Little Lamb Dragonfly
0

    作詞作曲:Paul McCartney
    収録時間:6分18秒
    収録アルバム:Red Rose Speedway
    収録シングル:なし

    ポールが所有する農場で買っていた羊の死を題材にして作った曲。元々はポールが版権を所有したアニメ『Rupert The Bear』のために書かれた曲であるが、先にアルバム『Red Rose Speedway』で発表したため、1980年のアニメ『Rupert The Beat』のデモ・サントラには収録されていない。
    ベーシック・トラックはアルバム『Ram』のレコーディングセッションで録音され、その時はギターとしてヒュー・マクラッケンが参加している。アルバム『Ram』には採用されず、その後、ウィングスのギタリストであるデニー・サイウェルが作曲を少し手伝い(作曲者としてはクレジットされていない)、アルバム『Red Rose Speedway』でデニー・レインのバック・ボーカルを加えて完成された。
    この曲のアウトテイクは発表されていない。

    演奏:
     Paul McCartney: Bass, vocal
     Linda McCartney: Dingers, Backing vocal
     Denny Laine: Backing vocal
     Denny Seiwell: Drums, Percussion, Backing vocal
     Hugh McCracken: Electric guitar
    録音スタジオ:Columbia Recording Studio, A&R Recording Studios, NY, and Sound Recorders Studio, LA
    , Olympic Sound Studios, Barnes
    録音日:1970.12-1971.4, 1972.3-12
    プロデューサー:Paul McCartney
    エンジニア:Alan Parsons, Richard Lush, Dixson Van Winkie, Tim Geeland, Glyn Johns, David Hentschel
    イギリス発売日:1973.3.3
    アメリカ発売日:1973.4.30
    日本発売日:1973.6.20

    歌詞・コード
    Bm               F#
    I have no a answer for you, little lamb, I can help you out,
    Em7  A7      D
    But I cannot help you in
    F#dim              Em    A7    A+5     D
    Sometimes you think that life is hard, And this is only one of them

    Bm                F#
    My heart is breaking for you, little lamb, I can help you out,
    Em    A7    D   G A7 D
    But we may never meet again

    C    Am7/D D7 Dm7 G7
    La la la la la la la la la la
    C    Am7/D D7 Dm7 G7 C E
    La la la la la la la la la la

    E           F#m  F#m7   B7              E E7
    Dragonfly, fly by my window, You and I still have a way to go
    A     Amaj7 Em6    F#m7   C#m   Em7      A7   D
    Don't know why you hang around my door, I don't live here anymore
           F#m7      B7    F#m7        B7 E
    Since you've gone I never know, I go on, but I miss you so

    Dragonfly, don't keep me waiting, When we try we'll have a way to go
    Dragonfly, you've been away too long, How did two rights make a wrong
    Since you've gone I never know, I go on, but I miss you so

       F#m7       B7
    In my heart I feel the pain
    Dsus4    D A Bm F# Em7 A7 D G A7 D E7
    Keeps coming back again

    Dragonfly, fly by my window, You and I can find a way to see
    Dragonfly, the years ahead will show How little we really know
    Since you've gone it's never right, They go on, the lonely nights
    Come on home and make it right

    My heart is aching for you, little lamb, I can help you out, But I cannot help you in

    La la la la la la la la
    La la la la la la la la

    Dsus4 D A

    (c)1973 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
    Little Daisy Root
    0

      作詞作曲:Paul McCartney
      収録時間:2分8秒
      収録アルバム:なし
      収録シングル:なし

      ポールがDJを担当したラジオ番組『Oobu Joobu』の第12回(1995年8月5日放送)で放送された未発表曲。曲のタイトル、レコーディングの詳細とも不明であり、ブートによっては「Little Daisy Reggae」と表記されていることもある。
      ダンス・ミュージック寄りのレゲエ調のリズムに乗せて、ポールがハーフスポークンのボーカルを重ねているが、所々ではメロディーの付いた歌い方となる。音質から判断すると、アルバム『Flowers In The Dirt』のレコーディング・セッションでの録音と思われるが、詳細は不明である。
      以下のブートで聴くことができる。

      Oobu Joobu Part 12 (Yellow Cat Records -- YC 056)


      演奏:
       Paul McCartney: Vocal etc.
      録音スタジオ:unknown
      録音日:unknown (1987-89?)
      プロデューサー:Paul McCartney?
      エンジニア:unknown
      イギリス発売日:未発売
      アメリカ発売日:未発売
      日本発売日:未発売
      Listen To What The Man Said(あの娘におせっかい)
      0



        作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
        収録時間:(1)4分1秒 (2)3分40秒 (3)3分55秒
        収録アルバム:(1)Venus And Mars (2)Wings Over America (3)All The Best, Wingspan
        収録シングル:(3)Listen To What The Man Said

        1975年のアルバム『Venus And Mars』からのファースト・シングルで、全米1位、全英6位の大ヒットを獲得したポールらしいポップなナンバー。大ヒットナンバーであるにも関わらず、1978年に発売されたウィングスのベスト・アルバム『Wings Greatest』には何故か収録されていない。
        ベーシック・トラックはニューオリンズでレコーディングを行い、その時はデイブ・メイソンがギター・ソロを弾き、一度はレコーディングが完成したが、ウィングスのメンバーの意見により、もう一度ロサンゼルスの Wally Heider Studios でレコーディングし直し(1975年5月8日)、トム・スコットのリード・サックスをオーバーダブし、それを採用することとした。
        「ピアノを弾いてこの曲を聞かせると、みんないい曲だといってくれたんだけど、いざレコーディングしてみると何かがものたりないんだ。そこでギター・ソロを加えようかと思っていたら、デイブ・メイソンがひょっこりスタジオに現れたんで、彼にギター・ソロをダビングしてもらったんだ。リリカルで素晴らしいギター・ソロだろ。 トム・スコットの方は、彼が近くに住んでいることを知らされたんで、電話をかけてスタジオに呼び出したんだ。彼は30分もしないうちにサックスを持ってスタジオに駆けつけてくれて、一度のレコーディングで完了しちゃった。」(ポール)
        「トム・スコットのファースト・テイクのソロが一番よかったんだけど、誰も信じてくれなかった。そこで、もう数テイク録音したんだけど、あまりよくなかった。彼がプレイしてくれたテイクがよかったので。それを採用したんだ。」(ポール)
        イントロの語りはポールによるものだが、シングル・バージョンおよび『All The Best』『Wingspan』等のベスト盤に収録されたバージョンでは削除された。アルバム『Venus And Mars』では、メドレー形式で次の曲の「Treat Her Gently / Lonely Old People」に続くが、シングル・バージョン及びベスト盤ではフェイドアウトで処理されている。
        プロモーション・ビデオも作成されたが、これは映画『Rock Show』にも使われた1976年6月23日ロサンゼルス公演の映像である。
        アルバムからのアウトテイクが発見されており、ソロ・サックスがないバージョンとエレキピアノを主体としたラフなバージョンがあり、以下のブートで聴くことができる。
        1975年から1976年のウィングスのワールド・ツアーで演奏され、この時はポールによるピアノイントロで曲が始まるアレンジとなっている。1975年のツアーでは、ヒットした直後であるため、この曲がコンサートのハイライトとなった。
        その後、ツアーで演奏されたことはないが、1987年11月20日放送のイギリスの番組『Wogan』で、アルバム『All The Best』のプロモーションのため、この曲をスタジオライブで演奏したことがある。この時の演奏はマイミングで、音は事前にスタジオで録音したものであった。
        また、2001年のベスト・アルバム『Wingspan』のプロモーションのために、ダンス・ミュージックにアレンジしたテイクも制作された。

