Long Haired Lady
0

    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:(1)6分0秒 (2)5分2秒
    収録アルバム:(1)Ram (2)Twin Freaks
    収録シングル:なし


    1971年のアルバム『Ram』に収録されたラブ・ソングで、リンダへ向けて書かれた曲である。元々別々の曲であった「Long Haired Lady」「Love Is Long」という2つの別々の曲を繋げて1つの曲にしたという、ポールお得意の作曲技法で仕上げた曲である。
    ニューヨーク・フィルによるオーケストレーションがオーバー・ダブされているが、オーケストレーションの指揮はポール自身が行った。後半の「Love Is Long」の部分のコーラスは「Hey Jude」「Hello Goodbye」のエンディングのリフレイン部分を彷彿とさせる。
    この曲のアウトテイクとして、インストゥルメンタルのみによるテイクをブートにより聴くことができる。
    また、1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』でも、ポールのアコースティックギターの弾き語り部分で披露される予定だったが放送ではカットされた。
    また、2004年のヨーロッパ・ツアーのために制作されたDJ・フリーランス・ヘルレイザーによるリミックス・アルバム『Twin Freaks』(2005年6月13日よりネットでのダウンロード配信、及びレコードで販売)に、この曲のリミックスが収録されている。

    【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
    演奏:
     Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
     Linda McCartney: Vocals
     Dave Spinoza: Guitars
     Hugh McCracken: Guitars
     Denny Seiwell: Drums
    録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
    録音日:1970.12-1971.4
    プロデューサー:Paul & Linda McCartney
    エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
    イギリス発売日:1971.5.21
    アメリカ発売日:1971.5.17
    日本発売日:1971.6.25


    【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
    (3)アルバム『Ram』アウトテイク
     Unsurpassed Masters Vol. 2 (Strawberry Records -- STR 003)
     MoMac's Hidden Tracks: Volume 02 (Unknown)
    (4)テレビ番組『James Paul McCartney』アウトテイク
     MoMac's Hidden Tracks: Volume 04 (Unknown)


    【歌詞・コード】
    G           Em7
    Well well well well well
         C              G
    Do you love me like you know you ought to do
    Em7
    Well well well well well
       C               G
    Or is this the only thing you want me for

            D7             C7         G7
    Well, I've been meaning to talk to you about it for some time
    Cm              Cbarre      Gbarre
    Sweet little lass, you are my long haired lady

    F     Bb         Cbarre F
    Who's the lady that makes that brief occasional laughter
          Bb           Cbarre F
    She's the lady who wears those flashing eyes
          Bb         Cbarre        F
    Who'll be taking her home when all the dancing is over
        Bb         Cbarre F
    I'm the lucky man she will hypnotise

    Dm9     G6  Dm9     G6
    Long haired lady, long haired lady

    Bees are buzzing around my sweet, delectable baby
    Birds are humming about their big surprise
    Who's your favourite person, dear phenomenal lady
    I belong to the girl with the flashing eyes

    Long haired lady, long haired lady

    G       Bb      C       G
    Ah, love is long, love is long, love is long
    Ah, sing your song, love is long, love is long
    Ah, when you're wrong, love is long, love is long
    Win or lose it, into the soul, love is long, love is long
    Ah, when you're wrong, love is long, love is long

    Well well well well well
    Do you love me like you know you ought to do
    Well well well well well
    Or is this the only thing you want me for

    Well, I've been meaning to talk to you about it for some time
    Sweet little lass, you are my long haired lady

    Ah, love is long, love is long, love is long
    Ah, sing your song, love is long, love is long
    Ah, when you're wrong, love is long, love is long
    Win or lose it, into the soul, love is long, love is long
    Ah, sing your song, love is long, love is long
    Win or lose it, into the soul, love is long, love is long

    Yes, love is long, love is long, love is long
    Ah, love is long, love is long, love is long
    Ah, love is long, love is long, love is long

    Yes, love is long, love is long, love is long
    Yes, sing your song, love is long, love is long
    Win or lose it, into the soul, love is long, yes, love is long

    (c)1971 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
    The Long And Winding Road
    0

      作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
      収録時間:(1)4分28秒 (2)3分56秒 (3)3分51秒 (4)4分18秒 (5)3分31秒
      収録アルバム:(1)Wings Over America (2)Give My Regards To Broad Street, Love Ring II (3)Flowers In The Dirt Special Package (4)Tripping The Live Fantastic, Trippinng The Live Fantastic Highlights (5)Back In The U.S., Back In The World
      収録シングル:(4)The Long And Widing Road


      言わずと知れたビートルズの大ヒット曲。1970年のアルバム『Let It Be』からカットされた第2弾シングルで、ビートルズとして現役時代に最後にリリースし、ビートルズの20曲目の全米1位ヒットとなった。
      「Let It Be」と同様、ビートルズ解散時期の心境を歌っているが、この曲が書かれたのは、アルバム『The Beatles(通称ホワイトアルバム)』のレコーディングの頃である。
      「全然レイ・チャールズらしく聞こえないだろ。実際歌ってるのは僕だから、レイとはかけ離れているかもしれないけれど、ときどき誰かを想定しながら曲を作るんだよ。イメージとして想定するだけでも、何も手がかりがないよりは、ずっと作り易い。大好きなレイ・チャールズだったら、どんな風に演るかなあと頭に思い浮かべるんだ。コードの構成が少しジャズ風になってるかもしれないね。レイを思い描いたことで、あの歌は出来上がったんだよ。でも、悲しい曲だよね。悲しい曲を書くのは好きなんだ。自分の奥深くに潜む感情を掘り起こして、処理をするのにいい手段だから。精神科医に診てもらわなくて済むだろ。作曲にはそういう効能もある。たとえ口に出しても、歌にしてしまえば恥ずかしくない、そうだろ? 自分を悩ませていたことを表に出しても、それについて誰とも口論しなくていいんだから。あの頃の僕は、ちょっとまいって、疲れ切ってる状態だった。どうしてもたどり着けないドア、達しがたいものを歌った悲しい曲だよね。終点に行き着くことのない道を歌ったものなんだ。」(ポール)
      アルバム『Let It Be』は、ありのままのビートルズを録音するという意図の元でレコーディングされたので、この曲もセッションではポールの弾くピアノを中心に、オルガン、ベース、ギター、ドラムとシンプルな構成で演奏された。しかし『Let It Be』のプロデュースを任されたフィル・スペクターが、総勢32名のオーケストラと12名のコーラス隊によるオーバーダブを施したアレンジを行い発売し、ポールが意図しないミックスに怒りを露わにしたのは有名な話。
      「フィル・スペクターはありとあらゆる飾りをくっつけた。'The Long And Winding Road'には女性シンガーを持ってきて、僕ならたぶんそんなバック・コーラスはつけなかっただろう。いや、別にそれで史上最悪のレコードになったというんじゃない。だけど、明らかにメンバーのひとりがそれを承知していないものが僕等のレコードに加えられているんだ。それはおかしいじゃないか。他のみんなが知ってたかどうかはわからない。『ああ、終わらせてくれよ、どうぞ、どうとでも好きなようにしてくれ』ということだったのかも知れない。僕等みんなうんざりし始めていたから。」(ポール)
      ポールは後に、オーケストラとコーラスがオーバーダブされる前のバージョンを、ビートルズのアルバム『Anthology 3』と『Let It Be ... Naked』で発表している。
      ソロ時代になってから、ビートルズの曲を演奏し始めた1975-76年のツアーで、この曲を演奏している。この時もピアノ中心のシンプルな演奏で、ホーンセクションが独特の雰囲気を醸し出している。また、1984年の映画『Give My Regards To Broad Street』で再演し、この時はAOR的な豪華なアレンジが施されている。その後、1989-90年のゲットバック・ツアー、1993年のニューワールド・ツアー(北米ツアーのみ)、2002-3年のワールドツアー、2004年のヨーロッパ・ツアー、2005年のアメリカツアーとセットリストにしており、ライブの定番曲となっている。日本限定発売の『Flowers In The Dirt Special Package』には、1989年からのツアーのリハーサル音源(公式DVD『Put It There』にも一部収録)が収録されている。

