming Pie
    収録シングル:なし

    1993年のニューワールド・ツアーで北米を訪れている最中の1993年5月23日、ミネアポリスでオフを過ごしている時に作った。
    「アメリカを反映したようなちょっとした曲が書きたかったんだ。大きな地平線を目指して、砂漠の中の大きな道路をドライブしているような曲をね。’僕のキャデラックに乗せて、君を連れて行きたい。休みには海岸に連れて行きたい’って感じ。海岸と言っても、アメリカ人に取ってはブラックプールではないけどね。」(ポール)
    「この曲を書いたのはツアー中、ミネアポリスに滞在している時、僕らは文字どおり、てっぺんに雲を頂くような超高層ホテルに泊まったんだ。まさにジャックと豆の木って風情だったね。ショウとショウの谷間のオフの日に、僕は曲のインスピレーションを得た。そういえばここはプリンスのホームタウンじゃないか、僕は彼の作品で好きなものが沢山あるんだよ。と言うわけで、ちょっとしたロックンロール・ソングが生まれた。」(ポール)
    曲を作った数日後の5月29日のサン・アントニオ公演のリハーサルで、早速ポールはこの曲を取り上げて演奏したという記録が残っている。
    ツアー終了後の1995年5月11日より、サセックスにあるポールの自宅スタジオにおいて、同アルバムに収録された「Young Boy」と同じく、スティーブ・ミラーを迎えてレコーディングを開始し、2人で全ての楽器を演奏して曲を完成させた。

    演奏:
     Paul McCartney: lead vocal, drums, bass guitar, electric guitar, 12 string acoustic guitar
     Steve Miller: harmony vocal, electric guitar, acoustic guitar
    録音スタジオ:The Mill, Sussex
    録音日:1995.5
    プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
    エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Keith Smith
    イギリス発売日:1997.5.5
    アメリカ発売日:1997.5.27
    日本発売日:1997.5.17

    歌詞・コード

    Em D Em D Em D Em D Em

    Em   D
    If you wanna
    Em   D
    If you wanna
    Em   D    Em    D
    If you wanna love me again
    C           Am       Em
    I'll take you for a ride in my Cadillac
    C         Am          Em
    He'll be in the front we'll be in the back

    Em      D Em D
    When you're ready
    Em    D Em D
    Let me know
    Em     D Em D
    I'll be waiting
    A
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip

    And if you wanna
    If you wanna
    If you wanna do it again
    I'll take you to the coast for a holiday
    You can be my guest, you can let me pay

    Whenever you're ready
    Let me know
    I'll be waiting
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip

    Em D   Em  D   Em  D   Em D Em
        Whenever you're ready
    D          G
    When you want to love me
    Em         Am
    That is what you need
    D       G
    To be thinking of me
    B7
    When you plant the seed of love

    When you're ready
    Let me know
    I'll be waiting
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip

    When you want to love
    That is what you need
    To be thinking of me
    When you plant the seed of love

    If you wanna
    If you wanna
    If you wanna love me again
    I'll take you for a ride in my Cadillac
    He'll be in the front we'll be in the back

    When you're ready
    Let me know
    I'll be waiting
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip
    To make arrangements for the trip

    試聴

    (c)1997 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.

    Comment:
    2005/11/09 12:20 AM, Jash wrote:
    「アメリカ」を舞台にしたことによって、前作『Off The Ground』に収録されたバイク野郎を題材にした「Biker Like An Icon」と似通った雰囲気の曲になったことは否めないと思います。
    2001年のアルバム『Driving Rain』に収録されている「Lonely Road」も同様の題材をテーマにしているので、曲の雰囲気も似てますよね。

    この曲が、リリース前のツアー中のサウンドチェックで演奏されていること自体がびっくりです。しかしポールが新曲をツアーのサウンドチェックで演奏するのは珍しくなく、最近でも「Driving Rain」「Comfort Of Love」「Follow Me」がアルバムのレコーディング前に演奏されていましたね。

    2005/11/09 1:35 AM, WALL管理人 wrote:
    なんだかビートルズ時代のThings We Said Todayを思わせてしまうような曲調&歌い方ですね。ライナーノーツにもそう書いてありましたが、それを読む前からぴんときました。

    ストレートっぽいロックなのに、さりげなく変拍子が使われているのが(“I'll take you for a ride in my cadillac”の部分)結構凝っているな〜なんて思います。

    2005/11/10 8:10 PM, あらっち@FH wrote:
    リリース直後、アルバムの曲の中でも大好きな1曲でした。今でもお気に入りの曲で、“Flaming Pie”よりもLIVEで聞きたい曲でもあります。

    ギターをスティーブ・ミラーに任せたのは大正解でしょう。渋いフレーズ満載ですね。こういうギターを弾ける人、クラプトンも含めてですが、ただただ歪ませるだけの人が増えている中、後世に残って欲しい演奏です。

    Add a comment:









    Trackback:
    http://az.jash.hacca.jp/trackback/47442
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バック・イン・ザ・USSR
    バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    公式海賊盤
    公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ポール・イズ・ライヴ
    ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
    RECOMMEND
    ライブ
    ライブ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラン・デヴィル・ラン
    ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    フレイミング・パイ
    フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    オフ・ザ・グラウンド
    オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    プレス・トゥ・プレイ
    プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    タッグ・オブ・ウォー
    タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
    RECOMMEND
    マッカートニーII
    マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    バンド・オン・ザ・ラン
    バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー&ウイングス
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ラム
    ラム (JUGEMレビュー »)
    ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
    夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
    ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    あの雲のむこうに
    あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
    ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.