        (4)アウトテイク1
         Venus And Mars Paul's Rough Sketch (Master Of Orange -- MOO 10008)
         Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange -- MOO 00003)
         Venus And Mars - Basic Trax (Adam VIII LTD -- Adam VIII 001)
         Venus And Mars Sessions (Yellow Cat Records -- YC 070)
        (5)アウトテイク2
         Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 1 (No Pig -- NP 1906 1)
         Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 2 (No Pig -- NP 1906 2)
         Venus And Mars Sessions (Yellow Cat Records -- YC 070)
        (6)1975年11月13日メルボルン公演
         9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
         Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
         Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
         Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
         Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
         Greatest Hits Live (Chartbusters -- CHER-073-A)
        (7)1976年6月10日シアトル公演
         Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
         Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
        (8)1976年6月23日ロサンゼルス公演
         映画『Rock Show』
         Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
        (9)1987年11月20日テレビ番組『Wogan』
         Completed Rarities Vol. 1 (Polyphone -- PH 1312)
         All The Rest (Love Records -- 1963-88JC)
         Oobu Joobu (Part 1) (DVD) (MPL (Fake) -- 970201)
         1987 (DVD 1) (Macca Fan Records/DVD -- MFR/DVD 6 16 2)
        (10)2001年『Wingspan』ダンス・リミックス
         Macca Mixes (Yellow Cat Records -- YC 071)

        (1)(3)
        演奏:
         Paul McCartney: Vocal, Bass, Keyboards
         Linda McCartney: Backing vocal
         Denny Laine: Guitars, Backing vocal
         Jimmy McCulloch: Guitars, Backing Vocal
         Joe English: Drums, Backing Vocal
         Tom Scott: Saxophone
         Dave Mason: Guitar
        録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans, Wally Heider Studios, LA, Abbey Road Studios, London
        録音日:1974.11-1975.3
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Alan O'Duffy, Geoff Emerick
        イギリス発売日:1975.5.16
        アメリカ発売日:1975.5.26
        日本発売日:1975.6.20

        (2)
        演奏:
        Paul McCartney: Vocal, Piano
        Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
        Denny Laine Electric Guitar, Backing Vocal
        Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
        Joe English: Drums, Backing Vocal
        Howie Casey: Saxphone
        録音スタジオ:live from Kansas City, MO
        録音日:1976.5.29
        プロデューサー:Paul McCartney
        エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
        イギリス発売日:1976.12.10
        アメリカ発売日:1976.12.10
        日本発売日:1977.1.25


        歌詞・コード
        G

        Bm     Cmaj7
        Any time, any day
        Bm7           Esus4 E
        You can hear the people say
        Bbm   Am
        That love is blind
          Bm           Cmaj7   G
        Well I don't know, but I say love is kind

        Soldier boy, kisses girl
        Leaves behind a tragic world
        But he won't mind
        He's in love and he says love is kind

        C6
        Oh yes, indeed we know
        That people find a way to go
          G        C6 Gmaj7 G7
        No matter what the man said
           C
        And love is fine for all we know
        For all we know our love will grow
        G         C6 Gmaj7
        That's what the man said
        C       G         C6 Gmaj7
        So won't you listen to what the man said
        C      G
        He said

        Oh yes, indeed we know
        That people find a way to go
        No matter what the man said
        And love is fine for all we know
        For all we know our love will grow
        That's what the man said
        So won't you listen to what the man said
        He said

        Oh yes, indeed we know
        That people find a way to go
        No matter what the man said
        And love is fine for all we know
        For all we know our love will grow
        That's what the man said
        So won't you listen to what the man said
        He said

           G      G6 Gmaj7 G6
        The wonder of it all, baby
           G     G6 D
        The wonder of it all, baby
           G     G6 Gmaj7
        The wonder of it all, baby
        C6     G G6 Gmaj7 G6 G
        Yeah, yeah, yeah

        (c)1975 MPL Communications, Inc.
        Lindiana
        0

          作詞作曲:Paul McCartney
          収録時間:5分46秒
          収録アルバム:なし
          収録シングル:なし


          1984年9月から10月にかけて、デビット・フォスターをプロデューサーに迎えてレコーディングを行った未発表曲。
          デビット・フォスターとは、1983年のマイケル・ジャクソンのアルバム『Thriller』に収録された「The Girl Is Mine」にポールが参加した際に一緒したことがきっかけであり、このセッションは、1984年の映画サントラ『Give My Regards To Braod Street』の次に発売するアルバムのためのセッションであった。「No More Lonely Nights」のギター・ソロを担当したピンク・フロイドのデイブ・ギルモア、ドラムのデイブ・マタックスを迎え、「「I Love This House」「Lindiana」「We Got Married」の2曲がレコーディングされた。
          結局、この時レコーディングした3曲はお蔵入りとなり、次のアルバム『Press To Play』のレコーディングに取りかかったため、この曲は未発表のままである。1989年の『Flowers In The Dirt』からの第3弾シングル「Figure Of Eight」のB面として発表される計画もあったようだが、採用されずに「Ou Est Le Soleil?」がB面に収録された。
          この曲は、以下のブートで聴くことができる。

          Pizza And Fairy Tales (Disc 1) (Vigotone -- VT-189)
          Return To Lindiana (Unknown)
          Return To Pepperland - The Unreleased 1987 Album (Sergeant M Records -- SM 0001)
          New Moon Over Macca Vol. 6 (Madman -- MM-1004-6)

          演奏:
           Paul McCartney: Vocal, Piano, Guitar, Bass
           David Foster: Guitar
           Dave Gilmour: Guitar
           Dave Mattacks: Drums
          録音スタジオ:unknown
          録音日:1984.9-10
          プロデューサー:Paul McCartney, David Foster
          エンジニア:?
          イギリス発売日:未発表
          アメリカ発売日:未発表
          日本発売日:未発表
          歌詞

          HOW MUCH YOU GOT? HOW MUCH YOU WANNA TAKE?
          IT ALL DEPENDS ON WHAT YOU GOT.
          AND WHAT’S THE COST? HOW MUCH YOU WANNA PAY?
          IT ALL DEPENDS ON WHAT IT COSTS.

          IF I CAN BE OF HELP IN MATTERS SUCH AS THESE
          DON’T HESITATE TO CALL I’D ONLY BE TOO PLEASED TO TAKE A LOOK
          PLEASED TO TAKE A LOOK.