      【公式発表バージョンのクレジット(演奏者・録音・発売等)】
      (1)Wings Over America
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Piano
       Linda McCartney Keyboards, Backing Vocal
       Denny Laine Bass, Backing Vocal
       Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
       Joe English: Drums, Backing Vocal
       Tony Dorsey: Tromborn
       Thaddeus Richard: Saxophone
       Steve Howard: Trumpet
       Howie Casey: Saxophone
      録音スタジオ:live at Kansas City, MO
      録音日:1976.5.29
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
      イギリス発売日:1976.12.10
      アメリカ発売日:1976.12.10
      日本発売日:1977.1.25

      (2)Give My Regards To Broad Street, Love Ring II
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Piano
       Dick Morrisey: Sax
       Dave Mattacks: Drums
       Trevor Barstow: Keyborads
       Herbie Flowers: Bass
      録音スタジオ:AIR Studios, London
      録音日:1983.11
      プロデューサー:George Martin
      エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, Jon Kelly, Stuart Breed
      イギリス発売日:1984.10.22
      アメリカ発売日:1984.10.22
      日本発売日:1984.10.22

      (3)Flowers In The Dirt Special Package
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Piano
       Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
       Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
       Chris Whitten: Drums
       Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
       Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
      録音スタジオ:The Mill, Sussex
      録音日:1989.4.28-28
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Geoff Emerick
      イギリス発売日:1989.7.24
      アメリカ発売日:未発売
      日本発売日:1990.3.2

      (4)Tripping The Live Fantastic, Trippinng The Live Fantastic Highlights
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Piano
       Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
       Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
       Chris Whitten: Drums
       Robbie Mclntosh: Electoric Guitar, Vocal harmonies
       Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
      録音スタジオ:live at Rio, Brazil
      録音日:1990.4.19
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Geoff Emerick
      イギリス発売日:1990.10.8
      アメリカ発売日:1990.10.16
      日本発売日:1990.11.9

      (5)Back In The U.S., Back In The World
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Piano
       Rusty Anderson: Guitar
       Brain Ray: Bass
       Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboard
       Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
      録音スタジオ:live at Denver, US
      録音日:2002.5.7
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:David Kahne
      イギリス発売日:2003.3.17
      アメリカ発売日:2002.11.26
      日本発売日:2002.11.13

      【未発表バージョンの収録ブートレッグ】
      (6)1975年9月6日ロンドン・リハーサル
       Tour Rehearsals Elstree Studio 75 (The Collector's Box -- HKEY-049)
       The World Tour Premiere At Elstree Studio 1975 (Masterclaudel -- MCCD 03)
      (7)1975年11月13日メルボルン公演
       9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
       Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
       Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
       Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
       Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
      (8)1976年6月10日シアトル公演
       Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
       Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
      (9)1976年5月25日ニューヨーク公演
       映画『Rock Show』日本公開版
      (10)1990年1月26日ロンドン公演
       Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
      (11)1990年3月7日東京公演
       Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
      (12)1990年3月31日バークレー公演
       Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
      (13)1990年4月1日バークレー公演
       A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
      (14)1989-1990年演奏場所不明
       公式ビデオ『Get Back』
      (15)1990年6月28日リバプール公演
       Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
       Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
      (16)1990年7月4日ワシントン公演
       Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
       4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
       Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
      (17)1993年11月15日東京公演リハーサル
       Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
       Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
       Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
       Paul Is Vision 1 (Sandwich -- piv 002)
       Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
      (18)1999年12月2日収録、12月3日放送『Parkinson Show』
       The Cavern Club Concert (Unknown -- maccaccc)
       Rock Devil Rock (Yellow Cat Records -- YC 068)
       Parkinson (Rocky Records -- RR-131)
       Devil Music (Fab 4 Records -- FAB 4-010)
       Driving Oakland, April 01, 2002 - CD 3 (Unknown)
       Get Off Me Arse! (Unknown -- MZ 121-122)
      (19)1999年12月2日『Parkinson Show』リハーサル
       TV Rehearsals (DVD) (Unknown -- 712177043422)
      (20)2001年6月14日Adopt-A-Minefieldリハーサル
       Paul McCartney: Adopt-A-Minefield Rehearsals (Unknown -- nlaall20010614)
      (21)2002年4月24日ワシントン公演
       Driving Macca! (Label Unknown)
      (22)2002年5月15日タンパ公演
       Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
      (23)2003年5月24日モスクワ公演
       The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
       Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
      (24)2004年5月30日マドリード公演
       !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
      (25)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
       San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
      (26)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
       Live In Glastonbury (Label Unknown)
      (27)2005年7月Sessions@AOL
       SESSIONS (Sessions@AOL) - DVD (Unknown -- AOL-2005)
      (28)2005年9月アメリカツアー(ラジオ番組『All Access』)
       All Access Interview (CD 1) (Unknown)


