I Love This House
0
    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:3分41秒
    収録アルバム:なし
    収録シングル:Young Boy

    1984年に発表した映画『Give My Regards To Broad Street(ヤァ!ブロード・ストリート)』のサウンドトラックの収録を終えた後、次のレコーディング・セッションとして、ポールはプロデューサーに1984年にグラミー賞を獲得した売れっ子プロデューザー、デビッド・フォスターを迎え、「No More Lonely Nights」で印象的なギター・ソロを弾いたピンク・フロイドのデイブ・ギルモア、ドラムのデイブ・マタックスと共に、「I Love This House」「Lindiana」「We Got Married」の3曲をレコーディングした。
    翌年の1985年から、ヒュー・パジャムのプロデュースの元で、次作のアルバム『Press To Play』のレコーディングに取りかかったことから、この時レコーディングした3曲はお蔵入りとなり、「We Got Married」のみオーバーダブされ、1989年のアルバム『Flowers In The Dirt』で発売された。
    「I Love This House」は、1995年にポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第4回(1995年6月10日放送)で初めて放送され、その後、1997年のアルバム『Flaming Pie』の第1弾シングル「Young Boy」のボーナス・トラックとしてカップリングされた「Oobu Joobu - Part 1」の中に収録して発売した。シングルのカップリングとしての発売にあたり、ジョン・ケリーとジェフ・エメリックの2人がリミックスを行った。アルバム『Flaming Pie』のレコーディング・データを詳細に記述したポールのファンクラブ誌「Club Sandwich」によると、レコーディングはサセックスで、1984年9月25日から始まったとのことだが、レコーディングの場所は依然不明である。
    ラジオ番組、シングルのカップリングで発表されたバージョンは完奏されておらず、完奏バージョンは以下のブートで聴くことができる。

    (1)完奏バージョン
     Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone -- VT-189)
     Return To Lindiana (Unknown)
     Return To Pepperland - The Unreleased 1987 Album (Sergeant M Records -- SM 0001)
    (2)ラジオ放送バージョン(1995年6月10日放送『Oobu Joobu』第4回)
     Oobu Joobu Part 4 (Yellow Cat Records -- YC 048)
     Oobu Joobu Part 16 & 17 (Disk 1) (Yellow Cat Records -- YC 060)
     Oobu Joobu Radio Chronicles Part Two (Unknown -- PMCD0P1)

    演奏:
     Paul McCartney: vocal, bass guitar, electric guitar
     David Foster: keyboards
     Dave Gilmour: electric guitar
     Dave Mattacks: drums
    録音スタジオ:unknown
    録音日:1984.9.25-
    プロデューサー:Paul McCartney, David Foster
    エンジニア:Jon Kelly, Jon Jacobs
    イギリス発売日:1997.4.26
    アメリカ発売日:未発売
    日本発売日:未発売

    歌詞・コード

    A
    Cracks in the pavement, cracks in the road
                      D      A
    Cracks in the ceiling where the bathtub overflowed, overflowed
    Holes in the gutters, holes in the slate
                       E
    Holes in the carpet, but I won't evacuate

            A      D     Dmaj7
    I love this house, it's where I'll stay
        F#m         D
    Eat and sleep the night and day
           A           F#m
    I love this house, it's where I'll be
          D       E     Bm
    For you to spend some time with me
            A
    I love this house

    Dump in the basement, dump in the hall
    Dump in the living room that's climbing up the wall
    Rust in the drainpipe, rust in the spout
    Rust in the radiators, still won't get me out

    I love this house, it's where I'll stay
    Eat and sleep the night and day
    I love this house, it's where I'll be
    For you to spend some time with me
    I love this house

    Hot in the summer, rattling windows, teeth and knees
    Perfect place for cat and mouse
    But I never mind, I love this house

    Cracks in the pavement, cracks in the road
    Cracks in the ceiling where the bathtub overflowed, overflowed
    Holes in the gutters, holes in the slate
    Holes in the carpet, but I won't evacuate

    I love this house, it's where I'll stay
    Eat and sleep the night and day
    I love this house, it's where I'll be
    For you to spend some time with me
    I love this house

    (c)1995,1997 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
    Hi Hi Hi
    0
      hihihi.jpg

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:(1)3分6秒 (2)3分48秒
      収録アルバム:(1)Red Rose Speedway, Wings Greatest, Wingspan (2)Wings Over America
      収録シングル:Hi Hi Hi