          HOLD ON LINDIANA
          DON’T LET GO OF YOUR DREAM
          WITH YOUR HEAD HELD HIGH YOU WOULD TOUCH THE SKY
          IN YOUR LONG FORGOTTEN SCHEME
          HOLD ON LINDIANA
          DON’T LET GO OF YOU DREAM
          IT’S IMPORTANT TO US

          HOW MUCH YOU GOT? HOW MUCH YOU WANNA TAKE?
          IT ALL DEPENDS ON WHAT YOU GOT?
          AND WHAT’S THE COST?
          HOW MUCH YOU WANNA PAY?
          THAT ALL DEPENDS ON WHAT IT COSTS.

          IF I CAN BE OF HELP IN MATTERS SUCH AS THESE
          DON’T HESITATE TO CALL I’D ONLY BE TOO PLEASED TO TAKE A LOOK
          PLEASED TO TAKE A LOOK.

          HOLD ON LINDIANA
          DON’T LET GO OF YOUR DREAM
          WITH YOUR HEAD HELD HIGH YOU WOULD TOUCH THE SKY
          IN YOUR LONG FORGOTTEN SCHEME
          HOLD ON LINDIANA
          DON’T LET GO OF YOU DREAM
          IT’S IMPORTANT TO US

          IF I CAN BE OF HELP IN MATTERS SUCH AS THESE
          DON’T HESITATE TO CALL I’D ONLY BE TOO PLEASED TO TAKE A LOOK
          PLEASED TO TAKE A LOOK

          HOLD ON LINDIANA
          DON’T LET GO OF YOUR DREAM
          WITH YOUR HEAD HELD HIGH YOU WOULD TOUCH THE SKY
          IN YOUR LONG FORGOTTEN SCHEME
          HOLD ON LINDIANA
          DON’T LOSE SIGHT OF YOUR DREAM
          IT’S IMPORTANT (TO US) TO US

          [ OH OH IT’S IMPORTANT
          OH OH OH
          DON’T LOSE SIGHT OF YOUR DREAM
          DON’T LET GO
          IT’S IMPORTANT LINDA
          OH DON’T LOSE SIGHT OF YOUR DREAM
          DON’T LET GO, DON’T LET GO
          LINDIAN LINDIANA
          DON’T LET GO, DON’T LET GO, DON’T LET GO
          DON’T, HOLD ON
          DON’T LET GO, LET GO
          LINDIANA]

          (c)1984 MPL Communications

          Linda Lu
          0

            作詞作曲:Ray Sharpe
            収録時間:(1)4分27秒 (2)2分39秒
            収録アルバム:
            収録シングル:


            1938年テキサス州フォートワース生まれのモダン・テキサス・ブルース歌手、レイ・シャープが1959年にヒットさせた曲。
            原曲はモダン・ブルース調の3コードであるが、ポールはロックンロール風にアレンジしてカバーした。
            ポールが演奏したのは、1993年のニューワールド・ツアーのリハーサルでのこと。1993年11月15日東京公演のサウンドチェックでの演奏が、1993年12月24日に日本のフジテレビで放送された番組『The New World Tour』で放送され、以下のような数々のブートに収録されている。その他、1993年2月11日の『サタデー・ナイト・ライブ』のリハーサルや、1993年6月15日シャーロット公演のサウンドチェックでも演奏されたという記録が残っている。『サタデー・ナイト・ライブ』での演奏は、以下のブートで聴くことができる。

            (1)1993年2月11日『サタデー・ナイト・ライブ』リハーサル
             Saturday Night Live Rehearsals (Yellow Cat Records -- YC006)

            (2)1993年11月15日東京公演のサウンドチェック
             Oobu Joobu Part 1 & 2 (Disk 2) (Yellow Cat Records -- YC 046)
             Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
             Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
             Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
             Paul Is Vision 1 (Sandwich -- piv 002)
             Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)

            演奏:
             Paul McCartney: Vocal, Bass
             Linda McCartney: Backing Vocal
             Hamish Stuart: Backing Vocal, Electric Guitar
             Robbie Mclntosh: Backing Vocal, Electric Guitar
             Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
             Blair Cunningham: Drums
            録音スタジオ:(1)rehearsal from NBC Studio, New York (2)rehearsal from Tokyo, Japan
            録音日:(1)1993.2.11 (2)1993.11.15
            プロデューサー:Paul McCartney
            エンジニア:?
            イギリス発売日:未発売
            アメリカ発売日:未発売
            日本発売日:未発売
            Letting Go(ワイン・カラーの少女)
            0


              作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
              収録時間:(1)4分32秒 (2)4分32秒 (3)4分58秒
              収録アルバム:(2)Venus And Mars (3)Wings Over America
              収録シングル:(1)Letting Go


              アルバム『Venus And Mars』に収録された70年代テイストが溢れるブルージーな曲。ポールの自信作で、ポールの意志によりアルバムからの第2弾シングルとして発売されたが、最高位全米39位、全英41位とあまりヒットしなかった。
              元々は1974年に、ウィングスのドラマーとしてジェフ・ブリットンが在籍していたときに、ロンドンのアビーロードでレコーディングしたものであるが、アルバム『Venus And Mars』のセッションで印象的なブラス・セクションを加えて、オーバーダブされた。
              リンダに向けて歌った曲で、邦題の「ワイン・カラーの少女」は、歌詞の"She tastes like wine"が由来と思われる。
              シングルカットされたのは、アルバム・バージョンに、スタジオ・エンジニアであるアラン・パーソンズが手を加えて編集したものである。シングル・バージョンとアルバム・バージョンは、曲のミックスが全く異なっているため、一聴してその違いが分かるほど。
              アルバムのアウトテイクとして、ホーン・セクションがオーバーダブされていないバージョンと、最終ミックスに近いバージョンの2つが存在することが明かになっている。以下のブートで聴くことができる。
              1975年9月のイギリスツアーでの演奏を収めた映像からプロモーションビデオが制作され、ツアーバスでの移動中のウィングスの姿などを見ることができる。このプロモーションビデオは1975年9月21日グラスゴー公演の映像という説があるが、正確にどこの公演の演奏であるかは不明である。
              また、1975-76年のウィングスのワールド・ツアーでも、レパートリーに取り入れられ、演奏された。以下のブートで聴くことができる。

              (4)1974年夏ピアノデモ
               The Piano Tape (Mistral Music -- MM 9231)
              (5)1975年アルバム・アウトテイク
               Venus And Mars - Basic Trax (Adam VIII LTD -- Adam VIII 001)
               Venus And Mars Paul's Rough Sketch (Master Of Orange -- MOO 10008)
               Venus And Mars Unknown Mixes (Master Of Orange -- MOO 00003)
               Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 1 (No Pig -- NP 1906 1)
               Venus And Mars Sessions (Yellow Cat Records -- YC 070)
              (6)1975年アルバム・アウトテイク
               Venus And Mars Outtakes Are Alright Tonight CD 2 (No Pig -- NP 1906 2)
              (7)1975年9月イギリス公演
               Learning To Fly (Voxx -- VOXX-0001-001)
               The Video Collection Vol.1 1970-1978 (Unknown)
              (8)1975年11月13日メルボルン公演
               9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
               Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
               Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
               Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
               Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
               Greatest Hits Live (Chartbusters -- CHER-073-A)
              (9)1976年6月10日シアトル公演
               映画『Rock Show』
               テレビ番組『Wings Over The World』
              (10)1976年6月23日ロサンゼルス公演
               Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)