      【歌詞・コード】
         Cm        Ab/Bb  Eb  Eb7   Ab
      The long and winding road that leads to your door
      Ab  Gm      Cm Fm        Bb7 Db/Eb
      Will never disappear, I've seen that road before
      Ab  Gm  Cm       Fm   Bb7   Eb
      It always leads me here, lead me to your door

      The wild and windy night that the rain washed away
      Has left a pool of tears crying for the day
                  Fm    Bb7    Eb Ab/Bb Eb
      Why leave me standing here, let me know the way

      Eb         b
      Many times I've been alone
        Eb      Fm Bb7
      And many times I've cried
      Eb     Ab
      Anyway, you'll never know
         Eb      Fm Bb7
      The many ways I've tried

      But still they lead me back to the long and winding road
      You left me standing here, a long long time ago
      Don't keep me waiting here, lead me to your door

      But still they lead me back, to the long and winding road
      You left me standing here, a long long time ago
      Don't keep me waiting here (don't leave me waiting)
      Lead me to your, door,
      yeah, yeah, yeah, yeah

      (c)1970 Nothern songs, Ltd.
      Lonesome Town
      0

        作詞作曲:Baker Knight
        収録時間:3分29秒
        収録アルバム:Run Devil Run
        収録シングル:なし


        1999年のロックンロール・アルバム『Run Devil Run』収録。オリジナルは1958年にリッキー・ネルソンが発表した曲で、当時全米7位のヒットを記録した。ポールによれば、1950年代後半によく聴いたという曲で、当時ニューヨークにいたリンダ・マッカートニーも大好きだった曲だという。リッキー・ネルソンは、パット・ブーン、ジョニー・レイなどと並ぶポピュラー音楽の歌手で、エルビス・プレスリー、ジーン・ビンセントらのようなロックン・ロール歌手と対峙するイメージがあったが、ビートルズのメンバーはこういった親の世代向けの音楽も好んで聴いたことが、「Till There Was You」「A Taste Of Honey」などをカバーしていることからも分かる。
        「ミック・グリーンが'Lonesome Town'はA面だったと教えてくれた。僕はB面と思ってたんだけどね。僕はリッキー・ネルソンが大好きだった。'Stood Up','Believe What You See'とかね。でも特に'Lonesome Town'が好きだった。'Heartbreak Hotel'みたいなもんだったよ。みんなが知っている曲だ。こういった曲というのは、痒いところに手が届くみたいな感じだ。エルビス風の曲とも言える。それで、レコーディング当初はエルビス風にやってみようと思ったんだ。でも、レコーディングが進んでいくと、他の'Blue Jean Bop','She Said Yeah'みたいなエルビス風には仕上がりそうになかった。オリジナルから離れたアレンジをする必要もないと思うと、当初思ってたアレンジと異なることになるなと思った。リッキーの暗いイメージに近づくことを心配していた。でもリッキーはそういうイメージだったんだけどね。」(ポール)
        リッキー・ネルソンの暗いイメージを払拭するべく、オリジナルよりもキーを上げてレコーディングに挑んだポールは、サビの部分が高くなりすぎ、ミッキーマウスのようなボーカルになってしまったため、1オクターブ下げたラインをギターのデイブ・ギルモアに歌ってもらい、ポールはその上のハーモニーを歌うようにした。
        「実際スタジオに入ってみるとキーが高くなりすぎて、新たなキーを探していた。でも、ビートルズがやってたような解決法を見つけたので、作業は早く済んだっていうのがすごいところだ。つまり、デイブ・ギルモアにハーモニーを歌ってもらった。5秒間のフラットなハーモニーだ。試しにレコーディングしたら、これがよかった。これで完成って感じだ。こういうやり方っていうのは、エキサイティングだよね。」(ポール)
        レコーディングは3月3日に行われたが、その後、ドラマーのデイブ・マタックス(「We Got Married」等で参加)がパーカッションを加えている。
        レコーディングが完了した約1ヶ月後の1999年4月10日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたリンダ・マッカートニーの追悼コンサートでは、当初出演予定のなかったポールがラストに登場し、1曲目にエルビス・コステロのバックバンド、アトラクションをバックに、この曲を演奏した。
        その後、アルバム『Run Devil Run』のプロモーションのために、1999年9月18日の『PETA's Party Of The Century』、1999年11月20日のイギリスのCS放送局 Sky1 の番組『The Apocalypse Tube』、1999年12月14日のリバプール・キャバーンクラブでのライブで演奏された。それぞれ、以下の公式DVD、ブートで聴くことができる。

        (1)1999年4月10日『A Concert For Linda』
         I Got Stung (Yellow Cat Records -- YC 066)
         Here There And Everywhere (CD 2) (AFM records -- 0003)
         Get Off Me Arse! (Unknown -- MZ 121-122)
         Video Songbook 4 (1994-2000) (DVD) (Hoppy Records -- Hoppy)
        (2)1999年9月18日『PETA's Party Of The Century』
         公式DVD『Paul McCartney & Friends: The Peta Concert For Party Animals』
         Party Of The Century (DVD) (Watchtower -- WT)
         Rockin' Out The Century (Merseybeat -- Merseybeat 001)
        (3)1999年9月18日『PETA's Party Of The Century』リハーサル
         Party Of The Century - Rehearsals For PETA Concert (Watchtower -- WT 2001032)
         The PETA Concert Rehearsal (VCD) (Unknown -- w/r)
        (4)1999年11月20日『The Apocalypse Tube』
         Run Devil Run Telecasts Part Two - DVD (All Green -- AGRDRT-02)
         Devil Music (Fab 4 Records -- FAB 4-010)
         Rock Devil Rock (Yellow Cat Records -- YC 068)
        (5)1999年12月14日リバプール・キャバーンクラブ
         公式DVD『Live At The Cavern』
         Rock Devil Rock Volume 2 (Yellow Cat Records -- YC069)
         Live At The Cavern (Icestorm -- LATC)
         The Cavern Gig (Billy Bootleg)
         Live At The Cavern Club (FACE -- RMD036)
         Sir Paul At Cavern Club (Ultimate Sound -- US 13)
         Get Off Me Arse! (Unknown -- MZ 121-122)
         The Cavern Club Concert (Unknown -- maccaccc)
         Live At The Cavern Club, 14 Dec 1999 (JS Records -- JS 040)
         Let's Have A Party (Strawberry Records -- STR 021)
         Rockin' Out The Century (Merseybeat -- Merseybeat 001)