      1972年12月に発売されたウィングスの3枚目のシングル。発売当時は「C Moon」との両A面カップリングで発売したが、実際にヒットチャートに上昇したのは、こちらの「Hi Hi Hi」の方である。全米5位、全英10位まで上昇。
      1972年夏のヨーロッパ・ツアー直前に、スペインに滞在していた時にポールが書いた曲で、当初は8ビートのストレートなロックだった。1972年夏のツアーで演奏した後、シャッフルのリズムのロックン・ロールにアレンジし直し、1972年11月にロンドンのアビーロード・スタジオなどでレコーディングした。
      歌詞がセックスとドラッグを連想させるとして、1972年11月30日に英国国営放送BBCで放送禁止になった。
      「自然にハイになることとして受け止めてもらえるとした。でもBBCが最初に思ったのがドラッグでね。それに詞のなかに'Polygon'っていうのがあるんだけど、出版社が間違えてラジオ局に送ったんだ。それが'Body Gun'さ。歌詞を具体的には書き留めていなかったんだ。そっちのほうがいいけど。」(ポール)
      「凄く面白いのは、ライブで異様に受けるってこと’次は放送禁止になった曲です’と言うだけで、客席は大喜びさ。みんな、そういうのが好きなんだ。誰だって、放送禁止とか検閲には反感を持っているからね。僕らの仲間、世代の人間は特に気に入らないだろうね」(ポール)
      1972年のツアーが終了してからも、テレビ番組『James Paul McCartney』(アメリカ放送版のみ)、ウィングスの1973年のイギリス・ツアー、1975-76年のワールド・ツアーで、ラスト・ナンバーとして取り上げ、ウィングスのライブには無くてはならない曲となっている。
      1972年11月25日サザンプトンにあるテレビ・スタジオで、「Hi Hi Hi」と「C Moon」のプロモーション・ビデオがスティーブ・ターナー監督のもとで3台のカメラを使って撮影され、その場でビデオは編集された。また、2001年にベスト盤『Wingspan』が発売された時も、1972年に作成されたプロモと、映画『Rock Show』の演奏シーン、ドキュメンタリー『Wings Over The World』の映像などからプロモが作成された。
      この曲の公式に発売されていないアウトテイク、ライブバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

      (3)1972年8月21日オランダ・ハグー公演
       公式ビデオ『Paul McCartney Special』
       公式ビデオ『Portrait』
       Completed Rarities Vol. 1 (Polyphone -- PH 1312)
      (4)1972年Radio CM Spot
       Now Hear This (Drifter -- CD 001)
       Wings On The Radio (Unknown -- HHCER106)
      (5)1973年7月10日ニューキャッスル公演
       Live In Newcastle, 1973 (Starlight Records -- SL87017)
       Wings Live In Newcastle (Mistral Music -- MM 9117)
       Get You Ready For Live: Newcastle 1973 (BMW -- BMW005)
      (6)テレビ番組『James Paul McCartney』(アメリカ放送版のみ)
       The Making Of James Paul McCartney (ReproMan -- RPM 106)
      (7)1974年8月『One Hand Clapping』セッション
       Junior's Farm (Oil Well -- RSC 023 CD)
       One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
       The Elstree Tapes (RS Records -- RS CD 15)
       One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
      (8)1975年11月13日メルボルン公演
       Greatest Hits Live (Chartbusters -- CHER-073-A)
       Learning To Fly (Voxx -- VOXX-0001-001)
       Big Mac's Live Tracks (Orange -- Orange 1)
       Complete Downunder - CD 2 (RMG Records)
       Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
      (9)1976年6月22日ロサンゼルス公演
       公式ビデオ『Rock Show』

      (1)
      演奏:
       Paul McCartney: Electric Piano, Vocal
       Linda McCartney: Backing vocal
       Denny Laine: Bass, Backing vocal
       Denny Seiwell: Drums
       Henry McCullough: Electric guitar
       Richard Hewson: Orchestra Arranged
      録音スタジオ:Abbey Road Studio, Morgan Studio, London
      録音日:1972.11
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
      イギリス発売日:1972.12.1
      アメリカ発売日:1972.12.4
      日本発売日:1973.1.20

      (2)
      演奏:
       Paul McCartney: Vocal, Bass
       Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
       Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
       Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
       Joe English: Drums, Backing Vocal
      録音スタジオ:live from Denver, CO
      録音日:1976.6.7
      プロデューサー:Paul McCartney
      エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
      イギリス発売日:1976.12.10
      アメリカ発売日:1976.12.10
      日本発売日:1977.1.25

      hihihi_promo1.jpghihihi_promo2.jpghihihi_promo2_1.jpghihihi_promo2_2.jpg

      歌詞・コード
              B7
      Well when I met you at the station
                            E
      You were standing with a bootleg in your hand
             B7
      We went to my little place for a taste
                     E
      Of a multi-coloured band
               A
      We're gonna get hi, hi, hi
               E
      The night is young
           B7
      I want to put you in my pocket, little mama, gonna rock it
                 E
      And we've only just begun
               B7
      We're gonna get hi, hi, hi
              E
      With the music on
              B7
      Won't say bye bye bye bye bye bye bye bye
                 E
      'Til the night has gone
                 A
      I'm gonna do it to you, gonna do it sweet banana
               E
      You'll never give up
              B7             E
      We're gonna get hi, hi, hi, in the mid-day sun