              (1)
              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
               Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
               Denny Laine: Guitars, Backing vocal
               Jimmy McCulloch: Guitars, Backing vocal
              録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans, Wally Heider Studios, LA, Abbey Road Studios, London
              録音日:1974.11-1975.3
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:Alan O'Duffy, Geoff Emerick
              イギリス発売日:1975.5.30
              アメリカ発売日:1975.5.27
              日本発売日:1975.6.20

              (2)
              演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
               Linda McCartney: Keyboards, Backing vocal
               Denny Laine: Guitars, Backing vocal
               Jimmy McCulloch: Guitars, Backing vocal
              録音スタジオ:Sea Saint Studios, New Orleans, Wally Heider Studios, LA, Abbey Road Studios, London
              録音日:1974.11-1975.3
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:Alan O'Duffy, Geoff Emerick
              イギリス発売日:1975.9.5
              アメリカ発売日:1975.9.29
              日本発売日:1975.11.5

              (3)演奏:
               Paul McCartney: Vocal, Bass
               Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
               Denny Laine: Electric Guitar, Backing Vocal
               Jimmy McCulloch: Electric Guitar, Backing Vocal
               Joe English: Drums, Backing Vocal
              録音スタジオ:live from Kansas City, MO
              録音日:1976.5.29
              プロデューサー:Paul McCartney
              エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
              イギリス発売日:1976.12.10
              アメリカ発売日:1976.12.10
              日本発売日:1977.1.25


              歌詞・コード
              Am
              Ah she tastes like wine
              Dsus       DaddE D
              Such a human being so divine
              Am
              Oh she feels like sun
              Dsus          DaddE D
              Mother Nature look what you've done

              Dm7     G6 Dm7 Am
              Oh, I feel like letting go
              Dm7     G6 Dm7 Am C D
              Oh, I feel like letting go

              Ah she looks like snow
              I want to put her in a Broadway show
              Ah she'll dance and dine
              Like a Lucifer she'll always shine

              Oh, I feel like letting go
              Oh, I feel like letting go

              Cm
              Ah she sings it so
              Fsus4          F
              I want to put her on the radio
              Cm
              One day, and there you are
              Fsus4          F
              Ladies and gentleman: a brand new star

              Fm7    Gm7 Fm7* Cm
              Oh, I feel like letting go
              Fm7    Gm7 Fm7* Cm
              Oh, I feel like letting go

              Cm Fm7 Cm

              (c)1975 MPL Communications, Inc.
              Let's Love
              0

                作詞作曲:Paul McCartney
                収録時間:25秒
                収録アルバム:なし
                収録シングル:なし

                1974年にポールが作り、ペギー・リーに送った曲。
                ペギー・リーは1950年代から活躍している女性シンガーで、ビートルズ時代に発表した「Till There Was You」は、ペギー・リーのバージョンを参考にしているほど。
                ポールがロサンゼルスにあるペギー・リーの自宅を訪れた際に、この曲をプレゼントとしたという。その後、1974年6月上旬に、ロセンゼルスのスタジオ Record Plant で、ポールのプロデュースにより、ペギー・リーのバージョンがレコーディングされた。ペギー・リーのバージョンは、アルバム『Let's Love』に収録されており、アルバムのラストには、同曲のリプライズが登場する。
                ポール自身は、1974年夏に行われたウィングスのリハーサル・セッション『One Hand Clapping』で、ピアノ弾き語りによる演奏を行った映像が残されている。この時の演奏は、未発表曲「Sitting At The Piano」がメドレーで続く。
                以下のブートで聴くことができる。

                 Completed Rarities Vol. 1 (Polyphone -- PH 1312)
                 One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
                 The Sound Of One Hand Clapping (EMU)
                 All The Rest (Love Records -- 1963-88JC)
                 The Long Lost Demos (Mongoose Records -- MONG CD020)
                 One Hand Clapping (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 2004/12-2)


                演奏:
                 Paul McCartney: Vocal, Piano
                録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
                録音日:1974.8
                プロデューサー:Paul McCartney
                録音日:1974.8
                プロデューサー:Paul McCartney
                エンジニア:Geoff Emerick
                イギリス発売日:未発表
                アメリカ発売日:未発表
                日本発売日:未発表

                歌詞・コード
                Cm
                Lover
                Gm
                Let's be in love with each other
                Gm Ebmaj7 D7
                To--night is the flight of the butterfly
                Gm
                Let's love

                Show me, you find it a pleasure to know me
                Tonight is the flight of the butterfly
                Let's love

                (c)1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
                Let Me Roll It
                0

                  作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
                  収録時間:(1)4分47秒 (2)3分44秒 (3)4分4秒 (4)3分51秒 (5)4分24秒
                  収録アルバム:(1)Band On The Run, Wingspan (2)Wings Over America (3)Paul Is Live (4)Band On The Run 25th Anniversary Edition (5)Back In The U.S., Back In The World
                  収録シングル:(1)Jet

                  繰り返されるポールによるギター・リフが印象的なナンバー。アルバム『Band On The Run』からのファースト・シングル「Jet」セカンド・プレス以降のB面に収録された。
                  ギター・リフがジョン・レノンの1969年の曲「Cold Turkey」に似ていることや、曲の終盤でのポールのシャウトがジョン・レノン風であることから、ジョン・レノンに和解を呼びかけた曲と言われたが、ポールはこれを否定している。
                  「'Let Me Roll It'は、ジョンを模倣したではないよ。テープのエコーの使い方が、僕っぽくなくてジョンっぽいけどね。テープのエコーの使い方なんて、ジョンの専売特許じゃないだろ。僕らの考え方や働き方には共通点がたくさんあるものだ。」(ポール)
                  1975-76年のウィングスのワールド・ツアーのセットリストに加えられ、この時はポールはベースを弾いていた。1979年イギリスツアーでは取り上げられていないものの、1980年の日本公演でも演奏される予定であったが、日本公演が中止になったのは周知の事実。その後、1993年のニューワールド・ツアーで、再度ポールがギターを弾く形で取り上げられ、2002-3年のツアー、2004年のヨーロッパ・ツアー、2005年のアメリカ・ツアーと取り上げられるほど、ポールのお気に入りの曲である。ウィングスのツアー時の演奏、ソロのツアー時の演奏では、曲の構成が若干異なる。
                  2003年4月のイギリス・ツアーから、続けてジミー・ヘンドリックスの「Foxy Lady」の一部分だけ演奏されることがあるが、公演によって演奏されたり、演奏されなかったりしている。
                  公式盤以外のテイクは、以下のブートで聴くことができる。