        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Bass Guitar
         David Gilmour: Electric Guitar, Backing Vocals
         Mick Green: Electric Guitar
         Pete Winfield: Piano
         Ian Paice: Drums
         Dave Mattacks: Percussion
        録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
        録音日:1999.3.3
        プロデューサー:Chris Thomas, Paul McCartney
        エンジニア:Geoff Emerick, Paul Hicks, Steve Rooke
        イギリス発売日:1999.10.4
        アメリカ発売日:1999.10.5
        日本発売日:1999.10.5

        歌詞・コード
        C          E7
        There's a place where lovers go
        F         G7  C Dm7 C7/E
        To cry their troubles away
        F     Fm   C G/B A7
        And they call it Lonesome Town
        D7    G7       C G7
        Where the broken hearts stay

        Well you can buy a dream or two
        To last you all through the years
        And the only price you pay
        D7  G7      C C7
        Is a heart full of tears

        F        Em
        Going down to Lonesome Town
        F     G7      C C7
        Where the broken hearts stay
        F        Em
        Going down to Lonesome Town
        D7          G7
        To cry my troubles away

        In the town of broken dreams
        The streets are filled with regret
        Maybe down in Lonesome Town
        I can learn to forget

        Going down to Lonesome Town
        Where the broken hearts stay
        Going down to Lonesome Town
        To cry my troubles away

        In the town of broken dreams
        The streets are filled with regret
        Maybe down in Lonesome Town
        D7   G7    C C7
        I can learn to forget

        F   Fm   C G/B A7
        Maybe down in Lonesome Town
        D7    G7    C F C/E Dm7 C
        I can learn to forget

        (c)1958 Matragun Music/EMI Unart Catalog Inc.
        Lonely Road
        0

          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:(1)3分16秒 (2)3分12秒
          収録アルバム:(1)Driving Rain (2)Back In The US, Back In The World
          収録シングル:Lonely Road

          2001年のアルバム『Driving Rain』のトップを飾る曲。ポールが2001年1月にインドのゴアで休暇を過ごしている時に書かれた。歌詞の内容は、前妻リンダとの別れ、そして、現在の妻であるヘザーのことを歌っているかのようである。
          59歳のポールが披露するシャウトと、ラスティー・アンダーソンのリードギターが冴えるスロウでハードな曲である。
          単独でのシングルカットはされいないが、2002年4月から始まった「Driving USA Tour」のセットリストに入れられたため、デイブ・ウェイによるリミックスが収められたプロモーションシングルが制作され、さらにプロモーション・ビデオも制作された。2003年のヨーロッパ・ツアーまでセットリストに入れられた。プロモーション・ビデオは、ポールがアメリカの広大な土地を通る長い道路をオープンカーで運転する姿が中心となっている。
          2001年10月20日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催された『The Concert For New York』で演奏されたが、アルバムには収録されていない。その後のポールのツアーを収めたアルバム『Back In The US』並びに『Back In The World』にはこの曲が収録されている。
          公式アルバムに収録された以外で、2002-03年のワールドツアーで演奏されたバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

          (3)2002年4月24日ワシントン公演
           Driving Macca! (Label Unknown)
          (4)2002年5月15日タンパ公演
           Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
          (5)2003年5月24日モスクワ公演
           The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
           Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)

          (1)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass, Acoustic Guitar, Electic Guitar
           Abe Laboriel Jr.: Drums, Tambourine
           Rusty Anderson: Pedal Steel Guitar, Acoustic Guitar
           Gabe Dixon: Wurlitzer, Electric Piano
           David Kahne: Organ
          録音スタジオ:Henson Recording Studio, LA
          録音日:2001.2.16
          プロデューサー:David Kahne
          イギリス発売日:2001.11.12
          アメリカ発売日:2001.11.13
          日本発売日:2001.11.12

          (2)
          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass
           Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
           Brain Ray: Backing Vocal, Guitar
           Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
           Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
          録音スタジオ:live from Ft.Lauderdale
          録音日:2002.5.17
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:David Kahne
          イギリス発売日:2003.3.17
          アメリカ発売日:2002.11.26
          日本発売日:2002.11.13


          歌詞・コード
          C       Em
          I tried to get over you
          C        Em
          I tried to find something new
          C          G Bm Am
          But all I could ever do
            D   C     Bm     Am
          Was fill my time with thoughts of you

          I tried to go somewhere old
          To search for my pot of gold
          But all I could ever hold
          Inside my mind were thoughts of you

          Em             Am
          I hear your music and it's driving me wild
          Em           Am
          Familiar rhythms in a different style
          Em              Am         B7
          I hear your music and it's driving me wild again

          Em           Am
          Don't want to let you take me down
          Em           Am
          Don't want to get hurt second time around
          Em             Am      B7
          Don't want to walk that lonely road again

          I hear your music and it's driving me wild
          Familiar rhythms in a different style
          I hear your music and it's driving me wild again

          Don't want to let you take me down
          Don't want to get hurt second time around
          Don't want to walk that lonely road again

          Don't want to let you take me down
          Don't want to get hurt second time around
          Don't want to walk that lonely road again

          (c)2001 MPL Communications
          London Town(たそがれのロンドンタウン)
          0



            作詞作曲:Paul McCartney, Denny Laine
            収録時間:4分6秒
            収録アルバム:London Town
            収録シングル:London Town