      B7 E B7 E

      Well, well take off your face, recover from the trip
      You've been on
      I want you to lie on the bed, get you ready for my polygon
      I'm gonna do it to you, gonna do it sweet banana
      You've never been done
      Yes, go like a rabbit, gonna grab it, gonna do it
      'Til the night is done

      We're gonna get hi, hi, hi, with the music on
      Won't say bye bye bye bye bye bye bye bye
      'Til the night has gone
      I'm gonna do it to you, gonna do you sweet banana
      You've never been done
               B7
      We're gonna get hi, hi, hi
               C7
      We're gonna get hi, hi, hi
                 B7            E B7 A B7 E
      We're gonna get hi, hi, hi, in the mid-day sun

      試聴

      (c) 1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
      Help!
      0
        作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
        収録時間:56秒
        収録アルバム:なし
        収録シングル:All My Trials

        言わずと知れた1965年7月発売のビートルズのシングル。同名アルバム『Help!』のタイトル曲で、ビートルズ主演の2作目の映画のタイトルともなった。全米1位、全英1位の大ヒット曲。
        ジョン・レノンが作ったナンバーで、ビートルズという偶像として多忙を極めていたときの真の自分を表現した歌詞が印象的であり、ジョン・レノンがビートルズ時代で気に入っていた曲の1つとして答えることがあった曲である。
        ポールはジョン・レノンの生誕50周年にあたる1990年6月28日の故郷リバプール公演で、ジョン・レノンのトリビュートとして、「Strawberry Fields Forever」「Help!」「Give Peace A Chance」を3曲をメドレーでピアノを弾きながら歌った。
        ジョン・レノンは「Help!」について、ビートルズによるアレンジが気に入っていなくて、ピアノによるバラード風のアレンジでリメイクしたいと切に思っていたようで、そのジョンの発言の影響を受けたかどうかは定かでないが、ポールはピアノ・バラードにアレンジしてこの曲を演奏した。メドレーでの演奏のため、1番だけ歌われた。
        この時の演奏の模様は、公式ビデオ『Going Home』(『From Rio To Liverpool』というタイトルでもテレビ番組として放送。日本では1990年12月23日にフジテレビで放送)で見ることができる。
        ポールはこの曲をリバプールだけでなく、6月30日のネブワース公演、7月6日から29日までのアメリカ公演で演奏した。

        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Piano
         Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
         Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
         Chris Whitten: Drums
         Robbie Mclntosh: Electric guitar, Vocal harmonies
         Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
        録音スタジオ:live from Liverpool
        録音日:1990.6.28
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Peter Henderson
        イギリス発売日:1990.12.3
        アメリカ発売日:未発売
        日本発売日:1991.3.8

        歌詞・コード
        A              C#m        F#m
        When I was younger, so much younger than today,
                        D   G  A
        I never needed anybody's help in any way.
                       C#m         F#m
        But now those days are gone I'm not so self-assured,
                            D   G    A
        Now I find I've changed my mind, I've opened up the door.

        Bm                 Bm/A  G             G/F#
        Help me if you can I'm feeling down, and I do appreciate you being 'round.
        E                          A
        Help me get my feet back on the ground, won't you please please help me.

        (c)1965 Nothern Songs, Ltd.
        Helen Wheels(愛しのヘレン)
        0
          helen_wheels.jpg

          作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
          収録時間:(1)3分44秒 (2)3分27秒
          収録アルバム:(1)Band On The Run (US and 1993 Reissue only), Wingspan (2)Band On The Run 25th Anniversary Edition
          収録シングル:Helen Wheels