                  (6)1974年8月リハーサル『One Hand Clapping』
                   Anthology (Disc 1) (Odeon (Fake) -- OM 7099-1)
                   Paul McCartney: One Hand Clapping (Yellow Cat Records -- YC 028)
                   Paul McCartney: One Hand Clapping (Chapter One -- CO 25109)
                   Alternate Takes 1973-1974 (TJT Productions -- TJT-054)
                   Fab Trax Volume 6 (MPL (Fake) -- CDP 7243 5 35510 2 5)
                   Rough Notes (Pod Records -- SR 73941)
                  (7)1975年11月13日メルボルン公演
                   9mm Automatic (Unknown -- ZAP 7878)
                   Complete Downunder - CD 1 (RMG Records)
                   Highlights Downunder (Orange -- Orange 2)
                   Wings Over Australia (Ram Records -- RAM 002)
                   Fly South - The 1975 World Tour (Berkeley/WonderLand -- WL 49000)
                  (8)1976年6月10日シアトル公演
                   Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
                   Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
                  (9)1976年6月22日ロサンゼルス公演
                   映画『Rock Show』
                  (10)1976年6月23日ロサンゼルス公演
                   Rrrrrrooock Show (Midas Touch -- MD 93711)
                  (11)1980年1月日本公演リハーサル
                   Brighton UK, 12 December 1979 - CD2 (N/A -- No)
                   The Alternate Band On The Run (Pear Records -- PCD 001)
                  (12)1993年6月15日シャーロット公演
                   Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
                   Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
                   Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
                   Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
                   Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
                   The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
                  (13)1993年11月15日東京公演
                   Live In Argentina Special (DVD 1) (Label Unknown)
                   Tokyo Dome 1993. The Master Tape Version (DVD) (MPL Films Japan -- 2002 MPL)
                   Hola Mexico (Voxx -- VOXX 0005-01)
                   Sayonara Mr. Paul (Live Storm -- LSCD 51550)
                   Hey Tokyo! (Kiss The Stone -- KTS 250)
                   Magical Mystery Tokyo (Pluto Records -- PLR CD 9406)
                   Paul Is Vision (Sandwich -- piv 002)
                  (14)2001年ラジオ『Wingspan Memorial Day Special』
                   Together On Stage - Adopt-A-Minefield (CD 2) (Watchtower -- WT 2001026/27)
                  (15)2002年4月24日ワシントン公演
                   Driving Macca! (Label Unknown)
                  (16)2002年5月15日タンパ公演
                   Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
                  (17)2002年Back In The US DVD Website
                   Secret Show Extra 2002 (Now Disc International -- NOW 04)
                  (18)2003年5月24日モスクワ公演
                   The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
                   Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
                  (19)2004年5月30日マドリード公演
                   !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
                  (20)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
                   San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
                  (21)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
                   Live In Glastonbury (Label Unknown)
                  (22)2005年USツアー(場所不明)
                   All Access Interview (CD 1) (Label Unknown)

                  (1)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Bass, Drums, Guitars, Keyboards
                   Linda McCartney: Backing vocal
                   Denny Laine: Guitars, Backing vocal
                   Tony Dorsey: Saxphone
                  録音スタジオ:Apapa, Nigeria and ARC Studios, Ikeja, Nigeria, AIR Studios and Kingway Studios, London
                  録音日:1973.8-11
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Geoff Emerick
                  イギリス発売日:1973.11.30
                  アメリカ発売日:1973.12.3
                  日本発売日:1974.2.10

                  (2)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Bass
                   Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
                   Denny Laine: Guitar, Backing vocal
                   Jimmy McCulloch: Guitar, Backing Vocal
                   Joe English: Drums, Backing Vocal
                  録音スタジオ:live from Cincinnati
                  録音日:1976.5.27
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
                  イギリス発売日:1976.12.10
                  アメリカ発売日:1976.12.10
                  日本発売日:1977.1.25

                  (3)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Electoric Guitar
                   Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
                   Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
                   Blair Cunningham: Drums
                   Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Vocal harmonies
                   Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
                  録音スタジオ:live from Boulder
                  録音日:1993.5.26
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:Geoff Emerick
                  イギリス発売日:1993.11.8
                  アメリカ発売日:1993.11.16
                  日本発売日:1993.11.10

                  (4)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Electoric Guitar
                   Linda McCartney: Vocal harmonies, Keyboards
                   Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Vocal harmonies
                   Blair Cunningham: Drums
                   Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Vocal harmonies
                   Hamish Stuart: Bass, Vocal harmonies
                  録音スタジオ:live from Boulder
                  録音日:1993.5.26
                  プロデューサー:Paul McCartney, Eddy Pumer
                  エンジニア:unknown
                  イギリス発売日:1999.3.15
                  アメリカ発売日:1999.3.15
                  日本発売日:1999.4.9

                  (5)
                  演奏:
                   Paul McCartney: Vocal, Guitar
                   Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
                   Brain Ray: Backing Vocal, Bass
                   Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Acoustic Guitar
                   Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
                  録音スタジオ:live from Chicago
                  録音日:2002.4.11
                  プロデューサー:Paul McCartney
                  エンジニア:David Kahne
                  イギリス発売日:2003.3.17
                  アメリカ発売日:2002.11.26
                  日本発売日:2002.11.13

                  歌詞・コード
                  A F#m A F#m E A E A F#m E

                  E
                  You gave me something
                  F#m
                  I understand
                  E            F#m
                  You gave me loving in the palm of my hand

                  A   F#m      A
                  I can't tell you how I feel
                    F#m      E
                  My heart is like a wheel
                      A
                  Let me roll it
                  E    A
                  Let me roll it to you
                  E    A
                  Let me roll it
                  E    A       E F#m E F#m
                  Let me roll it to you

                  I want to tell you
                  And now's the time
                  I want to tell you that you're going to be mine

                  I can't tell you how I feel
                  My heart is like a wheel
                  Let me roll it
                  Let me roll it to you
                  Let me roll it
                  Let me roll it to you

                  I can't tell you how I feel
                  My heart is like a wheel
                  Let me roll it
                  Let me roll it to you
                  Let me roll it
                  Let me roll it to you

                  You gave me something
                  I understand
                  You gave me loving in the palm of my hand

                  I can't tell you how I feel
                  My heart is like a wheel
                  Let me roll it
                  Let me roll it to you
                  Let me roll it
                  Let me roll it to you

                  F#m E F#m E...

                  (c)1974 (Renewed) Paul and Linda McCartney. Administered by MPL Communications, Inc.
                  Let It Be
                  0

                    作詞作曲:John Lennon, Paul McCartney
                    収録時間:(1)4分12秒 (2)3分53秒 (3) (4)3分58秒
                    収録アルバム:(1)Concerts For The People Of Kampuchea (2)Trippinng The Live Fantastic (3)The Concert For New York City (4)Back In The U.S.,Back In The World
                    収録シングル:なし