            1978年に発売したウィングス6枚目のアルバム『London Town』のタイトル曲で、アルバムからのサード・シングルとして発売された。残念ながら全米39位、全英60位とヒットせず。
            タイトル通り、ポールが在住する都市ロンドンのことを歌った地元回帰ソングであるが、この曲が最初に書かれたのは、ポールがウィングスのツアーでオーストラリアのパースに滞在していた時(1975年11月)である。当初はタイトルが異なり、ロンドンのことは歌われていなかったようだが、ウィングスのワールド・ツアーが終了し、メキシコなどで休暇を過ごしているときに曲を展開させ、さらに、デニー・レインとスコットランドの農場で、デモテープやデニー・レインのソロアルバム『Holly Days』をレコーディングしている1977年頃に、デニー・レインとの共作の元、別の曲をくっつけて曲を仕上げた。1977年2月から3月にかけて、アルバム『London Town』のレコーディング開始時期に、この曲はレコーディングされている。
            シングルカットされたため、プロモーション・フィルムも制作された。撮影は1978年3月21日午後に、ビートルズの映画『Let It Be』の監督マイケル・リンゼイホッグの監督のもと、ロンドンの Twickenham Film Studio で撮影された。スタジオの中央にロンドンを模した道路のセットが組まれ、ロンドンの一般通行人を演じたエキストラを横にして、当日のウィングスのメンバー3人(ポール、リンダ、デニー)がゆっくりと道を突き進むという構成になっている。エキストラには、ビートルズの映画『A Hard Day's Night』にも出演した俳優ビクター・スピノッティも出演している。
            この曲のアウトテイクは発見されていないが、1977年2月に放送されたBBCの番組『Count Down 77』で、この曲をアビーロード・スタジオでリハーサルしているウィングスの姿が放送されたことがある。以下のブートで聴くことができる。

             Water Wings (Disc 1) (Vigotone (fake) -- VT500 X 2 BEAT)
             Oobu Joobu (Part 3) (DVD) (MPL (Fake) -- 971120)

            演奏:
             Paul McCartney: Vocals, Bass, Keyboards
             Linda McCartney: Backing voca,l Keyboards
             Denny Laine: Guitars, Backing vocal
             Jimmy McClloch: Guitars, Backing vocal
             Joe English: Drums, Backing Vocal
            録音スタジオ:Record Plant Mobile Studio, US Virgin Island, Abbey Road Studio, London, AIR Studio, London
            録音日:1977.5.5-circa 1978.1
            プロデューサー:Paul McCartney
            エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
            イギリス発売日:1978.3.31
            アメリカ発売日:1978.3.27
            日本発売日:1978.4.7



            歌詞・コード

            D/F# G F# B A E
            D/F# G F#/A B Em/G F#m7 E

            E
            Walking down the sidewalk on a purple afternoon
                F#m7
            I was accosted by a barker playing a simple tune
            A/B    E
            Upon his flute
            D/A  A     E
            Toot toot toot toot
            B7              A
            Silver rain was falling down upon the dirty ground
            E     A E
            Of London Town

            A             Bm
            People pass me by on my imaginary street
            Amaj7         F#m7
            Ordinary people it's impossible to meet
            Bm                Esus4     E
            Holding conversations that are always incomplete
                     A
            Well, I don't know

            F#m7  Edim   E/G#   A
            Oh where are the places to go
            F#m7  Edim   E/G#   A
            Someone, somewhere has to know
            D/F#  G  E/G#
            I don't know

            Out of work again, the actor entertains his wife
            With the same old stories of his ordinary life
            Maybe he exaggerates the trouble and the strife
            Well, I don't know

            Oh where are the places to go
            Someone, somewhere has to know

            Crawling down the pavement on a Sunday afternoon
            I was arrested by a rozzer, wearing a pink balloon
            About his foot
            Toot toot toot toot
            Silver rain was falling down upon the dirty ground
            Of London Town

            A Bm Amaj7 F#m7 Bm E A F#m7 Edim E/G# A

            F#m7   Edim   E/G#
            Someone, somewhere has to know

            A                  G
            Silver rain was falling down upon the dirty ground
              D      A
            Of London Town

            (c)1978 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
            Liverpool Suite
            0

              作詞作曲:Paul McCartney
              収録アルバム:なし
              収録シングル:なし

              未発表のオーケストラ曲。1993年のニューワールド・ツアーの開演前に会場に流されていた曲のうちの1曲で、ポール作曲による。
              「Livepool Suite」には2種類あり、それぞれ「Livepool Suite 2」「Livepool Suite 5」というタイトルが付けられている。
              1993年のニューワールド・ツアー開演前では、この曲ばかりでなく、ポールの未発表曲(アンビエント、クラシックを含む)や他のアーティストによるポールのカバー曲が流されていた。1993年3月15日にポールの音楽版権管理事務所MPLによって、版権登録されている。
              この曲は、1993年5月26日のボルダー公演開演前を隠し撮りした以下のブートで聴くことができる。

               Let Me Roll It To Boulder CD 1 (Salamander -- SCD 1022/1024)

              演奏:?
              録音スタジオ:?
              録音日:?
              プロデューサー:?
              エンジニア:?
              イギリス発売日:未発売
              アメリカ発売日:未発売
              日本発売日:未発売
              Live And Let Die(死ぬのは奴らだ)
              0



                作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
                収録時間:(1)3分10秒 (2)3分34秒 (3)3分11秒 (4)3分10秒 (5)3分5秒 (6)3分10秒
                収録アルバム:(1)Live And Let Die Original Soundtrack, Wings Greatest, All The Best, The Greatest (Japan only), Wingspan, Best Of Bond (2)Wings Over America (3)Tripping The Live Fantastic (4)Paul Is Live (5)Back In The US, Back In The World (6)The In-Laws (soundtrack)
                収録シングル:(1)Live And Let Die