          1973年11月に発売されたウィングスの大ヒットアルバム『Band On The Run』に先行して、1973年10月に発売されたシングル曲。
          アルバム『Band On The Run』と同様、1973年8月から9月にかけて、ナイジェリアのラゴスでレコーディングされた。
          B面は、アルバム『Red Rose Sppedway』のセッションでレコーディングされた「Country Dreamer」。シングルは全米12位、全英10位まで上昇。
          1973年当時に発売されたアルバム『Band On The Run』には、ヒット中のこの曲が8曲目に挿入された。これはアメリカのキャピトル・レコードの要請によるもので、ピンク・フロイドがヒットしたシングル「Money」をアルバム『The Dark Side Of The Moon 』に収録したところ、アルバムの売り上げも上がったことから、これに影響されたもの。しかし、アルバム『Band On The Run』に元々収録されていた曲からシングルカットされた「Band On The Run」「Jet」の方がヒットしている。
          1993年にアルバム『Band On The Run』がリイシューされた際は、アメリカ盤、イギリス盤、日本盤とも、アルバムのボーナストラックとして収録された。しかし、1999年に発売された『Band On The Run 25th Anniversary Edition』では、当時発売されたアメリカ盤と同じく8曲目に挿入されている。
          曲調は当時流行っていたグラムロックに影響を受けたもので、リード・ギター、ベース、キーボード、ドラムのほとんどをポールが演奏し、リンダはシンセサイザーとコーラス、デニー・レインはギターで参加している。歌詞の内容は、ポールの所有していた車、ランド・ローバーに焦点を当て、ローバーに乗って、スコットランドのグラスゴーにあるポールの農場からロンドンまで運転する時の風景について言及している。
          「'Helen Wheels'とは、僕らの乗っているランド・ローバーのことだ。ランド・ローバーに付けた名前だ。スコットランド辺りを運転するのに、信用のおける乗り物なんだ。シェトランド諸島からロンドンまで連れて行ってくれるんだ。歌ではグラスゴーから始まり、カーリスルを過ぎ、ケンダル、リバプール、バーミンガム、ロンドンまで行くんだ。これは、僕らの所有するスコットランドの農場からロンドンまで行く道のりだよ。ロンドンまで行く車の旅そのものだ。」(ポール)
          この曲には、サビの部分で少しだけEのコードが用いられているほかは、曲全体を通してAのコードしか使われていないが、単純な2コードしか使われていないわりには、単調さを感じないところは、ポールの作曲技術の優れているところ。
          このアルバムのプロモーション・フィルムは、1973年11月にロイ・ベンソン監督のもと撮影され、2,3日で編集が完了したという。このプロモ・フィルムは1986年8月29日に放送されたBBCの番組『McCartney』で放送され、この番組を収めた公式ビデオ『Portrait - The Paul McCartney Special』で見ることができる。
          1999年に『Band On The Run 25th Anniversary Edition』を発売する際も、1973年に制作したプロモ・フィルムに煌びやかなグラフィック処理を施し、25周年記念バージョンとして制作し、各放送局で放送された。
          『Band On The Run 25th Anniversary Edition』の Disc 2 に収録されている「"Crazed" Mix」はアウトテイク。1973年にポールとジェフ・エメリックがリミックスしたもので、しばらくお蔵入りとなっていたものである。このテイク以外のアウトテイクは発見されていない。

          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
           Linda McCartney: Backing vocal
           Denny Laine: Guitars, Backing vocal
          録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, Kingway Studios, London
          録音日:1973.8-9
          プロデューサー:Paul McCartney
          エンジニア:Geoff Emerick
          イギリス発売日:1973.10.26
          アメリカ発売日:1973.11.12
          日本発売日:1973.12.20

          helen_wheels_promo1_1.jpghelen_wheels_promo1_2.jpghelen_wheels_promo2_1.jpghelen_wheels_promo2_2.jpg

          歌詞・コード
          E A

          A
          Said farewell to my last hotel
          It was never much kind of abode
          Glasgow town never brought me down
          When I was heading out on the road
          Carlisle City never looked so pretty
          And the Kendal freeway's fast
          Slow down driver, want to stay alive
          I want to make this journey last

          Helen - hell on wheels
          Ain't nobody else gonna know the way she feels
          Helen - hell on wheels
              E          A
          And they never gonna take her away

          M6 south down to Liverpool
          Where they play the West Coast sound
          Sailor Sam, he came from Birmingham
          But he never will be found
          Doing fine when a London sign
          Greets me like a long lost friend
          Mister Motor won't you check her out
          She's got to take me back again

          Helen - hell on wheels
          Ain't nobody else gonna know the way she feels
          Helen - hell on wheels
          And they never gonna take her away

          Got no time for a rum and lime
          I wanna get my right foot down
          Shake some dust off of this old bus
          I gotta get her out of town
          Spend the day upon the motorway
          Where the carburettors blast
          Slow down driver, I wanna stay alive
          I want to make this journey last

          Helen - hell on wheels
          Ain't nobody else gonna know the way she feels
          Helen - hell on wheels
          And they never gonna take her away

          試聴

          (c) 1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
          Hanglide
          0
            作詞作曲:Paul McCartney
            収録時間:5分18秒
            収録アルバム:なし
            収録シングル:Press (12inch)

            1986年のアルバム『Press To Play』からのファースト・シングル「Press」の12インチ・シングルにのみ収録された曲。未CD化。
            エリック・スチュアートと共作した実験的なインストゥルメンタルで、ジャム・セッションから派生した曲のようで、映画のサントラとして用意されていたようであるが、結局はどの映画にも用いられなかった。
            2種類発売された「Press」の12インチ・シングルの両方に同じバージョンが収録されている。2種類の12インチ・シングルの内訳は以下のとおり。

            ■Press (remixied by Bevans/Forward)
             It's Not True (remixed by Julian Mendelshon)
             Hanglide
             Press (Bevans/Forward Dubmix)

            ■Press (Video Edit)
             It's Not True (remixed by Julian Mendelshon)
             Hanglide
             Press (Bevans/Forward Dubmix)

            この曲のプロデュースは「Mac 'N' Matt」となっているが、この正体はポール・マッカートニーとマット・バトラーである。
            未CD化されていないが、以下のブートCDで聴くことが出来る。