                    「Yesterday」「Hey Jude」などと並ぶ言わずと知れたビートルズの代表曲で、ピアノ・バラードのスタンダード・ナンバーである。
                    「The Long And Winding Road」と同じ時期くらいに、1968年のビートルズのアルバム『The Beatles(通称ホワイト・アルバム)』のレコーディング期に作った曲。ビートルズのバージョンは、アルバム『Let It Be』に収録されたバージョン、シングル・バージョンともに、1969年1月31日のゲットバックセッションで演奏したテイク27が元になっている。シングルはもちろん大ヒットし、全米1位、全英3位まで上昇。
                    「ある晩、夢におふくろが出てきたんだ。死んで10年も経つのにね。ほんの一瞬でも実際に死んだ人と一緒になれるのが夢のすごいところだよね。おふくろは僕を元気付けてくれた。それは素晴らしい夢だった。夢の中でおふくろは『大丈夫』と言ってくれたんだ。'Let It Be'という言い方だったかどうか覚えていないけど、彼女のアドバイスの要点はそういうことだった。『心配しなくていいのよ。すべて上手くいくから』と。余りに素敵な夢で、目が覚めてからも『おふくろに会えてよかったなあ』と思ってた。神の恵みとも思える夢だった。それで出来たのが'Let It Be'。“Mother Mary”とおふくろの名前で始まるだろう。“When I find myself in times of trouble(トラブルを抱えているときに)”とはまさに僕の状況だった。あの歌はあの夢が基になってるんだ。“Mother Mary”は宗教的な意味にも取れるけど、そう解釈されても僕は気にしない。自分の信仰を確認するための曲にされたって、僕は嬉しく思う。」(ポール)
                    ビートルズ解散後にポールが組んだウィングスでは、しばらくビートルズの曲を演奏しなかったため、この曲がライブで初めて演奏されたのは、1979年11-12月の全英ツアーの時である。全英ツアー最終日のカンボジア難民救済コンサートの時は、当日参加したロッケストラのメンバー(ピート・タウンゼント、デイブ・エドモンズ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ロバート・プラント、ブルース・トーマス、ジョン・ボーナム等が参加)をバックに従えて、この曲を演奏した。
                    1985年7月13日に行われたアフリカ難民救済を目的とした世界的チャリティー・コンサート『Live Aid』では、イギリス会場であるウェンブリー・アリーナでのトリで出演するが、冒頭にマイク・トラブルに見舞われ、ボーカル・マイクの音が拾われないという出来事があった。(後に公式発売されたDVD『Live Aid』に収録される際には、ボーカルはオーバーダブされている。)
                    「ライブで、状況に応じて頭が素早く回転する瞬間が好きなんだ。でも今まで一番妙だったのは、ライブ・エイドで'Let It Be'を歌ってるときのこと。マイクがオフになってたのに気づかずにそのまま歌ってたら、途中で突然フィードバックが聞こえてきて、思わず“There will be some feedback, let it be(そのうちフィードバックが聞こえるさ、なるがままに)”という歌詞が頭を駆け巡ったんだ。そのとき頭の一方は『いけない、こんな真面目なイベントで、そんなことを歌ったらアホだと思われる』と考え、もう一方は『フィードバック(もう一度食料を)とエチオピアなんて素晴らしい、主旨にぴったり』と思った。でも、瞬間的判断で歌うのをやめたよ。やれやれ、思い出すだけで赤面ものだね。」(ポール)
                    1989-90年のゲットバック・ツアー、1993年のニュー・ワールド・ツアー、2002-3年のワールド・ツアー、2004年のヨーロッパ・ツアー及び2005年のアメリカ・ツアーと、その後のツアーでは必ずと言っていいほどコンサートで演奏している。
                    また、1999年3月15日のロックの殿堂入りセレモニーでは、ビリー・ジョエルと共演して演奏した。
                    一方、1987年にイギリスのゼーブルッヘで起きたフェリー転覆事故のチャリティ・シングル「Let It Be」にも、ビートルズ・バージョンを提供する形で参加した。プロモーション・ビデオにも出演している。さらに、2001年12月11日ノルウェーのオスロでのノーベル平和賞100周年記念コンサート、2001年6月14日のロサンゼルス・ビバリーヒルズでのチャリティー・イベント「Adopt-A-Minefield」、2001年10月20日のチャリティー・コンサート『The Concert For New York City』、2004年10月15日の「Adopt-A-Minefield」など、チャリティー・コンサートで演奏していることが多い。『The Concert For New York City』では、エリック・クラプトンがギター・ソロを弾いた。
                    公式盤に収録されていないライブ演奏等は、以下のブートで聴くことができる。

                    (5)1979年12月17日グラスゴー公演
                     Last Flight - Disc 2 (Vigotone -- vigotone 165)
                     Glasgow 1979 (Cool Orangesicle -- C 3 201)
                    (6)1985年7月13日ライブエイド
                     公式DVD『Live Aid』
                    (7)1989年4月ツアー・リハーサル
                     公式DVD『Put It There』
                    (8)1989年ツアー・リハーサル
                     Oobu Joobu Part 5 (Yellow Cat Records -- YC 049)
                    (9)1990年1月16日ロンドン公演
                     Welcome To Wombley - CD 1 (Voxx -- VOXX 0003-01)
                    (10)1990年3月7日東京公演
                     Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
                    (11)1990年3月31日バークレー公演
                     Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
                    (12)1990年4月20日リオ公演
                     Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
                    (13)1989-1990年演奏場所不明
                     公式DVDビデオ『Get Back』
                    (14)1990年6月28日リバプール公演
                     Imagine In Liverpool (The Comeback) (Red Phantom -- RPCD 1025)
                     Radio One's Liverpool Concert June 1990 (FM) (Liverpool Concert) (Goblin Records -- CD3004)
                    (15)1990年7月4日ワシントン公演
                     Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
                     4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
                     Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
                    (16)1993年3月23日シドニー公演
                     公式ビデオDVD『Paul Is Live』
                    (17)1993年6月15日シャーロット公演
                     Out In The Crowd (Nikko Records NK 005-06)
                     Goodbye America 1993 (Live Storm -- LSCD 51272)
                     Hope Of Deliverance Live (Not Guilty -- NG370993)
                     Hot Night In Charlotte Disc 1 (Star -- Star 008)
                     Live Tonight Disc 1 (Crystal Cat Records -- CC340)
                     The Magical US Tour (Flashback -- Flash 07.93.0216)
                    (18)2001年12月11日ノーベル平和賞100周年記念コンサート
                     The Virgin Radio Interview+The Nobel Peace Prize 100th Anniversary Concert (Macca Fan Records/Tobacco Kill Records -- MFR/TKR 2001)
                     Video Collection Vol. 5 (DVD) (Apple (Fake) -- none)
                    (19)2001年6月14日Adopt-A-Minefieldリハーサル
                     Adopt-A-Minefield Rehearsals (Label Unknown -- nlaall20010614)
                    (20)2001年6月14日Adopt-A-Minefield
                     Together On Stage - Adopt-A-Minefield (CD 1) (Watchtower -- WT 2001026/27)
                     Driving Rain ... In The New Century (Disc 1) (BATZ -- BATZ 0205)
                    (21)2002年4月24日ワシントン公演
                     Driving Macca! (Label Unknown)
                    (22)2002年5月15日タンパ公演
                     Live In Tampa Florida 2002 (Night Hawk)
                    (23)2003年5月11日イタリア公演
                     Gap Fillers (Spank Me!)
                     Live In Rome 11 May 2003 (CD 2) (Label Unknown)
                    (24)2003年5月24日モスクワ公演
                     The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
                     Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
                    (25)2004年5月30日マドリード公演
                     !Viva Espana! CD 2 (Tobacco Kill Records -- TKR 006)
                    (26)2004年6月20日サンクトペテルブルグ公演
                     San Petersburg Soundboard (CD 2) (Tobacco Kill Records -- SPS 2)
                    (27)2004年6月26日グラストンベリー・フェスティバル
                     Live In Glastonbury (Label Unknown)
                    (28)2005年7月Sessions@AOL
                     AOL Sessions (CD) (Unknown -- w/r)