                ジェームス・ボンドの映画007シリーズで、3代目ボンド役にロジャー・ムーアを迎えたシリーズ第8作『Live And Let Die(007/死ぬのは奴らだ)』の主題歌で、ポール自身が作曲し、ウィングスが演奏した。ロックのグループとして初めて007シリーズの主題歌を担当した。007シリーズの主題歌は1位にならないと言われたとおり、米ビルボード誌のチャートでは2位止まりだったが、米キャッシュボックス誌のチャートでは1位を獲得した。イギリスでは9位まで上昇。「My Love」の大ヒットに続く曲で、ウィングスの名声を確立した。
                ポールによれば、中間のレゲエ調部分はリンダが書いたという。
                この曲は元々、007シリーズのプロデューサー、アルバート・ブロッコリがポールに依頼し、007シリーズ第7作ショーン・コネリー主演の『Diamonds Are Forever(ダイヤモンドは永遠に)』の主題歌として書いたものだが、この映画には使われなかった。その後1972年10月頃に、ポールが『死ぬのは奴らだ』の原作本を読んで感化され、その翌日にこの曲を書いたという。そしてジョージ・マーティンに連絡し、オーケストラ部分のアレンジを依頼し、次の週にレコーディングを行った。
                「ある日曜日に’Live And Let Die’の本を読んだんだ。何か作りたいなと思って、ピアノに座って1曲作ったんだ。歌詞は僕とリンダで考えた。それからジョージ・マーティンにプロデュースを依頼して、ウィングスとレコーディングしたんだ。」(ポール)
                「僕が映画を見に行くのはサウンドトラックを聴くためで、僕にとっては映画のほうがバックグラウンドなんだよ。ちょうど僕の曲の背景になる映画ができた。ジェームス・ボンド・シリーズの『007/死ぬのは奴らだ』っていうんだけど、確かにこの映画は音楽を引き立ててくれている。」(ポール)
                「レコーディングが終了した後、ジョージ・マーティンがデモを映画のロケが行われたカリブまで持っていってたんだ。そこで、映画のプロデューサーがレコード・プレイヤーを見つけ聴いただけど、彼らは’すばらしいデモだ!’って言って、’いつレコーディングするんだ?’’誰が歌うんだ?’って聞いてきたらしい。ジョージは’これが本番のトラックです!’って言い返したようだけど。」(ポール)
                この曲の発表以後、1979年のイギリスツアーを除いて、1973年イギリスツアー、1975-76年ワールドツアー、1989-90年ゲットバックツアー、1993年ニューワールド・ツアー、2002-03年ワールドツアー、2004年ヨーロッパツアー、2005年アメリカツアーと、ライブでは必ずと言っていいほど演奏している。マグネシウム爆発とレーザー光線を使った派手なステージ演出で、コンサートで盛り上がるハイライトとなっている。
                2003年に発表された映画『The In-Laws』(邦題:セイブ・ザ・ワールド、DVDでのみ発売)のサウンドトラックとして、1974年アビーロードでのウィングスのスタジオセッション、通称『Backyard』セッションの音源が使われたが、発売にあたってはバイオリン・ソロの部分がオーバーダブされている。
                また、プロモーション・フィルムが存在するが、これは1979年に全世界でテレビ放送されたウィングスのドキュメンタリー『Wings Over The World』で放送されたリハーサルと1976年6月23日ロサンゼルス公演をくっつけたものである。
                スタジオ・アウトテイクは存在しないが、未発表ライブ・バージョンは、以下のブートで聴くことができる。

                (7)1973年6月10日ニューキャッスル公演
                 Live In Newcastle, 1973 (Starlight Records -- SL87017)
                 Unsurpassed Masters Vol. 1 (Strawberry Records -- STR 002)
                 Wings Live In Newcastle (Mistral Music -- MM 9117)
                 Get You Ready For Live: Newcastle 1973 (BMW -- BMW005)
                (8)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
                 Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
                 Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
                 Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
                 Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
                 Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
                 Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
                (9)1975年11月13日メルボルン公演
                 9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
                 Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
                 Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
                 Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
                 Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
                (10)1976年6月10日シアトル公演
                 Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
                 Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
                (11)1976年6月23日ロサンゼルス公演
                 映画『Rock Show』
                 Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
                (12)1990年1月16日ロンドン公演
                 Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
                (13)1990年3月7日東京公演
                 Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
                (14)1990年3月31日バークレー公演
                 Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
                (15)1990年4月20日リオ公演
                 Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
                (16)1990年7月4日ワシントン公演
                 Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
                 4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
                 Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
                (17)1990年7月15日フィラデルフィア公演
                 公式ビデオ『Get Back』
                (18)1992年12月10日収録テレビ番組『Up Close』
                 Looking For Changes (Yellow Cat Records -- YC 003)
                 219 W. 53 Street (Pluto Records -- PLRCD9310)
                 Back In The U.S.A. (Vol. 2) (Banana -- BAN-029-B)
                 Deliverance Now (Rarities Special -- RS 9318)
                 First Night (CD 1) (Front Row -- Front 11)
                 New York 1992 (Red Lines -- GSCD 1245)
                (19)1993年6月15日シャーロット公演
                 Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
                 Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
                 Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
                 Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
                 Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
                 The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
                (20)1993年11月15日東京公演
                 Live In Argentina Special (DVD 1) (Label Unknown)
                 Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
                 Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
                 Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
                 Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
                 Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
                 Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)
                (21)2002年4月24日ワシントン公演
                 Driving Macca! (Label Unknown)
                (22)2002年5月15日タンパ公演
                 Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
                (23)2003年5月24日モスクワ公演
                 The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
                 Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
                (24)2004年5月30日マドリード公演
                 !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
                (25)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
                 San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
                (26)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
                 Live In Glastonbury (Label Unknown)
                (27)2005年2月6日NFLスーパーボウル・ハーフタイムショー
                 Paul McCartney At The Super Bowl 2002-2005 (Wall Of Sound -- WOS-DVD-001)

                (1)
                演奏:
                 Paul McCartney: Piano, Vocal
                 Linda McCartney: Backing vocal
                 Denny Laine: Bass, Backing vocal
                 Denny Seiwell: Drums
                 Henry McCullough: Electric guitar
                録音スタジオ:AIR Studios, London
                録音日:1972.10
                プロデューサー:Paul McCartney, George Martin
                エンジニア:?
                イギリス発売日:1973.6.1
                アメリカ発売日:1973.6.18
                日本発売日:1973.7.20

                (2)
                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, Piano
                 Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
                 Denny Laine: Bass, Backing Vocal
                 Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
                 Joe English: Drums, Backing Vocal
                 Tony Dorsey: Trombone
                 Thaddeus Richard: Saxophone
                 Steve Howard: Trumpet
                 Howie Casey: Saxophone
                録音スタジオ:live from Boston
                録音日:1976.5.22
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
                イギリス発売日:1976.12.10
                アメリカ発売日:1976.12.10
                日本発売日:1977.1.25

                (3)
                演奏:
                 Paul McCartney: Piano, Vocal
                 Linda McCartney: Keyboards, Vocal
                 Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
                 Chris Whitten: Drums
                 Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
                 Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
                録音スタジオ:live from Dortmund
                録音日:1989.10.17
                プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
                エンジニア:Bob Clearmountain
                イギリス発売日:1990.10.8
                アメリカ発売日:1990.10.16
                日本発売日:1990.11.9

                (4)
                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, Piano
                 Linda McCartney: Backing Vocal
                 Hamish Stuart: Backing Vocal, Bass
                 Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
                 Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
                 Blair Cunningham: Drums
                録音スタジオ:Live from Boulder
                録音日:1993.5.26
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Geoff Emerick
                イギリス発売日:1993.11.8
                アメリカ発売日:1993.11.16
                日本発売日:1993.11.10