             Alternate Takes 1986-1989 (TJT Productions -- TJT-058)
             Good Times Comin' (Vigotone -- VT-121)
             Artifacts III - CD 4 - Free As A Bird: 1981-1994 (Big Music -- BIG 4036)
             Good Sign Vol 3 (Polyphone -- PH 1306)
             B-Sides Complete Vol. 2 (MPL (Fake) -- MN-0002)
             Maxi-Singles Collection Vol. 2 (Disc 1) (Yellow Fish -- ZZ-XXSS0001014/3)
             All The Rest! (CD1) (Macondo Records -- macd1003)
             Complete Press To Play (CD 1) (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records -- TKR/2002)

            演奏:
             Paul McCartney: Guitars, Bass, Keyboards
             Eric Stewart: Guitars, Keyboards
             Jerry Marotta: Drums
             Carlos Alomar: Guitars
            録音スタジオ:Hog-Hill Studio, Sussex
            録音日:circa 1985.4-1986.4
            プロデューサー:Mac 'N' Matt
            エンジニア:Hugh Padgham, Steve Jackson
            イギリス発売日:1986.7.14
            アメリカ発売日:1986.7.14
            日本発売日:1986.8.22
            Goodnight Tonight
            0
              goodnight_tonight1.jpggoodnight_tonight2.jpg

              作詞作曲:Paul McCartney
              収録時間:(1)4分20秒 (2)7分13秒
              収録アルバム:(1)McCartney II (2)All The Best (LP, US CD) (3)Greatest (Japan only) (4)Wingspan
              収録シングル:(1)Goodnight Tonight (2)Goodnight Tonight (12")

              当時流行っていたディスコ・ミュージックをポールなりに消化した曲。ポールとして初めて、12インチシングルとしてロング・バージョンを制作した。ウィングス最後のヒット・シングルであり、全米5位、全米5位を記録した。
              ポールは当初、この曲をアルバム『London Town』のために、1人でレコーディングしていたが、曲が完成せず、しばらく未完成のままの状況となっていた。
              「当初、'Goodnight Tonight'がB面、'Daytime Nightime Suffering'がA面になる予定だった。この曲は、何年も棚に上げられていたんだ。メンバーで議論して、どうやったらソウルフルな感じになるかって。それで、この曲はリリースしないってことに決めたんだ。数週間後に、再びメンバーで演奏したら、'これはいけるじゃないか。やったね。リリースしたらどうかな?'ってことになって、リリースすることにしたんだ。」(ポール)
              1979年1月、前回のウィングスのワールド・ツアーを捉えたドキュメンタリー番組『Wings Over The World』が放送された頃、ポールは次のウィングスのシングル発売のことについて考え、ポールの自宅スタジオにウィングスのメンバーを呼び寄せ、ポールがソロでレコーディングしたこの曲にバンドメンバーが手を加え、エディー・クラインの編集と、マルコム・デイビーズのパイ・スタジオでのマスタリングを経て、この曲が完成した。
              1979年から、アメリカのレコード販売に関し、キャピタル・レコードからコロンビア・レコードに移籍したので、このシングルがコロンビア・レコードからの移籍後第1弾となった。
              プロモーション・ビデオは、1979年4月3日にキーフ・マクミランの監督のもと、ロンドンのハマースミス・ダンスホールで撮影され、翌日編集され、5バージョンものビデオが作成された。そのうち、1930年のオールド・スタイルで決めたウィングスをフィーチャーしたビデオは、当時、イギリスの番組『Top Of The Pops』『The Kenny Everett Show』、アメリカでは『The Midnight Special』で放送された。また、アルバム『Back To The Egg』収録曲のプロモーション・ビデオを集約した番組『Back To The Egg』でも、この曲が含まれている。
              当初この曲はアルバムに収録されていなかったが、1993年にリイシューされた時に、アルバム『McCartney II』のボーナス・トラックとして追加された。また、LP盤の『All The Best!』、アメリカ盤CD『All The Best!』には収録されているが、イギリス盤・日本盤『All The Best!』には収録されていない。
              ジョン・レノンが気に入っていた曲と言われているが、彼は特に、ポールのベース・プレイを評価していたようだ。
              この曲は、アルバム『Back To The Egg』発売後に行った全英ツアーで、リズム・ボックスをバックに演奏した。その時の演奏は、以下のブートで聴くことができる。

              (3)1979年12月17日グラスゴー公演
               Last Flight - Disc 2 (Vigotone -- vigotone 165)

              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
               Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
               Denny Laine: Electric guitar, Backing Vocal
               Laurence Juber: Electric guitar, Backing Vocal
               Steve Holly: Drums, Backing Vocal
              録音スタジオ:Abbey Road Studio, London, Replica Studio, Scotland
              録音日:1978.10-12, 1979.3
              プロデューサー:Paul McCartney, Chris Thomas
              エンジニア:Phil McDonald, Mark Vigars
              イギリス発売日:
              アメリカ発売日:
              日本発売日:

              goodnight_tonight_promo.jpggoodnight_tonight_promo2.jpggoodnight_tonight_promo3.jpg

              歌詞・コード
                F Dm7 Gm7     C7-9 F
              Don't get too tired for love,
                 Dm9 Gm7 C7-9
              Don't let it end.
                F Dm7 Gm7     C7-9 F
              Don't say goodnight to love,
                Fm7          C7-9  F
              It may never be the same again.