                    (1)
                    演奏:
                     Paul McCartney Vocal, Piano
                     Linda McCartney Keyboards
                     Denny Laine Guitar
                     Laurence Juber Guitar
                     Steve Holly Drums
                     Dave Edmunds Guitar
                     James Honeyman-Scott  Guitar
                     Pete Townshend Guitar
                     John Paul Jones Bass
                     Ronnie Lane Bass
                     Bruce Thomas Bass
                     Robert Plant Bass
                     Gary Brooker Piano
                     John Bonham Drums
                     Kenney Jones Drums
                     Billy Bremmer Percussion
                     Tony Dorsey Trombone
                     Howie Casey Saxphone
                     Steve Howard Trumpet
                     Thadeus Richard Saxphone
                    録音スタジオ:live from Hammarsmith Odeon Cinema, London
                    録音日:1979.12.29
                    プロデューサー:Chris Thomas
                    エンジニア:Bill Price, Dick Allott, Geoff Davis, John Walls
                    イギリス発売日:1981.4.3
                    アメリカ発売日:1981.3.30
                    日本発売日:1981.4.28

                    (2)
                    演奏:
                     Paul McCartney: Piano, Vocal
                     Linda McCartney: Keyboards, Vocal
                     Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
                     Chris Whitten: Drums
                     Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
                     Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
                    録音スタジオ:live from Dortmund
                    録音日:1989.10.17
                    プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
                    エンジニア:Bob Clearmountain
                    イギリス発売日:1990.10.8
                    アメリカ発売日:1990.10.16
                    日本発売日:1990.11.9

                    (3)
                    演奏:
                     Paul McCartney: Vocal, Piano
                     Eric Clapton: Guitar
                     Rusty Anderson: Bass, Backing Vocals
                     Abe Laboriel Jr.: Drums, Backing Vocals
                     Gabe Dixon: Keyboards, Backing Vocals
                    録音スタジオ:live from Madison Square Garden, New York
                    録音日:2001.10.20
                    プロデューサー:Don Devito, Chuck Plotkin, Bob Clearmountin, Thom Cadley
                    イギリス発売日:2001.11.27
                    アメリカ発売日:2001.11.27
                    日本発売日:2001.12.19

                    (4)
                    演奏:
                     Paul McCartney: Vocal, Piano
                     Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
                     Brain Ray: Backing Vocal, Bass
                     Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
                     Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
                    録音スタジオ:live from Atlanta
                    録音日:2002.5.13
                    プロデューサー:Paul McCartney
                    エンジニア:David Kahne
                    イギリス発売日:2003.3.17
                    アメリカ発売日:2002.11.26
                    日本発売日:2002.11.13

                    歌詞・コード
                    C G Am Fmaj7 F6 C G F C

                        C       G
                    When I find myself in times of trouble
                    Am      Fmaj7  F6
                    Mother Mary comes to me
                    C        G      F C
                    Speaking words of wisdom, let it be

                    And in my hour of darkness
                    She is standing right in front of me
                    Speaking words of wisdom, let it be

                       Am     C/G
                    Let it be, let it be
                       F     C
                    Let it be, let it be
                    C         G      F C
                    Whisper words of wisdom, let it be

                    And when the broken-hearted people
                    Living in the world agree
                    There will be an answer, let it be

                    For though they may be parted
                    There is still a chance that they will see
                    There will be an answer, let it be

                    Let it be, let it be
                    Let it be, let it be
                    There will be an answer, let it be

                    Let it be, let it be
                    Let it be, let it be
                    There will be an answer, let it be

                    F C/E G7/D C Bb F/A G F C F C G F C

                    C G Am F C G F C F Am F C G F C

                    Let it be, let it be
                    Let it be, let it be
                    Whisper words of wisdom, let it be

                    And when the night is cloudy
                    There is still a light that shines on me
                    Shine until tomorrow, let it be

                    I wake up to the sound of music
                    Mother Mary comes to me
                    Speaking words of wisdom, let it be

                    Let it be, let it be
                    Let it be, let it be
                    There will be an answer, let it be

                    Let it be, let it be
                    Let it be, let it be
                    Whisper words of wisdom, let it be

                    F C/E G7/D C Bb F/A G F C

                    (c)1970 Northern Songs
                    Let 'Em In
                    0



                      作詞作曲:Paul McCartney, Linda McCartney
                      収録時間:(1)5分10秒 (2)4分2秒 (3)5分21秒 (4)3分51秒
                      収録アルバム:(1)Wings At The Speed Of Sound, Wings Greatest, All The Best, Wingspan, The Greatest (Japan only) (2)Wings Over America (4)Back In The World
                      収録シングル:(1)Let 'Em In (3)Birthday

                      1976年のアルバム『Wings At The Speed Of Sound』のオープニングを飾る曲。単調ながらに、吹奏楽器や打楽器を随所に使ったアレンジで、飽きを感じさせない曲作りとなっている。
                      元々はリンゴ・スターのために書かれた曲であるが、ポールは自分で歌うことにしたという。曲の出だしで鳴るベルは、ウィングスのドラマー、ジョー・イングリッシュがポールとリンダにプレゼントしたベルで、ポールの家の玄関に実際に飾られていたベルである。
                      この曲は、ポールが自分の家で開催するホームパーティーに招待したい人をリストにしたことから発展していったという。
                      「この曲は、誰かがドアを叩いていて、家の中に入れてやりなって言う感じなんだ。パーティーしようよ、なんでドアの外にいるの?ってことなんだ。外にいてそうな人のリストを挙げたんだ。そうしたら自然と、ジンおばさん、弟マイケルが挙がった。ジンおばさんは僕のおば、マイケルは僕の実の弟だ。みんな実在の人物だよ。フィル&ドンはエバリー・ブラザーズのことだ。ドアの外に並んで欲しい人々を思い描いたんだ。だから、僕の知っている人を書いた。」(ポール)
                      アルバム『Wings At The Speed Of Sound』からの第2弾シングルとして発売され、全米3位(ビルボード誌。キャッシュボックス誌では1位を獲得)、全英2位を記録した。
                      放送局配布用の3分43秒のプロモ・エディットも作成され、このバージョンは正規バージョンの2分24秒までと3分34秒から4分53秒までを編集したものである。
                      この曲は、1976年のウィングスのワールド・ツアー、1990年のゲットバック・ツアー(1990年3月日本公演以降で、「Maybe I'm Amazed」の代わりに演奏された)、2002-3年のワールド・ツアー(2002年10月の北米ツアー以降で、「C Moon」に代わって演奏された)で演奏されている。シングル「Birthday」に収録された演奏は、1990年3月5日東京ドーム公演のもの。
                      いずれも、プロモ・エディットと同じサイズのショート・バージョンで演奏されている。
                      公式盤以外のライブバージョンは、以下のブートで聴くことができる。