                (5)
                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, Piano
                 Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
                 Brain Ray: Backing Vocal, Bass
                 Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
                 Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
                録音スタジオ:live from Dallas
                録音日:2002.5.9
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:David Kahne
                イギリス発売日:2003.3.17
                アメリカ発売日:2002.11.26
                日本発売日:2002.11.13

                (6)
                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, Keyboard
                 Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
                 Denny Laine: Bass, Backing vocal
                 Jimmy McClloch: Erectric guitar, Backing vocal
                 Jeff Burtton: Drums
                録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
                録音日:1974.8
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Geoff Emerick
                イギリス発売日:2003
                アメリカ発売日:未発売
                日本発売日:未発売
                歌詞・コード
                G       Bm       C     D7   D7-9 G
                When you were young and your heart was an open book
                      Bm        C
                You used to say live and let live
                      C/D         Cm/D       G
                You know you did, you know you did, you know you did
                      Bm       C           A
                But if this ever-changing world in which we live in
                     D       Bb
                Makes you give in and cry

                              G C/G
                Say live and let die
                        Gdim G7
                Live and let die
                         C/G
                Live and let die
                        Gm
                Live and let die

                Gm

                C9
                What does it matter to you
                G7
                When you got a job to do
                    D7
                You gotta do it well
                      Em           F
                You gotta give the other fellow hell

                Gm

                G Bm C D7 D7-9 G

                You used to say live and let live
                You know you did, you know you did, you know you did
                But if this ever-changing world in which we live in
                Makes you give in and cry

                Say live and let die
                Live and let die
                Live and let die
                Live and let die

                Gm Ebm/Gb

                (c)1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney and United Artists Music Limited. All Rights for U.S.A. and Canada Controlled by Unart Music Corporation
                Little Woman Love
                0

                  作詞作曲:Paul McCartney
                  収録時間:2分7秒
                  収録アルバム:Wings Wild Life (bonus track)
                  収録シングル:Mary Had A Little Lamb


                  1971年ニューヨークで行われたアルバム『Ram』のセッションでレコーディングされた曲でアルバムには収録されず、1972年5月のシングル「Mary Had A Little Lamb」のB面として発表された曲。ポールの弾くポップなピアノと、キャブ・キャロウェイ&ヒズ・オーケストラのベーシストとして有名なミルト・ヒントンの弾くスラップベースが印象的である。この曲は当初、ウィングスのデビューシングルとして「Mary Had A Little Lamb」との両A面シングルとして用意されていたようだ。
                  ウィングスの1973年のイギリス・ツアーと、1975年のツアーで、「C Moon」とのメドレーで演奏された。このメドレーは、1973年のテレビ番組『James Paul McCartney』や、1974年夏のスタジオセッションを収録したフィルム『One Hand Clapping』でも演奏されているので、コアなファンには有名なバージョンである。
                  これらアウトテイク・ライブテイクは、以下のブートで聴くことができる。

                  (2)1973年4月16日テレビ番組『James Paul McCartney』
                   James Paul McCartney (Chapter One -- CO 25128)
                   James Paul McCartney (Berkeley -- 2028)
                   James Paul McCartney (From TV Station Master Tape) (Watchtower -- WT 2001043)
                   James Paul McCartney DVD (Macca Fan Records/BBC Video -- BBC Videos)

                  (3)1973年6月10日ニューキャッスル公演
                   Live In Newcastle, 1973 (Starlight Records -- SL87017)
                   Unsurpassed Masters Vol. 1 (Strawberry Records -- STR 002)
                   Wings Live In Newcastle (Mistral Music -- MM 9117)
                   Get You Ready For Live: Newcastle 1973 (BMW -- BMW005)

                  (4)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
                   Completed Rarities Vol. 2 (Polyphone -- PH 1311)
                   Junior's Farm (Oil Well -- RSC 023 CD)
                   One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
                   The Elstree Tapes (RS Records -- RS CD 15)
                   The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
                   Wings On The Radio (Unknown -- HHCER106)
                   Working Holiday (Zee Records -- PMC 01)
                   The Blackbird Sessions (Goblin Records -- CD 3002)
                   One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
                   My Love (MIDO Enterprize -- ZS 9112)

                  (5)1975年11月13日メルボルン公演
                   9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
                   Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
                   Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
                   Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)

                  演奏:
                   Paul McCartney: Bass, Guitars, Keyboards, Vocals
                   Linda McCartney: Vocals, Keyboards
                   Denny Laine: Guitars, Vocals
                   Denny Seiwell: Drums
                   Henry McCullough: Guitars, Vocals
                   Milt Hinton: Bass
                  録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
                  録音日:1970.12-1971.4
                  プロデューサー:Paul & Linda McCartney
                  エンジニア:Tim, Ted, Phil, Dixson, Armin and Jim
                  イギリス発売日:1972.5.5
                  アメリカ発売日:1972.5.29
                  日本発売日:1972.6.25

                  歌詞
                  I got a little woman I can really love,
                  My woman fit me like a little glove.
                  You know I'll always love
                  my little woman love.

                  I take her home most ev'ry night,
                  My woman love to hold me tight.
                  You know I feel alright
                  my little woman mine.

                  Oh yeah, oh yeah,
                  Oh, oh, oh, oh, oh, oh.
                  Oh yeah, oh yeah,
                  Oh, oh, oh, oh, oh, oh.

                  I take her home most ev'ry night,
                  My woman love to hold me tight.
                  You know I feel alright,
                  my little woman mine.