              F        Dm7
              Don't say it! Don't say it!
              Gm7        C7-9
              Say anything but don't say Goodnight Tonight !
              F         Dm7
              Don't say it! Don't say it!
              Gm7           C7-9
              Say anything but don't say Goodnight Tonight !
              F           Dm7
              Don't say it! Don't say it!
              Gm7               C7-9         F
              You can say anything but don't say Goodnight Tonight!

              Don't say it! Don't say it!
              Say anything but don't say Goodnight Tonight !
              Don't say it! Don't say it!
              Say anything but don't say Goodnight Tonight !
              Don't say it! Don't say it!
              Gm7             C7-9           Fm7 C F
              You can say anything but don't say Goodnight Tonight!

              Don't get too tired for love
              Don't let it end.
              Don't say goodnight to love,
              It's a feeling that may never end.

              Don't say it! Don't say it!
              Say anything but don't say Goodnight Tonight!

              試聴

              (c)1979 MPL Communications, Ltd.
              Good Sign
              0
                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:6分44秒
                収録アルバム:なし
                収録シングル:This One (12")

                1990年に発売された限定盤12インチシングル「This One」のセカンド・エディションのB面にのみ収録された曲。未CD化であり、シングルも限定盤であるので、正規には入手困難である。しかし、未CD化曲やB面曲を集めたブートでは比較的容易に入手できる曲である。
                当初、アルバム『Flowers In The Dirt』に収録予定であったが、最終段階で収録曲から外された。
                ポールが初めてハウスに挑戦した曲であり、後のファイアマンのアルバム『Strawberries Oceans Ships Forest』や『Rushes』の作風に影響を与えているが、ポールらしい芯の通ったメロディアスな旋律も印象的である。メロディは「Coming Up」に少し似た雰囲気である。
                ポールのスコットランドの自宅スタジオで録音し始め、ロビー・マッキントッシュのリードギター、ヘイミッシュ・スチュアートのギターなどを加えた。その後、ロサンゼルスの近くにあるマッド・ハッター・スタジオにて、1988年12月8日の午前10時から午後1時までのセッションで、クレア・フィッシャーのアレンジによるオーバーダブが施された。この時加えられたのは、3本のサックス、3本のトランペット、2本のトロンボーン、そして、アレックス・アレーニャによるパーカッションである。
                プロデュースとアレンジはポール自身が行ったが、ニール・ドーフスマンによるヘルプをもらっている。シングルのB面として発売されたバージョンは、ダンキャン・ブリッジマンとジョー・ドウォーニアクによってリミックスされた。
                プロモーション用の7分22秒のグルーブ・ミックスも作られ、200枚の限定で、クラブDJに配布された。
                グルーブ・ミックスは以下のブートで入手できる。

                 'B' Sides (Hawg Leg Records -- HL 130)
                 'B' Sides Himself (FAB -- FAB 2)
                 All The Rest! (CD2) (Macondo Records -- macd1004)
                 Maxi-Singles Collection Vol. 3 (Disc 1) (Yellow Fish -- ZZ-XXSS0001014/5)
                 Off The Flowers Disc 2 (BATZ -- 022)

                演奏:
                 Paul McCartney, Robbie Mclntosh, Hamish Stuart and others
                録音スタジオ:The Mill, Hog Hill, Scotland, Mad Hatter Studios, Los Feliz
                録音日:1988.4-1988.12
                プロデューサー:Paul McCartney, Neil Dorfsman
                エンジニア:Duncan Bridgeman, Joe Dworniak
                イギリス発売日:1989.7.31
                アメリカ発売日:未発表
                日本発売日:未発表

                歌詞
                THAT'S A GOOD, THAT'S A GOOD SIGN,
                THAT'S A GOOD, THAT'S A GOOD SIGN.

                OH, OH, OH, IT'S A GOOD SIGN,
                OH, OH, OH, IT'S A GOOD SIGN,
                OH, OH, OH, IT'S A GOOD SIGN,
                OH, OH, OH YEAH, IT'S A...

                I LOVE THE WAY THAT MY HEARTBEAT INCREASES
                WHEN YOU WALK IN A ROOM.
                THE CHEMICALS THAT MY BODY RELEASES,
                DISPEL ANY FEELINGS OF GLOOM.

                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, LET US KEEP IMPROVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN.

                DON'T YOU KNOW?

                EE -

                I LOVE ELECTRICAL SHOCKS AND SURPRISES
                KEEP ATTACKING MY HEART.
                I KNOW THE WAY MY TEMP'RATURE'S RISES,
                HAD TO BE THERE FROM THE START.

                AH -

                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, LET US KEEP IMPROVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, DON'T YOU KNOW?