                      (5)1976年6月10日シアトル公演
                       Seattle Highlights! (DVD) (Tobacco Kill Records -- TKR 18)
                       Wings Over Seattle (DVD) (Apple (Fake) -- Apple Films 2005)
                      (6)1976年6月22日ロサンゼルス公演
                       映画『Rock Show』
                      (7)1990年3月7日東京公演
                       Back To The Big Egg (CD 1) (Non Plus Ultra -- NPU-09)
                      (8)1990年3月31日バークレー公演
                       Berkeley Concert 1990 (CD 2) (Yellow Cat Records -- YC 008)
                      (9)1990年4月1日バークレー公演
                       A Dream Apart (Big Music -- BIG028)
                      (10)1990年4月20日リオ公演
                       Live On TV In Rio - Part 1 (Ram Records -- RAM 007)
                      (11)1990年7月4日ワシントン公演
                       Live at Robert F Kennedy Stadium Part2 (Label Unknown)
                       4th Of July (CD 1) (Yellow Cat Records -- YC 009)
                       Independance Day (Disc 1) (Red Phantom -- RPCD 2135/36)
                      (12)2003年5月24日モスクワ公演
                       The Complete Russia Concert (DVD 2) (Macca Fan Records -- MFR 2003)
                       Live In Moscow (DVD) (WOW Corporation -- WOW-25)
                      (1)演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Piano
                       Linda McCartney: Keyboards, Backing Vocal
                       Denny Laine: Percussion, Backing Vocal
                       Jimmy McCulloch: Bass, Backing Vocal
                       Joe English: Drums, Backing Vocal
                       Tony Dorsey: Trombone
                       Howie Casey: Saxphone
                       Steve Howard: Trumpet
                       Thadeus Richar:d Saxphone
                      録音スタジオ:Abbey Road Studios, London
                      録音日:1976.1-2
                      プロデューサー:Paul McCartney
                      エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars, Tom Walsh
                      イギリス発売日:1976.3.26
                      アメリカ発売日:1976.3.22
                      日本発売日:1976.5.5

                      (2)
                      演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Piano
                       Linda McCartney: Backing Vocal
                       Denny Laine: Drums, Backing Vocal
                       Jimmy McCulloch: Bass, Backing Vocal
                       Joe English: Drums, Backing Vocal
                       Tony Dorsey: Trombone
                       Thaddeus Richard: Saxophone
                       Steve Howard: Trumpet
                       Howie Casey: Saxophone
                      録音スタジオ:live from Los Angeles
                      録音日:1976.6.23
                      プロデューサー:Paul McCartney
                      エンジニア:Phil McDonald, Jacks Maxson, Mark Vigars & Tom Walsh
                      イギリス発売日:1976.12.10
                      アメリカ発売日:1976.12.10
                      日本発売日:1977.1.25

                      (3)
                      演奏:
                       Paul McCartney: Piano, Vocal
                       Linda McCartney: Drums, Backing Vocal
                       Paul "Wix" Wickens: Keyboards, Backing Vocal
                       Chris Whitten: Drums
                       Robbie Mclntosh: Electric Guitar, Backing Vocal
                       Hamish Stuart: Bass, Backing Vocal
                      録音スタジオ:live from Tokyo
                      録音日:1990.3.5
                      プロデューサー:Paul McCartney, Bob Clearmountain, Peter Henderson
                      エンジニア:Bob Clearmountain
                      イギリス発売日:1990.10.8
                      アメリカ発売日:未発売
                      日本発売日:1990.11.9

                      (4)
                      演奏:
                       Paul McCartney: Vocal, Piano
                       Rusty Anderson: Backing Vocal, Guitar
                       Brain Ray: Backing Vocal, Bass
                       Paul "Wix" Wickens: Backing Vocal, Keyboards
                       Abe Raboriel Jr.: Backing Vocal, Drums
                      録音スタジオ:live from Osaka
                      録音日:2002.11.17
                      プロデューサー:Paul McCartney
                      エンジニア:David Kahne
                      イギリス発売日:2003.3.17
                      アメリカ発売日:未発売
                      日本発売日:2003.3.29
                      歌詞・コード
                      Bbmaj7
                      Someone's knocking at the door
                      Bb6
                      Somebody's ringing in the bell
                      Bbmaj7
                      Someone's knocking at the door
                      Bb6
                      Somebody's ringing the bell
                      F7/Bb      Eb/Bb         Bbmaj7 Bb6
                      Do me a favour, open the door and let'em in

                      Bbmaj7 Bb6 Bbmaj7 Bb6 Bbmaj7 Bb6 F7/Bb Eb/Bb Bbmaj7

                      Someone's knocking at the door
                      Somebody's ringing in the bell
                      Someone's knocking at the door
                      Somebody's ringing the bell
                      F7/Bb     Eb/Bb       Bbmaj7 Bb6
                      Do me a favour, open the door and let'em in

                      Fm      Bb
                      Sister Suzie, Brother John
                      Fm      Bb
                      Martin Luther, Phil and Don
                      Fm      Bb
                      Brother Michael, Auntie Jin
                      Fm      F    Fmaj7 F F6 F
                      Open the door and let'em i--------n oh yeah

                      Someone's knocking at the door
                      Somebody's ringing in the bell
                      Someone's knocking at the door
                      Somebody's ringing the bell
                      Do me a favour, open the door and let'em in

                      Sister Suzie, Brother John
                      Martin Luther, Phil and Don
                      Uncle Ernie, Uncle Ian
                      Open the door and let'em in

                      (c)1976 MPL Communications, Ltd.
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バック・イン・ザ・USSR
                      バック・イン・ザ・USSR (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      公式海賊盤
                      公式海賊盤 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ポール・イズ・ライヴ
                      ポール・イズ・ライヴ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, レノン=マッカートニー
                      RECOMMEND
                      ライブ
                      ライブ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラン・デヴィル・ラン
                      ラン・デヴィル・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      フレイミング・パイ
                      フレイミング・パイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      オフ・ザ・グラウンド
                      オフ・ザ・グラウンド (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      プレス・トゥ・プレイ
                      プレス・トゥ・プレイ (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      タッグ・オブ・ウォー
                      タッグ・オブ・ウォー (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, スティービー・ワンダー
                      RECOMMEND
                      マッカートニーII
                      マッカートニーII (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      バンド・オン・ザ・ラン
                      バンド・オン・ザ・ラン (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー&ウイングス
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      ラム
                      ラム (JUGEMレビュー »)
                      ポール&リンダ・マッカートニー, リンダ・マッカートニー, ポール・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜
                      夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜 (JUGEMレビュー »)
                      ポール・マッカートニー, ウイングス, ポール・マッカートニー&ウイングス, リンダ・マッカートニー
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      あの雲のむこうに
                      あの雲のむこうに (JUGEMレビュー »)
                      ポール マッカートニー, フィリップ アーダー, ジェフ ダンバー, Paul McCartney, Philip Ardagh, Geoff Dunbar, 西川 美樹
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.