                  (c)1972 MPL Communications
                  Little Willow
                  0
                    作詞作曲:Paul McCartney
                    収録時間:2分55秒
                    収録アルバム:Flaming Pie, Diana princess of wales Tribute
                    収録シングル:なし

                    1994年12月30日に48歳の若さで病死したリンゴ・スターの前妻、モーリーンに捧げた曲。モーリーンだけでなく、リンゴ・スターとの間の3人の子供、ザック、ジェイソン、リーにも捧げられている。
                    「この曲は、親しい友人の訃報を聞いた直後に作ったもの。その日の朝に知らせを聞いて、僕はしばらく他の事が一切考えられなくなってしまった。だからせめてこの曲を書いて、僕がどれだけ彼女の事を大切に想っていたか、何とかして伝えられればと思ったんだ。この曲は彼女と、彼女の子供たちに向けて書いたんだ。当然ながらとてもエモーショナルな曲になっている。手紙をしたためる代わりに、曲を書いたと言うわけだ。これが少しでも子供たちの心の慰めになってくれればいいんだけど。」(ポール)
                    モーリーンが他界した約10ヶ月後の1995年11月21日(丁度、ビートルズのアルバム『Anthology 1』が発売された日)にレコーディングが開始された。アコースティックギター、スパニッシュギター、ハープシコード、ハーモニウム、メロトロン等ほとんどの楽器はポール自身が演奏しているが、一部プロデューサーのジェフ・リンが、キーボードとコーラスで手伝っている。
                    1997年12月3日に全世界で発売されたダイアナ元英皇太子妃の追悼アルバム『Diana princess of wales Tribute(ダイアナ・トリビュート)』にも収録された。
                    シングル発売はされていないが、この曲のプロモーションビデオが著名な映画監督ジョン・シュレシンジャーの監督により制作され、1997年12月に放送されたアメリカのテレビ番組『Oprah Winfrey Show』で初公開された。

                    演奏:
                     Paul McCartney: lead vocal, backing vocal, bass guitar, acoustic guitar, Spanish guitar,
                    electric guitar, piano, harpsichord, harmonium, mellotron, percussion effects
                     Jeff Lynne: backing vocal, electric spinette, harpsichord
                    録音スタジオ:The Mill, Sussex, England
                    録音日:1995.11.21-
                    プロデューサー:Paul McCartney, Jeff Lynne
                    エンジニア:Geoff Emerick, Jon Jacobs, assisted by Keith Smith
                    イギリス発売日:1997.5.5
                    アメリカ発売日:1997.5.27
                    日本発売日:1997.5.17


                    歌詞・コード
                    D Em/D D Em/D

                    D Em/D
                    Bend, little willow
                    D Em/D
                    Wind's gonna blow you
                    D    Em/D  D Em/D
                    Hard and cold tonight

                    D Em/D
                    Life, as it happens
                    D Em/D
                    Nobody warns you
                    D   Em/D   D D7
                    Willow, hold on tight

                    G        A
                    Nothing's gonna shake your love
                           D D7
                    Take your love away
                    G         A
                    No one's out to break your heart
                                Asus4
                    It only seems that way, hey

                    Sleep, little willow
                    Peace gonna follow
                    Time will heal your wounds

                    Grow to the heavens
                    Now and forever
                    Always came too soon

                    Nothing's gonna shake your love
                    Take your love away
                    No one's out to break your heart
                    It only seems that way, hey

                    Bend, little willow
                    Wind's gonna blow you
                    Hard and cold tonight

                    Life, as it happens
                    Nobody warns you
                    Willow, hold on tight

                    (c)1997 MPL Communications, Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
                    Little Queenie
                    0

                      作詞作曲:Paul McCartney
                      収録時間:2分47秒
                      収録アルバム:なし
                      収録シングル:なし

                      オリジナルは、1959年3月にチャック・ベリーが「Almost Grown」のB面で発表した曲。ビートルズもデビュー前の1960年から1963年にかけてステージでポールのボーカルにより演奏していた曲で、1962年12月のドイツ・ハンブルグのスタークラブでの演奏は、アルバム『The Betles Live! At The Star Club』をはじめとして公にされている。1969年1月22日のゲットバック・セッションでも演奏しているが、この時のボーカルはジョン・レノンである。
                      ローリング・ストーンズもこの曲をコンサートでよく取り上げており、1970年代前半と1990年後半のコンサートで演奏していたようである。
                      ビートルズ解散後にポールがこの曲を演奏したのは、1979年5月頃のLympne Castleで行ったウィングスのリハーサル・セッションである。このセッションでは、ポールやデニー・レインが慣れ親しんだロックン・ロールを多数演奏しているので、この曲も取り上げられたのであろう。以下のブートで聴くことができる。

                       Rock And Roll Jam Sessions (Kintyre Records -- PROMO CD 043)
                       Lympne Castle Sessions (Red Square -- RS 04)
                       Completed Rarities Vol. 2 (Polyphone -- PH 1311)

                      演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Bass
                       Denny Laine: Vocal, Guitar
                       Linda McCartney: Keyboard
                       Laurence Juber: Guitar
                       Steve Holly: Drums
                      録音スタジオ:Lympne Castle, Kent, UK
                      録音日:circa 1979.5
                      プロデューサー:Paul McCartney
                      イギリス発売日:未発売
                      アメリカ発売日:未発売
                      日本発売日:未発売

                      歌詞
                      I got lumps in my throat
                      When I saw her comin down the aisle
                      I got the wiggles in my knees
                      When she looked at me and sweetly smiled
                      Well there she is again
                      Standin over by the record machine
                      Well she looks like a model
                      On the cover of a magazine
                      But she's too cute
                      To be a minute over seventeen

                      Meanwhile I was thinkin'

                      Well if she's in the mood
                      No need to break it
                      I got the chance and I oughta take it
                      If she can dance we can make it
                      C'mon queenie let's shake it

                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie

                      Won't someone tell me
                      Who's the queen standin over by the record machine
                      Well she looks like a model
                      On the cover of a magazine
                      But she's too cute
                      To be a minute over seventeen
                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie

                      Meanwhile, I was still thinkin, hmmmm,
                      Well if it's a slow one
                      We'll omit it
                      If it's a rocker, then we'll get it
                      If it's a good one, she'll admit it
                      C'mon queenie, let's get with it

                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie

                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie
                      I said go, go, go, little queenie...

                      (c)1959 ARC MUSIC CORP
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バック・イン・ザ・USSR
                      バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      公式海賊盤
                      公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ポール・イズ・ライヴ
                      ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                      RECOMMEND
                      ライブ
                      ライブ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラン・デヴィル・ラン
                      ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      フレイミング・パイ
                      フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      オフ・ザ・グラウンド
                      オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      プレス・トゥ・プレイ
                      プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      タッグ・オブ・ウォー
                      タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                      RECOMMEND
                      マッカートニーII
                      マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バンド・オン・ザ・ラン
                      バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー&ウイングス
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラム
                      ラム (JUGEMレビュー »)
                      ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      あの雲のむこうに
                      あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                      ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.