                DON'T YOU KNOW?

                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, LET US KEEP IMPROVIN',

                OH, OH, OH, IT'S A GOOD SIGN,
                OH, OH, OH, IT'S A GOOD SIGN,
                OH, OH, OH, IT'S A GOOD SIGN.

                RIGHT NOW!

                I LOVE THE WAY THAT MY HEARTBEAT INCREASES
                WHEN YOU WALK IN A ROOM.
                THE CHEMICALS THAT MY BODY RELEASES,
                DISPEL ANY FEELINGS OF GLOOM.

                THAT'S A GOOD, THAT'S A GOOD SIGN,
                THAT'S A GOOD, THAT'S A GOOD SIGN.

                OW!

                THAT'S A GOOD, THAT'S A GOOD, OOH-OOH-OOH,
                OOH-OOH, OOH-OOH.
                DON'T YOU KNOW? DON'T YOU KNOW? OOH-OOH,
                DON'T YOU KNOW? DON'T YOU KNOW? OOH-OOH.

                OOH-OOH,
                OOH-OOH. (OW!)

                GOOD, GOOD, - GOOD, GOOD,
                GOOD, GOOD, - GOOD, GOOD,

                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, LET US KEEP IMPROVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, DON'T YOU KNOW?

                DON'T YOU KNOW?

                THAT'S A GOOD SIGN, SEE THE METER'S MOVIN',
                THAT'S A GOOD SIGN, LET US KEEP IMPROVIN'.

                (c)1989 MPL Communications
                Give Peace A Chance
                0
                  作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
                  収録時間:3分16秒
                  収録アルバム:なし
                  収録シングル:All My Trials

                  ジョン・レノンが1969年にシングルとして発表した平和を歌ったもので、平和を願った歌としてはあまりにも有名なので、たくさんのアーティストにカバーされている。
                  ポールは、1990年6月28日に故郷リバプールで行ったコンサートで、初めてジョンの作った曲を人前で歌った。その時取り上げたのが、ビートルズの「Strawberry Fields Forever」「Help!」、そしてこの曲で、メドレー形式で演奏した。
                  ポールの演奏を聴いたリバプールの観客は感動が止まらず、バンドの演奏が終わっても、この曲のコーラスを繰り返し歌ったため、バンドも演奏を再開し、コーラス部分を繰り返した。この時の演奏は、公式ビデオ『Going Home』で見ることができる。
                  このコンサートの後も、6月30日のネブワース公演、7月6日から29日までのアメリカ公演で演奏された。
                  2002年にアルバム『Back In The US』を発売した時、ポールはビートルズの曲のクレジットを通常の'Lennon-McCartney'ではなく'McCartney-Lennon'としたため、その対抗として、オノ・ヨーコは、2003年にアルバム『John Lennon Legend』を発売した時、この曲のクレジットから'McCartney'を削除した。

                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Piano
                   Linda McCartney: Vocal harmonies, Harmonium
                   Paul "Wix" Wickens: Piano, Vocal harmonies
                   Chris Whitten: Drums
                   Robbie Mclntosh: Electric guitar, Vocal harmonies
                   Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
                  録音スタジオ:live from Liverpool
                  録音日:1990.6.28
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Peter Henderson
                  イギリス発売日:1990.12.3
                  アメリカ発売日:未発売
                  日本発売日:1991.3.8

                  歌詞・コード
                  A              D
                  All we are saying is give peace a chance

                  (c)1969 Nothern Songs Ltd.
                  Girls' School
                  0
                    作詞作曲:Paul McCartney
                    収録時間:(1)3分15秒 (2)4分34秒
                    収録アルバム:(1)London Town (bonus track, UK 1989 CD), (2)London Town (bonus track, 1993 reissue CD)
                    収録シングル:Mull Of Kintyre, Girls' School

                    1977年のシングル「Mull Of Kintyre」のB面に収録されたストレートなロック。A面の「Mull Of Kintyre」がスコットランド色が強かったためか、アメリカでは「Girls' School」の方がA面として発売された。全米ビルボードで33位とヒットせず、ポールのシングルとして初めて30位を割る曲となった。
                    ウィングスのワールドツアー中、日本公演が中止となった後に、ハワイに移動して休暇を取っている際に、ポールがハワイで見つけたポルノ映画の広告に触発されて書いた。
                    「アメリカの新聞を探していたんだ。一番後ろのページ、広告が載っている欄の一番最後には、いつもポルノ映画の広告があったんだ。そのポルノ映画のタイトルが面白いと思ったので、そこから全てのタイトルを使って、曲を書いたんだ。例えば、'School Mistress''Curly Haired''Kid Sister''The Woman Trainer'というがあったなあ。そういうタイトルがとっても気に入ったので、曲に取り込んだんだ。」(ポール)
                    この曲のオリジナル・タイトルは「Love School」だったが、ポルノ色が強いため、タイトルが変更された。
                    1977年2月にロンドンのアビーロード・スタジオでレコーディングを開始し、スコットランドの'Spirit Of Ranachan'でのレコーディングを挟み、1977年9月に再びアビーロード・スタジオに戻って、レコーディングやミキシングの作業を終えた。
                    アルバム『London Town』はCD化された時にボーナス・トラックして収録されたのは、3分15秒に編集されたDJプロモ・ミックス。オリジナルの2分38秒と、3分21秒から4分5秒までが編集されているバージョンである。
                    その後1993年にリイシューされたCD『London Town』のボーナストラックには、4分34秒の通常バージョンが収録されている。
                    1998年のクリスティーズによるオークションでは、トレバー・ジョーンズのコレクションの一部であるこの曲のアセテート盤が出品されたが、詳細は不明である。

                    演奏:
                     Paul McCartney: Vocal, Bass
                     Linda McCartney: Backing Vocal, Keyboards
                     Denny Laine: Guitars, Backing vocal
                     Jimmy McClloch: Guitars, Backing Vocal
                     Joe English: Drums, Backing Vocal
                    録音スタジオ:Abbey Road Studio, London, Spirit Of Ranachan, Scotland
                    録音日:1977.2-9
                    プロデューサー:Paul McCartney
                    エンジニア:Geoff Emerick, Pete Henderson, Steve Churchyard, Mark Vigrs
                    イギリス発売日:1977.11.11
                    アメリカ発売日:1977.11.14
                    日本発売日:1977.12.1

                    試聴

                    (c)1977 MPL Communications Ltd. Administered by MPL Communications, Inc.
                    The Girl Is Mine
                    0
                      作詞作曲:Michael Jackson
                      収録時間:3分41秒
                      収録アルバム:Thriller (Michael Jackson)
                      収録シングル:The Girl Is Mine (Michael Jackson and Paul McCartney)

                      マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム『Thriller』からの第1弾シングルとして1982年11月に発売。全米2位、全英8位を記録した。ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンが共演名義で世に出した曲は、この曲と「Say Say Say」「The Man」の合計3曲あり、その中で一番最初に発表された曲。しかし、実際はポールのアルバム『Pipes Of Peace』(1983年10月発売)に収録された「Say Say Say」「The Man」の2曲よりも後にレコーディングされたもので、マイケルがポールのアルバムに参加してくれたお返しとして、ポールがマイケルのアルバムに参加したのが実際。
                      「僕は"the dog-gone girl is mine."っていうフレーズが好きじゃなかった。僕はマイケルに『"the dog-gone girl"ってどういうことか分かるよね?』って聞いたら、マイケルは『そうだよ。いいじゃないか。』って言った。それに対して僕は『君が何かトラブルに巻き込まれても、僕は責任取らないからね。』って言ってしまった。」(ポール)
                      「マイケルと話しをする部分があるだろ。そこはあまり気に掛けなかったんだけど、マイケル・ジャクソンとプロデューサーのクインシー・ジョーンズと仕事しているときは、ものすごく才能のあるクインシーがそばにいるわけだろ。だから、僕はクインシーと争うことも考えないし、クインシーがOKを出せば、それで思うんだ。でもマイケルは、クインシーと争うんだ。それで実は僕もクインシーと言い合ったこともあった。」(ポール)
                      レコーディングは、1982年3月後半に、クインシー・ジョーンズのプロデュースのもと、ロスのチェロキー・スタジオで開始した。同時期に「Say Say Say」「The Man」のオーバーダブも行ったため、ジョージ・マーティンもロスまで同行した。
                      マイケル・ジャクソンは、フレッド・スタンフォードの「Please Love Me Now」がこの曲の盗作にあたるとして、約500万円の損害賠償を求め、裁判を起こし、マイケルの勝訴となっている。

                      演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Backing Vocal
                       Michael Jackson: Vocal, Backing Vocal
                       Steve Lukather: Guitars
                       Jeff Porcaro: Drums
                       David Paich: Keyboards
                       Steve Porcaro: Keyboards
                       Louis Johnson: Bass
                      録音スタジオ:Cherokee Studios, Ocean Way Studios, Westlake Audio, LA
                      録音日:1982.3-4
                      プロデューサー:Quincy Jones
                      イギリス発売日:1982.10.29
                      アメリカ発売日:1982.10.25
                      日本発売日:1982.11.29
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バック・イン・ザ・USSR
                      バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      公式海賊盤
                      公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ポール・イズ・ライヴ
                      ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                      RECOMMEND
                      ライブ
                      ライブ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラン・デヴィル・ラン
                      ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      フレイミング・パイ
                      フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      オフ・ザ・グラウンド
                      オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      プレス・トゥ・プレイ
                      プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      タッグ・オブ・ウォー
                      タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                      RECOMMEND
                      マッカートニーII
                      マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バンド・オン・ザ・ラン
                      バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー&ウイングス
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラム
                      ラム (JUGEMレビュー »)
                      ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      あの雲のむこうに
                      あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                      ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.